Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシー運転手になるには専用の運転免許が必要になりますが、地域によっては地理試験に合格しなければタクシー業務に就くことができない場所があります。仕事というのは生活の基盤を支える収入を得るために重要なため、早期に地理試験に合格することが大切です。

タクシーの地理試験とは?

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシー運転手になるためには専用の運転免許が必要ですが、地域によってはほかに地理試験に合格することが条件になっています。この地理試験は海外ではポピュラーですが、日本ではまだ広くは知られていません。

この地理試験は合格しなければタクシー運転手として業務できない重要な試験ですが、その内容を知らないことで不安に感じている人もいるでしょう。その内容についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

タクシードライバーになるために必要な免許は?

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシーは普通乗用車を使用して人を乗せて営業を行うため、普通自動車二種免許という免許を取得しなければタクシードライバーにはなれません。

18歳以上になって自動車教習所などで取得するのは一種免許であり、この免許では人を乗せて料金を徴収するタクシー業務はできません。二種免許は一般的には「運転のプロ」であることを公的に認めたものであり、人命を預かる以上は高度な運転技術が必要であるということを意味します。

タクシーの地理試験とは?タクシーの地理試験に関する豆知識10

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシー運転手に必要な免許を取得すれば原則的には業務を開始できますが、日本では大都市を中心に地理試験を実施していて、この試験に合格しなければタクシー業務には従事できなくなっています。

この地理試験はタクシー運転手になる人しか関係していないため、関連書籍も広く出回っているわけではありません。したがって、初めて受ける人にとって、その内容を承知していないことが多いのですが、どのような試験なのでしょうか。

タクシーの地理試験の豆知識1:タクシーの地理試験が必要な地域

タクシーの地理試験は将来的には日本全国で実施される予定になっていますが、現在は特定の地域でしか実施されていません。地理試験はタクシー運転手の地理の習熟度を上げて、お客様へのサービス向上を目的に行われています。

地理試験を実施している地域は人口密集地であり、観光やビジネスで別の地域から来訪する人が多いためタクシーの利用率も高めです。したがって、地理試験は乗客へのサービス向上の意味も含んでいます。

東京都

東京都は日本の首都で人口が最も多い地域であり、ビジネスの中心地でもあってタクシーの需要もトップクラスなどの理由から地理試験が実施されています。

ほかには、地方出身者でタクシー運転手に従事している人も多いため、質のいいサービスを提供する意味でも、地理についての習熟度を見極める地理試験は必要と言えます。地理試験を行うことで知らなかった地名も認識でき、業務に役立てることができるでしょう。

神奈川県

神奈川県は日本で二番目に人口が多い地域で東京と隣接していることもあり、人が多く住みビジネスも活発に行われることからタクシーの需要が高く、地理試験を行っている地域になっています。

神奈川県は都会でありながら箱根や伊豆といった有名な観光地も存在していて、県外の土地勘の無い人も多数訪れる場所でもあります。土地勘の無い人はタクシーを利用する傾向が強く、地理を熟知することは非常に大事になるでしょう。

大阪府

大阪府は西日本の中心地で行政機関も多く、商業の盛んな場所で人の出入りも激しくタクシーの利用率が高い土地柄であるなどの理由から、地理試験が行われています。

大阪府は関西国際空港があり、大阪府を経由して京都や神戸に向かう海外の観光客もいて、関西圏の玄関口でもあります。海外の観光客の多くは道を知らないためタクシー運転手に頼ることが多く、乗客を満足させるためにもその責任は重大になってくるでしょう。

タクシー地理試験の豆知識2:タクシーの地理試験実施場所

地理試験を実施するのは各地域にあるタクシーセンターという施設で、東京都は江東区南砂7-3-3、神奈川県は横浜市中区日ノ出町2丁目130番地、大阪府は大阪市鶴見区鶴見4丁目5番9号にその施設があります。

このタクシーセンターは、タクシー会社が設立しているタクシー組合が運営していて、地理試験だけではなく運転手の適正検査も行っています。タクシー運転手になると、訪れる機会の多い施設になるでしょう。

タクシー地理試験の豆知識3:タクシーの地理試験実施日時

地理試験は各タクシーセンターで異なっていて、東京都は月・火・金曜日、神奈川県は金曜日と「法令・安全および接遇」だけが月曜日に行われ、大阪府は事前に申し込んで特定の日に行われます。

大阪府だけは試験を実施する曜日が指定されておらず、タクシー会社に就業するとその日時が本人に知らされ、会社が申し込みを行って受けに行くという流れです。そして大阪府だけは、4日間の講習を受けて最終日に試験が行われます。

タクシーの地理試験の豆知識4:タクシーの地理試験受講料

タクシーの地理試験には「地域に係る地理」と「法令、安全および接遇」の二科目あり、一科目の受講料は3,400円で二科目なので、6,800円が必要です。

この地理試験の受講料は、ほとんどの場合がタクシー会社が負担していて、自腹で支払うことはあまりありません。ただし短期間で退職すると自己負担とするところもあり、この受講料に関しては就業しているタクシー会社に問い合わせてみるといいでしょう。

タクシー地理試験の豆知識5:タクシーの地理試験の持ち物

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

地理試験はペーパーテストなので鉛筆・消しゴム・ボールペンといった筆記用具のほかに、受講料と第二種運転免許証を持参する必要があります。筆記用具に関しては忘れた場合は貸し出してくれますが、受講料と免許証を忘れると試験が受けられません。

