Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

いろんな業種がハイテク化や高齢化社会で岐路に立たされている中、タクシー運転手という職業も大きな岐路に立たされています。その中でも話題なのが20代タクシー運転手という存在です。今回はこの20代のタクシー運転手にスポットを当てて増えてきている理由などをまとめます。


20代でタクシー運転手になる人が増えてきている

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

働き手となる若者が少子高齢化によって急激に減ってきているなか、どのような業界でも次代を担う若者や新人を確保することに躍起になっています。その中でも20代の若者を確保することに躍起になっているのがタクシー業界です。

タクシー運転手と聞くとどうしても50代や60代という高齢気味のドライバーを浮かべてしまいますが、そのことも20代運転手確保につながっているのでしょうか。

タクシー運転手の平均年齢

タクシー運転手の平均年齢は地域によってかなりの差が出ますが、だいたい55~65歳の間におさまっています。タクシー運転手はやはり皆さんが想像しているように50代や60代が一番多く、比較的高齢な年齢の方が務める業界となっています。

タクシー運転手は定年退職というものが少なく、70代でも働ける環境にあることが多いので、このように平均年齢は高くなるのでしょう。

20代のタクシー運転手は全体の何割なのか

タクシー運転手における20代のドライバーが全体の何割なのか、具体的な数値はほとんどありません。一つの資料として国土交通省から発表された若年層(39歳以下)のタクシー運転手が平成26年では4.3%だったというものがあります。

20代のタクシー運転手に限定するとこの4.3%からさらに削られるのですが、参考とする資料のグラフから見ると1%あるかどうかもかなり微妙なレベルでしょう。

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

このように数字だけ見ると20代といった若年層がタクシー業界では極端に少なかったことがわかります。しかし、近年のタクシー業界の動向を見ると20代の若者が急激に増えているという報告が多方面から挙がっています。

そこで、急に「20代のタクシー運転手が増えてきた」という報告が増加したのか、その理由を探っていきましょう。

20代のタクシー運転手が増えてきている理由1:正社員になれる確率が高い

20代のタクシー運転手が増えてきている最大の理由はタクシー業界全体で高齢者対策の一環として20代という若手の確保のために、窓口を広げて正社員募集を頻繁にしているからです。

そもそもの受け皿が狭かったせいで若い20代も入れなかったタクシー業界ですが、このままでは高齢化に歯止めが利かなくなってしまうので、若手の採用を急いでいるところが一気に増えました。

20代のタクシー運転手が増えてきている理由2:歩合給にやりがいを感じる

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

今の日本社会は一つの会社で定年を迎えることが難しくなっており、安定した仕事は徐々に減っているのが実状です。しかし、安定している職業が減っているにも関わらず、歩合給を採用している仕事が増えているわけではありません。

しかし、タクシー運転手は売り上げに応じた歩合給が高確率で発生しますので、20代の若者はここに惹かれることが多々あります。

20代のタクシー運転手が増えてきている理由3:平日の休みがとれる

タクシー運転手は休みのタイミングがバラバラになることが多く、平日に休むことができますし、人によっては1日働いて次の日は休むといった隔日勤務のスタイルを実行することもできます。

タクシー運転手は他の仕事と違って歯車の一部として組み込まれて身動きが取れなくなることは少なく、休みをとりたいときにとれる業界でもありますので、20代からの人気があがっています。

20代のタクシー運転手が増えてきている理由4:プライベートの時間が作れる

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

好きなタイミングで休日にすることができるということは、プライベートを充実させられるという可能性が高いですし、サービス残業をさせられる可能性も低いタクシー運転手は見直されつつあります。

働き方改革などいろんな話題が席巻していますが、いまだにサービス残業といった悪癖はゼロになっていませんので、プライベートが作りやすい環境のほうが20代には圧倒的に魅力的に映るでしょう。

Bottom banner

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5:夢を応援してくれる会社が多い

20代のタクシー運転手が増える理由の一つが、休みやまとまった収入を取りやすいタクシー会社が増えたことで自分の夢を実現しやすくなっていることでしょう。

夢を持っている人というのはひたむきに努力をするとみられる傾向にあるので、タクシー会社側も積極的に受け入れているという事情があります。

タクシー運転手の年収

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

20代の若者がタクシー運転手になるいろんなメリットが出ていますが、果たして年収はどうなっているのでしょうか。

いくら好条件がそろっていても年収の部分で他の業種と比べると低くなっている場合はどうしてもやる気が低下しやすくなります。具体的な数字を交えてみていきましょう。

新卒でタクシー運転手になった場合

会社によって大きく異なりますが、最大手の日本交通グループでは初年度月収が35万円程度という情報があったのでかなり高額の部類に入ります。

ただし、タクシー運転手は歩合制の部分も大きいので、月給20万円プラス出来高といった給料になっているのが基本となっています。35万円という数字も出来高が低い人だともっと減らされてしまうでしょう。

他業種と比較した場合

タクシー運転手という業種は他業種と比べると収入が少なくなるケースもありますが、歩合制次第のところもあるので人によっては同年代の人より圧倒的に上回るケースもあります。

昔は働く年数が多くなればなるほど給与が上がっていきましたが、今ではこの仕組みもなくなりつつあるので、タクシー運転手のほうが給料的に上回ってしまうケースも増えてきています。

20代でタクシー運転手になるメリットとデメリット

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

タクシー運転手にはある程度お年を召した方が就職するケースが多かったのですが、20代という若者がタクシー運転手になった場合でもメリットが多数存在します。

ただし、ちょっとしたデメリットもありますのでそのデメリットを理解したうえで、タクシー運転手になるかどうかを考えてください。

20代でタクシー運転手になるメリット

20代でタクシー運転手になる最大のメリットは、歩合制の部分もあるので体力がある若いうちからがっつりと稼ぐことができることでしょう。

通常の社会人なら頑張った分昇進しやすくなるとかボーナスが増えると将来的なメリットにつながりますが、タクシー運転手の場合はその月の給料という非常にわかりやすい具体的な数字で出てくるようになっています。

未来につながるというぼんやりしたものではないのが高評価です。

20代でタクシー運転手になるデメリット

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

20代でタクシー運転手になる最大のデメリットが、通常の営業職よりもいろんなお客様を相手にしなければいけないこと、会社によっては厳しいノルマやルールにとらわれてしまうことにあります。

特に、いろんなお客様を相手にする必要があるタクシー運転手はほとんど働いたことがない20代でいきなり接することになると大きく戸惑ってしまうことがあるでしょう。

20代でタクシー運転手になることも視野に入れてみよう

20代のタクシー運転手が増えてきている理由5つ|メリットとデメリット

タクシー業界の高齢化はかなり深刻な問題となっているので、若い血を入れることに躍起になっており、20代のタクシー運転手をかなりの好待遇で向けている会社も増えています。

休みや給料の面などメリットも大きいので、20代という若さにあふれている方々はタクシー運転手になることも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related