Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

個人タクシーは儲かるのか・方法・営業のコツ|固定客で回す

個人タクシーは儲かるのか・方法・営業のコツ|固定客で回す

個人タクシーで儲かる為には、顧客の心理を突いた営業が必要です。思いやりを持つ事はもちろん、他の個人タクシーにできないことで差別化を計りましょう。ドリンクや洗濯物のクリーニングはもちろん、車内を清潔にしておかないと儲かる程仕事が来ません。工夫をしていきましょう。

実際個人タクシーで働いている人は儲かるのか?

トラックでもバスでも、ドライバーという仕事をしていくにはそれなりの器量や才覚が必要です。自分でタクシードライバーをすることになれば、社会の景気に左右されることを考えて動いていかないと、個人タクシーとして成功する事は難しいので、個人事業主の自覚等が必要になってきます。

一口に個人タクシーといっても、走る地域やその人がもともと持っているドライバーとしての腕にもよるので、自分の能力を十分活かす事が出来れば、儲かるように仕事を得る事は可能です。

個人タクシーで儲かる方法ってあるの?

他のタクシーとサービスで差をつけたり、心のこもった仕事をしないと売り上げは伸びないでしょう。個人タクシーの場合、自分なりのサービスをする事を会社に止められないので、その点は個人タクシーの運転手の方が有利であり、サービスを充実させれば儲かるチャンスを作れます。

個人タクシーのドライバーの場合は、サービスの充実や固定客を付けるようにすれば、仕事を増やすことができるので、儲かる方法を編み出すのは難しくありません。

サービスの積み重ねをして固定客をつける

個人タクシーといえども、お客様に楽しんでもらわなければ、お客様を増やすことはできません。

例えば、お客様にカラオケを楽しんでもらったり、流行の音楽や懐かしの曲を流す事で、タクシーの狭い空間も楽しいひと時に変わります。

おしぼりや次に利用する際のクーポンなどを配る事でも、他のタクシーと差をつける事が出来ます。これは、組織に属していない強みです。独立採算ということを頭に入れて仕事をしていく事が大切になるでしょう。

顧客に喜ばれる事をして儲かるようにする

乗車の際、子供が喜ぶものをお客様に渡したり、車内を清潔にしたりしておく事もお客様に喜ばれます。また、お客様が話して来ても、豊富な話題で会話をする事も必要になるでしょう。

自分がタクシー会社のタクシーでは味わえないサービスを展開する事が、息の長い固定客の獲得へ繋がります。個人タクシーでも他のタクシーとは違うとサービスや仕事をしていく事が必要になるでしょう。

走行距離や走行する時間帯を考える

儲かるように考えてタクシーを走らせないと、思い通りの収入には近づきません。個人タクシーで儲かるためには、バスや電車が少ない地域や、多くの人が交通を利用する時間帯を狙うなどを考えることが必要です。

個人タクシーをしている人は、会社のタクシーとは違い、ある程度、移動が自由なのでサラリーマンが利用する時間帯や、冬の時期にタクシーが少ない場所で顧客を確保するようにする事が必要になります。

儲かる個人タクシーの営業ってどんなことをするの?

営業の費用がかかっても息の長いお客様になれば、個人タクシーで儲かる方法はあります。自分で保険会社の外交員のように会社や店舗などに、チラシを配ったり、自分の個人タクシーを利用してくれた人にまた利用したくなるような、サービスをするようにすれば、儲かるようになるでしょう。

固定客が増えるまでは、多少営業にお金が掛かってもいいように、個人タクシーを始める前に十分な資本金を用意しておく事も大切になります。目先のお金よりも、長いスパンで定期的に入ってくる収入を得るようにしましょう。

固定客で回すようにする

企業の社長の御抱えの個人タクシーの運転手をやる、介護が必要な人を毎朝迎えに行くなどの仕事を得る事ができれば、儲かるようになります。ただ闇雲に車を走らせるよりかは、固定客がいた方が個人タクシーの売り上げは上がるので、固定客を持ちながら、顧客の開拓なども同時に進めていきましょう。

儲かるか儲からないかは、タクシーの場合、個人の力量次第で変わります。サービスの充実化を計りながら、時にはアンケートなどを実施してお客様の声を取り入れて、サービスをしていかないと個人タクシーで儲かることは無理でしょう。

ドリンクサービスをして顧客を増やす

夏の時期は冷たい飲み物を出したり、冬の時期は暖かい飲み物をお客様に出すようにしましょう。固定客のもとへ着くまでに、自販機で飲み物を買って渡すだけでも熱意や誠意は相手に伝わるでしょう。人との繋がりを重視している世の中になっているので、思いやりのサービスがなければ、個人タクシーで儲かるような仕事をする事はできません。

ドリンク一本の値段より、これからも利用してくれる事を考えて行動していかないと、多くの固定客を付ける事は難しいです。先を見据えたサービスをしていくことが必要になるでしょう。

単身者向けの洗濯サービスをして顧客を増やす

知り合いの人がクリーニング店をしていれば、朝、自分の個人タクシーを利用してくれるお客様の洗濯物を預かって、クリーニング店に出しておくサービスをしましょう。その際、クリーニングにいくらかかったのかを明確にしておき、さりげなく洗濯し終わった洋服を差し出すようにします。

クリーニングを請け負ったからといって、個人的な事を聞くのはやめましょう。また儲かることばかりを考えないで、クリーニングのサービスをする事が必要になるでしょう。

車内を綺麗に保つようにする

車内に嫌な匂いが充満したり、食べ残しがあったりすれば、たちまちお客様が減るので、そのようにならなように、車内を綺麗に保つようにします。個人タクシーならば、シートのカバーなどは清潔にしておけるので、いつも洗濯しておきましょう。

タバコの匂いや、体臭が残らないようにしなければ、儲かる個人タクシーのドライバーにはなれません。

地域で個人タクシーの儲かる額は違うのか?

