Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシードライバーは会社によってノルマがあります。ノルマを達成して初めて、歩合制によって固定給へ売上が加算されていきます。今回は、タクシードライバーの足切りと呼ばれているノルマと、会社の売上目標金額に達成するためのノウハウをご紹介していきます。

タクシードライバーへの転職を考える人へ

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシードライバーへの転職を考える人へ向けて、営業ノルマについてご紹介していきます。

タクシードライバーは固定給ですが、歩合制を導入しているタクシー会社が多いです。より稼ぐためのノウハウを見ていきましょう。

タクシードライバーにノルマはある

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシードライバーは会社によってノルマがあります。

タクシードライバーのノルマは足切りと呼ばれるもので、ノルマに達成して初めて歩合制で給料が加算される仕組みになっています。

タクシードライバーは定年を過ぎた年齢でも働ける職場ですが、事務職のように昇進や昇給があるわけではないので、ノルマを達成していくことで給与を増やす仕組みになっています。

タクシーのノルマはどれくらい?

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシードライバーの歩合率は一般職種より高いといわれています。

タクシードライバーは会社の売上目標額である一定のノルマを達成したあと、歩合制で給料が加算されていきます。平均歩合率は50から60パーセントです。ノルマ達成後はタクシー料金の約半額がタクシードライバーの給与として反映されます。

タクシーのノルマは足切りと呼ぶ

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシードライバーのノルマは足切り制度と呼ばれています。

足切り制度をすべてのタクシー会社が採用しているわけではありません。しかしノルマがないと給料は固定給のままか、売上が高くても歩合率が低くなります。タクシードライバーのモチベーションが上がらないともいわれています。

ノルマが高すぎてもタクシードライバーにとってはプレッシャーになります。タクシードライバーになる際は、足切り制度をよく確認しましょう。

タクシーのノルマでチェックする5つのポイント

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシーのノルマでチェックする5つのポイントをご紹介していきます。

タクシードライバーのノルマは就職する際にもっとも気をつけなくてはいけない部分です。足切り制度がある方がモチベーションは上がりますが、自分の能力以上のノルマが最初から課せられている会社には注意が必要です。

また、ノルマが低すぎると歩合率が低くなるので、ストレスになる可能性があります。自分の生き方に合うタクシー会社を選びましょう。

1:稼いだ金額からノルマ分引かれる

タクシードライバーの給料は稼いだ金額からノルマ分引かれる仕組みです。

タクシードライバーは売上から、その会社の売り上げ目標金額であるノルマが差し引かれます。そこからは歩合制で、売上から給料へ稼いだ金額が反映されていきます。売り上げ目標金額は会社や地域によって違いがあります。

2:ノルマ以上に稼げば歩合は増える

タクシードライバーはノルマ以上に稼げば歩合が増える仕組みになっています。

ノルマや歩合率は会社によって違います。集客率の関係で、地域によっても差があります。タクシードライバーがノルマを達成したあとは、稼げば稼ぐほど給料が増えていく仕組みになっています。

3:ノルマに届かなければ0円

タクシードライバーはノルマに届かなければその月に給料に加算される金額は0円です。

売り上げ目標金額が高いタクシー会社のタクシードライバーは、ノルマに届くことが難しい場合があります。しかし、売り上げ目標金額を達成できなかった月でも、固定給は支給される仕組みになっています。

4:応募する会社のノルマや金額をチェックする

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシードライバーとして応募する会社のノルマや金額は必ずチェックしましょう。

固定給は他より高めでもノルマが高い・歩合率が低いタクシー会社、反対に固定給は低めでもノルマも低く、歩合率は高いタクシー会社など、足切り制度にはいろいろなパターンがあります。

自分のタクシードライバーとしてのビジネススタイルに合うタクシー会社を選びましょう。

5:基本給や手当があるのが一般的

タクシードライバーは基本給や手当があるのが一般的です。

タクシー会社は福利厚生がしっかりしているところが多く、給料が無い月は作らない仕組みになっています。ノルマも強制ではありません。歳を取っても安心して働ける魅力的な職場です。

タクシーのノルマを気にせず稼ぐ方法

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

タクシーのノルマを気にせず稼ぐ方法をご紹介します。

タクシードライバーがノルマを気にするあまりあくせく働くと、サービスも生き届かないで事故のもとになる場合もあります。時間帯やエリアを選び、タクシーの走らせ方を工夫して効率的に稼ぐ方法を見つけ出していきましょう。

そのための提案をいくつかさせていただきます。

人の流れを読む

タクシードライバーは混み合う時間帯など、人の流れを読む仕事です。

時間によって人の流れは変わります。学生やサラリーマンの帰宅時間に合わせて駅前を流したり、夜の繁華街を回ったりと、積極的にお客様を見つけていくことが大切です。

左折を中心にして走り、黄色信号は先頭で待つ営業方法もなどもあります。試行錯誤していろいろなエリアを開拓して、人の流れを読む営業方法を実践してみましょう。

長距離のお客様を乗せる

タクシードライバーは長距離のお客様を乗せることができると確実に稼げるので助かります。

特に終電が無くなる深夜などの時間帯が狙い目です。積極的に流して長距離のお客様を探していくことができます。夜勤のタクシードライバーは長距離のお客様を乗せる確率が高くなるといわれています。

また、長距離の固定客に指名をしてもらえるようなると確実に稼ぐことが可能になります。遠距離通勤の多いエリアが狙い目です。

同業と仲良くなる

同業者と仲良くすることがタクシードライバーのノルマを気にせず稼ぐ方法です。

同業者は情報を持っています。今日はどこそこの交差点は混んでいる、イベントがあってお客様が多く見込めるなど、仕事に関する耳寄りな情報を得られる可能性が高くなります。

ノルマなど、他社の情報も知ることができるので、モチベーションの維持にも役立ちます。いざというときや困ったときには助け合える同業者とは、常に仲良くしておきましょう。

稼げるエリアを見つける

タクシードライバーは確実に稼げるエリアを見つけることが大切です。

タクシーのお客様が多く存在する稼げるエリアを開拓していきましょう。時間帯にもよりますが駅周辺など、確実にお客様がいるエリアがあるはずです。

イベントや祭りなどの情報もまめにチェックしておきましょう。交通機関のアクシデントも確実に稼げる可能性があります。駅周辺やスーパーなども、高齢者がタクシーを利用するケースが増えているので狙い目です。

タクシーのノルマを乗り越えよう

タクシードライバーに営業ノルマは?チェックする5つのポイント

さまざまな工夫と努力で、タクシーのノルマを乗り越えましょう。

タクシードライバーのノルマを乗り越えて給料をアップしていく方法をいくつかご紹介させていただきました。タクシードライバーのノルマは、ベテランであればそんなに過酷なものではありません。工夫次第で売上も伸ばしていけるはずです。

まずはタクシードライバーとして就職する際の、会社の給料や福利厚生、ノルマや歩合率をしっかりと把握しておくことが大切です。

Related