Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わないのはなぜでしょうか。カーナビは便利ですが融通がきかない器械なので、ときにタクシー運転手の営業の妨げになることがあります。お客様は自分が知っている道を走りたがるからです。タクシー運転手とカーナビについて見ていきましょう。

タクシーにカーナビはある?

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシーにカーナビは装着されています。

タクシー運転手が個人でタクシーに装着しているパターンもあります。しかしカーナビも完璧ではありませんし、タクシー運転手は道を熟知しているので使用しないパターンが多くあります。

長距離のお客様を想定してなど、もしものためにカーナビを装着しているケースが多いです。

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない理由4つ

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない理由4つを具体的に挙げていきます。

タクシー運転手は最短ルートを走らないといけないというルールがあります。カーナビ通りに走ればよいわけですが、お客様はさらに近距離のルートや自分が知っている道、走ってもらいたい場所などの要望を持っています。カーナビ通りの道を走っていては、それらの希望に沿うことができないという現状があります。

1:お客の好みの道を通る

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない理由は、お客の好みの道を通るというサービスがあるからです。

げんを担ぐ人や風水や方角を気にする人は、意外と存在しています。自分の知っている道を通らないと不安だというお客様が多いなか、カーナビ通りのルートを走るわけにはいきません。いつもと同じ道を走りたいという人間の心理に、カーナビは不要だからです。

2:専用カーナビは配車ツール

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー専用カーナビが配車ツールとして装着されています。

タクシーに装着されているカーナビは大抵が、タクシー会社がタクシー運転手に配車の連絡をするためのツールとして存在しています。タクシー運転手に配車の連絡がくると同時に、タクシー用の詳細なルートが表示されたカーナビを通して指示がされます。

お客様の家や待機場所が詳細にわかるたいへん便利なツールとして、タクシーにカーナビが装着されています。

3:カーナビを使う事により事故が起きる

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わないのは、カーナビを使う事により事故が起きる可能性があるからです。

操作に集中するなどカーナビを注視するあまり、前方不注意で事故になることがあります。カーナビに注目していると、タクシー運転手の運転操作が散漫になるので危険だという考え方がされています。

カーナビに気を取られて歩行者に接触したり塀に衝突したりと、タクシー運転手に限らず事故が増えています。

4:一般的なカーナビ

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

一般的なカーナビは現地が近くなるとナビをやめてしまうため、お客様の家が詳細にわからず不便なことが、タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない理由です。

カーナビが目的地まで詳細に説明してくれないので、タクシー運転手が仕事に使うには不便です。お客様に説明していただいた方が早くてわかりやすいため、カーナビはタクシーではあまり活躍できていません。

行先がわからない場合はカーナビを活用

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー運転手が行先がわからない場合はカーナビを活用すると便利です。

特に長距離や慣れない道、まだ新人のタクシー運転手だった場合はカーナビが強い味方になります。従来であればタクシー会社から無線で誘導されるところですが、現代はカーナビも活用してスムーズな目的地到着を達成することができるシステムになっています。

行先のルートをお客様が知らないケースもあるので、そのようなときはカーナビで対応しましょう。

カーナビのガイドと本部からの誘導

カーナビのガイドと本部からの誘導で、最適なルートでお客様を目的地まで運ぶことができます。

タクシー運転手でも道に迷ったりルートがわからないことがあります。そのようなときはカーナビとタクシー会社本部の案内に頼れば、不安なくお客様を目的地にお連れすることができます。

お客様から知らない地名を突然言われても、カーナビで確認すれば慌てる必要もなくなります。事故に気をつけた安全な走行が期待できます。

道がわからない時のおすすめ運転手のセリフ

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

道がわからない時のおすすめタクシー運転手のセリフをご紹介していきます。

ベテランのタクシー運転手でも道がわからなくなることがあります。そのようなときは慌てずに、まずはお客様にお詫びの気持ちを伝えることをしてください。その間に、カーナビなどでルートを確認して目的地への正しい行き方を見つけましょう。

1:申し訳ございません

道がわからない時のおすすめタクシー運転手のセリフは「申し訳ございません」です。

道がわからないのはタクシー運転手の落ち度なので、まずはお詫びの言葉が必要です。たとえお客様の誘導が間違っていて道に迷ったとしても、「申し訳ございません」の一言で車内の雰囲気がよくなるはずです。その間にカーナビなどで現在地を確認して、正規のルートを探してください。

2:少々お待ちください

道がわからない時のおすすめタクシー運転手のセリフに「少々お待ちください」があります。

カーナビを使ったとしても目的地への正しいルートがわかるまで時間が掛かるわけですから、「少々お待ちください」の一言をお客様に発しておきましょう。この一言で、少しお待たせすることになってもお客様は納得していただけるでしょう。

道がわからない時に運転手がしてはいけないこと

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

道がわからない時に運転手がしてはいけないことを3つご紹介していきます。

道がわからなくてパニックに陥ってしまい、お客様に思わず失礼な態度をとってしまうようなことがあると、のちのちたいへんなことになります。そうならないようにタクシー運転手が気をつける点を、以下に挙げておきます。

1:感情的になる

道がわからない時に運転手がしてはいけないことに感情的になるという項目があります。

道がわからなくてつい、いらいらと声を荒げたり、お客様に当たったり、運転が粗くなっては迷惑です。タクシー運転手は常に冷静さを失わずに、毅然とした態度で接客と運転にあたる努力をしてください。

2:とりあえず走行する

道がわからない時に運転手がしてはいけないことに、とりあえず走行するという項目があります。

道がわからないからとやみくもにタクシーを走らせると、余計に道に迷う恐れがあり、お客様の料金にも影響するので迷惑が掛かります。まずは冷静になり、タクシーを路肩に寄せるなどしてから、カーナビで正しいルートを探すことが先決です。

3:挙動不審になる

道がわからない時に運転手がしてはいけないことに、挙動不審になるという項目があります。

道がわからないことを誤魔化そうとするから、挙動不審になるのです。道がわからないことを素直にお客様へお伝えして、正しいルートを探していきましょう。

タクシーも必要に応じてカーナビも使い分けよう!

タクシー運転手がカーナビを積極的に使わない4つの理由とは?

タクシー運転手は必要に応じてカーナビを使い分ける必要があります。

カーナビはたいへん便利ですが、時にタクシー運転手の仕事の妨げになります。緊急時などにカーナビを上手に利用してタクシーの走行をスムーズに行い、お客様に快適なドライブをたのしんでもらう工夫をしていきましょう。

Related