Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシーの嫌な客への対応方法・接し方のコツ・トラブル対処法

タクシーの嫌な客への対応方法・接し方のコツ・トラブル対処法

タクシー運転手は1日に何十人というお客さんを乗せて運転することになります。中にはマナーが悪いお客さんと出会ってしまうこともあるでしょう。そんなときの対処方法やトラブルに遭遇しないためにできること、接客のコツやロング客の捕まえ方などもご紹介しています。

初回公開日:2018年06月29日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年06月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

客とのトラブル

タクシー運転手の悩みの1つとも言われているお客さんとのトラブルは、大小さまざまですが多数発生しています。記憶に新しいタクシー運転手とお客さんとの事件では、2017年に全国的にテレビのニュースで報道された札幌タクシー大暴れ事件というものがあります。

タクシー運転手が乗せたお客さんが酒に酔っ払っており、目的地までの道について口論になり防護板を蹴破るという、運転手であれば大変恐怖を感じるような事件です。タクシー運転手に全く非がなくても、事件や事故に巻き込まれることがあるでしょう。

追突されてしまったというような事故は回避しようがありませんが、お客さんとのトラブルは、客待ちをする場所や時間などに注意すればトラブル遭遇の確率を減らすことができるでしょう。

タクシーの嫌な客への対応方法

タクシー運転手は儲けを出すために1日に何十人というお客さんを乗せることになります。そうなれば、性格的に合わないお客さんや、接客していて嫌なお客さんと遭遇してしまうということは避けることはできないでしょう。嫌なお客さんが乗ってきたときの対応方法をご紹介します。

起きない

泥酔したお客さんが眠ってしまい起きない場合は交番へ向かうか110番通報をして、警察官に助けてもらいましょう。普通に居眠りしてしまったお客さんであれば声掛けすることで起こすことが可能ですが、泥酔したお客さんが寝てしまうと、声を掛けても起きないという困った状況に陥ることも少なくありません。

こうなってしまうと、タクシー運転手はお客さんの身体に触れてはいけないということになっているため、起こすことはほぼできません。

マナーが悪い

目的地まで堪えて安全運転に徹するしかありません。マナーが悪いお客さんは必ずいます。例えば、口調が悪い、座席を蹴るなどがありますが、座席を蹴られる程度では席が壊れない限り、警察に相談してもどうしようもできないというのが現実です。

シートベルトをしない

運送の引き受けを拒否することができます。国土交通省の道路運送法によると、法令の規定または公の秩序もしくは善良の風俗に反するものであるとき、運送の引き受けを拒否することができると定められています。シートベルトの着用は道路交通法により義務化されています。

シートベルトをしないお客さんは道路交通法に違反していますし、そのまま運転するとタクシー運転手に罰金や減点が課されてしまいます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシー客との接し方のコツ

タクシー運転手はできるだけお客さんとのトラブルを避けて運転したいと考えています。トラブルを避けるためにお客さんとの接し方にもポイントがあります。

タクシー運転手は接客業

タクシー運転手はお客さんを乗せて目的地まで運転するという仕事ですが、接客業という面もあります。お客さんには人種、老若男女問わずさまざまな人がいるでしょう。お互いに嫌な思いをしないためには、思いやりと丁寧で紳士的な接客を心がけることが必要です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシーのロング客を捕まえる方法

ロング客を捕まえられるかどうかでタクシー運転手の稼ぎは大きく変わってきます。中にはタクシー運転手で年収1,000万円を超えたという人もいます。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

単価

ロング客というのは、長距離運転が必要になるお客さんのことを指しています。必然的にロング客の単価は高くなるため、その日の売上に大きく貢献してくれることになります。1日に30回お客さんを乗せたとしても、すべて短距離だった場合は売上は伸びないので、稼ぎを増やしたいタクシー運転手はロング客をいかに捕まえるかを考えて客待ちをしています。

駅待ちはしない

Bottom banner

よく見かける光景として、駅の出入り口付近に停車しているタクシーがあります。たくさん稼いでいるタクシー運転手は駅での客待ちには、あまり積極的ではないと言われています。理由は簡単で、客単価がよくないという点があります。

