Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

運転免許は大きく分けて一種免許と二種免許の二種類があり、タクシードライバーにはその中でも二種免許が必要です。今回はこの二種免許について詳しく説明していきます。今後タクシードライバーを目指したいという方はぜひ読んで参考にしてください。

タクシードライバーに必要な二種免許とは

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

皆さんは運転免許に種類があることをご存知でしょうか。運転免許は大きく分けて一種免許と二種免許の2種類があり、タクシードライバーにはその中でも二種免許が必要です。

今回はこの二種免許について、一種免許との費用や期間の違い、取得方法などを詳しく説明していきます。これからタクシードライバーを目指す方はぜひ見てみてください。

一種運転免許で運転できる車

一種運転免許は一種免許とも呼ばれ、自動車や原動機付自転車を運転するために必要な免許です。

第一種運転免許には大型免許、中型免許、普通免許、原付免許、大型二輪免許、普通二輪免許、大型特殊免許、小型特殊免許、けん引免許の9種類があります。

二種運転免許で運転できる車

二種運転免許は二種免許とも呼ばれ、旅客を運送する目的で、旅客用の自動車を運転する場合に必要な免許です。旅客自動車にはバス、タクシー、運転代行の車両などの車両などが含まれます。

第二種運転免許の種類は大型第二種免許、中型第二種免許、普通第二種免許、大型特殊第二種免許、けん引第二種免許の5種類があります。タクシーを運転するためには、この中でも普通第二種免許(大型、中型の二種免許も可)が必要です。

二種免許取得に必要な条件

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

旅客を乗せて走るという性質上、二種免許の取得に必要な条件は一種免許よりも厳しく設定されています。特にタクシーの運転で必要な普通二種免許については、運転経歴についても問われるため、これを満たしていなければ試験を受けることすら叶わないということになります。

また条件は大型・中型・普通の第二種免許の場合と大型特殊第二種免許の場合、けん引第二種免許の場合でそれぞれ異なります。

大型・中型・普通第二種免許(タクシー運転に必要)・満21歳以上かつ一種免許の取得から3年以上もしくは他の二種免許を取得済みであること。・片目で0.5以上かつ両目で0.8以上かつ、深視力が2cm以下であること。・10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること。
大型特殊第二種免許・満18歳以上。・片眼で視力が0.3以上、両眼で0.7以上。・片眼の視力が0.3以下の場合は、他眼が0.7以上かつ、視野が150度以上。・赤、青、黄色の識別ができること。・10mの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること。
けん引第二種免許・満21歳以上。・大型一種免許、中型一種免許、普通一種免許、大型特殊一種免許のいずれかを通算で3年以上受けており、さらにけん引第一種免許を取得済みであること。もしくは他の第二種免許を取得済みであること。

二種免許を取得する方法3選

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

二種免許を取得するには、大きく分けて教習所、合宿、免許試験場の3つの方法があります。ここではそれぞれのメリットとデメリット、内容について詳しく説明していきます。

特に費用や取得にかかる時間に大きく差が出ますので、自身のライフスタイルと照らし合わせて、どの方法が自分に最も合っているか、ぜひ確認してみてください。

二種免許を取得する方法1:教習所

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

一つめの方法は、教習所で教習を受け、その後試験を受けて取得する方法です。

教習所での免許取得は第一段階と第二段階に分かれており、それぞれの段階の終わりに教官による運転の見極めがあります。問題がなければ卒業検定、本免許学科試験を受けます。これに合格すると、第二種免許が交付されます。

この方法でのメリットは、十分な学習と練習の上で試験に望めることです。しかしその分費用面は他の方法よりも高くなります。

二種免許を取得する方法2:合宿所

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

二つめの方法は、合宿所で集中的に学び、普通に教習所に通うよりも短い期間で免許を取得する方法です。

合宿所で教習を受ける場合、日程を決めて集中的に学ぶことができるため、教習所での教習に比べて期間が短くなるというメリットがあります。

デメリットとしては一定の期間を教習に注ぎ込むため、予定を調整する必要があることが挙げられます。タクシー運転手に1日でも早くなりたい方には向いている方法と言えるでしょう。

二種免許を取得する方法3:免許試験場

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

三つめの方法はいわゆる「一発試験」と呼ばれるもので、免許試験場でそのまま筆記試験と技能試験を受けて合格し、その他必要な講習のみを教習所で受け、免許を取得する方法です。

メリットとしては、うまくいけば最速、最安の費用で免許を手にし、タクシーを運転できることです。しかしながら二種免許の試験は一種免許より採点が厳しく、免許試験場で試験を受ける受験者の実に90%が、技能試験で不合格となるのが現状です。

二種免許取得にかかる費用と期間

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

ここまで、二種免許を取得する方法について説明してきました。では、費用や期間にはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、教習所、合宿所、免許試験場それぞれの取得方法でかかる費用と期間について、詳しく説明していきます。どの方法でもタクシー運転に必要な免許は取得できますが、それぞれ費用と期間に大きな違いがあるため、選ぶ際の参考にしてください。

二種免許取得にかかる費用と期間1:教習所の第二種免許取得費用と期間

教習所で二種免許を取得する場合の費用の概算は22万円前後、期間は既に所有している免許や教習所によって異なりますが、最短で行なう場合、第一段階と第二段階を合わせて学科教習で約19時間、技能教習で約21時間となり、日数にして20日前後となります。

