Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシーでのビジネスマナー|2人/支払い/下座/接待/おつり

タクシーでのビジネスマナー|2人/支払い/下座/接待/おつり

上司や大事なお客様とタクシーに乗るとき、部下である自分がどの席に座るか、支払いをどうするか迷ってしまい、とっさに対応できないことがあります。ビジネスシーンでタクシーに乗るときの席次や支払いなどのビジネスマナーを覚えて実践し、恥をかくことがないようにしましょう。

初回公開日:2018年07月04日

更新日:2019年10月29日

記事に記載されている内容は2018年07月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシー内での席次のビジネスマナーは?

仕事で外出する際など、上司とタクシーに乗るときや大切なお客様とタクシーに乗るとき、部下である自分がどの席に座るべきか悩むことがあります。正しい席次を知っているか否かで、ビジネスマナーが身についているかどうかを判断されることもありますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

上座と下座とは?

席次には上座と下座があることは、ビジネスマナーだけでなく、一般的な常識として知っている必要があります。これは、日本独特の文化で、自分が座る場所によって目上の人に敬意とおもてなしの気持ちを表すものです。

上座とは、その場で一番快適に、かつ安全に過ごすことができる場所です。下座はその逆になります。

タクシーにおける上座と下座は?

一般的に、タクシーに乗るときの上座は運転席の後ろの席に当たります。そして、下座が助手席になります。

車が事故にあったとき、運転席の後部座席がもっとも怪我が少なく、助手席がもっとも怪我をする危険性が高いからです。

ビジネスマナーとして、この基本は頭に入れておきましょう。

人数別のタクシーの乗り方は?

仕事では複数の人とタクシーに同乗する場合もあります。それぞれのシーンの基本となるビジネスマナーを知っていると慌てずに済みます。特に外に出ることが多い営業職の人は、タクシーでの席次はビジネスマナーの基本ですので覚えく必要があります。

上記の項で、ビジネスマナーとしての、タクシーにおける上座と下座が分かったところで、人数別によるタクシーの乗り方を見てみましょう。

二人でタクシーに乗る場合は?

通常、上司やお客様と二人でタクシーに乗るときは、上司やお客様に、上座である運転席の後部座席に乗ってもらい、部下である自分が下座である助手席に乗ります。

しかし、上司が運転席の後ろに乗る場合は、左側(助手席側)から乗って、右側(運転席側)に移動しなければいけないため、大きな荷物を持っていたりすると、その移動が大変な場合があります。そのように上司が降りやすい席を望むときは、助手席の後部座席に座ってもらいましょう。

どちら側に乗りたいのか事前に判断できない時は、タクシーのドアが開いたときに、上司をエスコートし、上司自身にどちら側に座るか選択してもらいましょう。そして、自分は速やかに助手席に乗りましょう。

三人でタクシーに乗る場合は?

1番目上の方が運転席後ろの後部座席に、2番目の方が助手席後ろの後部座席に、3番目の方が助手席に座るのが、タクシーでの正しいビジネスマナーです。つまり、後部座席は余裕をもって二人で乗ってもらいます。決して、後部座席に無理して自分も乗り込むことはやめましょう。

また、お客様、上司、自分という三人で座る場合は、お客様が運転席後ろの後部座席に、上司が助手席後ろの後部座席に、自分が助手席に座ります。メンバーの力関係が明確でない場合は、事前に「後部座席のどちらがよろしいですか」と本人の意向を確認すると、丁寧な印象を持たれるでしょう。

特に、ビジネスマナーにおいては、失礼が許されないため、タクシーの席次だけでなく、すべてのことに関して、念のために確認をしておくほうが良いでしょう。

四人でタクシーに乗る場合は?

1番目上の方が運転席後ろの後部座席に、2番目の方が助手席後ろの後部座席に、3番目の方が後部座席の真ん中に、4番目の方が助手席に座るのが、タクシーでの正しいビジネスマナーです。

後部座席が少しきつくなりますが、目上の人を助手席に乗せるわけにはいきません。

ただし、足の不自由な人や太っている人など、後部座席に乗りたくない人もいますので、失礼のない聞き方で本人の意向を確認しましょう。

臨機応変に対応すべきビジネスマナー

それぞれ行き先が違い、一人ずつ降りていく場合は、降りる順番を確認して、後に降りる人からタクシーに乗り込むのが原則になります。

ただし、前述したとおり、それぞれ事情もあるため、状況に応じて臨機応変に対応していくのがビジネスマナーです。自分が一番後に降りると知っていても、すぐに乗り込まず、必ず他の人の意向を確認し、席を決めましょう。

その他のタクシー内でのビジネスマナーは?

