Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

タクシードライバーの仕事をするには、法人に所属して仕事をする場合と個人タクシーとして仕事をする場合の2種類の働き方があります。法人と個人ではメリットやデメリットもそれぞれ異なります。今回は法人タクシーと個人タクシーの違いについて紹介します。


タクシードライバーには2種類の働き方がある

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

駅などのターミナルにあるタクシーの停留所や自宅などから目的地まで乗客を運んでくれるのがタクシードライバーの仕事です。タクシードライバーには、タクシー会社に雇用される「法人タクシー」と自分で経営する「個人タクシー」の2種類があります。

法人タクシーと個人タクシーは取得する免許から給与までそれぞれ異なるメリットやデメリットがあります。まずはそれぞれのタクシードライバーになるための違いを見ていきましょう。

法人タクシードライバーになるには

タクシードライバーとしてタクシー会社に就職する場合は、まず普通第二種免許の取得が必要になります。普通第二種免許は入社する前に取得していない場合でも、入社後に免許の取得をすることも可能です。

免許の費用は会社側が負担してくれるケースも多く、会社によって制度は異なります。普通第二種免許の取得は21歳以上の年齢になっていることが条件となるので注意しましょう。

個人タクシードライバーになるには

個人タクシードライバーになるためには、普通第二種免許のほかに10年以上のキャリアが必要になります。10年以上のキャリアについてはその方の年齢によっても条件がそれぞれ異なります。

たとえば、年齢が35歳未満の方の場合は同じタクシー会社に10年勤務した経験が必要になります。合わせてその10年間は無事故無違反の実績であることも条件となるので注意が必要です。

法人タクシーと個人タクシーの違い8個

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

一般企業においても大手企業と家族経営で行う中小企業では、経営方法や必要な資金などがそれぞれ異なります。タクシードライバーにおいても、法人タクシーと個人タクシーでは必要な資格の条件なども含めそれぞれ異なる部分があります。

次はタクシードライバーを法人で行う場合と個人で行う場合にどんな違いがあるのかを項目ごとにくわしく見ていきましょう。

法人タクシーと個人タクシーの違い1:免許や経験

免許については、法人も個人も「普通第二種免許」の取得が必要になります。ただし、法人のタクシードライバーの場合は二種免許だけを取得すれば条件を満たしますが、個人の場合は資格のほかにも条件があります。

個人タクシーの場合は、普通第二種免許以外にタクシー会社における勤務経験が必要になります。また最低でも3年間無事故無違反であることも条件にあるため、個人タクシーの場合は注意が必要です。

法人タクシーと個人タクシーの違い2:地理

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

タクシードライバーの場合は、地域によって「地理試験」と呼ばれる試験を受けなければなりません。地理試験では、エリアにおける地理の知識だけでなく、安全面や接遇などの知識が必要な試験となります。

個人タクシーにおいては年齢によって条件が異なります。年齢40歳未満の方は営業エリアにおけるタクシードライバーとしての経験が3年以上必要となるので注意しましょう。

法人タクシーと個人タクシーの違い3:安全面

タクシードライバーというと、乗客を事故やトラブルなく安全に目的地まで届けるのが仕事です。法人タクシーの場合は万が一に備え会社で車両保険に加入するのに対し、個人タクシーの場合保険は自ら加入しなければなりません。

また個人タクシーは指定された条件の保険に加入しなければならず、無事故無違反である期間がある程度必要になります。

法人タクシーと個人タクシーの違い4:資金

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

個人タクシーの場合は法人タクシーとは異なり、自ら会社を運営しなければならないので資金が必要になります。

個人タクシーに必要な資金は、事務所などの開業資金や数か月分の運営資金などを含まめると約200万円から300万円が最低でも必要になります。個人タクシーの場合は、事務所の設置、車両の確保、車の燃料などの費用もすべて自己負担となります。

法人タクシーと個人タクシーの違い5:勤務先の有無

法人タクシーの場合は一般企業と同じく、従業員として会社から雇用されるため「勤務先」と呼ばれるものが存在します。

個人タクシーの場合は事務所と自宅を兼用するのが条件となるため、勤務先と呼ばれる場所は「自宅」となります。また個人タクシーの場合は個人事業主となるため、毎年の確定申告なども自分で申請する必要があります。

