Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

ここではタクシーの地理試験についてみていきます。東京や神奈川などの都市部ではタクシーの地理試験が行われています、大変難しく合格率が低い試験です。試験に合格するため、地理試験問題集を活用することをおすすめします。地理試験問題集の効率的な使い方をご紹介します。

タクシー運転手が地理に詳しい理由

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

ここでは、タクシーの地理試験についてみていきます。東京、神奈川、大阪などの都市部ではタクシーの地理試験が実施されています。都市部のタクシー運転手が地理に詳しいのは、この地理試験に合格しているからです。

タクシー会社では、新人のタクシードライバーをこの地理試験に合格させるために、独自に研修を行ったり、地理試験問題集を作成したりしています。タクシーの地理試験に合格する方法などもあわせてご紹介します。

タクシーの地理試験とは?

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

タクシーの地理試験は、内容が難しく合格率が極めて低いと言われています。中には合格するまで何度も受け続けているタクシードライバーもいます。

試験の内容は、道路の名前や交差点の名前、有名な建物、公園、名所、鉄道の駅の所在などの問題が40問出題されます。32問以上正解して合格となります。勉強方法は、地理試験問題集で勉強しても良いですが、過去問が出ているのでそれを使って対策するのもおすすめです。

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

ここからは、タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識を8つみていきます。以下に挙げる豆知識を知っていれば、タクシーの地理試験の合格率が高まります。この豆知識を知っているのと知らないのでは本番の地理試験に大いに差が出るといえるでしょう。

豆知識を知った上でタクシー地理試験の勉強を始めると効率的です。これから、タクシーの地理試験を受けようと考えている方はぜひご覧ください。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識1:地理試験必須地域

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

豆知識1つ目は、地理試験必須地域があるということが挙げられます。逆に言うと、地理試験なしでタクシードライバーになれる地域もあるということです。

地理試験必須地域は、東京では東京23区と三鷹市と武蔵野市、神奈川では横浜市と川崎市と三浦市と横須賀市、大阪では北ブロック、中ブロック、南ブロックが対象になっています。かなり広いエリアになりますので、しっかりと試験対策をとらなければならないでしょう。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識2:タクシーの地理試験概要

豆知識の2つ目として、タクシーの地理試験の概要をおさえるべきということが挙げられます。地理試験は、公益財団法人東京タクシーセンター、一般財団法人神奈川タクシーセンター、公益財団法人大阪タクシーセンターが実施しています。

タクシー地理試験に合格するためには、主要な地域の地理を知り尽くしていなければなりません。そのため、地名や道路名、交差点名、主要施設などをきちんと把握する必要があります。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識3:地理試験問題集入手方法

豆知識の3つ目として、地理試験問題集の入手方法を知ることが挙げられます。地理試験問題集は、一般的に本屋さんなどで発売されていません。タクシー会社からもらったり、インターネットからダウンロードしたりして、地理試験問題集を手に入れましょう。

地理試験問題集を何度か勉強すれば、出題される問題の傾向がつかめ、本番の試験対策になります。つまり、合格したい人は、必ず地理試験問題集を手に入れるべきだということです。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識4:とにかく暗記する

豆知識の4つ目としては、とにかく暗記するということが挙げられます。地理試験問題集を何度も繰り返し解いて暗記することが大切です。暗記することは、一見大変なように思われますが、将来的にタクシードライバーとして独り立ちしたときに必ず役に立つことばかりです。

タクシー地理試験は暗記力がものをいう試験といっても過言ではありません。とにかく暗記に重点をおいて、地理試験問題集を勉強するようにしましょう。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識5:幹線道路がポイント

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

5つ目の豆知識として、幹線道路がポイントになります。地理試験問題集をみて、ただ漫然と暗記していても効率が悪く時間がいくらあっても足りません。そこでまず幹線道路を覚えましょう。

幹線道路は地域の中心になる重要な道路ですので、まずそこを中心に覚えてから、細かい知識を幹線道路と関連付けて暗記するのがおすすめです。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識6:交差点がポイント

