Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

タクシーの防犯カメラの映像は、どのように管理されているのでしょうか。このぺージでは、「タクシーの防犯カメラ」をテーマにして、タクシーの防犯カメラの設置方法や運用基準、保存期間などをご紹介しています。また、撮影された映像の管理方法についても考察しています。


運転手の身を守る!タクシーの防犯カメラについて

タクシー運転手は、1人で車に乗って仕事をする職業です。一方で、お客さんは数人で乗ることもあるため、タクシー運転手1人に対して、同等かそれ以上の人数のお客さんが乗ることになります。また、タクシー運転手は基本的に、お客さんを選ぶことができません。乗せてから、お客さんの様子や言動に危険を感じたり、理不尽さを覚えたりするケースも、少なくないと言われています。

上記のような背景から、車内で1人で働くタクシー運転手の身を守るために、現在はさまざまな防犯対策が取られています。防犯カメラもまた、タクシー運転手を悪質な客や犯罪から守る、防犯対策の1つと言えます。

今回は、「タクシーの防犯カメラ」をテーマにして、タクシーの防犯カメラの設置方法や運用基準、映像の保存期間などについて、考察・ご紹介していきます。

タクシーの防犯カメラの設置方法

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

一般的に、タクシーの防犯カメラは、個人で準備をするよりも、タクシー会社などが方針の1つとして取り付けるケースが多いと言われています。

防犯カメラは、映像として記録を残すものですが、映像に映っているお客さんにもプライバシーがあります。中には、「勝手に防犯カメラに映された」などと苦情やクレームを言うお客さんもいます。相手が著名人だった場合は、肖像権などに関わるケースも生じるため、個人で勝手に設置をすると、予想外のトラブルに発展する危険性も、ゼロではありません。

タクシー会社で防犯カメラを取り付ける場合は、法的な基準などを考えた上で設置するケースが多いので、タクシー会社の方針や指示に従って設置してもらうのが無難です。また、防犯カメラを設置してもらいたい場合は、会社に相談してみるのも1つの方法だと言えそうです。

タクシー車内の防犯カメラの設置・運用基準

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

続いては、タクシー社内の防犯カメラの設置や運用の基準について、考察していきます。

上記でも触れたとおり、防犯カメラはタクシー運転手の身を守るアイテムとしては、大変役立つものですが、プライバシーなどを気にするお客さんも多いと言われています。

そこで続いては、タクシーの車内へ防犯カメラを設置する場合の、運用基準などについて考察していきます。

車内防犯カメラ設置及び運用基準

タクシーの車内に設置された防犯カメラの映像には、お客さんの顔や情報も記録される可能性があります。そのため、タクシー会社側は、ブライバシーに配慮して、防犯カメラやそれに記録された映像を取り扱う必要があります。

タクシー会社の中には、タクシーに設置した防犯カメラや映像をどのように扱うかの基準として、「車内防犯カメラ設置及び運用基準」などを採用したり設けたりしている所もあります。「車内防犯カメラ設置及び運用基準」や同様のルールなどの内容については、各タクシー会社の公式webサイトなどに掲載されていることが多いとされています。

警察とのデータ共有

タクシーの車内では、時に犯罪行為が行われることもあります。一例としては、運転手への暴行や暴言、無賃乗車や強盗などが考えられます。それらの犯罪行為が車内で起きたとき、犯罪の証拠として、タクシー会社では防犯カメラの映像を警察に提出することもあると言われています。

上記のような場合、防犯カメラの映像をどのように取り扱うのか、警察とのデータ共有に関する基準やルールなどを、定めているタクシー会社もあるとされています。

タクシーの防犯カメラのプライバシー

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

何度か触れているように、タクシーの車内に防犯カメラを設置することに対して、プライバシーを心配する利用者は、多いと言われています。実際のところ、タクシー会社が防犯カメラの映像をどのように管理し、扱うかのか次第では、自分の顔や情報が流出してしまう危険性もあります。

そこで続いては、タクシー車内に防犯カメラを設置するにあたり、タクシー会社や運転手は、どのように配慮をしているのか、考察していきます。

必要があるときしか録画しない

タクシー車内に設置された防犯カメラは、常に映像をとり続けているわけではありません。お客さんのプライバシーの配慮した形になっており、通常時は防犯カメラは作動していないと言われています。

タクシー車内の防犯カメラは、走行中に事故が起こったり、事件やトラブルに巻き込まれたりした時に、タクシー運転手の判断でスイッチなどを押して、作動されるケースが多いとされています。ですから、ただ乗っているだけで防犯カメラに顔などの個人情報が映ることは、あまりないと予想できます。

