Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーをやめた人の理由10個|やめた人が望むこと5つ

タクシードライバーをやめた人の理由10個|やめた人が望むこと5つ

歩合制が採用されていることの多いタクシードライバーは稼ぎが月によって不安定であり、体力的にもきつい仕事です。この記事ではタクシードライバーをやめたいと感じる理由に加えて、実際にタクシードライバーをやめた人の望む就業条件について解説しています。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシードライバーをやめた人の理由は似通っている

上司や同僚との付き合いなど、わずらわしい職場の職場関係に悩まされることもなく、自分のペースで働けるタクシードライバーの仕事は転職先として密かな人気を集めています。

しかし、中にはタクシードライバーをやめた人も少なくありません。

タクシードライバーをやめた人の離職理由は似通っており、その理由を事前に知っておけば、自分にタクシードライバーの仕事が合っているかどうかの判断材料となるでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシードライバーをやめた人の理由10個

いざ転職をして「思っていたのと違った」とミスマッチを起こさないためにも、タクシードライバーをやめた人の理由を正しく把握しておくことは大切です。ここからはタクシードライバーをやめた人の理由10個を通して、理由を確認していきましょう。

タクシードライバーをやめた人の理由1:タクシー運転手を見下す客が多い

タクシードライバーをやめた人の理由としてまず挙げられるのが、態度の悪い客が多いということです。

残念ながら乗客の中には見下して、高圧的な態度を取る人が一定数存在します。

そのような質の悪い客に度々遭遇すると強いストレスを感じるため、耐え切れずにタクシードライバーをやめたという人も少なくないことでしょう。

タクシードライバーをやめた人の理由2:いつか事故を起こすと確信した

間一髪で事故を起こしそうになってしまったということも、タクシードライバーをやめた人の理由として挙げられるでしょう。

タクシードライバーの仕事は長時間労働であり体力的にも精神的にもハードな仕事であるため、つい集中力が切れてしまったり、居眠り運転をしそうになることもあります。

このままでは近いうちに大きな事故を起こしてしまうと確信し、タクシードライバーをやめた人も少なくないでしょう。

タクシードライバーをやめた人の理由3:白タクやトラックが煽ってくる

タクシードライバーをやめた理由のひとつに、煽ってくる白タクやトラックが多いということも含まれるでしょう。

もちろん全てではありませんが、白タクやトラックの運転手の中には悪意をもって煽ってきたり安全な走行を邪魔しようとする人もいます。

仕事中に頻繁にこのような悪質な煽りを受け、強い怒りと同時に恐怖や事故への不安を感じるため、タクシードライバーをやめた人もいます。

タクシードライバーをやめた人の理由4:自転車が危険で怖い

自転車の飛び出しが多くて怖いということも、タクシードライバーをやめた人の理由のひとつとして挙げられます。

マナーの悪い自転車も意外と多く、赤信号なのに平気でスピードを出したまま車体の前に飛び出してきたり、タクシーが停車してくれることを当たり前のように感じて危険走行する自転車に悩まされるタクシードライバーも相当数います。

タクシードライバーをやめた人の理由5:給料が割に合わない

タクシードライバーをやめた理由のひとつとして挙げられるのが、給料が割に合わないということです。

朝から晩までろくに休憩も取らずに一生懸命営業をしたとしても、普通の会社員ほど稼ぐことができず、ハードな労働実態と給与が見合っておらず、不満を感じるタクシードライバーも多いです。

もっと稼ぎの良い職を求めてタクシードライバーをやめた人も少なくないことでしょう。

タクシードライバーをやめた人の理由6:人間として成長すると思えない

タクシードライバーの仕事を通じて成長する機会が感じられないということも、タクシードライバーをやめた人の理由です。

客を拾って目的地に送り届けるというルーティンワークをこなすだけで時間が過ぎてしまい、人生の糧となるような経験や学びを得る機会がほとんどないと感じるタクシー運転手も少なくありません。

