Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

タクシーの運転手で大切なことと言えば、タクシー流しコツを掴むことです。駅でお客さんを待っていても良いのですが、流しをしてお客さんを捕まえたほうが効率が良い場合もあります。タクシー流しコツはどのようなものなのでしょうか。簡単に掴めるものなのでしょうか。


タクシーの流しって一体何?

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

タクシーの流しというものを知っているでしょうか。この流しをマスターすることでタクシードライバーの給与はアップもダウンもします。

今回はそんなタクシードライバーの給与を左右するタクシー流しコツについて紹介します。

タクシーの給与体系とは?

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

通常のサラリーマンとは異なり、タクシードライバーの給与体系は、基本給プラス歩合制になります。自分の給与をアップさせるためには、歩合であることを踏まえると、「どれだけお客さんを乗せることができるか」にかかっています。

初心者タクシードライバーの中には、どうすればお客さんを多く乗せることができるのか、迷っている、悩んでいる人も多いでしょう。

より多くお客さんを乗せるためには効率よい流しがベストです。

タクシーの営業スタイルとは?

タクシーの営業スタイルの1つ、タクシー流しコツを説明する前に、タクシーの流しとはどのようなものか紹介しましょう。流しとは、街中を走りつつ、タクシーに乗りたいお客さんを探すことをいいます。

通常、人々がタクシーと聞けば、この流しをイメージすることでしょう。

しかしタクシーの営業方法は他にもあります。病院の入り口付近や駅前などでお客さんを待つ付け待ちと呼ばれるものや、お客さんがタクシー会社に電話をかけ、送車でタクシーでお客さんが待つ場所へ行く無線配車と呼ばれるものがあります。

ただ、上記の方法ではお客さんの数は限られてしまいます。給与を今以上アップさせるには難しいでしょう。

方法次第で給与アップも見込めるタクシー流しコツを覚えたほうが、売り上げも上がります。

初級編タクシー流しコツを紹介!

初心者のタクシードライバーがタクシー流しコツを掴むにはどうすればよいのでしょうか。まだ入社したてのタクシードライバーはその土地勘もあまり知らないでしょうし、需要の多い場所も知らないことでしょう。

そこで初心者が覚えるべきタクシー流しコツを紹介していきましょう。

タクシー流しコツは時間帯に注意!

タクシー流しコツの基本は、朝昼晩と、どの時間帯にどのような人々がタクシーを求めているのか知ることです。

例えば朝なら、通勤時間が狙い目です。バスと同じコースを走り、バスに乗り遅れたお客さんを見極めることもおすすめです。

夜なら深夜、繁華街を走ってお店を出てきたお客さんを狙うのがタクシー流しコツです。場所や時間によってタクシー流しコツもさまざまです。

お客さんの需要も異なりますから、時間帯や場所もチェックしておきましょう。

タクシー流しコツはイベントをチェックすべき!

また初心者のタクシードライバーでもタクシー流しコツを簡単に掴むことができるのが、人が多く集まるイベントをチェックするということです。

イベントと言えば、コンサート、ライブなどがあります。このようなイベントには人が多く集まるため、イベント終了後には混雑からいち早く抜け出し帰宅したいと考えているお客さんを拾うことができます。

もしくはイベント前に早く会場に着きたいと考えている人を乗せることも可能です。

タクシー流しコツは空車状態を見せること

タクシー流しコツの1つとして、タクシーが空車である状態をお客さんに見せることがあります。これはタクシードライバー初心者でも覚えやすいタクシー流しコツです。

車間の距離をある程度開けなければ、お客さんはそのタクシーに人が乗っているかどうか判断しづらいです。手をあげるタイミングも逃してしまいます。

タクシー流しコツとしては、空車というサインを見てもらうことです。前を走っている車との距離を開け、空車という表示を見てもらいましょう。これがタクシー流しコツです。

特に大型車両が前を走っている際は、充分な車間距離を摂るのがタクシー流しコツです。

左車線では先頭にがタクシー流しコツ

左車線、特に交差点では先頭に立てばお客さんをかなり拾いやすくなるタクシー流しコツです。空車である表示がお客さんに見えやすいのと同じく、停車しているため、お客さんも乗りやすいです。

左車線が有利なのは、右レーンにいるとお客さんを乗せにくいケースもありますし、発信し、直進車を待つ間、他のタクシーにお客さんを取られてしまう可能性があるからです。

タクシー流しコツとしては交差点で左車線の先頭につけることです。よりお客さんを多く乗せることができます。

視野を広く保つことも必須!

今すぐにでもタクシーを拾いたいと考えているお客さんは、反対側車線に走っているタクシーでも停めたいと考えています。

ですからタクシー流しコツとして、視野を広く保つということがあげられます。タクシードライバーも自分が走っているレーン側ばかり見ずに、反対側車線もしっかりチェックをしておくのがタクシー流しコツです。

タクシーの速度が早ければ視野も狭くなりがちですし、タクシー流しコツはある程度速度を落とし、視野を広く保つことがポイントです。

タクシー流しコツ上級編とは?

