Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

タクシーは、誰もが1度は利用したことがあるサービスでしょう。曜日や昼夜を問わずに利用できて、とても便利です。このサービスを支えるタクシードライバーという職業の勤務形態そのものと、タクシードライバーになるメリット・デメリットを、勤務形態から見ていきます。


タクシードライバーの勤務形態にはどのようなものがあるのだろうか

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

ドライバーの勤務形態は、時間帯別となっています。早朝や深夜に走るタクシーを見たことのある人も多いでしょう。タクシーは24時間運転をしています。ドライバーたちは、24時間勤務がゆえにシフト制で勤務しています。休日もシフト制で決まっています。

もちろん、個人タクシーの場合はまったくの別です。

タクシードライバーには大きく3種類の勤務形態がある

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

タクシー会社の勤務形態は、昼日勤・夜日勤・隔日勤務の3種類です。24時間・365日営業しているサービス業ですので、必ず誰かが出勤している状態となります。そのため、各時間帯に、必要と思われる人員数を割り振らなくてはなりません。

パートやアルバイトを意味する定時制という勤務形態も存在する

月に何回かの不定期な勤務形態があります。

定時型勤務といって、週に何回かまたは月に何回かのみ出勤する勤務形態もあります。フルタイムでは働けないという人や、不定期にしかシフトに入れないといった人、副業として働く人などさまざまです。

この勤務形態は、正規勤務形態のドライバーより、勤務日数を少なく設定されています。

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

昼夜を問わず営業するタクシーですが、ドライバーそれぞれで勤務形態が違います。

昼間をメインにしたいという人もいれば、夜がいいという人、別にいつでも構わないという人もいます。それぞれの家庭環境や個人の好みによって融通が利くので、若者から年配まで幅広い人材がおり、給与や休日なども、勤務形態によってまったくといっていいほど違います。

タクシードライバーの勤務形態からみる違い1:労働時間

勤務形態によって差が大きくなります。昼日勤務なら8時間程度、夜日勤務なら7時間程度・隔日勤務なら20時間と、働く時間帯によって倍以上の差があります。

ですが、ときには勤務予定時間を超えてしまうこともあります。お客様を運んでいる最中に「自分の1日の労働時間はここで終わりなので」と帰社することはできません。休憩時間は好きな時間に取れますが、決められた時間を必ず取らなくてはなりません。

タクシードライバーの勤務形態からみる違い2:休日

休日は、昼日勤と夜日勤は週に2日・隔日勤務は月に17-20日です。昼日・夜日勤のドライバーは、休日は週に2日です。

隔日勤務ドライバーは、厚生労働省により、連続勤務時間は最大21時間となっており、その後は連続休息時間を20時間以上取らなればならないとされているため、1日働いたら翌日は休まなくてはなりません。結果、休日が多くなります。

その他、公休と呼ばれる休日や指定の休日を設けている会社もあります。

タクシードライバーの勤務形態からみる違い3:給与

歩合なので、客数がそのまま給与に反映されます。年収平均は全国平均3500,000円、都内平均4500,000円となっています。

タクシードライバーの給与は、会社によって歩合制(給料保証あり)と完全歩合制(給料保証なし)に分けられます。稼ぎの多さが直接給与に関係してきますので、夜日勤や隔日勤務より、昼日勤の給与は少なくなるでしょう。

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4:シフト

隔日勤務に合わせてシフトを作ります。タクシードライバーで一番多いのが、隔日勤務のドライバーです。この勤務形態は、「1日働いて1日休む」を繰り返さなくてはならず、昼日勤や夜日勤のように連続で勤務ができません。

ですので隔日勤務をメインにシフトを組み、空いている他の枠を埋めていくという方法で、すべての枠を埋めていくのが基本的なシフトの組み方となります。

勤務形態ごとのメリットとデメリット

Bottom banner
タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

ドライバーそれぞれにあわせた勤務時間を選べます。タクシー会社の勤務形態は、昼日勤(午前中からの8時間勤務)・夜日勤(夕方からの8時間勤務)・隔日勤務(昼日勤と夜日勤をあわせた時間で17時間勤務)の3種類です。

定時型勤務と呼ばれる、アルバイトやパートのような勤務形態を導入している会社もあります。各ドライバーの実質勤務日を、シフト制にて割り振ります。

昼日勤のメリット

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

家族と過ごしたい・世の中の人と同じ日数がいいという人向けです。

小さい子供がいるから夕食を一緒に食べたい・パートナーが昼間に働いているから自分も同じにしたい・夜はぐっすり眠りたいなど、昼間に働きたいという人は、世の中にあわせた勤務形態である昼日勤を選ぶでしょう。

昼間の方が客層がいいから、自分の勤務地では夜はほとんど人がいないからなど、客の質や収入で選ぶ人もいます。

昼日勤のデメリット

昼間だと収入が低くなってしまいます。昼間ならば、バスや電車など他の交通機関が運行しています。となると、他の公共機関との競争になってしまいます。

タクシーの運賃はそれらと比べて高額となるため、避ける人も多いでしょう。そのため、目的地が駅から遠い人をターゲットにした駅前や、そもそも駅から遠い場所(広大な土地を必要とする病院や施設、ショッピングセンターなど)で客待ちをするタクシードライバーが多くなります。

夜日勤のメリット

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

交通サービスがほぼなくなるため、夜は利用客が多くなります。バスや電車の最終便を乗り逃がしてしまった人がメインの客層となるため、多少割高でも乗らざるを得ないという人が多く、また、距離も稼げるため、収入アップにつながります。

夜日勤のデメリット

昼夜逆転生活が辛いという人もいるでしょう。ドライバー個人の好みや生活環境によっては、夜に睡眠を取れない・昼間に睡眠を取らなくてはならないという生活リズムが辛いという人もいます。

また、夜の繁華街などでは泥酔客が多く、トラブルになったり犯罪に巻き込まれるケースも想定できます。会社の方針で、「泥酔客お断り」を謳っているところもありますが、最終的には自己判断となるでしょう。

隔日勤務のメリット

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

生活の予定が組みやすく、年収アップに繋がりやすいです。隔日勤務とは、1日働いたら翌日は1日休む、という勤務形態のことです。単純に出勤と休みを繰り返すだけなので、予定が組みやすく、時間も取れやすくなります。

また、歩合に頼るところの大きいタクシー運転手の年収は、実際の稼働時間の多さが必要になります。タクシーの稼働時間は深夜から早朝が一番多いため、この時間帯が一番年収アップにつながります。

隔日勤務のデメリット

長時間勤務で疲弊する人も多いでしょう。1日働き1日休みとなっていますが、勤務日は1日に20時間近く勤務しなくてはならないということです。

休憩を好きな時間に取れるとはいえ、車の中での休憩がほとんどとなるでしょう。そのため、「休んだ気にならない」「眠気が取れなくて怖い」と、隔日勤務を避ける人もいます。

タクシードライバーの勤務形態を知りましょう

タクシードライバーの勤務形態からみる違い4つ|メリットデメリット

タクシードライバーは24時間・365日営業のシフト制です。

タクシー会社は、タクシードライバーそれぞれの希望時間帯にあわせてシフトを組んでいるところがほとんどですが、中には隔日勤務のドライバーばかりが揃っている営業所もあります。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related