タクシー内では、席次以外にも気を付けるべきビジネスマナーがあります。たくさんのことを意識しなければいけませんが、常に緊張感をもって、以下のことに注意しましょう。

Bottom banner

支払いについて

仕事の関係で上司とタクシーに乗る場合、タクシー代金は会社の経費で精算できることが多いでしょう。そのように、タクシー代が経費で精算できるのなら、部下である自分が支払うのがビジネスマナーです。

というのも、経費で精算する場合、会社で精算処理をする必要があります。そういった煩わしい雑務を上司にさせるのは失礼にあたるため、部下が支払って会社での手続きをします。

支払う金額は、行き先の住所などからあらかじめ予測しておき、精算の時には、素早く支払ってタクシーを降りるとスマートです。上司を無駄に待たせないのもビジネスマナーとして重要です。

もし、上司がまだ降りずに支払いを待っている状態であれば、支払いの後に自分が先に降り、ドアを持ってエスコートしましょう。ビジネスマナーとして重要なのは、何事も慌てることなく、スムーズに済ませることが要求されます。そのためには、事前の準備が大切です。

助手席に座ったら道案内を

自分が助手席に座った場合、原則として道案内をする役目を担っていることを忘れないようにしましょう。目的地の指示はもちろん、道案内やルートの指示などをします。タクシーを捕まえて乗れたことですっかり安心してはいけません。

特に、初めていく場所に向かう場合は、あらかじめ住所やルートを調べておきましょう。決して、迷ってお客様や上司に迷惑をかけないように、事前の準備は入念に行います。

雑談力も大事

タクシーに乗車中も気を抜くことなく、異動先でのイメージトレーニングをしつつ、雑談などをしましょう。

居心地の悪い雰囲気が漂うことがないよう、ちょっとした話のネタを持っていると役に立ちます。場にそぐわない暗い話題や、政治や宗教などのセンシティブな話題ではなく、天気やその日のニュース、あるいはおすすめのレストランなど、無難な話題が良いでしょう。そのために、最低限のコミュニケーション能力を身につけておくのもビジネスマナーです。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

常に緊張感を

いくらタクシー内といっても、足を組んだり、居眠りをしたり、スマートフォンに夢中になったりするのは、ビジネスマナーとしてはNGな態度です。疲れているかもしれませんが、うっかり気を抜かないようにしましょう。

最終確認を忘れずに

タクシー内の忘れ物は意外と多いものです。携帯電話や財布、鍵など忘れ物がないか降車時に確認をするのもビジネスマナーとして忘れないようにしましょう。特に、運転手の死角であったり、暗い時間にタクシーを降りる場合は、確認をしましょう。

可能ならば、タクシーの会社名を覚えておくのも良いでしょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

接待でタクシーを利用する場合は?

接待時、お客様とタクシーに同乗する場合も、基本的に席次は上司と乗る際と変わりません。

タクシー料金の支払いも、接待する側である自分が支払います。なお、接待のためのタクシー代金は交際費として計上します(接待以外でお客様とタクシーを利用した場合は、交通費で計上します)。

タクシー内のビジネスマナーを養おう!

上司や大事なお客様とタクシーに乗るのは、ビジネスシーンではよくあることですが、やはり緊張するものです。しかし、ビジネスマナーの基本を知っておけば、正しく対処できるでしょう。また、臨機応変に行動する能力、その場の雰囲気を作る能力も、タクシーの乗車というわずかな時間の中で試されることになります。

こうして培ったビジネスマナーの一つ一つの積み重ねが、職場での評価につながります。決して小さなビジネスマナーをおざなりにすることなく、しっかりと頭に入れ身につけておきましょう。

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

タクシードライバーへの転職はドライバーワークスへ!

タクシードライバーは人手不足が深刻で初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。

タクシードライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、運転免許の補助までしてくれる会社も存在します。

また、2020年に開催されるオリンピックの影響でタクシー運転手の需要が高くなっています。未経験でも年収が500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう!

豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人