Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

今回は「タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス」と題して、「タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「タクシーの内容の特徴」に関するいろいろな情報についてご紹介します。


タクシーの内装の特徴

タクシーというのは皆さんもご存知のように、「連日連夜、フル活動で運転される車種」のうちに含まれる、ハイグレード車として認められます。こうしたタクシーの内装については、ひっきりなしに乗客が出入りすることになるため、それなりの内装メンテナンスを怠ることもできません。

タクシーの内装というのは、基本的に「定期的にメンテナンスをしなければならない」という傾向があるため、必ず「毎日、仕事終わりには内装に破損がないかどうか」のチェックをすることになります。

特に夏場などは乗客も汗を搔きやすく、またアイスクリームやジュースなどを持ち込んで、それによって内装が汚れてしまうこともあるため、そうした乗客が持ち込んだ物によって被る汚れの除去・除菌なども定期的なメンテナンスに含まれてきます。

ハイグレードタクシーの車種

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

従来のタクシーでは、「輪タク」が登場し始めた頃から日常で使われやすい「よく走る車」が車種のうちに見られていましたが、最近ではトヨタや日産などの高級車などが頻繁に選ばれています。その車種選びによっては、内装メンテナンスや車両メンテナンスにおいても非常に好都合となります。

最近では「ハイグレードタクシー」という名の高級車が登場し始め、見た目がとても高級感漂う黒塗りのタクシーとして認められます。このハイグレードタクシーとは別にトヨタプリウスとして知られる「クラウンコンフォート・コンフォート・プリウス・クルー」があり、これはハイグレードタクシーとは別物となります。

このように、「見た目で高級感を与える車種のタクシー」が登場し始めたことによって、その外見から内装も高級感が漂うようにイメージさせる戦略も最近ではよく取られています。

ハイグレードタクシーの内装

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

先述しましたようにハイグレードタクシーの内装は「外見」と同じくとても乗り心地がよいように設計されており、サスペンション・タイヤやウッド調パネルなどが一般の車両よりも高級の素材を使っていることによって、振動が少ないというメリットがあります。

また全席パワーウィンドウ設備やエアバッグなどの全車種完備、加えて喫煙車両なども増えてきており、乗客を分け隔てなく楽しませてくれる「ニーズに即した車両設計」がふんだんに組まれています。

車両によってはアームレスト完備であったり、読書用の照明が設置されてあったり、諸事用にスタンドテーブルや手動によってなされるドアの開閉などを含め、日常生活においても好まれやすい設計としてその内装が彩られています。

ハイグレードタクシーの乗車料金

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

ハイグレードタクシーに乗車する際に嬉しいのは、それだけ高級感漂うタクシーであるのに関わらず「他に見られる普通のタクシーと乗車料金が変わらない」という点でしょう。一般的に、それだけ車種や内装条件が変わる車であれば当然「乗車料金」も変わってきますが、このハイグレードタクシーの場合はそれが変わらず、通常の料金でOKです。

禁煙車と喫煙車

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

一般的に喫煙者視点でよく言われるのが「喫煙車両の激減」で、これはタクシーに限らず、すべての交響の乗り物についても同じく「なぜ喫煙車両が減っているのか」という、喫煙者にとっては快適さ加減が損なわれる無視できない問題としてあげられます。

こうした喫煙者にも快適にドライブ・紀行を楽しんでもらおうという試みで最近では「喫煙OKのタクシー」が再登場し始めており、タクシーの全車両を見比べてみるとまだ相対的に少ないですが、「喫煙者にとっても快適なハイグレードタクシー」という車種が登場し始めています。

メーカー別おすすめのタクシーの内装

「メーカー別おすすめのタクシーの内装」についてですが、この状況に配慮する際にはやはり「タクシー車両のほとんど(実際には9割強が)トヨタ車種のタクシーが独占している」という実情への視点を避けることはできないでしょう。

現在、タクシー車両の9割ほどがトヨタ車種によって賄われており、この理由にはまず「内装の快適さ・メンテナンスの充実」と「安全面におけるセキュリティ措置がしっかりしている点」がピックアップされやすいです。

トヨタ車の内装メンテナンスについては、アルファードやボクシーなどのボックスカータイプの快適さ、またプリウスやクラウン、セルシオなどの高級車などのもともと高級感を持つ内装がメインとなり、この「高級車に見られる内装」がそのままタクシーの乗り心地を賄っています。

定期的な内装メンテナンス

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

先述しましたように「タクシーという車種は毎日ひっきりなしに乗客を乗せることから、その次の乗客のためにも内装メンテナンスをしっかり充実しておかなければならない」という当然のルール・習慣が義務付けられます。

そのためまずシートカバーを一週間ごとに変えたり、アームレストやシートサスペンションのメンテナンスなどは一週間内に3度ほどは点検されます。さらには乗客によって香水や体臭、汗のにおいなどを払拭しておかなければならない状況もあるため、最も大切なのがエアコンディショナーとして使われる除臭剤の設置です。

さらにはシート破損による切れ目や破れ目の点検、中古パーツの取り換えなどにも配慮が必要で、とにかく「毎日新車に乗っているような心地」を乗客に与えるのが最大の目的となります。

車種によって内装は変わる

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス
Bottom banner

先でも少し触れましたが、車の内装というのは当然「車種によってその現状が変わってくる」という車種による変化があるため、たとえばダイハツ車とトヨタ車、日産車とホンダ車などでは、それぞれの場合で内装のあり方にも変化が生まれてきます。

