Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

タクシー運転手が事故を起こしてしまった場合の対応方法や、事故を起こす原因について言及し、正しい対処と、乗用車を運転する方々にとっても役に立つ、事故を起こさないための心構えを紹介します。車を運転する危険性と、運転手としての責任について改めて考えてみませんか。


タクシー運転手の中には何十年も無事故の人もいる

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

タクシー運転手といえば一日中車で走り回り、お客さんを希望の場所まで送り届ける仕事を行なっているため、自然と事故を起こしたり事故に巻き込まれたりする可能性が大きくなってしまいます。

そんな運転手の中にも、何十年間におよび無事故という人ももちろんいます。とはいえどんなベテランでも、事故を起こす可能性はゼロではありません。もし、タクシー運転手が事故を起こした場合に取るべき対応や、事故の原因について解説していきます。

タクシー運転手の事故発生時の対応10個

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

どんなに運転のうまいタクシー運転手でも、突然の飛び出しや車線変更、急停車してくる車などによって事故を起こしてしまうこともあります。そんなもしもの時に役立つ対応を10個にまとめました。

対応1:けが人の救護

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

事故を起こしてしまった時にけが人がいた場合、救護することが先決です。 可能な限りの緊急手当と、安全な場所への誘導を行いましょう。 車から降りる際は後続の車に気をつけて、慌てずに対処することが大切です。

対応2:実車中ならお客様にケガはないか確認

タクシー運転手として実車中に事故を起こしてしまった時は、お客様の状態を確認しなければなりません。運転手側の過失の場合は、慰謝料や医療費などを支払わなければならないので、身元確認をした上で謝罪すると同時に、こちら側が責任を持って対応することを伝えましょう。

対応3:相手方にケガをしている人はいないか確認

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

速やかに乗車中のお客様の状態確認が終わったら、相手方が怪我をしていないか確認するようにしましょう。痛みはないか、頭を強く打ち付けていないか、外傷はなさそうか最初に安否を確認することが大切です。

ケガの有無によって今後の対応が決まってくるため、事故関係者の状態を把握しておく必要があります。

中見出し:対応4:手当が必要なら119番

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

タクシー運転手が何よりも大切にしなければならないことは、お客様も含めた人命を守ることです。相手が手当の必要なほどの状態の時はすぐに、119番で救急車を呼ぶようにしましょう。

痛みを訴えたり、頭を強く打ったという方がいたりした場合も、 骨折や脳震盪の恐れがあるので、ムリに動かさず救急車を待つようにすることが重要です。

対応5:110番で警察に連絡

ケガの確認や救急車の要請などが終わったら、次に110番で警察を呼ぶことが必要となります。 事故の原因をはっきりさせることはもちろんのこと、相手側との示談をする時などに、仲裁してもらうことで、落ち着いて話し合うことができます。

会社に迷惑がかかるから110番当番しないということが、ないようにしましょう。

対応6:自分の営業所に連絡

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

たとえ警察に仲裁に入ってもらって示談がまとまったとしても、タクシー運転手として勤務している営業所に連絡することを忘れてはいけません。 あくまでも雇われている立場なので、一人ですべてを判断するわけにはいきません。

また、事故の大きさによりますが、会社側が保険などを使って、慰謝料や修理費などを何割か負担してくれることもあるので、 営業所に連絡をして、上からの指示を仰ぐようにしましょう。

対応7:状況に応じて示談を進める

相手がケガもなく軽い衝突で済んだような時は、その場で示談を進めてみましょう。場合によっては警察などを呼ばずに、後日車の修理費を払ったり、病院の診察代を払ったりするだけでおさまる可能性も考えられるからです。

相手がケガをしたり、車の損傷が激しかったりと大きな事故の場合は、 相手の治療費や車の修理費がはっきりした状態で示談を進めることになります。相手の状態を考えて、タクシー運転手側の都合を押しつけることだけは避けるようにしましょう。

