Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

街中で「空車」表示で走っているタクシーを見かけたことはないでしょうか。タクシー業界用語でいう流しとは、その状態のタクシーのことを言います。タクシードライバーとして稼ぐには、流しのコツを知っていることは必要不可欠です、ぜひコツを押さえましょう。


タクシー営業の基本である流しとは

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシーの営業方法は無線で客の要望に応えて向かう「無線配車」の他に、「付け持ち」と「流し」があります。「流し」はタクシーで道路を走らせながら、利用したいお客さんを探す、という営業方法です。

「付け持ち」というのは、いわゆる駅や空港のタクシー乗り場などの所定の場所でお客さんが現れるのを待つという営業方法です。流しで稼ぎながら、付け持ちの時間についでに休憩する、というタクシー運転手は少なくありません。

タクシードライバーが効率よく流しをするコツ10選

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシードライバーがメインの稼ぎとしている流しですが、ただやみくもに流しをすればよいというものではなく、覚えておきたいコツがあります。

流しのコツを知らないうちに見よう見まねで流しをしても、思ったようにお客さんを捕まえることができない可能性がありますので、コツをチェックしてみましょう。

効率よく流しをするコツ1:時間帯に注意する

タクシードライバーが効率よく流しをするコツの1つ目は、そもそもお客さんがタクシーを利用したいと考えていることの多い時間帯を狙って流しをする、というコツです。

いくらタクシーで街中を流していても、乗りたいお客さんがいなければ意味がありません。朝の時間帯に遅刻しそうなお客さんを乗せたり、夜に飲んだ後のお客さんを乗せるなど、時間帯により客の多い場所で流しをするのがコツです。

効率よく流しをするコツ2:イベントをチェックする

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

流しを効率よくするコツの2つ目は、近隣であるイベントの情報をチェックしておいて、開始時間や終了時間に合わせて流しをする、というコツです。

イベントの時はたくさんの人がその場にやってきます。バスや電車の利用者も多いですが、荷物が多いなどの理由からタクシーで移動したい、と考えているお客さんもいるはずです。そんな客に合わせるために、イベント情報は細かくチェックするのがコツです。

効率よく流しをするコツ3:空車状態を見せる

タクシーで流しをする際のコツ、「空車状態を見せる」というのは、タクシーの「空車」という表示をきちんと見えるようにして流しをする、というコツです。

タクシーに乗りたいと考えているお客さんが道にいたとしても、タクシーの「空車」表示が見えないと手を上げることはありません。タクシーの「空車」表示を見せるには、前の車との車間距離をしっかりあけることがコツとなってきます。

効率よく流しをするコツ4:左車線では先頭に

左車線で交差点で止まる時は、なるべく先頭になれるように調節して止まるようにするというコツで、タクシーの流しの効率を良くします。

交差点で止まる、というのは流しのタクシーにとってお客さんを捕まえる絶好の機会です。タクシーが止まっているので「空車」表示がよく見え、お客さんも乗りこみやすいからです。

無理はしなくてよいですが、なるべく先頭になるようになるように走ること、交差点でも先頭に止まるのがコツです。

効率よく流しをするコツ5:視野を広く保つ

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシーで効率よく流しをするには、手をあげているお客さんを見失わないように視野を広く保つ、というコツがあります。

お客さんは、なにも道路に近い場所で手を上げている訳ではありません。少し離れた場所から「空車」のタクシーを見つけて、走ってくることがあります。そんなお客さんを見逃さないためにも、視野を広く保って少しゆっくりめに運転するのがコツです。

効率よく流しをするコツ6:住宅街など駅から離れた場所も狙い目

効率よく流しをするコツ、6つ目の住宅街など駅から離れた場所というのは、朝の通勤時間帯などのみ狙い目となるでしょう。

普通の時間帯に住宅街に行くのは、あまりよくありません。しかし朝の通勤時間帯ならば、住宅から出て最寄り駅まで行きたい、という乗客を捕まえられる可能性があります。朝は駅から離れた住宅街などを狙ってみるのもコツでしょう。

効率よく流しをするコツ7:無意味な流しをしない

Bottom banner
タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシーの流しを効率よく行っていくためには、無意味な流しをしない、ということも重要なコツとなります。

お客さんがいないからといって、ただタクシーで流しをしていてもあまり意味はありません。そんな時は付け持ちをしながら休憩して次の稼ぎ時に備える、客が多いのはどのあたりか検討をつけて移動する、など工夫をして無意味な流しをしないのがコツです。

効率よく流しをするコツ8:長距離狙いはしない

効率よくタクシーの流しをしていくには、あえて長距離を狙わない、というのもコツになるでしょう。

長距離のお客さんはよいお客さんではあるのですが、乗せる前から長距離か短距離のお客かは分かりません。

また、営業区域から離れすぎてしまうと長距離といっても帰りにお客を拾えず、かえって効率が悪いことがあります。あえて長距離を狙わず短距離・中距離に絞るのもコツでしょう。

効率よく流しをするコツ9:長距離をした場合はその周辺でもお客様を探す

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシーで長距離をした場合に備えて、広い地域の情報をチェックしておき、帰りもどこかでお客さんを乗せられるようにするのがコツです。

ただ長距離の場合は、営業区域を守らなければなりません。自社の営業区域外でお客さんを降ろした場合、その地で乗せてもいいお客さんは自社の営業区域に行くお客さんだけです。乗せる前からそれは分からないですが、無線などで近くに乗せられる客がいないか調べてみましょう。

効率よく流しをするコツ10:情報を収集する

タクシーで効率よく流しをするコツ、最後は自分の営業区域周辺の情報をしっかり収集しておく、ということです。

いつどこでどんなイベントが開かれるのか、毎日どのへんでお客さんがでるのか、そういった情報を収集できれば、効率よく流しで稼げるようになっていくでしょう。

流しのコツを覚えるメリット

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシーの流しのコツを覚えるメリットには、ずばりタクシードライバーとしての収入アップに繋がるというものと、効率よい営業が可能になるというメリットがあります。それぞれについて、詳しく解説していきます。

収入アップに繋がる

タクシードライバーとして高い収入を得ている人は流しが上手い人が多く、流しが下手だけれど稼げているという人はほとんどいない、というほど流しの上手さはタクシードライバーの収入に直結しています。流しのコツを覚えることは、収入アップに繋がります。

効率良い営業が可能に

流しのコツがつかめていないとついつい無意味に流し続けることになり効率が悪いですが、流しのコツを知っていると効率良く動けてより確実に営業できるようになるでしょう。

コツを知っていることで流しをすべき時間帯、すべき場所を知り、そうではない時間帯は休憩に回す、など効率良く働くことができるようになります。

タクシーの流しにおけるコツを習得し収入アップへ繋げましょう

タクシー業界用語流しとは|タクシードライバーの流しのコツ10選

タクシードライバーの給与は、基本給+歩合給であることがほとんどです。効率よく流しをするコツを押さえておくことで売り上げを増やし、タクシードライバーとしての収入アップに繋げていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related