Search

検索したいワードを入力してください

2018年06月20日

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーの無賃乗車のニュースは、時々耳にします。無賃乗車は、どれくらいの罪なのでしょうか?また、どういうときに現行犯で逮捕できるのでしょうか?この記事では、タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方にちて紹介します。

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーの無賃乗車とは?

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーの無賃乗車とは、金銭を支払う意思がないのにタクシーを利用して料金を支払わないことです。タクシーの無賃乗車は、当然支払わなければいけない料金を支払わないので犯罪行為になります。

タクシーの無賃乗車の手口は?

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーの無賃乗車する方法としては、「お金や財布を忘れたので取りにいくといってそのまま戻ってこない」「タクシーのドアを開けて一目散に逃げる」「ナイフなどの凶器でタクシーの乗務員を脅してそのまま逃走する」などがあります。

このうち、一番多い手口が「お金や財布を忘れたので取りにいくといってそのまま戻ってこない」です。乗車して最初のうちは、上機嫌でタクシーの乗務員に話しかけるものの途中から急にそわそわして目的地に近づくと「財布忘れた」といって「家まで行って財布をすぐ取って来るので」といって、タクシーから降りてそのまま戻ってこないケースです。

「ナイフなどの凶器でタクシーの乗務員を脅してそのまま逃走する」場合は、無賃乗車だけならいいですが、強盗でそれまでの売上金を奪われたり、生命の危険に遭うこともあります。

タクシーの無賃乗車の罪の重さは?

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーの無賃乗車は、刑法では、詐欺罪(246条1項、2項)に問われます。タクシーの無賃乗車の罪の重さは、刑法246条1項により10年以下の懲役刑となります。

タクシーの無賃乗車の実際の判例では、約85%が懲役1年から3年でそのうちの51%が執行猶予が付いています。

タクシーの無賃乗車が未遂の場合は?

タクシーの無賃乗車が未遂に終わった場合でも無賃乗車のための行為が行われれば、詐欺未遂罪(250条)が成立する可能性があります。

タクシーは、電車などと違い後払いなので詐欺未遂の立件して証明することは難かしいです。

タクシーに無賃乗車した客を現行犯逮捕する方法は?

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーに乗車した客が目的地まで乗ったにもかかわらず支払いを拒絶、もしくは支払う意思がない場合に現行犯逮捕することができます。

もし、酔っ払っていて支払う意思を見せなかった場合でも、その乗客は現行犯逮捕されることになります。

財布をうっかり忘れたり、着いてからほかの人に借りて払う約束をしたり、後日払う約束をして乗車したなどの場合は、支払う意思があるので現行犯逮捕はされません。

警察は?

警察が、タクシーの無賃乗車の現行犯逮捕するケースは、無賃乗車されたタクシーの運転手から通報された場合に駆けつけ、現行犯逮捕または、現行犯逮捕された犯人の身柄を引き受けます。

無賃乗車の裁判での争点は?

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーの無賃乗車で起訴されて裁判になった場合、無賃乗車の事実で争うことはほとんどなく刑の重さが争われます。

タクシーの無賃乗車の刑の重さは「無賃乗車の模様」「無賃乗車の件数や金額」「無賃乗車の動機や経緯」「被害弁償や示談の状況」「同種犯罪の前科前歴の有無」「本人の反省の状況や更生意欲」「家族などの監督の有無」などを考慮して決定します。

この中でも、特に「無賃乗車の件数や金額」と「被害弁償や示談の状況」が刑の重さに重要な影響を与えます。

加害者が行う示談交渉は

タクシー無賃乗車の示談では、加害者本人が出向いて謝罪したり謝罪の手紙を書くなど、反省の意を示し誠意を見せることもありますが、無賃乗車という行為の性格上、本人や家族が直接被害者側にコンタクトを取ることは少ないと言えます。弁護士を通し加害者本人の謝罪の意思を伝えたうえで適切な賠償額を提示の上、示談交渉に持ち込んでくるのが多く見られるケースです。

加害者側にとって示談はタクシーの無賃乗車の罪を軽くするだけでなく、被害者に誠意を示し、被害者の許しを得て和解するためにも重要な法的選択肢です。加害者側が示談を望んできた場合には、弁護士など法的専門家に提示金額など和解条件が適切なものであるかどうか判断してもらいましょう。

タクシーに無賃乗車されるのを防ぐには?

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーに無賃乗車をされるのを防ぐには、身分証明書を預かるのが一番有効な対策です。

無賃乗車で一番多いのが「財布が見当たらない」や「手持ちが足りない」などといって、手に持っていたバッグやスマホを置いていき、お金を持ってくるといってタクシーを降りそのまま戻ってこないケースです。

こういうときのバッグは安物、スマホは、SIMカードが入っていなくて持ち主が全くわからないもので乗り逃げします。今すぐお金が払えなくて一度降りてお金を取りに行く場合は、身分証明書を預かるのが有効です。

この場合、個人情報の入った大事な証明書を預かることになるので、口調に気をつけて丁寧に話すように心がけましょう。忘れただけのお客さんだったら快く身分証明書を渡してくれるでしょう。「お金ありました。」といってくるお客さんもいることでしょう。

支払いが終わるまでドアを開けないのは?

支払いが終わるまでドアを開けないのは、タクシーの無賃乗車を防ぐのに有効な手段です。ドアを開けておくと支払いの前に走って逃げられてしまう可能性があります。支払いが完了するまで、ドアを閉めておくと走って逃げられる心配がありません。

防犯カメラが設置されているステッカーを貼るのは?

車内防犯カメラが設置されているステッカーを貼るのも無賃乗車を防ぐのに有効な手段です。現在は、ほとんどのタクシーに防犯カメラが設置されていますので防犯カメラが設置されていることをアピールすることにより無賃乗車の抑止に繋がります。

タクシーに無賃乗車された際の処理の仕方は?

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

タクシーに無賃乗車された場合、直ちに会社に報告して警察に連絡します。警察には、被害届も出します。

警察に被害届は?

無賃乗車されたタクシーの乗務員が、警察に被害届を出してもお金が戻ってくることはほとんどなく、調書に時間がかかったりしてメリットはあまりありません。

タクシーの乗務員の中には、警察に被害届を出すよりも新たに乗客を乗せ、損を取り戻した方がいいと考える人もいます。しかし、無賃乗車は、犯罪なのでそのまま野放しにしてはいけません。警察に被害届は、速やかに出さなければいけません。

タクシー会社では、タクシーの乗務員に被害届の提出を義務化して無賃乗車された代金を会社で負担するところも増えています。

乗務員が全て対応は?

タクシーの無賃乗車を乗務員が全て対応するのは、無理な場合が多いです。無賃乗車の犯人が凶器をもっていることもあります。会社に報告して警察に連絡するようにします。

タクシーの無賃乗車の罪の重さを理解しよう

タクシーの無賃乗車の罪の重さ・現行犯逮捕する方法・処理の仕方

これまでタクシーの無賃乗車について説明しました。無賃乗車は悪質なものであれば実刑の可能性もある犯罪です。あたりまえのことですが、無賃乗車は犯罪行為として毅然とした対応をすることが求められます。会社側との連携も踏まえて、もしもの時に備えた対応の仕方をシュミレーションしておくことなども必要です。

加害者側にとっては鉄道のキセル乗車などと同様、軽い気持ちで行為に及ぶケースも多くあるのがタクシーの無賃乗車です。未然に防ぐ対策とともに遭遇した時への備えが大切です。

Related