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

6つ目の豆知識は、交差点がポイントになります。5つ目の豆知識に挙げた幹線道路と同じくらい大切なのが交差点です。

幹線道路と交差点を結びつけて覚えるようにしましょう。幹線道路には主要な交差点がたくさんあります。主要な交差点をおさえることによって、そこから出てる細かい道も一緒に覚えることができます。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識7:応用問題への対策

7つ目の豆知識として、応用問題への対策があります。応用問題はだれにとっても難しい問題ですので、正解率は低くなります。応用問題の中でも比較的難易度の低い問題から対策をとることをおすすめします。

要は、みんなが正解できるような問題は絶対に間違えてはいけないということです。応用問題の中でも難易度の低い問題であれば、正解率は高くなりますので、そういった問題は必ず正解するようにしましょう。

タクシーの地理試験や地理試験問題集の豆知識8:過去問を徹底的に解く

8つ目の豆知識として、過去問を徹底的に解くということが挙げられます。地理試験問題集で自信をつけたら過去問を解いて、さらに自信を付けましょう。

実際に出題された問題を解くことによって、自分の実力をはかることができ、また、弱い分野をあぶりだすこともできます。弱い部分は、地理試験問題集に戻ってしっかりと復習をしましょう。

タクシーの地理試験問題集活用法4つ

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

ここからは、タクシーの地理試験問題集の活用方法をご紹介いたします。地理試験問題集を効果的に使えば、短時間の勉強でも合格する可能性が高いということができます。以下で、具体的に地理試験問題集を効率的に活用する方法を4つ見ていきます。

タクシーの地理試験問題集活用法1:問題集の内容は丸暗記する

活用法の1つ目として、問題集の内容を丸暗記するという方法が挙げられます。地理試験問題集を繰り返し何度も解いていけば、問題集の構成から問題の内容まで頭に入ってしまいます。

まずは地理試験問題集の構成を覚え、その次にそれぞれの問題の内容を覚えてしまえば、本番でもどの分野の問題だったかすぐに思い出すことができます。そうすれば、おのずと正解を覚えるのも楽になってきますので、ぜひお試しください。

タクシーの地理試験問題集活用法2:語呂合わせで暗記する

活用法の2つ目として語呂合わせで暗記するという方法が挙げられます。たくさんの道路や名称などを覚えていかなければなりません。

語呂合わせを使えば比較的楽に覚えることができるでしょう。語呂合わせや略語を使って覚えていけば、短時間で効率的に暗記することができます。会社によっては、暗記表を作成してくれているところもあるので大いに活用しましょう。

タクシーの地理試験問題集活用法3:問題も丸暗記する

活用法の3つ目として、問題も丸暗記するという方法があります。一見大変そうな作業にみえますが、問題と解答をセットで暗記することにより、知識が深まり、定着していきます。

地理試験問題集を何度も繰り返すうちに、自然と問題まで覚えてしまいます。問題を覚えているので解答もすぐに出るようになります。

タクシーの地理試験問題集活用法4:マークシートをコピーして過去問を解く

4つ目の活用法として、マークシートをコピーして過去問を解くという方法があります。地理試験の解答用紙はマークシート方式になっています。いくら問題が解けても、マークシートの解答が1つでもずれていたら、得点になりません。

このようなことにならないためにも、日ごろからマークシートの解答方式に慣れておく必要があります。過去問を解く時は、マークシートをコピーして、本番と同じように使いましょう。

タクシーの地理試験問題集を活用しよう!

タクシーの地理試験や地理試験問題集に関する豆知識8つ|問題集活用法

ここまでタクシーの地理試験についてみていきました。タクシーの地理試験は難易度が高く合格率が低いといわれています。勉強も暗記することが多く大変だと言われていますが、地理試験問題集をフル活用して頑張りましょう。

地理試験問題集は、覚えなければいけない道路や建物、名所などが効率よく載っています。この問題集を何度も解くことが重要だといえるでしょう。問題集1冊を覚えてしまうくらい使い込んで勉強しましょう。

Related