Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手になりたいという方、実はタクシー運転手になるにはいくつか条件があるのですがご存じでしょうか。タクシー会社のサポートも手厚くなっているのであまり心配はありませんが、年齢的な条件もあるので一度確認してみましょう。


タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手の主な仕事内容は、タクシーを運転してお客さんを乗せ、目的地まで運ぶこととなっています。

上記以外にも、タクシー運転手として乗務したタクシーの清掃を行ったり、営業車に帰ってからのちょっとした事務仕事をする場合があります。しかし仕事の時間の大半は、タクシーにお客さんを乗せて乗務することでしょう。

タクシー運転手には3つの勤務形態がある

タクシー運転手の勤務形態は3つで、1日約8時間程度の乗務を行う「昼日勤」と「夜日勤」、1日に15時間程度(休憩時間含む)の長時間勤務を行う「隔日勤務」となっています。

昼日勤と夜日勤は主な仕事の時間が昼間か夜間かの違いがあるだけですが、隔日勤務は出勤して朝から翌日の2時~3時まで働いたらその日は休む、月の勤務日が11日~13日と休みの多い勤務形態です。タクシー運転手の多くは、隔日勤務をしています。

タクシー運転手になるには3つの条件が必要

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手になるには、普通自動車第二種運転免許と地理試験が必要、という条件がありますのでこちらについてちょっと詳しく解説していきます。

ただこのうち地理試験にはついては、タクシー運転手になるには必須という訳でもありません。これは地理試験を課されている地域が限定されているためで、その地域でタクシー運転手になるには必須ですが、他の地域でなら必要ではありません。

普通自動車第一種運転免許取得から3年経過

タクシー運転手になるには必要となる条件の1つ目、「普通自動車第一種運転免許取得から3年経過」というのは、この条件を満たしていないとタクシーを運転する際に必須の普通自動車第二種運転免許が取得できないからです。

つまり、最低でもタクシー運転手になるには21歳以上でないとなれないことになります。この3年の期間は免停期間を含みませんので、そのことにも注意が必要でしょう。

タクシー運転手になるために必要な条件2:普通自動車第二種運転免許取得

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手になるには必要となる条件2つ目は、お客さんを乗せて運送するには必須となる免許、「普通自動車第二種運転免許」の取得です。

普通自動車第二種運転免許はタクシー運転手になるには必須ですが、タクシー会社に入社する時点では持っていなくても構わないという会社が多いです。未経験者や資格のない人でも、入社してから会社側の費用負担で第二種免許を取得させるタクシー会社が増えています。

タクシー運転手になるために必要な条件3:地理試験

「地理試験」は、東京都・神奈川県・大阪府の一部地域でタクシー運転手になるには必須の条件となっています。

地理試験が必須となる地域には東京23区や横浜市、川崎市や横須賀市、大阪市や東大阪市などがあります。これらの地域を営業区域としているタクシー会社で運転手になるには、必ず地理試験を受けて合格する必要があります。その他の地域では、地理試験は行われていません。

タクシー運転手になるには費用と時間が必要

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手になるには、普通自動車第二種運転免許や地理試験の勉強など、費用と時間がそれぞれに必要となってくる場合があります。

とくに地理試験は東京・神奈川・大阪の地元民でも知らないような、交差点の名称や幹線道路の名前、経路の説明など非常に細かい問題が出題されます。この地域のタクシー運転手になるには、地理試験に向けてしっかり勉強時間をとることが必要です。

免許取得費用

タクシー運転手になるには普通自動車第二種免許が必須なのですが、これにかかる費用は20万円程度、前提条件の普通自動車第一種運転免許を取得するには約20万円~30万円程度の費用がかかります。

タクシー会社では一種免許があれば二種は持っていなくても構わないという会社が多く、入社してから合宿などに参加し、第二種免許の取得を目指していきます。この場合は、免許取得の費用を会社が負担してくれることが多いです。

免許取得までにかかる時間

Bottom banner
タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシーになるには必要な普通自動車第二種免許取得までにかかる時間は、最も早い合宿で1週間~2週間程度になるでしょう。

これは、第二種取得に向けてすでにどんな免許を持っているかで日数が変わってきます。さらに、勉強の進み具合や試験に一発合格するか否かでも必要日数が変わってきます。一般的には、10日前後で取得する人が多いでしょう。

タクシー運転手になりたい人のための転職エージェントサイト5つ

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手になるには、タクシー運転手の求人を紹介している転職エージェントサイトを活用するのがおすすめです。

タクシー運転手専門でない転職サイトも紹介していますので、気に入ったサイトをいくつか登録して転職先を探してみましょう。

タクシー運転手になりたい人のための転職エージェントサイト1:リクルートエージェント

転職エージェントサイト、「リクルートエージェント」はタクシー運転手に特化したサイトではなく、他の業種も紹介している総合的なサイトとなっています。

しかし、リクルートエージェントの求人数は転職エージェントサイトの中でも随一を誇ります。タクシー運転手の募集もたくさん紹介されているので、ぜひ活用してみましょう。

タクシー運転手になりたい人のための転職エージェントサイト2:DODA

おすすめの転職エージェントサイト「DODA(デューダ)」もまた、総合的な転職エージェントサイトです。

リクルートエージェントに次いで求人数が多く公開されており、北海道から沖縄まで全国各地の求人の取り扱いがあります。求人数の多いサイトはそれだけ玉石混交の求人があるので、自分の目で見て良い求人を見つけましょう。

タクシー運転手になりたい人のための転職エージェントサイト3:タクシーハローワーク

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー専門の転職エージェントサイト、「タクシーハローワーク」は長年タクシーやハイヤー運転手の求人を取り扱ってきたサイトで、タクシー運転手になるにはぜひ活用したいサイトです。

総合的なサイトに比べると全体の求人数は少ないですが、それだけタクシーに特化した求人ばかりとなっています。東京や神奈川・埼玉や大阪などでタクシー運転手になるには、おすすめのサイトとなります。

タクシー運転手になりたい人のための転職エージェントサイト4:タクQ

「タクQ」もまたタクシー専門の求人サイトとなっており、転職支援サービスはもとより入社祝い金、という制度のある転職エージェントサイトとなっています。

身元保証人がいない人でタクシー運転手になりたい人や、60歳以上の人でも働けるような求人がそろっています。やはり求人の多くは首都圏になってしまいますが、地方の取り扱いもありますので、全国から転職先を探すことができるでしょう。

タクシー運転手になりたい人のための転職エージェントサイト5:転職道.com

タクシー求人サイト「転職道.com」は、東京を中心としたタクシー運転手の求人に特化したサイトとなっています。

自分の探したいエリアから簡単に求人を探すことができる他、無線グループから同グループの求人を探すこともできます。タクシーに関する情報が豊富で、東京が中心ながら全国の求人を取り扱っており、評判の良いサイトなのでぜひ利用してみましょう。

タクシー運転手になるには費用も時間もかかる

タクシー運転手になるには3つの条件が必要|それまでにかかる費用と時間

タクシー運転手になるには、普通自動車第二種免許や地理試験など突破しなければならない条件があるため、費用や勉強のための時間がかかります。しかし、タクシー運転手が人手不足の現在、タクシー会社が手厚いサポートで免許や地理試験対策をしていることが少なくありません。

タクシー運転手になりたいけれど条件を満たしていない、という人も諦めず、条件の良い会社を探してみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related