Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

タクシー運転手に年齢制限はありません。しかしタクシー運転手を続けるには視力や体力を維持しなければいけないです。年齢制限がないタクシー運転手ですが、会社によっては雇用形態を変更したり配置転換などをすることがあるので必要な資格や免許を取っておく必要があります。

タクシー運転手に年齢制限はある?

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

タクシー運転手の仕事をするにあたり年齢制限はありませんが、人を乗せて安全に走るためにクリアしなければいけない条件はあります。危険運転が多くなっているのでタクシー運転手をする人にも倫理観や運転技術が求められているためです。

タクシー運転手の仕事をしたい人はタクシー会社の規定をクリアするだけでなく、たとえ年齢制限が設けられていない場合でも細心の注意を払って車を運転するようにしましょう。

法律上の決まりはない

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

法令の規定では具体的な法律上の決まりはありません。ただし、体力の衰えや視力の低下、認知テストをクリアしておく必要があります。たとえ法律上の決まりはなくても会社によっては規定を設けている企業もあります。

自分がタクシー運転手の仕事をしたい場合は、常に安全に車を走らせられるのかを考えて仕事を続けるかどうかを決めるようにします。そのためにはどこまでが自分自身の限界なのかをわきまえることも大切になります。

年齢により雇用形態は変わる

どの企業でも年齢に合わせた雇用形態を取る会社が多くなります。それは適材適所を考えてのことであり、働く人とタクシーの利用者のことを考えてそれらの措置が行われています。年齢により事務の仕事に切り替えたり、嘱託として仕事をすることもあります。

タクシー運転手として仕事をする人は、運転手としての年齢制限があることを覚えておき、もし雇用形態が変わっても与えられた仕事をしっかりこなすようにします。

年齢制限のメリット・デメリット

年齢制限を作ることでメリットやデメリットが発生します。それらのメリットやデメリットが発生しても乗客の安全を第一に考えることは変わることがないです。年齢制限のメリットはより安全な運転を維持できることであり、デメリットはベテラン運転手が育ちにくいことです。

タクシー会社を経営する人は、世の中全体が人手不足になっていることを認識してタクシー運転手を育成していくようにします。

タクシー運転手の年齢制限に関係する5つのポイント

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

タクシー運転手の仕事をするには具体的な年齢制限がない代わりに、安全運転をするためにクリアしなければいけないポイントが5つほどあります。タクシー運転手の仕事をしたい人は、運転技術の向上や体調の維持などに気を配りながら仕事をしていくようにします。

タクシー運転手を仕事にしたい人は、自身の体調の管理をしたり、運動能力の向上を図りながら常に乗客の安全を考えて仕事をするようにしましょう。

ポイント1:年齢21歳以上

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

タクシーを運転するには二種免許が必要になり、その免許の取得が21歳からになっています。大きな責任を問われる仕事なので、二種免許を取得するには21歳になってからという年齢制限が設けられています。

自分が普通免許を持っている時でも安全運転を心がけながら、人の命を預かることの重大さを学べるような機会を得て仕事をしていきましょう。

ポイント2:視力

二種免許を取得するには両目合わせて、0.7以上の視力が必要になります。0.7以上の視力がなければ人を乗せた場合の安全な運転ができないので、高い視力が求められています。視力の問題をクリアすれば視力自体には年齢制限はありません。

タクシー運転手の仕事をしたい人は、暗い場所での読書やスマホの長時間利用を避け、視力の維持に努めるようにします。そうすることで長く勤めることができるでしょう。

ポイント3:認知症

二種免許を持っていても認知症の疑いがあれば、安全な運転ができません。認知症になれば物事を正しく判断できなくなるので、タクシー運転手をすることができません。また会社によっては認知症が多い年代の人に年齢制限を設ける場合もあります。

自分が認知症になっているのかは本人には分かりづらいので、免許センターでの認知テストの結果が芳しくない場合は自身で内勤の仕事に変更できないのか会社に相談しましょう。

ポイント4:体力

タクシー運転手の仕事には年齢制限がないですが、体力が備わっていなければどのような仕事も長く続けられません。タクシー運転手の仕事はハードなので、具体的な年齢制限がなくても体力が問われることが多いでしょう。

自分が長くタクシー運転手として仕事をしたい場合は、規則正しい生活を送り、体調の管理をするようにします。

ポイント5:運転技術

運転技術が備わっていなければ、目的の場所に安全に早く着くことができません。タクシー運転手の年齢制限が設けられていない会社で働く場合、高い運転技術を維持しなければ企業と顧客の信頼を得ることはできないです。

自分の運転技術を衰えさせないように、判断力や認識力を高めるために休日も車での移動を考えたり、反射神経を鍛えるために体を動かすようにしましょう。

安全性への配慮によるタクシー運転手の雇用

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

タクシー運転手に限らずどのような仕事でも年齢に合わせて雇用が変化していく企業が多いです。タクシー運転手の年齢に合わせて仕事や雇用形態を変えていくことで、顧客とドライバーの安全が保たれるからです。

会社の上司から運転手よりも事務職や内勤に変更した方が良いという提案があれば、素直に応じるようにしましょう。

タクシー業界の現状と今後は?

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

自動運転の技術が進んできており、タクシー運転手に年齢制限がなくても現状と今後は明るいとは言えません。年齢制限がない仕事ですが体力や高い運転技術の維持ができなければ、ドライバーの仕事を長く続けることはできなくなります。

自分がドライバーとして長く仕事をするためには自動運転のタクシーが真似できない、人の温かさを大切にして接客するようにします。

現在のタクシー運転手の平均年齢

現在のタクシー運転手の平均年齢は58歳となっています。タクシー会社により若干の平均年齢の差はありますが、安全運転の必要性が高くなってきているので比較的若い年齢のドライバーを使い安全を維持するためです。

タクシー運転手として仕事をする人は、年齢に関係なく常に安全運転を心がけるようにしましょう。そうすることでタクシー運転手は年齢制限に関係なく仕事をすることができます。

定年後の転職

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

あらゆる職種での定年が遅くなっているためにタクシー運転手の人も長く勤めることができます。定年後、転職を考えている場合はタクシー会社での内勤勤務に変更するか、または嘱託として仕事をするかに限られてきます。

自分が定年後に困らないためにも資格や免許を取得しておき、年齢制限に左右されない職探しができるようにしておきます。自動運転が進んだ場合タクシー業界で仕事をするには別の知識を身につける必要があります。

年齢制限の見直しの可能性

顧客に安心してタクシーを利用してもらうには、社会全体の信頼を得る必要があります。そのためには年齢制限を設けることも考えなくてはいけなくなります。多くの人の信頼を得ておかなければ年齢制限見直しの声が高くなり、タクシー業界の今後は明るくならないです。

自分がタクシー運転手として仕事をする場合は、安全性を第一に考えた運転を心がけるようにします。そうすることでタクシー業界の今後を明るくすることができます。

タクシー運転手の年齢制限を把握しよう!

タクシー運転手の年齢制限について|年齢に関係するの5つのポイント

タクシー運転手が安全に運転をするために年齢制限を設けているタクシー会社もあります。タクシー運転手として長く仕事をするには健康管理をしながら、運転技術を維持していく努力が必要になります。

自分が働くタクシー会社の年齢制限を把握して、もし事務や内勤の仕事に変更になっても困らないように必要な資格や免許は取得しておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related