費用の内訳には入校のための申込金や、適性検査費用、教材費用、写真代、学科・技能それぞれの教習費用が含まれています。

二種免許取得にかかる費用と期間2:合宿所の第二種免許取得費用と期間

合宿所で二種免許を取得する場合の費用の概算は20万円前後、期間は最短9日前後となります。

合宿所の費用内訳で特徴的なのが、滞在費用や食事の費用が含まれているということです。最近では教習所のある土地柄を利用して温泉に入れたり、期間内に卒業できた場合は費用のキャッシュバックがあったりと多彩な特典が見られるのも合宿所の特徴だと言えます。

合宿所での免許取得を検討する際は確認しておくといいでしょう。

二種免許取得にかかる費用と期間3:一発試験の第二種免許取得費用と期間

一発試験で二種免許を取得する場合の費用は5万円前後、期間は最短で学科試験と技能試験にそれぞれ1日ずつ、その後の取得時講習に1日の計3日となります。

しかしながらこの費用は、あくまで試験と取得時講習を1回で合格できた場合の費用となります。一種免許と比べ、二種免許の技能試験は採点が厳しくなりますので、何度も受け直していると最終的に他の方法よりも費用が高くなる場合もありますので注意が必要です。

二種免許取得の流れ5項目

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

二種免許を取得するための流れとして、学科試験、技能試験、応急救護処置講習、旅客者講習が必要になり、タクシー運転手になる場合はこれに加えて地理試験があります。

ここではそれぞれの内容について、詳しい内容をご紹介します。タクシー運転手に近づくために、それぞれの内容を確認し、しっかりと準備して臨みましょう。

二種免許取得の流れ1:学科試験

二種免許を取得するための最初のステップとして、学科試験があります。ここでは二種免許の学科試験の内容や特徴、傾向などについて詳しくご紹介します。

二種免許における学科試験は、一種免許よりも厳しい点が多く見られます。事前の準備が非常に重要となってきますので、受験前に内容をぜひ確認してみてください。

二種免許の学科試験概要

二種免許の学科試験は一種免許に比べ、応用問題が多く、合格点数も高く設定されています。

また試験問題が大型二種・普通二種・大型特殊二種・けん引二種で共通のため、タクシーの運転をするために受験していたとしても、バスに関しての問題などを回答しなければなりません。

ただし、二種免許特有の問題が特別多いというわけではなく、一種免許の取得時に問われた内容が多くを占めます。つまり復習が合格の大きなカギとなります。

二種免許取得の流れ2:技能試験

一種免許同様、二種免許取得には技能試験も必須となります。ここでは試験の内容やその特徴、傾向についてご紹介します。

二種免許で行われる独特の実技もあり、必要に合わせて事前の練習が肝要なものもあります。タクシーの運転手の実務に近い内容も含まれますので、受験前にぜひ確認してみてください。

二種免許の技能試験概要

二種免許の技能試験は一種免許より合格点が高くなっており、一発合格はかなり難しいです。

一種免許での減点が30点までなのに対し、二種免許は20点までしか減点が認められていません。

また、教習所内でV字の鋭角コースなどの難しい操作、一般道でタクシー運転中に実際に起きる旅客からの停止指示を想定し、駐停車禁止の場所を避け旅客がスムーズにタクシーから降車できる位置で停車するなど、気配りのある操作が求められます。

二種免許取得の流れ3:応急救護処置講習

二種免許を取得するためには6時間の応急救護処置講習が必要です。内訳としては2時間の学科講習と4時間の技能講習となります。タクシーの運転中に事故に巻き込まれた場合、迅速な対応を行うための大切な講習です。

学科講習では救急車を呼ぶときの注意や到着までの時間経過による救命率の変化などを学びます。

技能講習では人形を用いて実際に心臓マッサージや人工呼吸を行います。また、AEDの使い方も学習します。

二種免許取得の流れ4:旅客者講習

旅客車講習は二種免許に特有の講習で、計6時間の内容となります。

内容は旅客輸送運転に係る危険予測、夜間や悪条件下での運転、子供、高齢者、身体の不自由な方への対応などです。危険予測はシュミレーターを利用する教習所が多いです。

体が不自由な方への対応など、実際に経験する必要のあるものに関しては、同じ教習生または一発試験で合格した別の方とペアになり、車椅子の操作や目隠しをした相手の誘導などを体験します。

二種免許取得の流れ5:タクシードライバーに必要な地理試験

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

地理試験は東京特別指定地域(23区・三鷹市・武蔵野市)でタクシー運転手をする場合に必要な国家資格です。道路や交差点の名称、公園、名所、旧跡などの問題が40問出題され、80%以上の正当で合格となります。

試験問題の傾向は例年ほぼ一定で、乗車地と降車地が示され、その間に通過する交差点を順番に回答するという難問が出題されます。この問題を正当するのはプロのタクシードライバーでも厳しいと言われています。

タクシードライバーに必要な二種免許を取得しよう

タクシードライバーに必要な二種免許取得方法3選|二種免許取得費用と期間

いかがでしたでしょうか。今回はタクシードライバーに必要な二種免許について紹介しました。一つ一つの試験は人命を預かる仕事に繋がることもあり非常に難しいですが、基礎をしっかりと復習した上で技術をコツコツと磨いていけば、手が届く日がきっと来ます。

紹介したいくつかの方法の中から自分に合ったものを選んで、二種免許の取得にぜひチャレンジし、タクシードライバーになるという目標に到達できるようにしていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related