Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシードライバーの給料とは|5つの勤務地別に相場を比較

タクシードライバーの給料とは|5つの勤務地別に相場を比較

近年、年収アップのためにタクシードライバーに転職する人が増えていると言われています。タクシードライバーは儲かるのでしょうか?この記事ではタクシードライバーの気になる給料相場に加えて、その給料システムについても詳しく解説しています。

タクシードライバーの給料のイメージって?

近年、より実入りのよい給料を求めて普通の会社員からタクシードライバーに転職する人の割合が増えてきています。

転職者が多いということは、タクシードライバーは儲かるというイメージが世間に広がってきていることの証拠でしょう。

しかし、実際のところタクシードライバーの給料はどれほどなのでしょうか。ここからは、タクシードライバーの給料のイメージについてご紹介していきます。転職をお考えの方は、ぜひご参考ください。

不景気と好景気の影響を一番先に受ける

タクシードライバーの中には完全固定給で給料をもらっている人もいますが、固定給プラス歩合給か、完全歩合給の給料体系のほうが多いです。

タクシードライバーは景気がよければ乗客も多くなるため、歩合給で給料を稼ぐことができますが、反対に不景気ならば乗客数もぐっと減少し、歩合給が少なくなってしまいます。

このように、タクシードライバーは不景気と好景気の影響を真っ先に受けやすい職業だと言えるでしょう。

夜勤があるにもかかわらず給料が安い

公共交通機関が利用できる時間帯にタクシーを利用する人は多くありません。逆に言えば、終電がなくなった深夜から朝方にかけてタクシー利用者が増えるということになります。

深夜から朝方にかけては一番の稼ぎ時であるため、夜勤を多くこなすタクシードライバーも少なくありませんが、夜勤を頑張ったところで給料は安いというのも事実です。

安い給料なのに夜勤で体を酷使するので、高齢でなくともしんどい思いをするでしょう。

歩合制の過酷な労働環境

上でもご紹介したように、多くのタクシー会社は歩合給制度を設けています。歩合給制度は、頑張れば頑張った分だけ給料を上げられるということを意味する一方で、乗客数や客単価が少なければ十分な給料が得られないということも意味します。

普通に頑張るだけでは十分な給料を稼げないこともあり、月によって給料が変動するので、人並みの生活をできる給料を得るため、過酷な労働を余儀なくされているタクシードライバーも多いです。

実態は?タクシードライバーの気になる給料事情

タクシードライバーの給料とは|5つの勤務地別に相場を比較

以上でご紹介したように、タクシードライバーの給料に対する世間のイメージは、必ずしもポジティブなものばかりではありません。

夜勤も多くて労働環境が過酷なのに、「安い給料で収入が安定しないハードな仕事」というネガティブなイメージをタクシードライバーに持たれている方も少なくないことでしょう。

では、実際のところはどうなのでしょうか。ここからは、タクシードライバーの気になる給料事情を徹底解説していきます。

タクシードライバーの給与体系

タクシードライバーの給料とは|5つの勤務地別に相場を比較

まず確認しておきたいのが、タクシードライバーの給与体系についてです。タクシードライバーの給与体系は大きく分けて、完全歩合制と固定給プラス歩合給の二つに大別することができます。

この二つの給与体系には、それぞれメリットもあればデメリットもあります。ここからは、タクシードライバーに転職をしようかとお考えの方のために、タクシードライバーの給与体系について詳しく解説していきますので、ぜひご参考ください。

完全歩合制

タクシードライバーの給与体系としてまず挙げられるのが、完全歩合制です。完全歩合制ということは、月々の稼ぎによって給料が変動するということを意味し、頑張れば頑張った分だけよい給料を得ることができますが、乗客数が少なければ十分な給料を得られないということでもあります。

タクシードライバーになりたてだと完全歩合制で稼ぐのは難しいので、完全歩合制のタクシー会社に転職するのは経験を積んでからにしましょう。

固定給+歩合給

固定給プラス歩合給も、タクシードライバーの給与体系のひとつとして挙げられます。

固定給は低い傾向にありますが、乗客を乗せれば乗せた分だけ歩合給を増やすことができますし、不景気のあおりを受けてタクシー利用者数が減った時でも、固定給があるのでお金に困る心配もないでしょう。

他の職種からタクシードライバーに転職したばかりの方にとって完全歩合制はリスキーですので、固定給プラス歩合給を選ぶのがおすすめです。

会社の規模によって給料に差があるの?