受講料は、一回の試験ごとに支払うため、不合格になり再度受験する際は再び持参します。タクシー会社が受講料を負担する場合は、何回まで負担してくれるのか事前に確認しましょう。

タクシー地理試験の豆知識6:タクシーの地理試験の問題数と合格ライン

地理試験は「地域に係る地理」が40問、「法令、安全および接遇」が45問(大阪府は15問)出題され、科目ごとに80点以上取らなければ不合格になり、総合点で判断しているわけではありません。

大阪府が「法令、安全および接遇」の問題数が少ないのは4日間の講習を受けるからであり、東京都と神奈川県は講習を受けずに試験になるため、問題数が多くなっています。これは各タクシー組合の制度なので、変更はできません。

タクシー地理試験の豆知識7:タクシーの地理試験合格発表

タクシーの地理試験は終了すると即座に採点が行われ、合格発表は同じ施設内ですぐにわかります。この時間をあまり空けずに結果がわかるのはうれしいところでしょう。

合格発表は試験を受けた者が集まった場所で一人ずつ名前が呼ばれ、最終的な確認を行ってから個別に発表されます。これは地理試験に受かればタクシー運転手としての業務が開始できるため、その意味の重さから慎重になっているからです。

タクシー地理試験の豆知識8:タクシーの地理試験に合格した場合

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシーの地理試験に合格すると合格証書が渡され、それを持ってタクシーセンターの事務局で登録の手続きを行うと、タクシー運転手であることを認定された乗務員証がもらえます。この乗務員証を所持することで、タクシーの業務が行えるようになります。

この乗務員証は、地域のタクシー組合に所属していることを証明していて、組合員以外の者がタクシー業務を行うことを防ぐと共に、タクシー業務の適正化を図っています。

タクシー地理試験の豆知識9:タクシーの地理試験に不合格の場合

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシー地理試験の合格率は50%程度であり、簡単に誰でも合格できる試験ではありません。地理試験が不合格の場合、科目別に合格点を取得していれば次に地理試験を受ける際に免除されますが、その効力は2年間です。

地理試験は、不合格になっても東京都と神奈川県は開催日に再試験を受けられますが、大阪府は事前の申し込みが必要で開催日も不定期なので、所属しているタクシー会社に相談するといいでしょう。

タクシー地理試験の豆知識10:タクシーの地理試験問題集の入手方法

タクシーの地理試験の問題集は市販されていないため、タクシーセンターの施設内で購入したり、インターネットからダウンロードするのもいいでしょう。また、タクシー会社には過去の問題集のテキストを所有している場合もあります。

地理試験の問題集は、過去に出題された問題をそのまま掲載しているものが多く、どのような問題の出し方なのか考えてみて、地図から自分なりの勉強をするという方法が適切です。

タクシーの地理試験に合格するための勉強方法3つ

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシーの地理試験は、運転手として業務を開始するためには必須であり、不合格になって仕事を開始するのが遅れるという事態は避けたいと誰もが考えるでしょう。しかし現実的に地理試験の合格率は50%以下なので、努力するしかありません。

地理試験の出題範囲は決まっているため、後は当人がどのような勉強方法を行うかが大切です。早期に合格するには、どのような勉強方法があるのでしょうか。

タクシーの地理試験合格のための勉強方法1:語呂合わせで丸暗記する

地理試験の問題の答えは一つしかなく、その答えを暗記するだけの試験になります。効果的な暗記方法は自分が覚えやすいように語呂合わせで言い換えてみて、それを丸暗記してしまうというやり方です。

地理試験は80点以上取らなければいけないため、一問の間違いで不合格になってしまう可能性があります。できるだけ多くの知識を習得する意味でも、自分が覚えやすい語呂合わせで記憶するのが最適と言えるでしょう。

タクシーの地理試験合格のための勉強方法2:地図を自分で書いてみる

英語の単語を覚える方法として単語を自分で書いてみるというやり方がありますが、自分の手を使って書くと、ただ見るだけであったり声を発するよりも強く記憶に残ります。

地理試験では実際の地図が問題で使われますが、地図を見るだけでは覚えにくいものですが、自分で書くという行動を取ることで覚えられるでしょう。地図を見るのが苦手な人もいるため、日頃から接していることが大切です。

タクシーの地理試験合格のための勉強方法3:点数が取れる問題を優先する

地理試験は問題数の割りに時間が短いため、考え込まなければ答えが出せない問題は後回しにして、まずはすぐにわかる問題から取りかかるようにしましょう。

答えを出すために時間が必要な問題を先に行ってしまうと、最後の方で時間が無くなって解ける問題も未記入で提出することになることがあります。地理試験は合格ラインが80%以上と高めに設定しているので、確実に早く答えを書ける問題から取り組むことが鉄則です。

タクシーの地理試験に合格しよう!

タクシーの地理試験とは?地理試験に関する豆知識10|合格できる勉強法

タクシー運転手は地理試験に合格しなければ乗務員証をもらえず、二種免許を取得していても業務でタクシーを使用できないという事態が発生してしまいます。これはタクシー運転手を目指す人には大きなデメリットになるでしょう。

地理試験は難しい部類に入る試験であり、その難易度からもどれだけ重要であるのかがわかります。一度で合格するためにも、日頃から努力して勉強することが大切です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related