そのため、仕事に物足りなさを感じてタクシードライバーをやめたという人もいます。

タクシードライバーをやめた人の理由7:昼夜逆転生活がつらい

昼夜逆転生活になって体力的にきついということも、タクシードライバーをやめた人の理由として挙げられるでしょう。

タクシードライバーの仕事で稼ごうと思うと、朝から翌日の明け方まで勤務する隔日勤務や夕方から早朝にかけて勤務する夜日勤を選ばざるをえません。

そうなると昼夜逆転生活になってしまい、体力的にも精神的にもつらくて耐えられないため、タクシードライバーをやめた人も一定数います。

タクシードライバーをやめた人の理由8:スキルが身につかない

タクシードライバーをやめた人の理由のひとつに、キャリアアップにつながるスキルが身につかないということも含まれるでしょう。

タクシードライバーの仕事は基本的に同じことの繰り返しであり、今後の転職時に役立つスキルやキャリアが身につくわけでもありません。

そのため、今後のキャリア設計を考えた時に不安を感じてタクシードライバーをやめたという人もいます。

Bottom banner

タクシードライバーをやめた人の理由9:体を壊した

体を壊してしまったというのも、タクシードライバーをやめた人の理由のひとつでしょう。

タクシードライバーの仕事は長時間労働で昼夜逆転生活になるなど、体力勝負なところが大きいうえに、長時間同じ姿勢で運転しなければなりません。

そのため腰痛やひどい肩こりに悩まされる人も多く、健康を損ねてタクシードライバーの仕事を辞めざるを得ない人も一定数存在します。

タクシードライバーをやめた人の理由10:歩合制がきつい

タクシードライバーをやめた人の理由のひとつとして挙げられるのが、歩合制の給与体系がシビアすぎるということです。

タクシー会社の多くは給与体系として歩合制を採用していますが、これは頑張って売上を伸ばさなければ十分な給料が得られないということを意味します。

売上を伸ばしきれないタクシードライバーは、経済的な不安定さゆえに他の職種に転職を余儀なくされることでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシードライバーをやめた人が望むこと5つ

以上でご紹介したように、タクシードライバーは決して楽な仕事ではなく、辛く大変な面が多々あります。

では、そのような業務内容に耐えかねてタクシードライバーをやめた人は、転職時にどのようなことを望むのでしょうか。

ここからは、タクシードライバーをやめた人が望む条件についてチェックしていきましょう。

タクシードライバーをやめた人が望むこと1:給料が良い仕事がしたい

タクシードライバーをやめた人は、往々にしてもっと稼げる仕事に就きたいと考えています。

タクシードライバーとして十分な稼ぎを得られる人は一握りであり、月の手取りが20万円前後という人も少なくないため、転職してもっと安定した稼ぎが得られるようになりたいと考えるのはある意味当然のことでしょう。

特に一家の大黒柱として働いている男性ならば、なおさらのことです。

タクシードライバーをやめた人が望むこと2:やりたい仕事に就きたい

自分のやりたい仕事をしたいというのも、タクシードライバーをやめた人が望むこととして挙げられるでしょう。

タクシードライバーの仕事に楽しさを感じられなかった人ほど、次に就職するならばやりがいの感じられる仕事をしたいと願うものです。

仕事に対してモチベーションを持てるように、自分にとって楽しいと思える職業に就きたいと考えるのは自然なことでしょう。

タクシードライバーをやめた人が望むこと3:客商売から離れたい

タクシードライバーをやめた人が望むことのひとつに、もう客商売はしたくないということも含まれます。

質の悪い客に絡まれることが多かった人は、客商売そのものに抵抗感や嫌悪感を抱いてしまっているため、次は客を相手にする職業ではなく、事務や経理などの仕事をしたいと考えるようになるでしょう。

タクシードライバーをやめた人が望むこと4:ノルマも歩合も無い仕事がしたい

ノルマも歩合もない仕事がしたいというのも、タクシードライバーをやめた人が望むことのひとつです。

タクシードライバーは会社からノルマを課せられますし、歩合制のもとでは自分が頑張らなければ十分な稼ぎが得られないため、常に売上を伸ばすというプレッシャーを受けながら仕事をせねばならず、それがトラウマになっている人も多いです。

だからこそ、次の仕事では精神的な圧迫感のない職に就きたいと願うのでしょう。

タクシードライバーをやめた人が望むこと5:プライベートな時間を確保したい

タクシードライバーをやめた人は、プライベートな時間を大切にしたいと考えてもいます。

長時間労働が基本であるタクシードライバーは生活の全てが仕事になってしまっていたため、転職するならばワークライフバランスが実現できるところがいいと考えるのも当然のことでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシードライバーをやめた人の理由を一通り把握しましょう

今回はタクシードライバーをやめる理由について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

事前にどんな理由でタクシードライバーが離職するのかを知っていれば、自分も同じような理由で挫折してしまわないか、またタクシードライバーの適性があるかないかを判断することができます。

タクシー業界への就職をお考えならば、あらかじめタクシードライバーが仕事をやめる理由を一通り把握しておきたいところです。

タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人