Search

検索したいワードを入力してください

2018年08月06日

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

タクシーを利用することはビジネスシーンでも多々あります。タクシーに上座と下座があることや席順など社会人の常識として知っておくべき点があります。今回の記事では、タクシーに乗車する際の正しいマナーの紹介と解説をします。知っておくべきマナーですので是非ご一読下さい

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

タクシー利用時の正しいマナーとは

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

社会人として知っておきたいマナーにタクシーのマナーがあります。タクシーは単なる移動主手段として捉えるのではなく、社会人としての資質を問われる重要な場所となります。

タクシー利用時はマナーとして、常に上司と部下の関係によって座る位置を考えることが必要であり、手荷物はできるだけ車内に持ち込まずにトランクに入れてもらい、忘れた時のためにタクシー会社や運転手さんの名前を憶えておくようにしましょう。

乗車する際の席順は後の項で詳しく解説いたします。

タクシーマナーが悪い例

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

タクシー乗車時において、ビジネスシーンでは特にマナーを覚えておくことをおすすめします。ここでは、タクシーマナーが悪い例を紹介します。

ビジネスシーンだけでなく、普段タクシーを利用する際にも気をつけたい点を紹介します。行き先を告げる際に具体的にではなく曖昧に告げる、運賃をきちんと支払わない、運転中に声を荒げてまくしたてる、などの人としての最低限のマナーが守られないことが実際に起こっています。

これらは、得てして女性に多いとされていて、ヒステリックになり、自分本位に意見をするなどという行いがタクシーでのトラブルとなっています。

人数別のタクシー乗車マナーとは

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

タクシーに乗車する際のマナーは、特にビジネスシーンでは、重要になってきます。それでは、ここでタクシーに乗車する人数別でのマナーをみていきましょう。タクシーを利用する際の人数はさまざまです。人数によって席順も変わってきます。

タクシーには「上座」と「下座」があります。目上の人やお客様などに悪い印象を与えないように、乗車する際のマナーは覚えておきましょう。

タクシーに乗車する際のマナーは、人数によって席順があり「上座」「下座」がかわります。社会人の常識として、タクシー乗車の際の席順などはきとんと身に着けておきましょう。次に具体的な人数によるタクシー乗車のマナーを紹介します。

1人でタクシーに乗車する場合のマナー

1人でタクシーに乗る場合は、日本では、「自動ドア」があり、後部座席に座るのが一般的です。これは、防犯上という理由や、助手席に座ると左側の目視安全確認がしにくくなったりすることなどからです。これらの理由から1人でタクシーに乗る際のマナーとして、ドアを開けられた後部座席に乗車しましょう。

2人でタクシーに乗車する場合のマナー

人数によって席順、上座が変わると解説しましたが、二人の場合は、運転席の後ろが「上座」になりますが、荷物などがある場合は、目上の方が座りやすい後部座席が「上座」となります。


「下座」は助手席となっており、支払いをしたり、降りる際にドアを開けて安全確認をするなどの対応ができるからです。目上の方が後部座席に同席するように促された場合は後部座席に座るのは問題ありませんが、その際は助手席の後ろに座りましょう。

3人でタクシーに乗車する場合のマナー

3人で乗る際の「上座」は後部座席になります。一番は運転席の後ろで、次に助手席の後ろになります。そして、「下座」は助手席となります。後部座席にお客様が二人の場合の席順はお客様にお任せしてもよいでしょう。

タクシーに3人で乗る場合のマナーは目上の方やお客様は後部座席に、自分は下座の助手席に座ります。

4人でタクシーに乗車する場合のマナーは

4人でタクシーに乗る場合は、スペースが限られていますので、乗り心地という点が重要になります。「上座」は運転席の後ろで、乗り心地が快適であり、最も安全でもあります。「下座」は、助手席で、目的地までのナビゲーションをしたり、料金を支払うなどの役割をします。

