Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

タクシー運転手の事故と言われてもあまりピンと、こない人も多くいます。タクシー運転手と言えば毎日運転に携わっているプロのドライバーです。そんなプロのドライバーでも死角による事故を起こしています。タクシー運転手がどんな事故を起こしているかなどの情報をお届けします。

タクシー運転手の事故は死角によるものが多い

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

既にタクシー運転手として日々活躍している人や、これからタクシー運転手を目指そうとしている人に、タクシー運転手が事故を起こす原因についてみていきます。運転手の中でもプロ中のプロであるタクシー運転手が事故を起こすことは少ないイメージがあります。

しかし、実際にはタクシー運転手も事故を起こしている現状があります。 タクシー運転手の事故は死角によるものが多いとも言われます。

タクシー運転手が事故を起こす原因10個

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

タクシー運転手が事故を起こす原因 についてお話します。 タクシー運転手が事故を起こす原因には、人や車がミラーの死角に入った・高速道路の合流時に死角から車が出現した・フロントガラスの死角に子供が入ったなど死角が原因で事故を起こしていることがわかります。

他にも、対向車の後ろにバイクがいた・自分が死角に入ったなどがあり、次項からそれらについて説明していきます。

タクシー運転手が事故を起こす原因1:人や車がミラーの死角に入った

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

タクシー運転手が事故を起こす原因には「人や車がミラーの死角に入った」があります。 車を安全に運転するには、ルームミラーやドアーの横についているドアーミラーで周りを確認することが大事です。

特に追い越しをする時や右折・左折をする時は、後続車の存在と距離の確認が重要になり、その祭に使用するのが、ルームミラーやドアーミラーです。そのミラーには、それぞれに死角があり、この死角が事故を起こしてしまう原因です。

タクシー運転手が事故を起こす原因2:高速道路の合流時に死角から車が出現した

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

タクシー運転手が事故を起こす原因には「高速道路の合流時に死角から車が出現した」があります。高速道路の合流時には、本線を走っている車と同じようなスピードで合流することになります。その祭自分の車の横を走る車がドアーミラーから見えなく死角となります。

ドアーミラーに車が見えなくなった瞬間に本線には入ろうとした場合は、自分の車の横を走る車に気がつかないことになり、そのことが事故を起こす原因です。

タクシー運転手が事故を起こす原因3:自分が死角に入った

タクシー運転手が事故を起こす原因には「自分が死角に入った」があります。この事故のケースとして考えられるのが、 タクシー運転手の右側の道路への合流です。高速道路から一般道への合流などです。一般道を走行している車は左のサイドミラーでタクシーの存在を確認します。

一般道を走行している車は、高速道路から一般道へ合流するタクシーが死角になります。そのためスピードを上げて合流すると衝突といった事故になります。

タクシー運転手が事故を起こす原因4:対向車の後ろにバイクがいた

タクシー運転手が事故を起こす原因には「対向車の後ろにバイクがいた」があります。これは、タクシー運転手に限らず、多くの運転手が事故にならなくても経験したことがあるケースです。車の右折時に起こる事故です。

特に対向車がトラックやバスなど大きな車の時に、通り過ぎたのを確認したあと右折しょうとした時に対向車の後ろにバイクがいたことを確認していなく、対向車が死角になりバイクに気ずかない時に起きる事故です。

タクシー運転手が事故を起こす原因5:フロントガラスの死角に子供が入った

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

タクシー運転手が事故を起こす原因には「フロントガラスの死角に子供が入った」があります。

このケースは路地裏の比較的狭い道路で発生しやすい事故です。タクシーの周りにいる小さな子供がフロントガラスの死角で見えなくて、運転手が気ずかないで起きる事故です。

事故を未然に防ぐために、小さな子供が遊んでいる場所では、車から降りて確認をするようにしましょう。

タクシー運転手が事故を起こす原因6:バックガラスの死角に子供が入った

タクシー運転手が事故を起こす原因には「バックガラスの死角に子供が入った」があります。これはフロントガラスの死角に子供が入った時と同じような事故で、この場合は後ろにいるミラーで確認できない小さな子供の場合に起きます。

