Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

タクシー会社に勤めている方。あるいは、これからタクシー運転手になってみたいという皆様は「足切り」という制度をご存じでしょうか。タクシー会社によってはこの「足切り」を達成できるか否かで給料が大きく変わってきます。この記事ではこの制度について詳しく説明しています。

タクシー業界用語「足切り」とは

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

タクシー業界について興味をもち、実際に働いてみたいと考えている人の中で「足切り」という単語を耳にして疑問を持った人がいるでしょう。

この記事では、タクシー用語の「足切り」について詳しく説明していきます。

タクシー業界には様々な専門用語がある

タクシー業界には様々な隠語・専門用語が存在します。ここでは主に使われる専門用語を2つ紹介しておきます。

【大きな忘れ物】
大事件を起こした犯罪者の事。警察から無線で情報が提供され、タクシー利用から逮捕につながったケースも多数ある。

【時間距離併用制】
タクシーの運賃を走行距離のみで計算するのではなく、走行速度が遅くなった際には走行時間によって運賃が加算されるように切り替えられる制度の事。

タクシーの足切り制度について詳しくなれる情報5つ

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

足切り制度とは簡単に説明するとタクシー業界における”ノルマ”のことです。足切り制度のあるタクシー会社では定められたノルマを達成できないとお給料が低くなってしまう場合もあります。

ここからは「足切り」についてさらに詳細な情報を記載していきます。

足切り制度について詳しくなれる情報1:ノルマ

上で足切り制度がノルマであると説明しましたが、このノルマはもちろん全てのタクシー会社にあるわけではなく、特に歩合率の高い会社で採用されていることが多い制度です。

ノルマが達成できない場合は必然的に給料が低くなってしまうため、足切り制度を利用しているタクシー会社の運転手の方は自腹でメータを回すこともあるそうですが、その分、達成できれば歩合での給料も高くなるため一概に悪い点ばかりとも言えない制度です。

足切り制度について詳しくなれる情報2:給料ゼロはない

足切り制度ではノルマが決められますが、決してそのノルマを達成しないと給料がもらえないという訳ではなく、あくまでも基本給にプラスしての分として設定されています。

しかし、もちろん足切りを達成できない場合その分給料が少なくなってしまうのも事実です。

また、足切りの無いタクシー会社の場合は基本給である程度の金額をもらえるため、あまり気負う必要もないでしょう。

足切り制度について詳しくなれる情報3:タクシーの足切りの平均額

タクシー会社によっても異なりますが、足切り金額の平均は約3万円程度です。

主要都市では高くなったり、地方では低くなったりしますがその分お客様の数も増減するため、基本的にはそれくらいだと考えても差し支えないでしょう。

また、都内では初乗りでワンメーター410円なのでこのノルマを達成するのは決して簡単とは言えませんが、同時にそれほど無理なことであるとも言えません。

足切り制度について詳しくなれる情報4:足切り制度があるタクシー会社の平均月収

足切りがあるタクシー会社では、歩合給があるためその分基本給は低くなります。

仮に基本給が15万円だった場合は、そこに利益から足切り金額を引いて、会社によって異なる”歩合率”を掛けた金額が足されることになります。

足切り制度について詳しくなれる情報5:足切り制度があるタクシー会社の特徴

足切り制度がある会社にはそれぞれ地域によっても特徴があります。ここでは特に主要都市である東京・大阪での地域差についてまとめました。

東京や大阪でタクシー運転手を目指している方はぜひ、この項を見てください。

東京の場合

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

東京は都市部のため時期を選ばず、観光客・駅利用者など、いつでもタクシーを利用する方が多いです。また、23区内の駅は常にたくさんの人であふれているため、利用客を探すのに困ることはないでしょう。

それに伴って足切り金額も多高くなってしまうことが多くキツイと感じる方もいるでしょうが、その分お給料も多くなるのが特徴的です。

大阪の場合

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

大阪には有名な観光スポットも数多くあるため、国内のみならず海外からの観光客も非常に多くなります。そのため、東京と同じくタクシー利用客は多いといえるでしょう。

実際にタクシー運転手をする場合には各観光スポットを回って、足切り金額の達成を目指すことになるでしょう。

また、もちろん市内の駅は多くの人が利用しているため出待ちをするというのも作戦の一つです。

タクシーの足切り制度を達成するためのコツ3選

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

都市部で足切り金額を達成するのはそこまで難しくないでしょうが、地方で同じ分だけを稼ごうと思うとなかなか困難です。

足切り金額は場所によっても異なりますが、たくさん稼ごうと思うと多くのお客様を乗せる必要があります。

ここからは足切り金額を効率よく達成するためのコツをお教えいたします。

足切り制度を達成するコツ1:こまめな流し営業

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

足切り制度を達成するために最も必要と言えることの一つは、やはり、コツコツこまめに流し営業をすることでしょう。

いろいろな場所に行くことで、色々なお客様と知り合えるのでコミュニティーを広げることもできます。

また、ずっと同じ場所にとどまっていても、時間帯や場所によっては全くお客さんが入ってくれないこともあるため、飲食店や観光スポット、繁華街など、こまめにいろいろな場所に出向いていくと良いでしょう。

足切り制度を達成するコツ2:駅前でお客様を乗せる

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

駅から出てくる方は必ずどこかに移動するという目的を持っているため、お客様を待つ場所として駅前は非常に効率が良いと言えます。

もちろん、地域や駅の利用者数によっても異なりますが、人の少ない平日の昼間などの時間は駅前でひたすら待つというのも作戦の一つです。また、朝の通勤・通学ラッシュや、夕方時の帰宅ラッシュの際には、ほかの場所に比べて人が多く、特にねらい目だと言えます。

足切り制度を達成するコツ3:場所と時間帯を考慮する

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

時間帯や場所などいろいろと考慮しなければならない点はありますが、雨の日や夜の繁華街などは特にタクシーの利用客が増えるため、ねらい目だと言えます。

流しをする場合も、ひたすら同じポイントで待つ場合も、時間帯や天候を考えて切り替えるようにしましょう。

足切り制度のないタクシー会社はあるのか

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

「足切り制度について詳しくなれる情報」の項でも説明いたしましたとおり、「足切り」は全てのタクシー会社にあるという訳ではありません。

しかし歩合給を基本とするタクシー業界ではほとんどの会社でノルマが決められていると考えても良いでしょう。

特に、仕事に慣れてきて売り上げをたくさん出せるようになってからは歩合率が低いとモチベーションの維持が難しく、足切りがある方が良いといえるでしょう。

足切り制度を達成すれば給料アップも夢じゃない

タクシー用語「足切り制度」についての情報5つ|足切り制度を達成するコツ3選

ここまでで、「足切りを達成するのは難しそうだなあ」と思った方も多いでしょう。確かに指定されたノルマを越えなければいけないというのは、お給料にも直接響いてくるため、プレッシャーになります。

ただ、足切りがあることで仕事をする上でのモチベーションにもなる上、達成できた時はお給料が上がるという嬉しさもあります。

皆さんもこの記事に書いてあることを実践して、ぜひ、足切り金額を超えられるよう頑張ってください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related