Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Driver works logo
ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

タクシー運転手の平均年収は?東京のタクシー運転手が高年収の理由5つ

タクシー運転手の平均年収は?東京のタクシー運転手が高年収の理由5つ

タクシー運転手の平均年収はどれくらいのイメージがありますか。ここでは東京のタクシー運転手の平均年収を中心に紹介していきます。また、タクシー運転手が稼いでいる理由も紹介するので、東京でタクシー運転手として働きたい人は必見です。

タクシー運転手の仕事内容とは

タクシー運転手の平均的な仕事は、客を乗せて目的地に送り届けるという内容です。無線で呼ばれる人もいれば、予約中心で走行する人、駅など人が集まる所で待機するというケースもあります。

他には、観光地などでは観光ガイドの役割を担いながら1日位中同じ客を乗せて走行するというスタイルの人もいます。いずれにせよ、基本的には安全運転で人を移動させるのが仕事だと言えるでしょう。

給与は歩合制

タクシー運転手の平均年収は?東京のタクシー運転手が高年収の理由5つ

タクシー運転手の給料は、歩合制であることが多いです。ただ、一口に歩合制と言っても会社によって色々な制度を導入しているので、会社によって平均年収に差があります。

例えば、基本的な給料が決まっていている会社は、タクシー運転手の頑張りによって会社の決めた額以上の稼ぎを歩合制としていることもあります。一方で、完全に歩合制を取っている会社もあります。また、その中間の給料体系の場合があります。

勤務日数が少ない

タクシー運転手の平均年収は?東京のタクシー運転手が高年収の理由5つ

タクシー運転手は、毎日勤務しているわけではありません。1日働くと、次の日はまるまる休みというシフトが平均的です。ただ、勤務形態によって大きく変わることもあります。

例えば、昼のシフトと夜のシフトがあるタクシー運転手の場合は、それぞれ8時間程度働き休みも一般的な会社と同じような22日から24日であることが多いです。一方で、続けて19時間働いた場合は、月19日程度は休みです。

タクシー運転手の平均年収は?

タクシー運転手の平均年収は?東京のタクシー運転手が高年収の理由5つ

ここからは、平均的なタクシー運転手の年収を紹介します。ただ、タクシー運転手の平均年収は、どの会社で働いているかや、どの場所で働ているのかに左右されます。

そこで、まずは全国の平均年収を紹介した後で、東京のタクシー運転手の平均年収を紹介していきます。これからタクシー運転手として働きたいと考えている人は、年収の面だけみると東京に出て運転手した方が良いのかなと感じることでしょう。

1:全国の平均年収

タクシー運転手の平均年収は?東京のタクシー運転手が高年収の理由5つ

全国の平均年収のタクシー運転手の平均年収は、315万です。残念ながら、平均年収がそれほど高いと感じる数字ではありません。タクシー運転手は、あまり稼げていないのではないかと考える人も多いでしょう。

全国のタクシー運転手の平均年収がそれほど高くないのは、タクシー運転手の平均年齢が高いことにあります。さらに、地方に行くほど多くの人が自家用車を持っているのでタクシーの需要が少ないことも挙げられます。

2:東京の平均年収

東京のタクシー運転手の平均年収は、410万円です。全国のタクシー運転手の平均年収よりも100万円も多い数字なので、他の地域のタクシー運転手は東京が羨ましく感じるでしょう。

さらに、これはあくまでも平均年収です。東京のタクシー運転手の中には、年収800万以上という人もいます。そして、東京で働いていても会社によっては年収は300万円よりも低いという人もいます。

東京のタクシー運転手に高年収が多い理由5つ

ここからは、どうして東京のタクシー運転手の平均年収が高いのかについて紹介していきます。東京は、日本の中心都市です。しかし、あまりにも平均年収が全国と違います。その理由を5つピックアップしてみました。

ただ、繰り返しになりますが、東京のタクシー運転手全員の平均年収が良いというわけではありません。地方でノウハウを持っているベテランタクシー運転手の方が、平均年収が多いケースも良く聞かれます。

1:タクシー使用者数

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

東京では、タクシーを使う人が地方よりも圧倒的に多いです。東京では、タクシーを使う人の数が年間で3億人を超えるという統計があります。これは、世界都市東京ならではのことで、タクシー運転手の平均年収に大きく関わってきます。

