Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーの転職なら!向いている人の特徴10個

タクシードライバーの転職なら!向いている人の特徴10個

自分の努力次第で収入を上げることができるタクシードライバーは転職先として人気が高まってきています。しかし、タクシードライバーで収入を上げていくためには技術や経験、適正が必要です。技術や経験は後に身につけられますが、適正は事前に確認する必要があります。

初回公開日:2019年03月20日

更新日:2019年03月20日

記事に記載されている内容は2019年03月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバー転職希望者が気になる事

今までは同じ会社に長く勤めることが良いこととされてきました。しかし、今では新しい労働条件を求めて転職する人も多くなっています。

その転職で求める条件に収入を含める人は多いです。そのため、お客さんを乗せるほど収入が上がるチャンスがあるタクシードライバーは転職先の職業として検討する人も多いです。

しかし、タクシードライバーはどのように仕事をしているのかわからない部分も多いと思ってしまう人もいます。

1:タクシードライバーの1日

タクシードライバーはお客さんを乗せて車を運転するため、安全運転ができる体調であることが仕事をするうえで最低条件となります。

そのため、出社をすると、まずアルコール検査と車両点検を行います。その後、タクシーでお客さんを乗せるために営業に出発します。基本的に休憩の時間帯などはドライバーの判断で自由になります。

営業が終了する時間になると会社に戻り、売り上げ金を会社に戻して、タクシーの洗車を行います。

2:タクシードライバーの休日

タクシードライバーには日勤、夜勤、隔日勤務などいろいろな勤務形態があります。どの勤務形態であるかによって、タクシードライバーの休日の取り方は変わってきます。

日勤と夜勤の場合は週休2日が基本となります。ですが、タクシードライバーの勤務形態で多いのは隔日勤務となります。隔日勤務では19時間から21時間ほど仕事をすることになります。その場合は20時間以上の休息が必要となるため、翌日は休日となります。

3:タクシードライバーの平均給与

タクシードライバーの給与は歩合制の割合が大きいため、お客さんを効率良く乗せることができれば、給与も高くなります。

しかし、効率良くお客さんを乗せるには技術や経験が必要となるため、同じタクシードライバーでも給与に格差ができてしまうことも珍しくありません。

また、隔日勤務であれば、仕事ができる時間も限られているため、思うように給与が上がらないという人も多く、その平均年収は315万円ほどと言われています。

タクシードライバーの転職者の特徴10個

勤務時間やお客さんを効率良く乗せることが難しいことなどが原因で、タクシードライバーに転職をしても、思うように収入が上がらないという人もいます。

しかし、そのような中にも、うまく収入を増やしていく転職者もいます。このような人は、タクシードライバーという職業が向いていたということも理由の1つにあります。

そのため、タクシードライバーに転職する際には、自分にとって適職かどうかを判断する必要があります。

特徴1「第二種免許」

タクシードライバーに転職をして、収入を上げていくためには、タクシードライバーという職業が自分に合っているかどうかを転職する前に判断する必要があります。

しかし、その前に、タクシードライバーになるための条件として、第二種免許する必要があります。第二種免許とはお客さんを乗せて車を運転する際に必要な免許になります。なので、第二種免許がなければ、タクシードライバーになることができません。

特徴2「21歳以上」

上記で述べた通り、タクシードライバーに転職をするためには、まず第二種免許を取得する必要があります。

さらに、その第二種免許を取得するためには受験資格を満たす必要があります。受験資格の1つが第一種免許を取得してから3年以上が経過していることです。また、21歳以上という年齢制限もあります。

そのため、第一種免許を取得して、すぐに第二種免許を取得してタクシードライバーになることはできません。

特徴3「コミュニケーション能力」

タクシードライバーという職業が適職である人は、転職後に収入が増えていくことが多いです。タクシードライバーが適職である人の特徴として、コミュニケーション能力が高いことがあります。タクシーでは初対面のお客さんと密室で2人きりとなることも多いです。

そのようなときに、お客さんにタクシーを気持ち良く利用してもらうためには、お客さんに合わせたコミュニケーションが瞬時にできる必要があります。

特徴4「冷静な判断力」

タクシードライバーは車を運転して、お客さんを目的地に届けることが仕事です。そのため、常に安全運転ができるように、冷静な判断が常にできる必要があります。また、工事などで通行止めなどに遭遇した場合にも瞬時に最適なルート変更をしたりする必要もあります。

他にも、お客さんを探す際にも、気候や天候、周辺のイベント情報などを把握し、どこにタクシーの需要があるかを判断できる能力も必要になります。

特徴5「安全運転意識」

タクシードライバーは車を運転して、お客さんを目的地に届けることが仕事です。なので、タクシードライバーに転職をするのであれば、安全運転への意識を持つことは最低条件となります。

そのため、仕事の前日にお酒を飲みすぎたり、休日にしっかりと体を休ませるなど、仕事以外の時間でも、常に仕事の意識を持って生活をする必要があります。これらは会社が管理できるものではないため、自分で管理しなければなりません。

