Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーの地理試験ポイント10|役に立つ地図アプリ7つ

タクシーの地理試験ポイント10|役に立つ地図アプリ7つ

タクシー運転手になるためには、2種免許の取得と地理試験・法令試験に合格することが必要です。この記事では地理試験の出題形式や合格するためのポイント、地理試験対策に役立つ地図アプリなどについてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

タクシーの地理試験とは?

タクシーの地理試験ポイント10|役に立つ地図アプリ7つ

近年では年収アップを見込んで、タクシー運転手に転職する会社員も増えてきていると言われています。タクシー運転手になるためには2種免許を取得していることと、地理試験・法令試験を合格することが必要になってきます。

地理試験とは国土交通省が指定する特定の地域でタクシー運転手になる場合に受験する必要があるものですが、暗記が得意な方であれば、短期間の勉強で合格することも難しくありません。

タクシーの地理試験ポイント10

タクシーの地理試験ポイント10|役に立つ地図アプリ7つ

地理試験は、東京や大阪、神奈川など、タクシー業務適正化特別措置法が指定する特定の地域でタクシー運転手になるために必ず合格しなければならない試験です。

その名前のとおり、地理に関する知識を問うペーパー試験ですが、これからタクシー運転手を目指される方にとっては地理試験に合格できるかどうかが不安材料のひとつになりえるでしょう。

ここからはタクシーの地理試験でおさておきたいポイントを解説していきます。

ポイント1:地理試験の出題形式

まずは、地理試験の出題形式から確認しておきましょう。ペーパー試験である地理試験は所要時間が60分で、マークシート式の選択問題になっていますので、それほど難易度が高いというわけではありません。

ただし、その地域の住民でもなかなか知らないような問題が出されるため、しっかりと地理試験に向けた勉強をしておくことが必要です。

また、地理試験の受験量は3400円で、事前に運転研修所などを通じて受験申込が必要です。

ポイント2:地理試験の問題数と合格点

それでは、所要時間60分の地理試験では、どれくらいの問題数に解答する必要があるのでしょうか。また、その合格点の基準はどれくらいなのでしょうか。

地理試験で出題される問題数は40問であり、そのうち32問以上、つまり8割以上を正解すれば合格することができます。

マークシートの選択式の問題とは言え、間違ってよい問題はたった8問だけですので、決して多くはありませんが、地理試験に不合格する受験者もいます。

ポイント3:幹線道路名は全て暗記する

タクシーの地理試験のポイントのひとつとして、幹線道路を全て暗記しておくということも挙げられるでしょう。

40問の出題数のうち、幹線道路に関する問題は約3分の1を占めるため、正解率を少しでも上げるためには得点配分の多い幹線道路を丸暗記しておくことが必要です。

地図よりも、スマホのアプリを使ったほうが暗記しやすいでしょう。地理試験対策には、地理アプリを活用されることをおすすめします。

ポイント4:交差点名は全て暗記する

タクシーの地理試験ポイント10|役に立つ地図アプリ7つ

地理試験に合格するためには、幹線道路だけでなく、交差点名についても全て暗記しておく必要があります。

全40問の地理試験のうち、交差点名に関する問題は5問出題されるため、全てを暗記して正解率を上げるのが合格のためのポイントです。

交差点名に関しても、紙媒体の地図だと見にくく勉強しにくいので、スムーズな勉強方法として、地図アプリを駆使して暗記をするようにしてみてはいかがでしょうか。

ポイント5:施設名は全て暗記する

施設名も全て暗記するということも、タクシーの地理試験に合格するために欠かせないポイントのひとつです。

出題数全40問のうち、施設名は10問も出されるため、高得点を獲得するためにも必ず暗記しておく必要があります。

なお、形式としては施設関連図が出題され、その中から選択肢を選ぶという回答方式になります。まずは病院や学校など、主要な公共施設名を中心に地図アプリを使って暗記していきましょう。

ポイント6:過去問題集を解く

手っ取り早く合格率を上げたいならば、何よりもまず地理試験の過去問題集を解くことが必要でしょう。

地理試験の合格のコツをより効率的に学びたいならば、東京タクシーセンターが出題している「地理問題例集」のような過去問題とその対策方法がセットになった本を使って勉強するのが一番です。

地図アプリを使って暗記を済ませたならば、過去問題集を使って反復復習し、出題傾向をしっかりとおさえておきましょう。

過去問題の入手方法

地理試験の過去問題集とその解答に関してはインターネット上にも公開されており、無料で入手することができます。

ただし、合格率を上げたいならば、上で挙げたような有料の地理問題例集を使って勉強されることをおすすめします。

というのも、地理問題例集ならば地理試験対策のコツや出題傾向についての解説もあり、勉強の道筋が立てやすいからです。

また、過去問題を解くのは地図アプリを使って暗記を済ませてからにしましょう。

ポイント7:地理試験対策を受講する

ある程度暗記や勉強が得意な方ならば、地図アプリや過去問題集などを上手く活用することで、独学であっても地理試験に合格することは十分に可能です。

ですが、独学に自信がない方の場合はどうすればよいのでしょうか。自宅学習に自信がないならば、タクシー会社などが開催している地理試験対策講座を受講してみるのがおすすめです。

