Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

タクシードライバーの仕事は、安全性の面から勤務時間が厳密に管理されており、厚生労働省で定められた時間以上働くことが許されていません。激務に見えるタクシードライバーの勤務時間はどうなっているのでしょうか。実際のタクシードライバーの勤務時間についてご紹介します。


勤務体系別タクシードライバーの平均勤務時間

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

タクシードライバーの勤務時間には、「隔日勤務」「昼日勤」「夜勤」「定時制」の4つがあります。

タクシードライバーの勤務時間は、自分の生活時間や体力、家族の都合や生活リズム、希望する収入に合わせて働きたいスタイルを選ぶことができます。子どもが家にいない時間帯だけ働いたり、年金をもらいながらタクシードライバーとして働くこともできます。もちろん、家族の大黒柱として安定した高収入を得ることも可能です。

タクシードライバーの都合に合わせた勤務時間を、設定することができるのもこの仕事の魅力です。それぞれの勤務時間についてみてみましょう。

隔日勤務の勤務時間

隔日勤務は、勤務日と休日が交互にやってくる働き方です。タクシードライバーの勤務時間として最も一般的な働き方です。

隔日勤務のタクシードライバーの勤務時間は、休憩2回4時間を含む16時間から20時間です。体力的に難しく感じますが、翌日は必ず休みになりますので、1ヶ月単位で考えると月の半分が休日となります。

日勤勤務の勤務時間

日勤勤務のタクシードライバーの勤務時間は、一般的な会社員と同様8時間程度です。労働日数も同じく週休二日で22日から24日となります。

始業時間が午前6時からの勤務時間となっており、バスがまだ走っていない時間帯のバス通勤路線や、駅や空港までの利用者を乗せることができます。効率の良い利用客を乗せることができます。

日勤勤務のタクシードライバーの勤務時間は16時から18時で終了するので、夕方からの家族との時間を大切にしたい主婦など女性も働きやすい勤務時間です。

夜勤勤務の勤務時間

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

夜勤の勤務時間は、18時から20時頃から始まり、早朝の4時から6時頃に終了です。夜勤のみを規則正しく繰り返すタクシードライバーの勤務時間です。休日は、日勤と同じく週休2日のことが多いです。

勤務時間のほとんどを深夜割増料金が期待できる上に、終電を逃した客、飲食帰りの客の利用が多いので、駅のタクシー乗り場や繁華街など、営業する場所に迷うこともなく確実に客を拾うことができます。

夜に働いて昼間に寝る仕事なので、家族と過ごす時間が少なくなる可能性がありますが、タクシードライバーの勤務時間としてゴールデンタイムとも呼ばれる稼ぎやすい勤務時間です。しっかりとした高収入が得られます。

定時制勤務の勤務時間

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

定時制の勤務時間はいわゆるパートと同じです。隔日勤務と日勤の勤務時間帯で働く人が多く、月の勤務日は3分の2程度です。1日隔日勤務と同じ勤務時間で働いた後2日休んだり、隔日勤務の時間帯の中で出たい時間だけ働くこともできます。

勤務時間は、タクシー会社と相談となります。各タクシー会社では、それぞれに規定がありますので定時制勤務を希望する人は、自分の働きたい時間帯に働けるかあらかじめ調べておくと良いでしょう。

定年退職した後、再雇用されたタクシードライバーや、定年後に新たにタクシードライバーになる場合は、ほとんどがこの定時制勤務となります。

タクシードライバーの一日の勤務時間の流れ

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

タクシードライバーの勤務時間についてみてきましたが、この時間をタクシードライバーはどのように使っているのでしょうか。タクシードライバーの働き方について、勤務時間の流れをみてみましょう。

隔日勤務の場合

タクシードライバーの勤務時間の流れとして、最も一般的なタクシードライバーの働き方である隔日勤務の1日の流れを取り上げてみました。

出発前に車両の点検をする

自分のタクシーの安全は、タクシードライバー自身が毎回確認します。出発前の安全点検は欠かせません。基本的な車両の設備の安全だけでなく、カーナビが正しく作動するか、車内の清掃はできているかも重要です。

