Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーの実態を知るためのポイント7つ|法人タクシーとは?

タクシードライバーの実態を知るためのポイント7つ|法人タクシーとは?

タクシードライバーに対してみなさんはどのようなイメージがあるでしょうか。激務ではないかと勘違いされやすい仕事ですが、実態は違います。タクシードライバーの実態を詳しく解説しますので、就職や転職を考えている人はぜひ参考にして視野に入れてみてはいかがでしょうか。


タクシードライバーの仕事とは?

タクシードライバーの実態を知るためのポイント7つ|法人タクシーとは?

タクシードライバーの主な仕事は、車にお客様を乗せ、目的地まで安全に運ぶことです。

駅や病院やホテルなどで待機して「客待ち」をする事もあれば、無線で呼ばれ、お客様のところへ向かう事もあります。さらに「流し」と呼ばれる、街中を走りながらお客様を探す事もあります。

タクシードライバーのイメージ

タクシードライバーに対して世間は、中高年が最終的に就職する仕事で低収入である、過酷な労働環境であるといったほかに、収入が不安定、専門的な資格が必要なのでハードルが高いなどのイメージを持っています。

しかし、現実は収入面や労働時間も悪くなく、資格に関しても普通第一種免許を持っていれば採用され、入社後に訓練を行う会社もあるため、イメージよりもハードルの高い職業ではありません。

法人タクシーと個人タクシー

法人タクシーのドライバーは、自動車第二種運転免許を取得していることのみが条件ですが、個人タクシーのドライバーになるためには、法人タクシーの運転経験が10年以上必要です。

個人タクシーの事業者として開業するためには、豊富な運転経験だけでなく、いろいろな道に詳しいなど、地理的な能力も必要となり、法人タクシードライバーと比較するとハードルが高いことがわかります。

タクシードライバーの仕事の実態を知るためのポイント7つ

タクシードライバーの実態を知るためのポイント7つ|法人タクシーとは?

タクシードライバーの仕事内容や、イメージなどが簡単にわかったところで、さらに詳しく知るためにタクシードライバーの実態を探っていきます。実態を詳しく知ることで、タクシードライバーに対するイメージが変わるでしょう。

実態1:タクシードライバーの給料

平成29年度の男性タクシードライバーの平均年収の実態は、約334万円です。月給で計算すると約28万円です。ただし東京都の場合は、平均年収が約418万円、月給は約35万円というのが実態です。

タクシードライバーは完全歩合制と考える人もいますが、固定給があるため、売り上げがなければ給料もないということではありません。さらに、戦略次第では高収入を得られる可能性が高くなります。

実態2:タクシードライバーの勤務時間

一般的なタクシードライバーの勤務形態は「隔日勤務」と呼ばれるもので、24時間勤務したら翌日は休みです。ただし、拘束時間は約20時間で、実際に運転する時間は16時間前後です。

その他、月8日ほど出勤する「定時制」と呼ばれる形態と、1日8時間、週5日といったサラリーマンに近い形態で働ける「日勤」と呼ばれる形態もあります。ただし、日勤に関しては実施している会社が少ないのが実態です。

実態3:タクシードライバーのノルマ

タクシードライバーには、一般的な営業職と同じようにノルマがあります。タクシー業界では「足切り」と呼ばれ、歩合率が高いのが実態です。

足切りの目標金額はタクシー会社によっても違い、中には足切り制度を導入していない会社もあります。さらに、足切りと歩合率は会社によって違うため、タクシードライバーを目指す際はその点を確認する必要もあります。

なお計算方法は、固定給+(月間営収額-足切額)×歩合率です。

実態4:タクシードライバーは楽しいか?

タクシードライバーの実態を知るためのポイント7つ|法人タクシーとは?

タクシードライバーは、1日タクシーに拘束されるイメージがあり一見楽しそうに見えませんが、お客様との会話や上下の関係なしにタクシードライバー同士で会話を楽しめることができます。

他にも、タクシードライバーに転職した人の中には、自由な時間が増える点に楽しさを感じている人もいます。

また、基本的に一人のため人間関係のわずらわしさを感じずに仕事ができるため、楽しいと感じる人が多いのが実態です。

実態5:タクシードライバーは人手不足

Bottom banner

先の勤務時間でもふれましたが、タクシードライバーは一般的なサラリーマンと違い、特殊な勤務形態のため激務と勘違いされやすいです。

さらに、現在ではタクシードライバーの高齢化が進み、毎月ドライバーが減っていることもあり人手不足に悩まされています。

実態6:タクシードライバーの福利厚生

タクシードライバーとして働くためには自動車第二種運転免許は必須ですが、免許取得のための支援制度を設けている会社が多いです。

さらに、免許取得後の研修手当のほか、入社後一定期間勤務した社員に対して褒賞金が支払われたり、社会保険を完備したり、保養所のある会社もあります。

実態7:タクシードライバーの腰痛

タクシードライバーは、車のシートに長時間同じ姿勢のままの状態が続く仕事です。途中で休憩を取って姿勢を変えたとしても、どうしても腰や周辺が血行不良になりやすく、その結果、腰痛持ちが多いのが実態です。

運転中の振動も腰に負担をかける事が多く、加えて運動不足や加齢により腰痛を悪化させる人もいるといわれています。そのため、タクシードライバーは腰痛対策を考えることも大切です。

タクシードライバーの仕事が大変な理由3つ

タクシードライバーの実態を知るためのポイント7つ|法人タクシーとは?

ここまででタクシードライバーの実態をご紹介してきました。イメージと違い、多くのメリットがあることがわかりましたが、やはり仕事は楽しいだけではなく、大変な面も避けることはできません。

タクシードライバーが遭遇しやすい仕事の実態で大変な面を見てみましょう。

理由1:給料が変動すること

仕事をする最大の目的は、給料をもらう事です。タクシードライバーは固定給はあるものの、営業職と同じように歩合や足切りがあるため、一般的な仕事と違い給料が一定とは言い切れません。

中には年収1,000万円を超えるタクシードライバーも存在しますが、そういった人でも毎月同じ金額の給料ではないため、年収が高くても低くても給料が変動することに変わりはないでしょう。

理由2:酔っ払いの乗客やクレーム

タクシードライバーとして仕事をする上で避けて通れないといっても過言ではないのが、お客様とのトラブルの実態です。その中でも頭を悩まされるのは、酔っ払いや暴力を振るう乗客やクレームを付ける乗客です。

泥酔して行き先がわからない、車内で吐く、難癖をつけて運賃を払わない、むちゃな要求をして従わないとクレームを付ける、といった乗客がいてストレス発散の相手にされるという実態もあります。

理由3:事故の危険性

タクシードライバーの実態を知るためのポイント7つ|法人タクシーとは?

事故の危険性の実態もタクシードライバーとして常に頭に置かなければいけません。タクシーはトラックに次いで交通事故死を出しているという統計も出ています。

運転のプロといっても、疲れていれば眠くなります。途中で停車して休めればいいのですが、お客様を乗せているときに勝手に休むわけにはいきません。また、黄昏時や夜明けの時間帯は視界不良になりやすく、事故の原因にもなります。

タクシードライバーの仕事の実態を知ろう!

タクシードライバーは、月の休みが多い割に頑張っただけの報酬が望めるため、若い人の間でも注目を集めている仕事です。大変であるという実態もありますが、どのような仕事でも良い面と悪い面を持ち合わせています。

タクシードライバーの実態をしっかりと把握して、就職や転職の参考にしてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related