法人タクシーと個人タクシーの違い6:事故や設備等の責任

Bottom banner
法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

法人タクシーの場合は、車両や制服など仕事に必要なアイテムは会社が支給してくれるのが一般的です。しかし、個人タクシーの場合は事務所や車両、そのほかの必要なアイテムはすべて自分で手配しなければなりません。

また法人タクシーの場合、万が一勤務中に事故を起こした場合でも会社に連絡すれば会社が保険会社などとやりとりをしてくれます。しかし、個人タクシーはすべて自分に責任があるということを自覚しておきましょう。

法人タクシーと個人タクシーの違い7:車両

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

法人タクシーの場合は、タクシーの車両の車種などがあらかじめ指定されており、1台も数名で使用するのが一般的です。個人タクシーの場合は法人タクシーとは異なり、あらゆる車種のものが存在します。

また、個人タクシーは車両を手配した後、タクシーとなる車に必要な看板やサインなども手配および設置する必要があります。

法人タクシーと個人タクシーの違い8:定年制の有無

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

法人タクシーの場合は定年を65歳に定めている会社も多く、個人タクシーの場合は75歳まで事業主として仕事をすることができます。最近タクシードライバーの年齢制限の改定があり、タクシードライバーは65歳未満であることが条件となります。

年齢65歳以上となると視力や判断力も鈍くなることから、安全面を考慮して改訂されました。少しでも長く働きたい方には個人タクシーがおすすめです。

法人タクシーと個人タクシーのメリットとデメリット

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

一人の従業員として雇用される法人タクシードライバーと自分で開業する個人タクシードライバーにはさまざまな違いがあります。

法人タクシードライバーの場合は企業からさまざまなサポートを受けることができるメリットがあり、個人タクシードライバーの場合は時間の自由がきくというメリットが挙げられます。

次は法人タクシーと個人タクシーのそれぞれのメリットとデメリットをくわしく見ていきましょう。

法人タクシーのメリット

法人タクシードライバーのメリットは、固定給があるという点です。一般的な法人のタクシードライバーの場合は、固定給に加えて歩合給を合わせた金額が給与となることが多い傾向にあります。

また車両から資格、保険にいたるまで仕事に関わる項目は企業側が負担してくれるのも大きなメリットです。万が一事故に遭遇してしまった場合でも会社側から保険会社にかけあってくえるので安心して業務を行うことができます。

法人タクシーのデメリット

法人タクシードライバーのデメリットなのが、時間の自由がきかないという点です。法人のタクシードライバーは1台のタクシーを複数名で所有するため、他のドライバーのスケジュールを考慮しながら自分の勤務時間を決めなければなりません。

またタクシー会社によっては「日勤」が選べず「夜勤」となってしまう場合もあり、勤務する時間帯を自由に決められない点がデメリットの1つといえるでしょう。

個人タクシーのメリット

個人タクシードライバーのメリットは、勤務時間を自由に調整できるという点です。法人タクシードライバーの場合は他のドライバーの予定を考慮して自分の勤務時間を決めなければなりませんが、個人タクシーの場合は自分一人のため時間の自由がききます。

また法人タクシーにおける歩合制の場合は、約半分の売上は会社側に渡さなければなりませんが、個人の場合は自分の稼いだ分はそのまま利益として100%取得することができます。

個人タクシーのデメリット

個人タクシードライバーにおけるデメリットは、あらゆる面で自分が責任を負わなければならないという点です。たとえば、給与についても自分の頑張り次第ではいくらでも稼ぐことができますが、法人タクシーとは異なる給与が常に一定であるとは限りません。

また車両も含め、すべて自分の資金で補填しなければならないので開業する前にいくらか資金を確保しておく必要があります。

個人タクシーと法人タクシーの違いを知ろう

法人タクシーと個人タクシーの違い8個|法人と個人のメリットとデメリット

タクシードライバーと呼ばれる仕事には、「法人」と「個人」の2種類のタイプがあります。法人タクシーの場合は、給与が確保されるメリットがありますが時間の自由がきかないデメリットもあります。

また個人タクシーの場合は時間や給与は自分で決めることができますが、開業するまでの条件なども比較的厳しく、事前に資金を確保しておく必要があります。自分のライフスタイルに合わせて仕事のタイプを選ぶことをおすすめします。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related