Bottom banner

タクシー乗り場で客待ちをする

駅やビル、ホテルやデパートなど、人が多い場所にはタクシー乗り場が設置されています。時間帯によっては、駅や空港などの場所はタクシーを必要とする客が多くいます。そのようなタクシー乗り場で客待ちをします。

曜日や時間帯によっては、すぐ客を乗せることができる効率の良い方法です。

昼食と休憩

昼食時間は休憩時間を含め1時間です。駐車場が整備されているのでファミリーレストランを利用するタクシードライバーも多いです。もし、営業所の近くにいれば、営業所で昼食と休憩をとることもできます。

安全運転のためにも、昼食と休憩時間は定められた時間をきちんととるようにします。

無線配車もある

タクシーは街中を走ったり、タクシー乗り場を利用するだけでなく、タクシーを利用したい客からの要望で無線配車もあります。タクシー会社から無線で各タクシーに情報が流され、近くにいるタクシーが向かいます。タクシー会社によっては、GPSなどで各タクシーの位置を把握し、個別に連絡が入ることもあります。

流し営業とは

タクシーを運転しながら客を探すことを「流し営業」と呼びます。街中で、客のいそうな場所を走り客を探します。

客を乗せて送り届けた後、駅や繁華街のタクシー乗り場に向かう途中で客が拾えそうなルートを走るなどして空車で走らない工夫をします。

休憩時間と仮眠

各タクシー会社では隔日勤務の場合は、勤務時間中に昼食時間とは別に3時間の休憩時間と仮眠の時間を義務付けています。タクシードライバーの健康に配慮することは、事故防止にもつながります。

忙しい時間帯を避け、昼過ぎから夕方に仮眠を取ることが多いですが、どの時間帯に休憩、仮眠を取るかは各タクシードライバーに任されています。自分のタイミングで自由に休むことができます。

法人チケット利用者は遠距離が多い

夜になると法人チケットを使う客が増えます。業務で会議や会食があり、終了時間が遅くなる時に会社から支給される法人チケットは、タクシーの代金を後で法人に一括請求する物です。

利用者は料金を気にせずタクシーを利用できますので、遠距離のことも多く、深夜であれば深夜割増料金も加算されさらに効率が良くなります。

営業所に戻り点検と洗車

営業所に戻って、タクシーの点検と洗車をします。乗務日誌をつける必要もあり、多くのタクシー会社では決められた帰庫時間よりも1時間から2時間早く帰社するように定めています。これらの時間も勤務時間に含まれます。

タクシードライバーの勤務時間内の仕事量

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

タクシードライバーは、タクシー会社に雇用されていても仕事の内容は自営業者と同じで、自分で自分の仕事をマネジメントする必要があります。

勤務時間内の仕事量については、自分次第です。どの勤務体系を選び、どれぐらいの時間働くのかやどの時間帯にどこで客待ちをするか、どこを流すかも自分で考えて決めます。

タクシードライバーは直接客と触れ合う仕事なので、営業力だけでなく会話や接客テクニックも必要になります。

最近では、タクシードライバーが介護士の資格を持っている介護タクシーや高齢者や障害を持っている人が気軽に利用できるふれあいタクシーと呼ばれるものも増えてきました。新しいニーズを見つけ、積極的に取り入れていくこともできます。

タクシードライバーの勤務時間は自由自在

タクシードライバーの平均勤務時間|隔日勤務

タクシードライバーの勤務体系は、種類が多く自分で時間を決めて働くための選択肢がたくさんあります。1日の始めと終わりに営業所に行く以外は自分で自由に働くことができます。休憩時間をどこでどのようにとるかも自由です。

タクシードライバーは、勤務時間も勤務場所も自分の好きなように決めることができ、自分のペースで働けます。隔日勤務では休日が多くなることも魅力です。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related