地理試験合格のためのノウハウが手っ取り早く学べるでしょう。

ポイント8:語呂合わせも活用する

地理試験のために暗記すべきことは、多岐にわたります。便利な地図アプリを使っても、幹線道路や施設名などをそのまま全て覚えるのはなかなか難しいことでしょう。

効率よく暗記をするために、ぜひ語呂合わせも活用されることをおすすめします。上で挙げた過去問題例集や地理試験対策講座などでは、受験する地域に関して暗記しておくべき道路名・施設名などの語呂合わせを学ぶことができます。

ポイント9:満点は目指さない

8割以上正解していれば、地理試験に合格することができます。満点を目指すのは効率的ではないので、出題数が多く得点が多い部分だけを集中的に地図アプリなどを使って暗記し、得点配分が少ないところは戦略的に捨てるという勉強方法もありです。

特に、地理試験の「問題4」は毎年出題傾向が変わり、どのような問題が出されるのか予測が難しいので、問題1~3を重点的に対策し、問題4は捨てるのも一つの手です。

ポイント10:ミスは絶対にしない

当たり前のことではありますが、ミスは絶対にしないということも、地理試験に合格するためにおさえておきたいポイントのひとつです。

地理試験はマークシート形式ですので、きちんと気をつけていなければ回答欄を一個ずらして記入してしまい、全て不正解という事態になってしまいかねません。

問題数40問に対し試験時間は60分と時間的な余裕はあるはずですので、終了10分前には記入を終え、シートの見直しをしましょう。

地理試験の役に立つ地図アプリ7つ

タクシーの地理試験ポイント10|役に立つ地図アプリ7つ

地理試験をパスするためには、幹線道路や施設名などをきちんと暗記しておくことが何よりも重要です。紙の地図だとなかなか見にくく持ち歩きも不便ですので、地理試験の暗記対策にはぜひ地図アプリを活用しましょう。

ここからは、地理試験の勉強に役立つおすすめの地図アプリをご紹介していきます。ぜひこれらのアプリをダウンロードして、勉強をしてみてください。

アプリ1:マップ

地理試験対策におすすめのアプリとしてまず挙げられるのが、「マップ」です。

「マップ」は地図がメインのアプリで、補助的にナビゲーションもついていますので、主要な幹線道路名や施設名、またそれらの場所を暗記するのにもってこいなアプリだと言えるでしょう。

iOSのみ使えるアプリですが、ダウンロードは無料で、スマホに最初からダウンロードされていることも多いです。文字も見やすく、使いやすいアプリになっています。

アプリ2:Googleマップ

タクシーの地理試験ポイント10|役に立つ地図アプリ7つ

地図試験の勉強に役立つおすすめのアプリとして、「Googleマップ」も挙げられます。

Googleマップはその正確さと見やすさで定評があり、また通常の地図ではなく航空写真や路線図に表示モードを切り替えることも可能です。

「交通状況」の機能を使えば、現時点の渋滞情報を得ることもできます。全てにおいて優秀なアプリですので、地理試験合格後にタクシー運転手として働き始めた時にも、役立つこと間違いなしです。

アプリ3:Yahoo! 地図

「Yahoo!地図」も、地理試験の暗記対策にダウンロードしておきたいアプリのひとつとして挙げられるでしょう。

シンプルで見やすく、地図アプリに慣れていない高齢の方でも違和感なく使用できるアプリです。また、周辺スポット検索機能が非常に充実しているため、主要な幹線道路付近の施設やお店についてもすぐに見つけることができます。

アプリ4:Yahoo!カーナビ

Yahooからは、「Yahoo!地図」のアプリに加えて、「Yahoo!カーナビ」のアプリもおすすめです。

シンプルな操作方法でストレスなくルート検索ができ、カーナビもデータ更新も全て無料で行うことができるため、タクシー運転手を目指す方から特に高い人気を集めています。

他の地図アプリと違い、建物が立体的に表示されているため、幹線道路や施設を暗記する際にイメージしやすいというメリットも挙げられるでしょう。

アプリ5:地図マピオン

地理試験に使えるおすすめのアプリのひとつが、「地図マピオン」です。地図マピオンは何と言っても見やすい表示画面と、シンプルで使いやすい検索機能が人気を集めています。

また、周辺スポットを検索するのにも非常に便利なアプリですので、幹線道路とその付近の施設名を一緒に暗記したいという時に役立つでしょう。

アプリ6:MapFan

「MapFan」も、地理試験対策のためにぜひ活用したい地図アプリのひとつです。表示画面がすっきりとしていてシンプルなので、とても見やすく、幹線道路や施設名を暗記する際にストレスなく使用することができます。

ただし、渋滞情報など一部の機能に関しては有料になっていますので、事前に知っておきましょう。

アプリ7:MAPS.ME

「MAPS.ME」も、地理試験の暗記に役立ってくれるおすすめのアプリとして挙げられます。

完全オフライン時でも使用できる地図アプリで、インターネットが使用できない時に活躍してくれること間違いなしです。

地図もシンプルで見やすく、簡単にルート検索ができるところも人気を集めています。

地図アプリを活用して地理試験に合格しよう!

今回はタクシー運転手になるために必須の地理試験と、その対策方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

地理試験に合格するためには暗記が必須ですが、過去問題から出題傾向を把握し、また地図アプリを活用して幹線道路や施設名を暗記すれば、独学でも合格することが可能です。

今回ご紹介した地図アプリをインストールして、ぜひ試験勉強をなさってみてください。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related