Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

日本のタクシーといえば、黒塗り「クラウン・コンフォート」が主流でしたが、そこに新たな風が入ってきているのを知っていますか。今回、外車タクシーが急増している理由にスポットをあてつつ、日本のタクシー事情や人気外車タクシーについても紹介していきます。


巷で急増中!「外車」タクシーの魅力とは

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

2020年に控えた東京オリンピックに向け、特に東京をはじめとした近隣の県においてもバスや電車の公共交通機関、高速道路といったインフラ整備が行なわれています。

そんな交通インフラの1つとして、「タクシー」を挙げることができます。日本のタクシーといえば、黒塗り「クラウン・コンフォート」が主流でしたが、そこに新たな風が入ってきているのを知っていますか。

それは、特に六本木や麻布十番、あるいは霞ヶ関などのセレブな人や芸能人、政治家が集まるエリアで急増している、「外車」タクシーです。

今回、外車タクシーが急増している理由にスポットをあてつつ、日本のタクシー事情や人気外車タクシーについても紹介していきます。

最新!日本のタクシー事情

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

ここでは日本のタクシーの事情とは、一体どのようになっているのかをみていきます。まず、タクシーには、「法人」と「個人」があるのは知っていますか。

この法人」タクシーによく用いられる車種が、街中で見かけることが多い黒塗り「クラウン・コンフォート」です。黒塗り「クラウン・コンフォート」は、タクシー仕様につくられているため乗車時の乗り心地や運転者にとっての使い勝手の良さは、高い評価を受けています。

「個人」タクシーでは、車両に対する細かい規制があった道路運送車両保安基準規制(2015年6月1日より)が廃止されたことを受け、最近では国内外のさまざまな自動車を用いて営業しています。

外車タクシーが急増している理由

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

日本のタクシーは、以前は法人においても個人においても、「クラウン・コンフォート」や「クラウン」のセダンタイプが主流であり、高級車としてはやはり「クラウン」のロイヤルサルーンといった日本車が定番でした。

けれども、規制緩和の煽りを受け、タクシー業界で日本車の流れから高級「外車」の導入が目に付くようになってきています。

特に高級「外車」を用いるようになってきているのが、「個人」タクシーです。たとえば、ドイツ車「ボルボ」や「メルセデスベンツ」などが挙げられます。

なぜ、外車とりわけ高級「外車」が用いられるようになっているのか、その理由を具体的にみていきます。

理由1:高級車の方が儲かる

タクシーを利用する人の中で、「個人」タクシーを主に利用するという人も少なくはないでしょう。その理由には、やはり個人運営のため、運転や接客が丁寧なことや車両自体も清潔な傾向があるためです。

さらに、タクシー車両に関する規制緩和を受け、個人タクシーでは「高級外車」を用いているドライバーが増えてきています。

高級外車をタクシーにする個人タクシーの人の狙いは、やはりお金に余裕があるセレブ客や接待などで利用する営業の人たちです。そのため、彼らのメインとする営業時間帯は夜間となり、さらに上客を得るためにマメに名刺を渡すという営業も行なっています。

一方、乗車する客からすると、同じお金を支払うのであれば、高級外車で丁寧なドライバーの方を選ぶのも当然の結果です。

理由2:税金対策

「個人」タクシーと「法人」タクシーの最大の違いが利益についてです。「法人」タクシーの場合、売り上げのおよそ6割を会社が持っていくことがあるのに対して、「個人」タクシーの場合では売り上げがそのまま「利益」になります。さらに、タクシーの経費は、主にガソリン代です。

つまり、ガソリン代以外の経費もあまりなく、乗車客を乗せれば乗せるほどに利益が右肩上がりになっていきます。そのため、所得が併せて上がっていきます。そうすると、所得税などの税金が上がってしまいます。

そのため、発生する税金を押さえるために、敢えて「高級外車」をタクシーに選ぶという結果になります。

理由3:車の構造

タクシー車両として認可を受けるためには、「自動ドア」が必要となります。しかし、以前は、自動ドアで開閉できる車両が、昔ながらの黒塗り「クラウン・コンフォート」や「クラウン」セダンなどしかありませんでした。

最近では、自動ドアを可能にするパーツの汎用化が進み、どんな車種の車両にでも取り付けることができるようになりました。その結果、「高級外車」をタクシーにする個人タクシーの人たちが増えてきました。