これも前項でお話してケースと同じように、車から降りて確認することが大事です。

タクシー運転手が事故を起こす原因7:車の窓柱による死角

タクシー運転手が事故を起こす原因には「車の窓柱による死角」があります。車には運転席、助手席の付近にフロントガラスを支え窓柱があります。

また、運転席と後部座席との間にある窓柱があります。さらに、車種によっては車体後部にも窓柱があり、これらすべてが死角になります。

車にある窓柱は幅が細くて、それほど大きなものではありません。しかし、この窓柱が死角になって起こる事故も多くあります。

タクシー運転手が事故を起こす原因8:カーブを走行中の死角

タクシー運転手が事故を起こす原因には「 カーブを走行中の死角」があります。タクシー運転手に限ったことではなく、車を運転する人すべてが経験していることです。

カーブに突入した時には、 カーブから先のすべてが死角となり、対向車に気が付くのが遅れます。右にカーブする時には左側のカーブの先が死角、左カーブなら右側のカーブの先が死角になります。

タクシー運転手が事故を起こす原因9:建物などによる死角

タクシー運転手が事故を起こす原因には「建物などによる死角」があります。住宅が密集した狭い道路は、全体的に見通しが悪く、住宅の塀や大きな庭木などが死角になります。さらに道路の角に設置されている看板やポスターなども死角になります。

そのため、出会いがしらの衝突などの事故が多くなります。見通しが悪い場所は、死角が多くあること意識して運転をするようにしましょう。

タクシー運転手が事故を起こす原因10:停まっている車による死角

タクシー運転手が事故を起こす原因には「停まっている車による死角」があります。このケースは、人を乗車する目的で、バス停に止まっているバスなどが死角になって起こる事故です。よくあるのが、バスを降りた乗客が道路を横断していることに気が付かずに衝突する事故です。

また、狭い道路に車が停車している時にその車を追い越そうとして反対車線に入った時に対向車に気が付かずに衝突する事故もあります。

交通事故を起こした場合の責任の種類3つ

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

ここでは、交通事故を起こした場合の責任についてみていきます。 交通事故を起こした場合の責任は以下3つあります。刑事上の責任・行政上の責任・民事上の責任です。次項からそれらについて具体的にどんな責任があるのか説明していきます。

責任1:刑事上の責任

刑事上の責任には懲役・禁固・罰金があります。懲役とは刑務所内に拘置して、刑期が終わるまで決められた労働をしながら生活することです。

交通違反における処罰としては軽い刑で懲役2年以下、罰金50万円以下、違反点数25点、重い刑は懲役5年以下、罰金100万円以下、違反点数35点の処罰があります。

禁固は、刑務所内に拘置されますが、労働はありません。罰金はお金を納めることで、責任を果たすことです。

責任2:行政上の責任

行政上の責任には免許の取消、停止があります。免許の取消・停止は前歴がない人と前歴がある人とでは、免許の取消になる点数と欠格期間が違います。前歴がない人が事故を起こし、反則点数が45点以上の場合は欠格期間5年、前歴がある人は40点以上で欠格期間5年になります。

また、前歴がない人が70点以上の場合は10年、前歴がある人は65点以上で10年になり、相手の怪我の程度により交通違反の点数がかわります。

責任3:民事上の責任

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

民事上の責任は怪我を負わせた相手や壊した物体への損害賠償です。損害賠償は自分の車で、相手に怪我を負わせてしまったり、ガードレールなどの物を壊したりしたときの治療や修理にかかった費用を補償することです。

この場合は対人・対物賠償がついた任意保険に加入していればほとんど保険で支払うことができます。

タクシー運転手が事故を起こす原因を一通り把握しましょう

タクシー運転手が事故を起こす原因10個|責任の種類3つ

タクシー運転手が事故を起こす原因をみてきました。どうでしょうか、運転のプロであるタクシー運転手でも色々な死角による事故の可能性があることがわかりました。また、死角との認識がない窓柱の死角で起こす事故もありました。

車を運転する時にはさまざまな死角があることをよく理解して運転することが大事です。事故を未然に防ぐには、タクシー運転手が事故を起こす原因を一通り把握しておくことが大事です。

Related