Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

労働者であれば少しでも高い収入を得たいと考えます。タクシードライバーは学歴や年齢に関係なく月収50万でも稼げる仕事ですが、そこにはコツが必要です。どうすればタクシードライバーで月収50万を稼ぐことができるのか、そのコツを含めて紹介しましょう。


タクシードライバーの平均年収

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

労働者にとって年収はとても重要で、タクシードライバーを目指す人は歩合制により努力次第では高い収入が得られることができるため、自分の目標とする年収を求めて就業しています。

タクシーは地域や営業の方法で収入には差があり、日本全国どこでもタクシードライバーが同じ年収ではありません。高収入を得たいのであれば、そのコツとなる地域の特性や本人の性格、タクシー会社と地域との関係性などを考慮する必要があります。

タクシードライバーで月収50万は稼げる

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーは歩合率によって受けられる月収が異なりますが、50%の歩合率であれば1ヶ月で100万円を売上れば月収50万になり、この金額は決して厳しい数字ではありません。

タクシードライバーはシフト勤務の場合が多く、ほとんどの場合は1ヶ月でも半分程度しか勤務できないでしょう。しかし1回の勤務で5万円を売り上げれば100万円になるので、この金額はコツをつかめば十分に可能な金額になっています。

タクシードライバーで月収50万稼ぐコツ3つ

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーは月収50万を稼ぐことは絶対に無理ではありませんが、ここまでの高収入を得ている人は限られていることを考えれば、誰でも簡単に手に入れられる金額では無いということです。

高い売上を計上できるタクシードライバーは常に一定の水準を維持していて、高収入を継続できるのには理由となるコツが存在しています。このコツを知ることで売上を上昇させることは可能になり、月収50万も夢ではないでしょう。

タクシードライバーで月収50万を稼ぐコツ1:客数をあげる

タクシードライバーで月収50万を目標にする場合に確実な方法は客数を増やすことがコツであり、客数を増加させれば自然に売上に繋がっていきます。

タクシー利用客は特定の施設や時間と場所によって多く集まるという流れがありますが、これは経験を積まなければすぐにわかるものではありません。ただ客数の多い場所や時間帯を知ることができれば、上手に回るコツができて客数アップと共に売上も上昇するでしょう。

タクシードライバーで月収50万を稼ぐコツ2:優良客を乗せる

タクシーの利用客は全てが優良客ばかりではなくトラブルを起こしやすい客もいるため、場所や時間帯などを考慮して優良客に乗車してもらうコツをつけることが、月収50万を獲得する方法と言えます。

乗客の中には目的地に到着したのに、そのまま居座って降車しない人がいます。優良ではない乗客に当たると時間が取られ次の客を乗せられなくなるため、このような乗客がいる場所は近寄らないことが月収50万に繋がります。

タクシードライバーで月収50万稼ぐコツ3:勤務先となるタクシー会社を選ぶ

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

一つの地域に複数のタクシー会社があると、そこには人気の違いで利用客数に差が生じやすいため、月収50万を稼ぎたい場合は利用客の多いタクシー会社を選択して下さい。

この人気の違いはその地域で長く営業活動を行っていたり、会社の地域への取り組みやサービス、イメージなどその理由は多く存在しています。定着した印象は簡単には払拭されないので、利用客が多いタクシー会社のタクシードライバーになることが重要です。

タクシードライバーで月収50万稼ぐコツ4:事故を起こさないようにする

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

自動車を運転すると交通事故はいつ起きるかわかりませんが、事故を起こすと処理に時間を費やすだけでなく勤務も制限されるため、月収50万を求めるために焦った運転をしてしまわないよう注意して下さい。

タクシードライバーは運転のプロと一般ドライバーは見ていて、タクシー側が注意してくれると考えることがあります。事故を起こすと悪いイメージが付いて月収50万は難しくなるので、常に安全運転に徹することが大切です。

タクシードライバーで稼げる人がやっていること3つ

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーは本人の営業方法で売上が変わる職業であり、月収50万を獲得している人にはどうすれば稼げるのかコツというものが存在しています。

このコツの部分は本人の考え方が強く反映されるのですが、稼げるタクシードライバーは決まった方法を取るようになるという特徴があり、それは経験を積むことで培われていきます。その特徴とは、どのようなものでしょうか。