外車タクシーの特徴

メルセデスベンツやBMWなど外車をタクシーとして用いている、ドライバーを街中で見かけることが増えてきました。

この「外車」タクシーの特徴とは、一体どのようなものなのでしょうか。その真相をみていきます。

特徴1:個人タクシーが多い

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

先にも触れたように、外車をタクシーとしているのは、圧倒的に「個人」が多いでしょう。その「個人」がタクシー事業者になるためには、一般が思うほど容易ではないといえます。

具体的にみていくと、個人がタクシー事業主になるためには、まず第2種免許を取得する必要があります。さらに、35歳未満の場合には、取得後は「法人」タクシーなどの運転歴も「10年以上」必要になります。

一方で、「法人」タクシードライバーの場合は、同じ第2種免許の取得のみとなります。比べてみると、「個人」タクシーの方が豊かな経験、地理的能力が求められています。

個人がタクシー事業主になるためのハードルが高くなっているため、その分、利益率を少しでも上げるために「外車」を積極的に取り入れているといえます。

特徴2:優良ドライバー「マスターズマーク」

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

上述したように、外車をタクシーとしてしている「個人」タクシーが増えてきています。さらに、その外車の個人タクシーに見られる特徴に、ある特徴があります。

それが、「三ツ星」の行燈です。この「三ツ星」は、正式にはマスターズマークと呼ばれています。1988年に制定され、「優良個人タクシー事業者認定制度」に合格したタクシー事業者に許可されるマークです。

「三ツ星」ということは、その前に「一ツ星」や「二ツ星」もあります。三ツ星を得るためには、まず「一ツ星」と「二ツ星」制度に合格する必要があります。そして、三ツ星への申請後、マスターズマーク認定委員の厳正な審査を受け合格し、ようやく晴れて「三ツ星」のマスターズマークドライバーということになります。

外車タクシーの人気車種

個人タクシー事業者から熱い視線を受けているのが、「外車」タクシーです。外車と一口にいっても、さまざまな種類があります。

多くの「外車」の中で、タクシーとしての人気がある車種を、今回は3つ紹介していきます。

ベンツ

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー
Bottom banner

外車タクシーといえば、やはり人気があるのが「ベンツ」です。タクシー利用としてだけでなく、乗用車としても世界的に高い人気を誇ります。

そのため、東京のタクシー営業所でベンツを採用したことで、話題となりました。ベンツをタクシーにすることで、タクシー利用の直接的な効果だけでなく、話題性があることで集客効果もあります。

BMW

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

世界の自動車として、名を馳せているのがドイツ車「BMW」です。ドイツのバイエルン州ミュンヘンに拠点を構える、自動車・バイク・エンジンのメーカーが、「BMW」です。

一度は見かけたことがある人も多いのが、「BMW」のエンブレムでしょう。黒いエッジラインの円に白抜きの「BMW」をデザインし、センターの円の中を十字に4等分し、ブルーとホワイトで塗り分けられています。

「BMW」では洗練されたデザインが特徴のエンブレムを掲げた、フル4シーター・4ドアでセダンタイプの車をメインとしながらも、スポーティな造りも意識して製造しています。

フル4シーター・4ドアでセダンタイプのため、タクシーとして用いることができ、やはり「メルセデスベンツ」と同じように人気があります。

フォルクスワーゲン

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

「ビートル(カブト虫)」で有名な「フォルクスワーゲン」は、国民車の意を冠した世界第3位の自動車メーカーです。

「フォルクスワーゲン」はドイツに本社を構え、ヨーロッパにおいて最大の自動車メーカーであり、さらに「アウディ」や「ランボルギーニ」、「ベントレー」までもを傘下に収めています。


この「フォルクスワーゲン」が目指している車の在り方は、人と車を「馴染ませ」ることです。ドライビングに関するドライバーの身体機能の改善とサポートを実現し、人が運転を意識せずに車での「走行」をより楽しめるようにすることです。