現在において最も「乗り心地がよい(内装設備がよい)」と言われている車種はやはりトヨタ車であり、これはトヨタ車の多くが「セダン車モデルの車両」を多く設計・生産していることに加え、日常生活でも多く利用されている車種であることから「その乗り心地にさほどの違和感が湧かない」という利点が大きく見受けられます。

トヨタ車のメリット

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

先述で「タクシー車両にはトヨタ車が独占気味にその採用が多い」ということをご紹介しましたが、この傾向は蚊子から現在までほとんど変わりません。

その大きな理由の1つとして、トヨタ車が設計する内装モデルでは「乗客目線で設計されている内装設備」が非常に大きく幅を利かしているため、ほとんどの乗客が快適さ加減を隈なく味わえるフルモデル設計に造り替えられている点に理由があります。

さらにトヨタ車の内装のメリットは「安全セキュリティの充実」が他種車両に比べて大きく違い、他の車種がそうではないことはないですが、乗り心地と安全面での設備投資によって乗客の人気を捉えていることがうかがえます。

心地よい空間のタクシーの内装の作り方

タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス

タクシーの内装設備をする際には、とにかく「衛生面での環境設備」と「好印象を与える内装設備」とが課題にあげられます。多くのタクシーでは基本的に「除臭剤の設置」は当然のとして「塩化ビニールで外装されたシートパーツの完備」が施されており、これはシートの生地に汗や汚れがしみ込むことを回避するための措置とされます。

加えて夜に乗車する乗客のための配慮としては「電気照明の完備」や「卓上設定」などが備え付けられており、とにかく快適にドライブをしてもらえるようあらかじめ工夫が施されています。

メンテナンス

車両メンテナンスについては先述してきましたが、「毎日乗車する乗客への配慮」として安全面と衛生面の設備は必ず欠かしてはいけない環境配備になります。しかし、毎回メンテナンスに費用をかけることはコスト面において不利となるため、一般的にタクシーの内装メンテナンスではあらかじめ講じられた「コストを抑えたメンテナンス」が取られます。

まずシートには先でご紹介しましたように塩化ビニールシートを外装部品として使用しておき、もしシート部位が汚れてもその「ビニールだけを取り換える」という措置でメンテナンスをします。さらに灰皿やサスペンションなどの備品にしても安価の新品パーツを使用しておき、破損しても費用をかけないで済むよう配慮がなされています。

不快な臭いを防ぐ工夫

タクシーの内装メンテナンスに配慮する際には先述のように、まず「不快な臭いを防ぐ方法」によって衛生面での向上を目指し、その上で「乗って快適さを味わえる」という好印象を与えることが大切となります。

一般的に多くのタクシー会社ではこの「脱臭対策」がメインにピックアップされており、一般家庭でも扱われている脱臭剤を各部位に設置することによって「脱臭作用」を賄います。設置場所としてはまずダッシュボード上が1つと、後部座席に近いボードの上の2か所となり、それ以上の設置はかえって強い匂いとなるため設置しません。

さらにリフレッシュなどの除臭作用のある日常品を使用してシートなどをメンテナンスしておき、食べ物汚れや他の乗客の香水臭、さらには乗客の服に付いた生活臭の臭いなどの脱臭を図ります。

タクシーの内装にこだわるメリット

基本的に多くのタクシーがその内装にこだわるメリットとしては、「リピーターの乗客を増やすこと」で、タクシー業界が最近では伸び悩んでいることを受ける上でも、タクシー利用者を増やすことが大事となっています。

とにかく「すべての乗客にとって、快適な旅ができるように」という名目によって内装設備・完備が施されているため、「10人の乗客がいれば10人ともに快適と言ってもらえること」を最大の目標として掲げています。

その上で最近では特に「身体障害を抱えている乗客にも、他の乗客と同じように快適に乗車していただくこと」をモットーにしている傾向も大きくあり、その場合は乗車する際のメンテナンス配備から内装完備までが図られます。

特徴的な内装のタクシー

従来のタクシーの内装は「どのタクシーでも一緒・同じようなしつらえ」などといった半ば統一された内装設備が目立っていましたが、最近のタクシーの内装を見る際には「洋風テイスト」や「純和風テイスト」などと、その内装設備のあり方にもいろいろと「趣向が凝らされたメンテナンス」が目立ってきています。

特にこの場合、シートや窓ガラス(特に窓の縁や桟)などに趣向の手が加えられやすく、その独特の象りや色彩によって乗客側にとっては「和風」や「洋風」、あるいは「芸術風」や「モダン風」などと、色調の品質が変更されていく空間設定が工夫されています。

タクシーの内装の実情を知っておきましょう

いかがでしたか。今回は「タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方|メンテナンス」と題して、「タクシーの内装の特徴・心地よい空間の作り方」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「タクシーの内容の特徴」に関するいろいろな情報についてご紹介しました。

最近のタクシーの内装は従来の物とは違い、実にさまざまな色調や空間テイストなどによって趣向が加えられており、少しでも乗客に「快適さ」や「興味を覚えてもらえる空間」の提供が工夫されています。

もちろん安全面や衛生面での内装メンテナンスの配慮も怠ることはなく、とにかく「マルチタイプで楽しめる・安心して快適さを味わえる」という、次世代型のタクシーの内装モデルを追究していくという、「タクシー業界による奇抜な内装メンテナンスの企画」が流行しています。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related