タクシー流しコツの初級編をご紹介しましたが、今度はタクシー流しコツの上級編を紹介していきましょう。

ある程度タクシー流しを覚えたタクシードライバーも、より給料アップのためにタクシー流しコツをもっと掴んでいきましょう。

無意味な流しをしないこと

大きな駅で営業を行った場合、お客さんを駅で下ろした後、次のポイントの必ずお客さんを捕まえることができる駅へ移動をします。この移動している間を流しにします。

タクシー流しコツで重要なのは、むやみやたらに道を走るのではなく、ポイントからポイントへ移動する間に、お客さんを拾いやすい道を走ることです。

移動している間もお客さんを乗せる癖をつけるようにしましょう。

遠距離が出たらその周囲でもお客さんを探す

またタクシーを使うお客さんの中には、遠距離を移動する人もいます。遠距離が出たら、お客さんを降ろした後、空車にしてそのまま自分の拠点へ帰るのは非常に効率が悪いです。

遠距離が出たらタクシー流しコツとしては、その周囲でお客さんが拾えないか周囲の情報も頭の中に入れておく必要があります。

土地勘も大切ですし、情報も重要です。常にアンテナを張り巡らせておきましょう。

自分の稼ぎ場所の情報を仕入れておくこと

タクシードライバーは自分の稼ぎ場所の情報を常に頭の中に入れておくことも大切です。自分なりのタクシー流しコツを覚えることができます。

地元の終電の時間をチェックしておくことや、劇場の終演時間を覚えておくこと、野球場があればその日の野球の終了時間もチェックしておくことがタクシー流しコツです。

どのような年齢層がどの場所に集まり、いつどのイベントが終了するのか情報を頭の中に入れておくことがタクシー流しコツです。

長距離狙いはしないことがタクシー流しコツ

お客さんが短距離を望むのか長距離を望むのかは、実際乗せてみなければわかりません。しかし長距離のお客さんを乗せてしまうと、自分の拠点に帰ってくるまで2時間前後かかり、効率が悪いです。

それよりは短距離をたくさん回ったほうが多く収入アップに繋がります。

遠距離の土地情報が頭の中に入っていれば問題ありませんが、土地勘がない場所を所望するお客さんもいますから、長距離狙いをするのはタクシー流しコツではありません。

Bottom banner

タクシー流しコツを覚えるとどんなメリットが!?

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

タクシー流しコツを覚えるとどのようなメリットがあるのでしょうか。タクシードライバーにとってどのようなメリットがあるのか調べてみましょう。

収入がアップする

タクシー流しコツを覚えることで、当然お客さんを拾いやすくなりますから、それだけ歩合があがり、自分の収入がアップします。空車の時間がなくなり仕事をしている時間も長くなるため、収入アップに繋がります。

効率がよい営業ができる

流しをマスターすると空車の時間を減らすことができます。移動している間にお客さんを拾い、送り、さらに拠点へ帰る際にもお客さんを拾うことができるという、効率よい仕事ができます。

流しをマスターすれば時間を無駄にせずに収入に繋がる仕事ができます。

タクシー流しの経路のコツとは?

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

タクシーに乗ることになった、となれば、当然流しを覚えて自分の給料を増やさねばなりません。しかしいきなり路上に出ても、どの道を走ればお客さんを掴まえることができるのか、新人にはわからないでしょう。

タクシーを流す経路にコツはあるのでしょうか。

人の多い市街地など

安全かつ確率が高いのが、人の多い市街地です。市内のメインどおりや交差点、駅から駅の間や道路に面した商業施設などは狙い目です。

路面バスが走らない道路

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

また路面バスが走らない、少ない道路もタクシー流しの経路のコツです。このような道路は駅や病院などへ行きたいと考えているお客さんを拾うことができる確率が高いです。

夜間は繁華街へ

昼時は年配のお客さんや主婦などを乗せることが多いですが、夜間になるとターゲットはサラリーマンになります。

夜は繁華街へ出てみましょう。飲み屋から出てきたサラリーマン、終電を逃した若者などが狙い目です。ただし同業者も多く乗り入れており、絡まれるケースもあるので充分注意しましょう。

タクシー流しコツを掴む方法として考えられること

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

タクシー流しコツを簡単に掴む方法を紹介しましょう。初心者でもここからタクシー流しコツを掴んでいきましょう。

イベントをチェックしよう!

コンサート、ライブ、演劇やフェスなどのイベントをチェックしましょう。人が大勢賑わう場所ですし、イベント前後は人が目的地に向かってごったがえしています。

その中でも我先に目的地に着きたい人々は、タクシーを拾いたいと考えます。そのようなお客さんを見逃さないためにもその月で行われるイベントや行事などの開園時間や終了時間をチェックすることは心がけましょう。

車間を取って走ること

初心者タクシードライバーでも簡単にタクシー流しコツを覚えることができるのが、車間を取って走ることです。

車間を取ることでタクシーの空車表示をお客さんに見せやすくなります。タクシーに手を上げたいお客さんは空車のタクシーを待っていますから、表示が見えれば手を上げてくれます。

当然お客さんを掴まえやすくなり、空車状態を減らすことができます。

タクシー流しコツを覚えて収入アップへ繋げよう!

タクシー流しのコツを掴むメリット・コツを掴む方法|収入アップ

ベテランのタクシードライバーは自分なりのルートを持っており、流しのコツもマスターしているため、売り上げも延ばし、自分の収入もアップさせています。

サラリーマンとは多少異なる給与形態のタクシードライバーは歩合であるお客さんを乗せることで収入をアップさせます。付け待ちしているだけでは乗せるお客さんは限られてしまいます。

ですから流しを覚えて収入をアップさせましょう。そのために今回はタクシー流しコツを紹介しました。今からでも実践できることばかりですから、タクシードライバーの皆さんはこれを機に流しをマスターして収入アップを図りましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related