Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

道を知らないときのタクシー運転手の対応方法・おすすめのセリフ

道を知らないときのタクシー運転手の対応方法・おすすめのセリフ

乗客から知らない場所、知らない道を指定された場合、タクシー運転手はどのような対応をすればよいのでしょうか。タクシーも一種のサービス業です。乗客に不快感を与えずに知らない道でも可能な限り最短で目的地にお連れするような対応について、説明しています。


道を知らないときのタクシー運転手の対応方法

道を知らないときのタクシー運転手の対応方法・おすすめのセリフ

タクシーに乗って「○○までお願いします」と乗客から言われたとき、すぐに対応できる場合とそうでない場合があります。乗客の大半は「運転手なら知っていて当然」と思っているはずです。とはいえ、100%完璧にどの地域も把握しているというのも無理な話です。

もし知らない場所、知らない道を指定されたとき、どのような対応をするかが重要です。ここではそんな「もしも」の時の対処法についてご説明します。

カーナビで検索

道を知らないときのタクシー運転手の対応方法・おすすめのセリフ

個人タクシーはもちろんのこと、昨今は十中八九どのタクシーにもカーナビが搭載されています。もしも知らない場所、知らない道を指定された場合はカーナビに目的地を登録し、現在地から最適なルートを検索しましょう。

「運転手がカーナビなんか使ったら、乗客は『この運転手、大丈夫かしら』と不安になるかも」なんて思っていませんか。乗客側からすれば、もし運転手がわからないのなら、カーナビで検索してくれるほうが安心です。

カーナビを使う場合、検索する目的地の地図を乗客に見せて「こちらでよろしいですか」と確認しても良いでしょう。カーナビを使うことは恥ずかしいことでも何でもありません。積極的にカーナビを使い、自分の知らない道を克服していきましょう。

スマホで検索

もし、タクシーにカーナビが搭載されていない場合はスマホの地図アプリを使うこともおすすめです。しかし、走行中にスマホを使用するのはNGです。スマホをいじるのであれば、車道の左側に車を寄せ、ハザードランプを点灯させ一時停止しましょう。

乗客が急いでいても、走行中にスマホを操作するほうが事故になるリスクも高まり、何より運転中の操作は運転違反です。結局は乗客に迷惑をかけることになるので、必ずタクシーを停止させた状態でスマホを使いましょう。

その際、一言乗客に「スマホで検索しますので、タクシーを一旦、止めさせていただきます」というような断りを入れることを忘れてはいけません。走行中、突然左側に寄せてタクシーが止まったら乗客はびっくりしてしまいます。一言断りを入れれば、乗客に不安を与えることもないでしょう。

道を知らないときのためのタクシー運転手の対策

道を知らないときのタクシー運転手の対応方法・おすすめのセリフ

タクシー運転手だって知らない道や知らない場所はある、と開きなおってしまうのではなく、運転手側にも対策できることがあります。乗客に安心してタクシーを利用していただくためにも、タクシー運転手はどのような対策をすればよいかをご紹介します。

主要な名称は熟知する

タクシーの運転手になったら、なるべく知らない道や場所を少なくする努力をしましょう。たとえば、都心を走るタクシーなら主だった観光名所や主要な地域、建物など把握しておくことがおすすめです。

たとえばホテル、駅、コンサートホール、球場やサッカー場、知名度の高い建物、区役所や市役所、病院、観光名所など把握しておくと便利です。

主要な道路は熟知する

主要な幹線道路を把握しておくことは、タクシー運転手にとって基本中の基本です。もちろん、目的地へ最短で行けるよう裏道まで熟知できればなおさら良いのですが、限られた地域とはいえ、知らない道を100%なくすことは難しいことです。

その代わり、主だった幹線道路を把握しておけば「○○方面ならあの道」「■■方面ならこの道」と頭の中にパッと地図が浮かぶようになります。

また、主だった道の名称も把握することをおすすめします。道を熟知した乗客から「○○通りを通って■■へ行ってください」と指定されることも少なくありません。

交通情報に敏感になる

ラジオの交通情報やネットの交通情報など、普段からチェックするクセをつけることをおすすめします。目的地へ向かう道が混雑していた場合、どこかで迂回する必要が生じる可能性もあります。なるべく最短で乗客を目的地までお連れするために、タクシー運転手も情報収集という努力をする必要があります。

