Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

あなたはタクシー業界のルールについてご存知でしょうか。こちらでは初心者の方にも分かりやすく、タクシー運転手の業界ルールについてご紹介します。今後タクシー運転手に転職する予定のある方や、検討している方はルールを一通り押さえておきましょう。

タクシー運転手がルールを知らないと大きなトラブルに発展してしまう危険性がある

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

タクシー運転手として働くにあたり、業界ルールがいくつか存在します。そのルールを把握しておかなければ、大きなトラブルに発展してしまう危険性があります。

トラブルを未然に防ぐためにも、タクシー業界でのルールをしっかり頭に入れておきましょう。

タクシー運転手が知っておくべきルール10個

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

自分の身を守るため、または円滑に仕事をこなすために、タクシーのルールは存在します。これからタクシー運転手への転職を考えている方や、実際に運転手として働き始める方は特に必見です。

運転手として安心、快適に仕事をこなせるよう、事前にタクシー業界のルールを確実に把握しておきましょう。

タクシー運転手が知っておくべきルール1:営業エリアのルール

タクシー事業者は乗車場所もしくは降車場所のどちらかが、営業エリア内でなければいけないというルールがあります。これは、タクシーの需給量のバランスが崩れないようにするためです。

「好きな場所からお客様を乗せて大きく稼ぐ」ということはできません。こちらのルールを破った場合、営業停止などの大きなペナルティを課せられることがあるため、十分に注意する必要があるでしょう。

タクシー運転手が知っておくべきルール2:営業時間のルール

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

勤務形態は日勤、夜勤、隔日の3つです。日勤では朝7時に出庫し、夕方5時までに帰庫します。

また、日勤の拘束時間は一日10時間までです。休憩は1時間以上必須です。夜勤は夕方の5時に出庫し、深夜3時までに帰庫します。一日の拘束時間は10時間までです。こちらも休憩は1時間以上必須です。

隔日勤務は、朝7時に出庫し、深夜3時までに帰庫します。拘束時間は20時間で、休憩は3時間、労働時間は17時間となります。

タクシー運転手が知っておくべきルール3:付け待ちのルール

付け待ち(駅などの特定の場所に停車し、お客様が来るのを待つこと)は、邪魔にならない場所で行います。当たり前のことではありますが、付け待ちをすることによって渋滞の原因になってしまったり、通行人や他の車の邪魔にならないよう十分に気をつけます。

交通ルールを守り、停車禁止の場所で付け待ちすることのないようにしています。

タクシー運転手が知っておくべきルール4:駅付近でのルール

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

駅付近での付け待ちには『前から順番に乗車させる』というルールがあります。駅にはタクシー専用の待機場所があります。すでにタクシーが数台並んでいる場合最後尾に並ぶのがルールです。

こちらは法律で決まっているのではなく、運転手同士円滑に業務をこなせるよう暗黙のルールとなっています。時間帯によっては長時間お客様を待つ事もあるでしょう。

すぐにお客様を乗せたいからといって、この順番を抜かす事はしてはいけません。

タクシー運転手が知っておくべきルール5:料金のルール

タクシーの料金は地域によって全く異なります。そのため、観光客の中にはタクシー料金に疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

本来、タクシーの料金は、運輸局などが各地域の状況を基に決めています。お客様はこのことについて知らない方が多いため、上記のような背景を説明してあげることも大切です。

そうすることにより、お互いに納得することができ、快適な移動時間を過ごすことができるでしょう。

タクシー運転手が知っておくべきルール6:乗車拒否はNG

ようやく見つけたお客様がたとえ1メーターを希望していたとしても、決して断ってはいけません。駅前のロータリーなどで、長時間待った末にようやく自分の番が来たとします。

その時に1メーターを希望していると聞いて、断って他のお客様を探した場合、乗車拒否になる危険性があります。その結果、ルール違反として会社にクレームが入り、ペナルティを課せられる可能性があるため、これには十分に注意が必要です。