地方では待ち時間が多いイメージのタクシー業界ですが、東京駅などにいるタクシーは稼働率が高めです。今後のタクシーの使用者は一定数いることが予測されています。

2:一台に1日当たりの乗車数

東京では、一台に1日当たりの乗車数が30人を超えると言われています。地方の駅で客を待っていても、30人を乗せて走るということは難しいのではないでしょうか。

東京では、地方から出てきた人や土地勘が無い人が近い距離でもタクシーを利用することが多いです。それでも、1人30人以上乗せるということは、1日17時間働いたとして2人程度乗せるという計算になります。地方では、達成できない数字です。

3:1日の平均売り上げ額

東京のタクシーは、1日の平均売り上げ額が約5万円という驚異的な数字です。そのため、歩合制が多いタクシー運転手は懐に入っているがくも多いです。さらに、場所や乗客の乗る距離が多ければもっと稼ぐことができるでしょう。

このような1日の平均売り上げ額は、地方では期待できない数字です。タクシー運転手が、上京したいと感じる気持ちもわかるでしょう。

4:月に勤務時間は平均186時間

東京のタクシー運転手の1ヵ月の平均勤務時間は、平均186時間です。東京には約3万台ものタクシーがあると言われていますが、その全てが仕事をしているわけではありません。

そのため、その中の9割程度が実際に東京で営業しているタクシーの数と言えます。お休みが多いイメージのタクシー業界ですが、需要の多い東京では勤務時間が案外多いと感じる人も多いでしょう。そのため、平均年収も高めです。

5:23区であれば年収800万も夢じゃない

東京都の中でも23区で働いている人は、年収800万という場合もあります。これは、未経験でこの業界で働いている60歳以上の人も該当します。

さらに、タクシー運転手として活躍していれば、働いて10年目には割りの良い個人タクシーになることもできます。会社に縛られない働き方ができるので、精神的にもストレスが減り、年収もアップします。23区でタクシー運転手をすることは花形だと言えます。

タクシー運転手の魅力

ここからは、年収だけではないタクシー運転手の魅力を紹介していきます。タクシー運転手の大きな魅力について、大きく3点ピックアップしてみました。

もちろん紹介している魅力以外にもタクシー運転手の仕事には夢があります。そのため以前は60歳以上の運転手が多かった業界ですが、現在では20代からタクシー運転手として活躍する人も増えてきています。タクシー運転手になりたい人は、参考にしましょう。

魅力1:頑張った分だけ給与が増える

タクシー運転手の魅力は、頑張った分だけ給与が増えるということです。そのため、創意工夫して給料を増やそうという気持ちになります。普通のサラリーマンには無いモチベーションで、仕事に励むことができるでしょう。

給料の高いタクシー運転手は、どこで待っていれば待ち時間少なく客を乗せることができるのかを考えて動いています。ただ待っているだけではなく、いかに効率よく仕事をするかが大事なポイントになってきます。

魅力2:人間関係のストレスがない

タクシー運転手は、人間関係のストレスがないことが多いです。基本的には、タクシーの中は1人で対応します。客の中には対応が難しい人もいますが、トラブルが無ければ目的地まで送迎するという一期一会の仕事です。

以前の会社で人間関係のストレスがあって辞めてしまった人も、タクシー運転手として大活躍している人もいます。人間関係で悩みを抱えた経験を活かして、客との会話に繋げている人も多いです。

魅力3:時間を大事にできる

待ち時間を少なくしようと計算するのが、タクシー運転手です。そのため、時間大切さは他の会社員よりも認識していることが少なくないでしょう。できるタクシー運転手は、待ち時間を無くす工夫が上手い人が多いです。

高年収の可能性も!タクシー運転手の魅力を知ろう!

タクシー運転手の平均年収は?東京のタクシー運転手が高年収の理由5つ

タクシー運転手の中には、驚くような年収を稼いでいる人もいます。タクシー運転手の魅力を知って、就職先の候補に入れてみましょう。次回タクシーを利用する際には、タクシー運転手の仕事の手際よさを実感してみましょう。

Driver works logo

ドライバーのための求人サイト

ドライバーの転職・求人情報はドライバーワークス。地域や職種、給与・福利厚生からドライバー求人をカンタン検索。全国の仕事情報からインタビューまで幅広く掲載!

Related