幹線道路の工事事情を把握しておく

大都市の場合、大きな幹線道路が地下鉄工事など長期にわたって道路工事している場所もあります。先述したように、タクシー運転手は道路交通情報と同じく、幹線道路の工事事情も把握しておきましょう。

大きな道路工事は、渋滞の原因にもなります。知らない場所、知らない道だからカーナビの指示通りに走ることが、必ずしも最良とは限りません。目的地へ向かうまでの道で、あらかじめ大きな工事をしている場所があれば、そこを避けて通ることもおすすめです。

Bottom banner

ある程度の英語ができるようになる

2020東京オリンピックに向け、東京に限らず多くの外国人が日本を訪れるようになりました。観光客の大半は日本語を話すことができません。駅構内や街中のインフォメーションなど、英語、フランス語、中国語、韓国語など多言語対応しているところも増えてきました。

海外からの旅行客やビジネスパーソンたちのタクシー利用頻度も確実に上がっています。「○○へ行ってください」「▲▲に行きたいです」など、タクシー運行に必要な英会話ができるようになると、スムーズに目的地へ行くことができるようになります。タクシー運転手が知らない場所でも、名称さえわかれば検索することができます。

どうしても英語が苦手という方には、ホワイトボードなどの利用がおすすめです。万が一、外国人の乗客から知らない場所を指定されても、目的地の名称を文字で書いてもらえれば、カーナビやスマホで検索することができます。

道を知らない時におすすめのタクシー運転手のセリフ

どうしてもタクシーに乗る乗客は「タクシー運転手ならどこでも知っていて当然」と思われがちです。知らない場所、知らない道があっても決して悪いことではありませんが、「知らなくて当然」という態度では乗客に不快感を与えてしまいます。

そんな時に、タクシー運転手が乗客の機嫌を損ねないセリフをご紹介しましょう。

申し訳ございません

知らなくて当然、何が悪い、という態度ではなく、一言乗客に「申し訳ありません」と謝罪をし、場所を詳しく尋ねれば乗客も悪い気はしません。タクシー運転手が過度に卑屈になる必要はありません。しかしタクシーもサービス業です。乗客を快適に目的地まで送り届けることが最優先です。知らない場所、知らない道を指定された場合は、一言謝罪することをおすすめします。

少々お待ちください

乗客から知らない目的地を指示され、カーナビなどで検索する場合、無言で行うのではなく、一言「少々お待ちください」と言ってみましょう。知らない場所だからカーナビで検索しますので、と一言乗客に伝えれば、言われた方も安心します。

カーナビ操作に限ったことではありませんが、乗客側からすると何を言っても無言、反応のない運転手だと不安になります。乗客の立場、乗客の気持ちになって対応する心がけをしましょう。

道を知らないときのタクシー運転手のNGな対応例

乗客から知らない場所、知らない道を指定されたとき、タクシー運転手がやってはいけない対応があります。ここではタクシー運転手のNG対応を挙げてみましょう。

とりあえず走り出す

知らない道、知らない場所を指定されて、とりあえず走り出すのはNGです。乗客に場所の詳細を尋ねるにしても、カーナビの操作をするにしても、タクシーを止めた状態で行いましょう。

タクシー運転手は、知らない道を通る際「なんとなく」とか「カン」で走ってはいけません。一端、きちんと道筋を把握してからタクシーを出発させましょう。

感情的になる

乗客から知らない道、知らない場所を指定されたとき、タクシー運転手側が逆ギレして感情的な対応をしてしまうのは良くありません。乗客に目的地の詳細を尋ねるときは、丁寧な口調で聞きましょう。

安心、安全、丁寧な対応を心がける

東京のような大都市でタクシー運転手を生業にするのは、とても大変です。知らない場所や知らない道を指定されることも多々あることでしょう。そんな時には慌てずに、落ち着いて対処すればトラブルは起きません。

昨今はカーナビの機能も進歩しており、目的地まで正しく導いてくれます。知らない場所でも一度行けばその経緯もまた、運転手の知識として蓄積されます。そうやって少しずつ知らない場所、知らない道を克服していくと、タクシー運転手のエキスパートになれるはずです。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related