タクシー運転手が知っておくべきルール7:営業区域が決められている

タクシー運転手は、好きな場所を好きなだけ走っていいわけではありません。道路運送法施工規則に基づき、各地域の運輸局長が定める営業区域があらかじめ決められています。

営業区域外でのお客様の乗車、降車は認められておらず、こちらも違反とみなされるため、きちんと把握しておくことが大切です。「営業区域外だったとは知らなかった」では済まされず、重大なトラブルを招いてしまう可能性があります。

タクシー運転手が知っておくべきルール8:お客様のプライベートに踏み込み過ぎない

お客様の中にはプライベートな話に踏み入ってほしくない方も、少なくありません。長距離を走る場合は特に、色々な話題があがることもあるでしょう。

だからと言って、あまりにプライベードな話を聞こうとすると、お客様が気分を害してトラブルに発展してしまう事もあります。特に、仕事や家族の話などは触れて欲しくない方も多く見られます。

前もって先輩ドライバーに、車内でどんな話をしているかを教えてもらうのも一つの手です。

タクシー運転手が知っておくべきルール9:制服を正しく着用する

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

お客様に安心感や信頼感を持っていただけるよう、制服は正しく着る事が大切です。日本では昔から制服着用という制度が採用されており、それによりお客様は『きちんと会社組織に所属している』事と、『仕事に対して責任を持って仕事をしている』事のイメージを持ちます。

それだけで「万が一トラブルが起きても、きちんと訴える先がある」という安心感も得られる為、制服を正しく着用することはマナーとしても大事なこととなります。

タクシー運転手が知っておくべきルール10:交通違反をしない

当然のことではありますが、お客様の命を預かる身として、交通違反はご法度です。交通違反をすると、お客様が不信感を募らせるのはもちろんのこと、通行人や他の運転手も、あなたの運転を見て会社へ連絡を入れることもあるでしょう。

こちらも、連絡内容によってはペナルティが課せられる可能性もあります。お互いの身の安全のためにも、お客様が安心して乗車できるような『プロドライバー』の意識を持ちましょう。

タクシーにルールがある理由3つ

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

タクシー業界のルールは、「快適さ」と「安全性」を保つため、さらに、「価格競争の激化を防ぐため」に存在します。それだけを耳にしてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。

では具体的にどういった事を指すのか、その詳しい内容について分かりやすくご紹介しましょう。

タクシーにルールがある理由1:快適さを保つため

ルールが存在する理由として、まず各地域に偏りが生じないようにする為です。ルールがなければ乗車客が多く人気のある地域にはタクシーがたくさん走っており、反対に人気のない地域では全くタクシーが走っていないなど、偏りが生じてしまいます。

その結果、必要な時にタクシーに乗れない地域が発生していまい、困るお客様が出てきます。運転手の方も人気地域ばかりに集まり過ぎてしまい、やはりトラブルの元となってしまうでしょう。

タクシーにルールがある理由2:安全性を保つため

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

次に挙げられる理由として、お客様や他のドライバーとの間にトラブルなどが起きないようにするためです。日頃からトラブルはできる限り回避し、安全に業務を行うことは、ドライバー生活にとってとても大切なことです。

また、各ルールを守り、安全運転をして業務に取り組んでほしいという願いから生まれた業界ルールも複数存在します。

タクシーにルールがある理由3:価格競争の激化を防ぐ

最後に、価格競争が激しくならないように業界のバランスを保つためです。ドライバーの賃金が下がれば、今以上に無謀な運転や過労運転が増えることが予測されます。

価格競争が起きた結果、お客さまにとってもドライバーにとっても、不利益になることばかり生じてしまうため、激化を未然に防ぐ必要があります。

上記のようなリスクを軽減するために、タクシーのルールは存在しています。

タクシーのルールを一通り押さえておきましょう

タクシー運転手が知っておくべきルール10個|タクシーにルールがある理由3つ

タクシー業界でのルールを守れば、安全、快適に過ごすことができます。自身にとっては小さなことでも、業界全体からすると大きなことだったり、お客様を怒らせてしまったりすることにつながる可能性もあります。

お客さまによっては、タクシーが交通手段として欠かせない方もたくさんいらっしゃいます。これから出会う大切なお客様やご自身のためにも、ルールやマナーをしっかりと守り、充実したドライバー生活を送りましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related