情報収集や研究をまじめに行う

ロング客を捕まえるには、どこでどんなお客さんを乗せたかという情報収集や、この地域でイベントが行われるから人が集まるだろうといった調査が必要になります。闇雲に車を走らせたり、駅で待機したりするだけではロング客はやってきません。

収入が安定しているお客さんの行動を分析し、旅行やイベントの際にタクシーを利用するだろうという予測を立てて、行動することが大切です。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシー客とのトラブル時の正しい対処法

どんなに気をつけていても、タクシー運転手はお客さんとのトラブルを避けられないこともあるでしょう。そんなときに正しく対処をすることができれば、致命的な事態を避けることができます。

態度

どんなにお客さんが理不尽な物言いをしてきたとしても、タクシー運転手は常に冷静な態度でいなければいけません。口論や問題となるような態度をとってしまえば、例え相手が悪かったとしても不利な状況に陥ってしまう可能性があります。

近年、タクシーには車内の映像を記録するドライブレコーダーが設置されていることが増えています。明らかにお客さん側に非があるような内容であれば、ドライブレコーダーが証拠になるという思いで堪えることが必要になります。

通報など

お客さんを乗せているときに、タクシー運転手が身の危険や業務に支障をきたすと感じた場合には、交番に向かうか110番通報をするのが効果的である場合もあります。タクシー運転手はお客さんに対して背を向けて運転しています。

防護板があったとしても、完全に身を守ってくれるようなものではありません。何かが起きてからでは遅いので、警察に頼るという考えは常に持っていたほうがよいでしょう。

ストレス発散したいだけの客

タクシーに乗車するお客さんの中には、接客業であるタクシー運転手に対して、怒鳴り散らしてストレス発散をしたいだけのお客さんが存在しています。理不尽なことを言われたり、座席を蹴られたりしたとしても、明らかに行き過ぎた行動でなければ警察であっても注意しかすることはできません。

そんなストレス発散客と遭遇してしまったときに、冷静かつ親切な態度を維持するのは至難の業ですが、目的地までの辛抱と思い我慢するしかありません。

しかし、運賃の支払いを渋る、無賃乗車、乗り逃げなどをした場合は異なります。それらの行いをしたお客さんには厳しく対処しましょう。ドライブレコーダーなどの証拠を警察に提出することで今後の被害の減少につながります。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

酔っぱらい客とのトラブルが多い

タクシー運転手がトラブルに遭遇するケースで多いのが、泥酔したお客さんを乗せたときです。泥酔した人は普通の会話が通じない、暴れる、嘔吐などタクシー運転手としてはあまり乗せたくないお客さんと言えるでしょう。

深夜の繁華街を避ける

当たり前ですが、泥酔客は深夜の繁華街に多いです。タクシーの1日の売上が予想よりも少なく、お客さんをどうしても捕まえたいとき以外には、深夜の繁華街はおすすめできません。テレビやニュースなどで報道されているタクシー運転手とお客さんとのトラブルでも、その多くが泥酔したお客さんです。

できるだけ普段から情報収集をして、深夜の繁華街を避けて売上を伸ばせる場所を見つける必要があるでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシーの客待ち時の注意点

タクシーで客待ちするときには停車していることが多いですが、そのときに禁止されていることがあります。交差点内や横断歩道上での客待ち停車は違法になっています。その他に注意する点として、お客さんを乗せるためにドアの開閉をするときには周囲の確認をすること、高齢者や小さい子供がいる場合には細心の注意を払うことが必要といった点が挙げられます。

客待ちの時からトラブル回避は始まる

タクシー運転手は接客業なので、お客さんに対しては丁寧に接する必要があります。丁寧な接客態度を維持するのが困難なお客さんというのは、業務に支障をきたすと言っても過言ではありません。事前にトラブルを避けるためにお客さんの情報や地域のイベント、交通などの情報収集をしておきましょう。

タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人