4人でタクシーに乗車する際は、後部座席を「上座」とし、助手席を「下座」とします。

目上の人や上司とのタクシー席順のマナーとは

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

ビジネスシーンでタクシーに乗る機会は多々あるでしょう。目上の人や上司と同乗することも多いはずです。そんな時タクシー乗車の際のマナーを知っておくことは重要なことになります。タクシーには「上座」「下座」があることは解説しましたが、これは、ビジネスシーンでは特に必要なマナーであり、知識です。

目上や上司とタクシーに乗る際は「上座」に案内することが常識であり、自分は「下座」である、助手席に座りましょう。

タクシーにおける上座とは

今までにも何度も「上座」「下座」が出てきましたが、タクシーにおける「上座」の意味は何でしょうか。「上座」「下座」はお互いの上下関係や信頼関係が意識づけられる場所です。

タクシーにおける「上座」とは、着席をして、心地いい席であり、目上の人や上司が座る席です。逆に「下座」である助手席は、目下の人が座る場所で、着席してもやや落ち着きのない場所ということになります。

「上座」「下座」での席順の位置

次に具体的な席順の位置をみていきましょう。「上座」は後部座席となりますが、席順の位置はどうでしょう。運転席の後ろが「上座」で、次が助手席の後ろ、その次が後部座席の真ん中のスペースということになり、「下座」は助手席となります。

しかし、後部座席に上司や目上の人と二人で乗車する場合は、運転席の後ろが「上座」で、「下座」は助手席の後ろになります。

男女でのタクシー乗車マナーとは

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

ビジネスシーンでのタクシーの乗車の際のマナーを解説してきましたが、では、男女で乗車するときには、どんなマナーがあるのでしょうか。男女でタクシーに乗車する際には、男性が先に乗りましょう。レディーファーストが必ずしも正解だと限りません。

これは、特に海外では、女性を先に乗せて、女性だけをさらっていくなどというケースがあるからです。女性の立場に立って、どうすれば一番いいのかを考えましょう。

カップルでタクシーに乗車する場合のマナーとは

カップルでタクシーに乗車する場合にもマナーはあります。デートなどでタクシーを利用する場合も多いでしょう。その際のマナーを解説します。

路上でタクシーをひろう場合がありますが、その場合、タクシーを止めるのは男性の役割です。先に女性を乗せ、後から男性が乗り、降りる際は女性の足が地に着いたタイミングで手を差し伸べます。タクシーの利用時の少しの気遣いで、男性度が上がります。照れたりしないようにしましょう。

タクシーに乗車する際の注意するポイントは?

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

タクシーに乗る際に注意するポイントとして、「上座」「下座」がありました。しかし、他にも注意するポイントがあります。知っておくとプラスになるポイントですのでおさえておきましょう。

タクシーに乗る際に注意しておきたいポイントは、タクシーの会社名や車両ナンバーを覚えておくことをおすすめします。万が一、タクシーに忘れ物をした際には探し出してコンタクトがとれます。それから、荷物はできるだけトランクに入れましょう。タクシー車内での空間を広くし、過ごしやすくしましょう。

タクシーに乗る際に注意するポイントは,タクシーの会社名や車両ナンバーを覚えておくこと、荷物はトランクにいれることです。

タクシーに乗車して道案内役になった時に

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

タクシーに乗った際にはまず、行き先を尋ねられます。道案内役になった時は、あいまいな言い方はせずに、「高速は使わない」や、「できるだけ速く」などの具体的な希望を伝えましょう。希望を伝えることでタクシーの運転手さんがどのルートを使うかなどの提案がしやすくなります。

また、ルート確認をする事で、地名の読み間違いを防ぐことも可能になります。「初乗り運賃」というものがあるので、距離ごとの料金なども計算しやすくなります。

社会の常識として正しいタクシーの利用をしよう

タクシー利用時の正しいマナー・悪い例・目上と乗車時の席順

今回は社会の常識としてのタクシーの利用時のマナーを解説しましたが、いかがでしたか。きちんと正しいマナーを守っていましたでしょうか。ビジネスシーンでの「上座」や「下座」、席順などは社会人、大人として知っておくべき知識です。

タクシー利用時のマナーを正しく覚えておくことは、常識人としてビジネスシーンでは特に重要ですので、しっかりと身につけておきましょう。

Related