対応8:営業所の指示通りに対応する

Bottom banner

営業所にどういう話し合いになったのか、相手側に何を求められているのか伝えた上で、今後どのように対応すればいいか指示をもらうことも大切です。タクシー運転手一人が起こした事故であっても、営業所が責任を持つのは当たり前のことです。

しかし、飲酒や危険運転など会社の規定にそぐわない運転が原因の事故の場合は、大きなペナルティを課されることになるため、軽く考えることだけはしないように注意してください。

対応9:修理について取り決める

治療費や慰謝料意外にも、相手側の車はもちろんのこと、タクシー自体の修理費についても考えなければなりません。どちらも見積もりを出してもらって、どれぐらいの費用がかかるのか営業所に伝えましょう。

会社によって違いはありますが、タクシー運転手の代わりに何割か負担してもらったり、全額負担してもらえたりすることも考えられます。

対応10:保険会社に連絡する

タクシー運転手として勤務している営業所が保険に加入している場合、事故の詳細を保険会社に連絡することで、保証してもらうことができます。どんな保険に加入しているかによって保証額が変わるので、事前に会社に確認しておきましょう。

いざ事故を起こした時に会社ともめることがないように、金銭に関わる部分はしっかりと確認しておくことが大切です。

タクシー運転手が事故に合う原因5つ

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

タクシー運転手といえば、さまざまな道を知っていて運転も上手いイメージがありますが、 どんなにうまくても、意識していなければ事故にあう原因というものがあります。

ここからは、タクシー運転手が事故を起こしやすい原因について5つ紹介します 。タクシーに限らず、車を運転している方にとっても注意すべきポイントとなります。

原因1:ミラーの死角

タクシー運転手は左右のドアについているサイドミラーと、フェンダーミラーで後ろの車の様子を確認することになります。

しかし、ウィンドウから下の部分は死角になってしまうため、真横にも車やバイクがいるということを意識して、ミラーから見えない部分も振り返って確認するようにすることが重要です。

原因2:高速道路の侵入時の死角

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

タクシー運転手も含めて高速道路で合流する際は、次々に来る車の間に入らなければならないため、よりミラーの死角に注意して合流しなければなりません。

十分に加速しながら走っている車の後ろに入れるよう、ミラー確認と目視確認両方を行なって、車の死角をカバーするように意識しましょう。しっかりと合流しきるまで、ウィンカーを出すのも忘れてはいけません。

原因3:自分が死角にいる

タクシー運転手が起こす事故には、相手の死角に自分が入ってしまうことによって起きてしまう事故も存在しています。乗用車の場合もそうですが、常日頃から相手の車の死角に入らないように、車間距離や走る場所を考えた、防衛運転を心がけるようにしましょう。

原因4:直進してくるバイクとの死角

タクシー運転手が起こす事故は車が相手だけではありません。後続の車の後ろにいると、見えなくなってしまうバイクにも注意をしなければなりません。とくに対向車線からくる、直進車を待つ時が危険になります。

直進車の後ろや、対向車線の右折り車の後ろにバイクがいないか、しっかりと確認してから行動するようにすることが必要不可欠です。

原因5:フロントガラスやバックガラスの死角

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

発車させるときにタクシー運転手がとくに注意しなければいけないのが、フロントガラスとバックガラスの死角です。

タクシーの車体のすぐそばに小さい子供がいても、フロントガラスとバックガラスでは確認することができないため、そのまま発車してしまい誤って事故を起こしてしまう可能性があります。

窓を開けて周りを確認して、子供や人が近くにいる場合は声をかけて安全を確保してから動くことが求められます。

事故を起こした場合は適切に対処しましょう

タクシー運転手の事故発生時の対応10個|事故に合う原因5つ

タクシー運転手として事故を起こさないことは大前提となりますが、もし事故を起こしてしまった場合でも、適切に対処できるようにイメージしたり準備したりしておくことも、とても重要なことです。

日頃から事故を起こさないように注意しながら、事故を起こしてしまっても慌てず正しい対処ができるように、会社や営業所とスムーズな対応ができる環境を作っておくように心がけていきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related