ドライビングとの一体化を感じさせる、軽やかな走が体感できるために、最近では外車タクシーとしても重用されるようになっています。

注目株!アメリカ製高級EV車

環境配慮型の車には、ハイブリッド車、EV車、水素電池車とあります。ハイブリッド車は生産当時よりも、比較的街中でも見かけるようになってきました。

その一方で、EV車はまだ普及率が低いのが現状です。「個人」タクシーの間でアメリカ製の高級EV車が注目を浴びています

ここでは、そんな意外性の高い「アメリカ製」高級EV車についてみていきます。

テスラモーターズ「テスラ モデルS」

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

アメリカのテスラモーターズが手掛けた、高級EV車「テスラモデルS」が外車タクシーとして注目を急激に浴びています。

紹介する「テスラモデルS」の特徴は、エアコンなど含めドライバーコックピットの情報を全て「液晶ディスプレイ」にし、さらにナビだけでなくインターネットも利用することができます。しかも、インターネット通信料はテスラモーターズ持ちといわれています。

また、同モデルの航続可能距離はフル充電時で502kmとされ、バッテリー残量がおよそ8割あれば、約300kmの走行が可能であるといわれています。

さらに、東京都内を走る外車タクシーにとって、「ガス欠」は避けなければいけません。バッテリーの急速充電機の設置場所が六本木とお台場にあるため、EV車でも問題がないでしょう。

メリット

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

テスラモーターズの「テスラモデルS」が、注目を浴び出している理由には、その高いメリットでしょう。

テスラモーターズの「テスラモデルS」は、日本が世界に誇るトヨタのハイブリット車「クランチ」のアスリートタイプと比較すると、その走行燃費は1/2の以下です。

さらに、EV車のため、エンジンオイルなどのメンテナンスが必要ないため、長距離走行することもあるタクシードライバーにとっては有難いメリットといえます。

そのため、外車タクシーを用いている「個人」タクシーから注目されています。

番外編:人気「日本車」タクシー車種

30代以上の人にとってタクシーといえば、黒塗りで直線的なフォルムが印象的な「クラウン」コンフォートではないでしょうか。また、最近では同じ「クラウン」でもさらに高級な「ロイヤル」シリーズも見かけるようになりました。

根強い人気がある、「日本車」タクシーの中で人気が高いトヨタ「クラウン」にスポットをあて紹介していきます。

昔ながらの黒塗り「クラウン」コンフォート

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

「クラウン」コンフォートは、1995年にタクシー使用が前提として開発・販売されており、現在でも街中で見かけることができるタクシーです。

同車は、最近ではあまり見かけることがなくなっているノスタルジーな3BOX仕様のセダン
です。この仕様によって、クラシカルな印象が強くなり、冠婚葬祭のようなフォーマルのときには重用されています。

そして、「クラウン」コンフォートの最大の特徴は、燃料が液化石油ガス(LPG)ということでしょう。このLPGの魅力は、燃料が安価であることです。価格が低いディーゼルエンジンの軽油よりも、さらに安い値段となっています。

フォーマルなシチュエーションから日常使い、また長距離走行や「流し」走行があるタクシー向きの造りとなっています。

高級日本車「クラウン」ロイヤルサルーン

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

トヨタが手掛ける高級車として「クラウン」のロイヤルシリーズがあり、その中でもさらに「サルーン」は、最低価格でも440万円、最高で約600万円はする代物です。

最近では、そんな高級車「ロイヤルサルーン」をタクシーとして利用するようになってきています。「ロイヤルサルーン」は、クラウン伝統のデザインを失わず、かつ洗練されたモダンなデザインです。

また、ラージセダンタイプでありながら、日本の狭い路地などの交通状態にも対応できる機動力に優れています。さらに、日本車なだけあり、日本人の体型に合わせた仕様となっており、きめ細かい座席位置が調整可能です。

乗車時の快適性、先進技術による高い安全性能といった細部に至るまできめ細かい「心遣い」が感じられ、運転時に確かな走行性能、快適さと安全を体感することができます。

新たな愉しみ方が味わえる「外車」タクシー

外車タクシーの特徴・急増している理由・人気車種|個人タクシー

普段、なかなか「外車」に乗ること機会が少ない中、身近な存在である「タクシー」で外車に乗ることができる時代になってきています。

「メルセデデスベンツ」や「BMW」などといった高級外車に乗れるのも、「タクシー」の新たな楽しみ方といえます。

「法人タクシー」だけでなく、この機会にバリエーション豊かな「個人」タクシーも利用してみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related