管理責任者が管理している

タクシー車内の防犯カメラで撮影された映像は、タクシー運転手ではなく、タクシー会社などの管理責任者の手で管理されると言われています。

また、タクシーの防犯カメラで撮影された映像は、暗証番号やパスワードがないと再生できない仕組みになっていることが多く、個人の判断などで勝手に見たり消去したりすることは、できないようになっていると言われています。

タクシーの防犯カメラの映像は運転手も見られるのか

Bottom banner
タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

続いては、タクシーの車内に設置した防犯カメラで撮影した映像を、タクシー運転手が見ることはできるのかどうかについて、考察していきます。

一般的には、たとえ自分の車に設置した防犯カメラで撮影した映像であっても、タクシー運転手が勝手に防犯カメラの映像を見ることは、できないと言われています。上記でもご紹介したとおり、タクシー車内に設置された防犯カメラの映像は、法律や基準などに従って、管理責任者などの手で管理されているためです。

事件や事故などがあり、確認する必要性がある場合のみ、会社や管理責任者の判断で確認できる可能性はあります。しかし、何もないときに、運転手個人の希望や判断で、タクシー車内の防犯カメラで撮影した映像は、見ることができないというのが一般的です。

タクシー車内防犯カメラの映像の保存期間

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

続いては、タクシー車内に設置された防犯カメラによって記録された映像は、どれくらいの期間保存・保管されるのか、考察していきます。

タクシーの防犯カメラによって記録された映像の保存期間について、「東京都個人タクシー協会」による、「車内防犯カメラ設置及び運用基準」では、以下の引用のように解説されています。

引用の内容から、タクシー車内の防犯カメラの映像の保存期間は、上記の基準を採用しているタクシー会社の場合は、1カ月だと言えそうです。

設置目的と判断される映像等の保管期間は1ヶ月として、管理責任者が保管し保存期間を経過したものは消去して、事業者に記録媒体を返却する。

出典: http://www.kojintaxi-tokyo.or.jp/data/pdf/29bohan-camera.pdf |

タクシー車内防犯カメラ映像の管理の注意点

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

何度か述べてきたとおり、車内で孤立してしまいがちなタクシー運転手の身を守る手段として、防犯カメラの存在は大変重要なものだと言えます。しかしその反面で、映像に映った人のプライバシーなどにも配慮する必要があります。

そこで続いては、タクシーの車内に設置された防犯カメラの管理について、注意点を考察していきます。

注意点1:知らない間に流出

タクシーに設置している防犯カメラによって撮影された映像の管理をする際、特に注意しなければならないのが、管理者や会社が知らない間に、SNSやメディアなどに流出してしまう事態です。

最近では、SNSや動画投稿サイトがメジャーなものとなっているため、動画などとして防犯カメラの映像が流出してしまうと、大きな問題へと発展する危険性があります。

注意点2:暗証番号・パスワード

一般的に、タクシー車内に設置した防犯カメラの映像は、暗証番号やパスワードを入力しないと、関係者であっても見ることができないようにして、管理されていると言われています。ですから、映像の流出はもちろんですが、保存している防犯カメラの映像を再生するための暗証番号やパスワードもまた、流出しないように注意して管理しなければなりません。

防犯カメラ映像を見るための暗証番号などは、管理責任者が管理するケースが多いとされています。ですから、防犯カメラの映像の管理責任者になった人は、映像だけでなく暗証番号なども流出しないよう、細心の注意を払う必要があります。

注意点3:映像の悪用

一般的には、暗証番号などがないと再生できないよう、管理責任者などによって管理されている、タクシーの防犯カメラの映像ですが、管理責任者などが悪用するケースも、絶対にないとは言いきれません。

タクシー会社は、管理責任者が防犯カメラの映像を悪用したり、再生するための暗証番号を流出させたりできないようなシステム・仕組みを考えることも必要です。

タクシーの防犯カメラはプライバシーに配慮している

タクシー車内防犯カメラ設置方法・運用基準・運転手も見れるのか

いかがでしたでしょうか?今回は、「タクシーの防犯カメラ」をテーマにして、防犯カメラの設置方法や運用基準、撮影された映像の保存期間や管理の注意点などについて、考察・ご紹介しました。

車の中で孤立しがちなタクシー運転手にとって、防犯カメラの存在は、身を守ってくれたり犯罪行為の証拠を残してくれたりする、大変心強い存在です。タクシーの利用者の中には、プライバシーを心配する方も多いと言われていますが、多くのタクシー会社では、プライバシーに配慮した使い方や扱いをしています。

上記のような背景から、プライバシーに配慮して使う分には、タクシー車内の防犯カメラの存在は、犯罪行為などの抑止力にもなる、大変便利なものだと言えるでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related