東京などと違って、地方は交通の便が悪い事もあるので、逆にそのことを利用して個人タクシーで儲かるように仕事をすることもできます。コミュニティバスが走っていない地域や、過疎地ならば個人タクシーとしての利点を生かす事もできるでしょう。

しかし、タクシードライバーの人が東京や神奈川で働いた分の売り上げが8だとしたら、地方はその半分か2か3ほどの売り上げしかないです。企業の数も少ないので、個人タクシーとしてサービスを展開しても、思う程儲かるように仕事がこないことが多いでしょう。

九州の場合

宮交交通という有名な交通会社が九州にあります。九州は人口が少ないため、バスで移動するより個人タクシーやタクシー会社の車の方がバスより安く利用できるので、タクシーを利用する人が多い地域です。

地方で生活するには、マイカーを持っている事が大前提となりますが、高齢の方など免許を持っていない場合も多いので、タクシーの利用は増えています。しかし、都会程、サラリーマンやビジネスマンがいないので儲かる程仕事がないのが現状です。個人タクシーのドライバーが九州で一日に得られる日給は、都会のタクシーの3分の1ほどになります。

北海道の場合

北海道の場合はコミュニティバスが九州よりも多く走っています。道の駅の側で個人タクシーの仕事をしていれば、都会まではいかなくても、儲かるように仕事はできます。しかし、北海道という土地柄もあり、ほとんど人がマイカーを持っており、タクシー自体がいらない家庭が多いでしょう。

北海道のドライバーは、九州よりもタクシーを利用する人が少ないので、儲かるほど稼ぐ事はできないので、売り上げ的に考えても都会の3分の1に満たない地域が多いです。

独立採算なので工夫する必要がある

会社に属していない働き方となるので、どうしても個人タクシーで働く際は儲かるように仕事をするため営業などに力を入れる工夫が必要です。個人タクシーでなくても、会社員として仕事をしていても、仕事は自分で切り拓いていかないといけないので、自分なりに仕事への考え方を持つ事が必要です。

本人が個人事業主や自営業として仕事をする際は、効率化を考えて仕事をしていかないと、儲かるような仕事をする事はできません。

個人事業主としての自覚を持つ

個人タクシーは会社組織で仕事をしないので、それだけプロ意識が必要になります。運転手の技術はもちろん、タクシー運転手としてできる事をしていかないと、儲かるまで仕事をもらうことはできません。

個人事業主として働く人は自由に営業できると考えずに、タクシー会社と渡り合えるように具体的なビジネスを展開するようにしましょう。目先のお金より、長く儲かるような方法を編み出すようにしていく事が必要になります。

個人タクシーも景気が良ければ売り上げに反映される

タクシーは景気のバロメーターだと言われています。それだけタクシーを利用する人が増えないと、日本全体の景気がよくなったことになりません。2000年からタクシー会社に科せられた規制緩和などがありますが、基本的に景気がよくなればタクシーで儲かるように仕事をする事も可能でしょう。

個人タクシーのドライバーの人は、会社のしがらみがないので、自由に営業できる分、会社経営のタクシーより儲かるチャンスはあります。

人が集まる土地で仕事をする事が大前提になる

ビジネスマンが少しでも多い場所で長く車を走らせる事が、タクシーで儲かるためには必要です。地方で仕事をしても会社が少ないので利用する人も少ないので、長距離でお客様や固定客を取るようにしましょう。

タクシーのドライバーとして仕事をする人は、地方でも人が密集している場所があるので、それらの場所でピンポイントを突いた営業をしましょう。

タクシーを利用する世代をターゲットにする場合

介護が必要な家庭や、ビジネスマンが集中している地域、子供の学校の送り迎えなどでもタクシーを使う人が多いです。

介護が必要な人や、お年寄りに多く自分のタクシーを利用してもらう場合は、真心のこもった対応や思いやりのある配慮が必要なので、病院や施設までの利用でも、また利用してもらえるようなサービスをしましょう。

自分がタクシーを利用する場合を考えながら、相手の立場になって仕事をしていくことが必要です。

接客業は相手の立場に立ったサービスを

接客業というのは、会社に勤める事とは違うのでお客様本位で考えて仕事をすることが、思い通りの収入にもつながります。松葉杖をついている人や、車椅子を利用している人を乗せる場合は車で入れる場所まで入って、できるだけ歩く距離を失くしたり、車椅子や松葉杖でも歩きやすい場所に停車するようにしましょう。

相手の立場に立った営業をすることが、儲かる仕事をする上で大切です。

個人タクシーで成功するのは本人の営業センスだ!

個人タクシーでもタクシー会社のタクシーでも、営業職なので本人の営業としての能力と運転技術、顧客を大切にする気持ちがなければ、個人タクシーで成功することはできません。笑顔で対応して、真心を持って相手と接っすることができれば、息の長い顧客を確保することも可能になります。

営業センスとは口が上手なだけではなく、相手の心を掴んで、またこのタクシーを利用したいと思わせなければ、営業のセンスがあるとは言えません。個人タクシーは営業の仕方も多様なのでそれだけサービスに工夫を持たせて、顧客を増やす努力をしましょう。

Related