特徴6「お金の計算能力」

Bottom banner

タクシードライバーはお客さんを乗せることで収入を増やすことができます。そのため、わざと目的地まで遠回りをする悪質なタクシードライバーも以前までいたこともありました。

しかし、わざわざ遠回りするよりも、早くお客さんを目的地まで届けて、次のお客さんを乗せた方が効率的です。また、単純に会社の評判や信用を落とすことにもなります。なので、間違った売り上げの作り方をすると、逆に収入が減ってしまうことになります。

特徴7「地理試験」

タクシードライバーになるためには第二種免許が必要となります。また、第二種免許だけでなく、国土交通省がタクシー業務適正化特別措置法に規定している地域で仕事をする場合、地理試験にも合格する必要があります。

地理試験の内容は幹線道路、交差点図、首都高速道路関係、施設と駅や通りの組み合わせなどについてです。なので、タクシードライバーに転職する際には、まず条件を満たすための勉強が必要になります。

特徴8「体調管理意識」

先に述べた通り、タクシードライバーには安全運転意識が必要不可欠です。なので、今まで別の仕事をしていて、休日に思いっきり遊んだり、お酒を楽しんでいた人がタクシードライバーに転職する際には注意が必要です。

今までの感覚でお酒を飲んでしまうと、自分では酔っていないと思っても、仕事前のチェックで基準値以上のアルコールが検出されてしまうこともあります。また、疲れが溜まったまま、お客さんを乗せることも危険です。

特徴9「運転が好き」

タクシードライバーに転職するのであれば、長時間の車を運転することになります。そのため、車の運転で苦手な人や、嫌いな人は大きなストレスを抱えてしまうことになります。また、運転が苦手や嫌い人がお客さんを乗せて運転することも危険です。

ですが、逆に車の運転が好きな人であれば、仕事で長時間も車の運転をすることができます。なので、仕事に対するストレスが少なく感じることもあります。

特徴10「洞察力が高い」

タクシードライバーはお客さんを自分で見つけなければなりません。そのため、車を走らせながら、人の様子を確認しなければいけません。そのため、瞬時にタクシーを必要としているかどうかを判断する洞察力が必要となります。

また、お客さんがタクシーに乗った後も、お客さんの表情や仕草などから、適した会話の内容や接客の内容を瞬時に判断するための洞察力も必要となります。

タクシードライバーの転職に向かない人の特徴4つ

タクシードライバーの給与では割合の割合が大きいため、努力次第で収入を上げることができます。その条件に魅力を感じてタクシードライバーに転職を決断する人も多いです。

しかし、タクシードライバーとして収入を上げていくためには、タクシードライバーが自分にとって適職である必要があります。

もし、逆にタクシードライバーに向かない人が転職してしまうと、思うように収入が上がらないという状況になってしまいます。

特徴1「コミュニケーション能力がない」

先に述べた通り、タクシードライバーにはコミュニケーション能力が必要となります。これは単にお客さんと接するために必要というわけではなく、お客さんから目的地を聞き出すためのやりとりで、正しい情報を引き出すためにも必要となります。

そのため、コミュニケーション能力がない人がタクシードライバーに転職をしてしまうと、お客さんに不快な思いをさせてしまったり、トラブルになってしまう可能性もあります。

特徴2「夜勤が苦手」

タクシードライバーに転職する際に、前職と生活リズムが近いということで日勤を希望する人は多いです。しかし、タクシードライバーの多くは隔日勤務で仕事をします。また、タクシーの利用は夜の方が多いため、収入を増やすためには夜勤や隔日勤務が必要となります。

そのため、夜が苦手という人はタクシードライバーには向いていません。また、夜が苦手であれば、夜の運転が危険にもなってしまいます。

特徴3「地図が読めない」

タクシードライバーは道に詳しいですが、さすがにタクシードライバーでも細かい場所までは把握できていないこともあります。会社によってはカーナビが使えますが、ないことも多いです。そのような場合には地図で場所を確認します。

地図で確認することはお客さんの目的地を確実に確認するためなので問題ではありませんが、地図でなかなか目的地が確認できない場合には、お客さんを不安にさせてしまうことになります。

特徴4「運転が苦手」

先に述べた通り、タクシードライバーは車を運転することが仕事のため、その運転が苦手であれば、タクシードライバーには向いていません。

また、お客さんを乗せて走るため、安全が優先されるべきです。そのため、運転が苦手であればお客さんを危険な目に遭わせてしまう可能性もあります。なので、運転が苦手な人がタクシードライバーにどうしても転職したい場合、事前に車の運転に慣れておくようにしましょう。

タクシードライバーの転職に適した性格を知ろう

自分の努力次第で収入を上げることができるタクシードライバーは転職先として人気が高まってきています。しかし、タクシードライバーで収入を上げていくためには技術や経験、適正が必要です。

なので、タクシードライバーへの転職を検討しているのであれば、転職をする前に自分がタクシードライバーに向いているかどうかを確認するようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人