タクシードライバーの給料とは|5つの勤務地別に相場を比較

では、タクシードライバーは勤め先の会社の規模によって給料に差がでるものなのでしょうか。

結論から言うと、中小のタクシー会社よりも大手に勤めるタクシードライバーのほうが、給料が高い傾向にあります。

大手のタクシー会社は法人契約をしている会社が複数あるものですし、また中小よりも利用者が安心できるというメリットがあるため、利用客数が多く、その分個々のタクシードライバーの給料もよくなります。

勤務地別のタクシードライバーの給料の相場

タクシードライバーの給料は、勤め先のタクシー会社の規模によっても左右されますが、それ以上に重要と言っても過言ではないのが、どの地域で営業しているかということです。

人口密度の高い都心であればタクシー利用者数も多く、その分タクシードライバーが稼ぎやすくなりますし、自家用車所有率の高い田舎ならば稼ぎにくくなるでしょう。

ここからは、勤務地別にタクシードライバーの給料の相場をご紹介していきます。

東京都

ここからは、2017年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査のデータにもとづき、各地域のタクシードライバーの平均給与を解説します。まずは東京から確認していきましょう。東京都のタクシードライバーの平均年収は約418万円で、48都道府県の中でナンバーワンの給料になります。

東京で個人タクシードライバーをしている人の中には、年収800万円を超えている高給取りもいるほどです。稼ぎたいならば都心と言えるでしょう。

大阪府

では、東京都並ぶ都会である大阪府の場合はどうなのでしょうか。大阪府で働くタクシードライバーの平均年収は約346万円です。

大阪は人口も観光客も多いので、意外に思われる方も少なくないことでしょう。ですが、大阪は公共交通機関が非常に実しているので、必然的にタクシー利用者数は多くなくなります。実は大阪府よりも、大都市名古屋を有する愛知県のほうが平均年収378万円と、高い給料を稼いでいます。

神奈川県

神奈川県のタクシードライバーの給料の相場はどれくらいなのでしょうか。神奈川は東京のベッドタウンであり人口数も多く、公共交通機関に乗り遅れた人がタクシーを利用することが多くなるため、その給料も高く、平均年収は約384万円です。

東京には及びませんが、大阪府の平均年収よりも40万円ほど高く、このことから神奈川県は全国の中でもタクシードライバーが稼ぎやすい場所だと言えるでしょう。

福岡県や広島県などの地方都市

以上では、東京をはじめとする都会におけるタクシードライバーの給料相場についてご紹介してきました。では、福岡県や広島県のような地方都市の場合はどうなのでしょうか。

タクシードライバーの平均年収として、たとえば広島は約264万円、福岡は約303万円と、やはり東京・大阪のようなエリアと比べると、その給料は低い傾向にあります。

ただし、地方都市は生活費が都会よりも安いことも勘案すべきでしょう。

都市部ではない地方

福岡や広島は、地方を代表する都心エリアです。では、都心部ではない地方では、タクシードライバーはどれくらい稼げるものなのでしょうか。

都心部ではない地方として、たとえば佐賀県のタクシードライバーの平均年収は256万円、鳥取県は246万円と、ほとんどのエリアが200万円代です。

タクシードライバーの年収の全国平均は332万円ですので、やはり田舎に行けば行くほど稼ぎにくくなると言えるでしょう。

タクシードライバーになるには

以上では、タクシードライバーの給料の相場についてご紹介してきました。タクシードライバーの平均年収はさほど高いとは言えないものの、都心部ならば普通の会社員よりも稼いでいるドライバーも少なくありません。

また、個人タクシードライバーになればより多くの稼ぎを見込むことができます。ここからは、タクシードライバーになる方法を解説していきますので、転職先の候補として検討してみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーに年齢制限はあるの?

そもそも、タクシードライバーに年齢制限はあるのでしょうか。タクシー会社によって差はありますが、65歳で定年を設けているところが多いものの、嘱託社員や契約社員としての雇用ならば、70歳代でもタクシードライバーとして働くことが可能です。

このように、他の職種と比べてシニアが働きやすいと言えるでしょう。ただし、個人タクシードライバーに関しては年齢制限があり、65歳未満であることが必須です。

タクシードライバーの採用試験

タクシードライバーになる上でよく知っておきたいのが、どのような採用試験が行われるかということです。

ここからは、タクシードライバーへの転職をお考えの方のために、その採用試験の詳細について解説していきます。タクシー会社に目星をつけたら、応募する前にぜひ以下をご一読ください。

書類選考

タクシードライバーの採用試験の最初のステップが、書類選考です。書類選考では、社会人としてふさわしい履歴書や応募の動機が書けているかどうかという、常識的な面が主にチェックされます。

常識的な履歴書を書けていれば、書類選考の段階では特に心配する必要ありません。学歴や経歴もあまり重視されませんが、短期間であまりにも頻繁に転職を繰り返している場合はマイナスの印象を与えてしまうでしょう。

面接

書類選考に通過した人は、面接を受けることになります。面接では、接客業であるタクシードライバーに必須の清潔感や礼儀正しさがあるかどうかが主にチェックされます。

また、タクシードライバーに応募した動機ややる気も審査されることでしょう。地理的な知識は勉強しておいたに越したことはありませんが、面接では細かい知識よりも、タクシードライバーにふさわしい人となりをしているかという点がより重視されます。

タクシードライバーになってガンガン稼ごう!

今回はタクシードライバーの給料をテーマに、その二つの給与体系や地域別の給料の相場などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

東京や神奈川などの都心部でタクシードライバーに転職すれば、ガンガン稼げるようになるのも夢ではありません。事前に給与体系や稼ぎやすい会社・地域をよくリサーチしたうえで転職活動を行い、高給取りのタクシードライバーになりましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related