Bottom banner

タクシードライバーで稼げる人がやっていること1:地理に詳しくなる

タクシードライバーにとって地理を覚えるのは必須ですが個人差があり、詳しくない人ほど乗客からすると信用度が低くなってしまい、客数が伸びないので月収50万は困難になるでしょう。

地理は地図を見るよりも、自分で車両を使って実際に走行するというやり方が最適になっています。タクシードライバーになればプライベートでは使わない道路も走行しますが、稼いでいる人ほど自家用車を使って地理を覚えることに努めています。

タクシードライバーで稼げる人がやっていること2:付け待ちの仕方を覚える

付け待ちとは鉄道の駅や空港のようなタクシー利用率の高い場所で待機して客を待つ方法であり、いつ客と出会うかわからない流しより効率がよく、月収50万を達成している人ほど付け待ちをコツとして使っています。

付け待ちには順番があり、自分の番にならなければ指定されたタクシーの待機場所に駐車できません。流しは順番が無いので好むタクシードライバーもいますが、結果的には付け待ちの方が多くの客数を得られます。

タクシードライバーで稼げる人がやっていること3:客がいる時間と道を覚える

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシーの乗客には仕事に従事したり特定の行動を行う場合が多く、その行動パターンを考えた動き方をすれば乗客数の増加が見込まれ、月収50万を稼ぐコツになっています。

人間は似たような生活リズムを自然に送るようになり、特別な事情がなければ変わった行動は自粛するという傾向があります。このタイプ別による行動パターンを掴むことが月収50万のコツになり、タクシードライバーとしての経験が大きく関係するでしょう。

稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーには月収50万を目指して取り組んでいる人もいれば、自分なりのコツを持って営業活動を行っても、月収50万には程遠い人もいます。

これはタクシードライバーは個人の裁量に委ねられている部分が多いからであり、売上に関してはタクシー会社も指摘をしますが、どうすれば売上を多くできるのかコツまでは教授しないからです。

稼げないタクシードライバーには、どのような特徴があるのでしょうか。

稼げないタクシードライバーの特徴1:売上に関心がない

タクシードライバーは本人の営業方法が会社にはわかりにくくなっていて、最低限の生活できるレベルの売上を計上すれば、以後は売上を気にすることなく営業を行っている人もいます。

タクシードライバーとして月収50万を貰うには常に動き回って客を乗せていなければならず、それはいくら稼いでいる人でも大きな負担になるでしょう。そのような苦労を行いたくない人ほど、売上を伸ばすことには興味を持たなくなっています。

稼げないタクシードライバーの特徴2:仕事場所を制限している

タクシードライバーは好みの場所というのがあり、駅前やオフィス街、商業施設や繁華街など、特定の地域によく来る人ばかりを客に選択することがありますが、これでは一定の時間しか客がいないという状況が生じてしまいます。

このやり方は自分が遠慮したい乗客に会う確率を下げる効果は期待できますが、どうしても客がいない時間帯が発生するので月収50万などできないでしょう。

稼げないタクシードライバーの特徴3:いつもお客様が少ない場所にいる

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーで月収50万を目標にする場合には人が多くいる場所を重点的に回りますが、稼げない人は敢えて人が集まりにくい場所を好む傾向があります。

この方法は他のタクシードライバーとの競争が低くなるというメリットはありますが、やはり乗客数は抑えられてしまいます。最初から稼ぎたくないのであればそれでもいいのですが、月収50万を目標にするのであれば、常に人のいる場所を回るのが稼げるコツです。

毎回の売上を安定させ月収50万円稼ごう

タクシードライバーが月収50万円稼ぐコツ4つ|稼げないタクシードライバーの特徴3つ

タクシードライバーは本人の努力が収入に結びつきやすい職種であり、若年層でも月収50万を稼ぐことができますが、その収入が安定していなければ続けにくくなってしまいます。

生活する上で重要なのは安定であり、収入が不安定では満足する日常は送れません。タクシードライバーで収入を安定させるには独自のコツを習得するしかなく、習得できれば安定して月収50万の生活を送れるようになるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related