Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシーが禁煙の理由・いつから・禁煙車の特徴|義務化/法律

タクシーが禁煙の理由・いつから・禁煙車の特徴|義務化/法律

タクシーが禁煙の理由何故なのか、禁煙タクシーはいつから始まったのかなどの紹介をしていきます。禁煙タクシーは社会的にもタクシーで働く方や、乗車する方に大いに役に立つもので、その存在は増え続けています。禁煙外来の紹介などもしていますのでご活用ください。

初回公開日:2018年07月03日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年07月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシーが禁煙の理由

タクシーが禁煙である理由は、第一に非喫煙者のタクシー乗務員を守るためであるということです。健康増進法には、多数の人が利用する施設は受動喫煙防止に努めなくてはならないとあり、タクシーもその施設に該当しますので禁煙化がされました。

なお法律で定めているのは努力義務であり、罰則はありませんが、多くの方がタバコを嫌う世の中になりつつある現在では、タクシーに限らずさまざまな場面での禁煙化が進んでいます。

以上のようにタクシーが禁煙である理由は、タクシー乗務員や乗客を受動喫煙から守るためです。喫煙者からすると肩身が狭いと感じることも多いでしょうが、多くの非喫煙者の方にとっては利用しやすくなったと言えます。

タクシーの禁煙はいつから始まったのか

タクシーの禁煙化はいつから始まったのかの紹介をしていきます。

禁煙タクシーの始まり

禁煙タクシーの第一号は、1988年に東京で誕生しました。当時は医師の診断書や、屋根に禁煙車であると言う表示灯をつける義務などもありましたが、時代が変わり禁煙化が進むとともに表示灯は小さくなり、今では地域の90パーセント以上が禁煙車である場合は表示灯を省略できます。

そのこともあり、ほとんどのタクシーが表示灯をつけていることはありません。以前では申請も必要で、許可が降りるまでの時間が長くかかってしまったものも今では経営者、個人タクシーの場合は個人が禁煙タクシーにしようと思えばすぐにできるような環境になりました。

車内で喫煙する人に対しての乗車拒否もできるようになったことなどもあり、タクシー乗務員の働く環境は大いに改善されたと言えるでしょう。

禁煙タクシー勝訴

2004年にタクシーの乗務員と乗客23名がタクシー車内の禁煙化を願い国を相手に東京地裁に提訴し、勝訴した事例です。

リーダーとして率いたのは安井幸一さんでこの方は日本で初めて禁煙車を実現した方でもあります。タクシーの運転手の肺がんでの死亡率が一般の方より2倍高いことや、自身の経験などをもとにタクシーの禁煙化に尽力しました。

このようなこともありタクシーの禁煙化は徐々に進んで行きました、さまざまな方面から禁煙化を進める努力があり今の非喫煙者の方に住みやすい、働きやすい状況ができたと言えます。

義務化

タクシーの禁煙化には先ほども述べたように、努力義務があります。健康増進法によりその義務が発生し、受動喫煙防止のために禁煙の努力をしなくてはなりません。

例としては車内でタバコの臭いがしないように努めることや、乗務員が車内で喫煙しないように努めることなどです。

法律

法律的にはありませんが、条例は存在しています。その最たる例としては、神奈川県の受動喫煙防止条例です。神奈川県では第1種施設(特に受動喫煙の影響を排除すべき施設)としてタクシーが含まれていて、神奈川県発着のタクシーは全面禁煙を強制されています。

違反者への処分はタクシー内で喫煙した場合、2万円以下の過料に処されます。

またそのほかの地域では自主規制であることから強制力はありませんが、タクシー会社独自の罰則を決めることなどにも制限を設けていないため、厳しい会社では禁煙タクシーでタバコを吸った場合には罰則があるケースもあります。

実施状況

実施の状況を都道府県別にみると、大分県が2007年に導入したのをはじめに次々と各都道府県で導入されていきました。

神奈川県は特殊で前述のとおりタクシーの全車禁煙に加え、罰則を伴う条例があるなど、ほかの地域よりもタクシーでの禁煙化が進んでおり、もっとも健康的なタクシーがある地域です。

2011年に北海道が全面禁煙を導入したことで全国47都道府県での禁煙の導入が完了しました。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

禁煙タクシーの特徴

禁煙タクシーの特徴を紹介します。

禁煙マーク

Bottom banner

禁煙タクシーはステッカーが貼ってあるので一目でわかります。ドアにステッカーが貼ってあるタクシーは禁煙タクシーです。屋根に禁煙タクシーのマークがある場合もあり、ドアステッカー以外にも確認する方法があります。

今ではほとんどのタクシーが禁煙車ですから、そのようなステッカーを確認する機会も減っていますが、一度改めてみてみると禁煙車の多さを実感できるでしょう。

喫煙できるタクシーはあるのか

喫煙できるタクシーは少なからずあります。禁煙タクシーが増え続ける今でも喫煙できるタクシーは存在しているので、喫煙できるタクシーとは知らずに乗ってしまったというケースもしばしばあります。

そのようなことを避けるためにも、禁煙タクシーに乗りたい方は乗車の前にしっかりと禁煙マークがあるタクシーを探して乗るようにしましょう。

タクシー禁煙車でたばこの臭いがした時の対処法

タクシーがタバコ臭い場合の対処法は、タクシー乗務員の場合は対処が非常に難しく、一時的なものならば換気で間に合う場合もありますが、慢性的な喫煙で臭いがついてしまった場合はシートなどの内装を一新しなくてはならない場合もあります。

乗客として対処する場合は、タクシーを変えるなどの対処法があるため、比較的簡単に対処できます。またマスクをするなどの対処法も有効でしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

禁煙タクシーの運転手も禁煙するべきか

タクシーの運転手も禁煙するべきかどうかは、立場により意見は異なりますので一概には言えませんが、一般的な意見としては禁煙するべきでしょう。

禁煙はまず第一に自分のためになります。健康面でメリットがあることは明らかですし、経済的な面でもメリットがあります。タバコ税も上がり続ける中で禁煙をするという選択ができると大きな経済的余裕ができます。

また乗客に不快な思いをさせることも少なくなり、クレームなども減り仕事がしやすくなるなどのメリットがあるため、ぜひタクシーの運転手は禁煙するという努力をしてみてください。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

禁煙外来

禁煙外来の紹介をしていきます。

禁煙外来とは

禁煙外来とは、自分一人で禁煙することが難しい場合に医師のサポートを受けながら禁煙できる場所です。総合病院や、内科、耳鼻咽喉科などさまざまな診療科で行われています。

禁煙外来は、医師が喫煙歴などを把握し、禁煙補助薬の処方や治療のサポートをしてくれます。禁煙中の離脱症状が起こっても診察で相談すればサポートしてくれますので、安心して禁煙に臨めます。

ニコチン依存症は病気であると認められたことにより、条件を満たすことによって、健康保険も適用されますので、経済的な不安も少なく済みます。

保険適用の条件

条件は4つあります。一つ目はニコチン依存度テストが5点以上であることです。次に1日の平均喫煙本数×喫煙年数が200以上であること。しかし今現在35歳未満にはこれらの条件は満たされていなくても大丈夫です。

次に直ちに禁煙を始めたいという意思があるということ、次に禁煙治療を始めることを文書で同意していることです。そのほかに過去の健康保険等で禁煙治療を受けたことがある場合は、前回の治療から一年経過しないうちは自由診療となります。

過去に、禁煙治療を行なった方で喫煙してしまってもまた治療できます。

禁煙タクシーが増えて仕事がしやすくなった

タクシーの禁煙化は目覚ましい発展を遂げ、今では多くの方に利用しやすい施設となりました、タクシー乗務員の方にとっても働きやすい環境となりました。

タクシーの乗務員の方で喫煙している方は、一度禁煙してみてはいかがでしょうか。自分の健康も増進されますし、経済的な余裕も生まれるなど、いいことは多いはずです。禁煙外来もありますのでそこに行ってみるというのもいいでしょう。

禁煙に成功すれば、禁煙外来にかかっても将来的には元を取れますのでおすすめです。禁煙することで多くの方が気持ちよく利用できることができるタクシーが増えることはとても良いことです。

タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人