Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

タクシーには、どのようなルールや決まりがあるのでしょうか。また、料金システムなどは、どのようになっているのでしょうか。このぺージでは、タクシーの営業や付け待ちのルール、料金システムの仕組みなどについて、考察・ご紹介しています。

地域別タクシーの営業エリア・縄張りのルール

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

タクシー運転手が乗客を得る方法は、複数あります。路上でお客さんを拾うこともあれば、指名が入ることもあるでしょう。また、特定の地域で営業をして、乗客を得るケースもあります。

タクシーの営業には、縄張りやルールがあると言われています。そのため、縄張りやルールを知らずに営業をすると、問題やトラブルに発展してしまう危険性があります。

そこで今回は、タクシーの営業のルールについて、考察・ご紹介していきます。

銀座

そもそも、タクシーの営業や乗車は、して良い場所としてはいけない場所が、法令で定められています。東京の銀座でも、乗車などが可能な地域と、時間帯によっては不可能な地域があると、ルールで決まっています。

銀座のタクシーの乗車禁止地域では、22時~25時までの間は、特定の場所での乗車行為が禁止されています。上記のルールを破ると、タクシー運転手としての乗務員資格の停止など、ペナルティの対象となる可能性もありそうです。

そのため、銀座でタクシーを待っていても、乗ることができない区域や時間帯もあると言えそうです。

羽田空港

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

羽田空港付近のタクシー営業のルールは、複雑化していると言われています。

羽田空港は、東京都大田区にあります。しかし、羽田空港周辺の各ターミナルには、「神奈川車乗り場」が設置されており、営業区域が京浜交通の圏内に限られてしまうと考えられます。

標識などには神奈川車と表示されていても、京浜交通圏だけが営業区域となるケースがあるとされており、ルールが複雑なため、羽田空港周辺では注意する必要がありそうです。

京都

国内外の観光客がたくさんいる京都では、タクシーは重要な交通手段だと言えるでしょう。そんな京都でも、タクシーの営業に関するルールが設けられており、営業外区域なども存在しています。

上記のような背景から、京都でタクシーに合図を送ったり、止まってもらおうとしたりしても、素通りされてしまった場合、その区域が対象外の区域である可能性があると考えられそうです。

京都のタクシー営業区域は広範囲ですが、京都市付近の場合は、京都市右京区旧京北町地域付近が、タクシー営業外区域である可能性があると言われています。

新橋

新橋は、多くのビジネスマンがタクシーを利用したり、霞が関や大手町が近かったりといった理由から、タクシー運転手に人気のスポットと言われています。

しかし、新橋の一部も、乗車禁止区域があると言われています。上記でご紹介した、銀座の乗車禁止区域の一部に、新橋駅前なども含まれているとされています。

タクシーの付け待ちのルール

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

タクシー運転手のお客さんの見つけ方には、さまざまな方法やテクニックがあります。その中には、「付け待ち」というテクニックもあり、特に駅周辺で行っているタクシー運転手が多いと言われています。

そこで続いては、タクシーの付け待ちのルールについて、考察・ご紹介していきます。タクシーが付け待ちを行う際、どのような方法やルール、マナーがあるのか、見ていきましょう。

「付け待ち」とは

そもそも、タクシー運転手がテクニックとして使うことがあるという「付け待ち」とは、どのような手法なのか、まずは確認していきましょう。

一般的に、タクシーの「付け待ち」とは、駅などの特定の場所に停車して、乗客が来るのを待つ行為を指すと言われています。

また、付け待ちはお客さんを探しつつ、運転手の休憩時間もとることができるため、効率的な手法だという見解もあります。

付け待ちのデメリット

続いては、付け待ちのデメリットを考察していきます。

付け待ちは、基本的には、駅のタクシー乗り場などで行うようになっています。他のタクシー運転手も、付け待ちをすることも多く、人気があるスポットや駅などでは、付け待ちのタクシーで行列ができることもあります。

また、乗せたお客さんが必ずしも長距離を希望するわけではなく、1メーターしか乗らないというケースもあります。そのため、長い付け待ち時間に対して、運賃をあまり稼げないという危険性もあると言えそうです。

付け待ちのルール・決まり

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

タクシーが付け待ちを行う際にも、ルールや決まりがあります。付け待ちの大きな問題点として、渋滞などのトラブルの原因になるというデメリットが挙げられます。ですから、付け待ちを行う際は、周囲の車や人の通行の邪魔にならない場所で行ったり、停車禁止の場所では付け待ちをしないようにすることが大切です。

また、人気の場所では、他のタクシーも付け待ちを行うことが多いでしょう。そのため、他のタクシーとの順番や関係などについても配慮することも、付け待ちのルールやマナーだと言えそうです。

乗車拒否はNG

駅前のロータリーなど、人気があるスポットでは、他のタクシーも付け待ちを行うことが多いと言われています。そのため、付け待ちの行列ができることもあり、長時間待った末にようやくお客さんを見つけられるというケースも、少なくありません。

ようやく見つけたお客さんが、1メーターを希望している場合などは、付け待ちの時間に対して、得られる収入が少なくなります。そのような時、断って他のお客さんを探したいと感じる運転手も少なくないでしょう。

しかし、お客さんが短距離を希望しているからと言って、乗車を断ることは、乗車拒否になる危険性があると言われています。時には、ルール違反として、運転手やタクシー会社に注意が入る危険性があるため、注意する必要がありそうです。

タクシーの料金ルール

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

続いては、タクシーの料金に関するルールや常識、マナーなどについて、考察していきます。

タクシーを利用する人の多くは、料金を最も気にしていると予想できます。ですから、乗客・運転手双方に不満がないような料金システムは、タクシーの運転手にとっても乗客にとっても、重要なものだと言えそうです。

この機会にぜひ、タクシーの料金の仕組みやルールについても、確認しておきましょう。

タクシー料金は地域で異なる

世間一般で意外と知られていないのが、タクシー料金は全国でもさまざまで、地域によって異なる可能性があるという点です。

そのため、旅行者や観光客の中には、その地域のタクシー料金に疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

タクシーの料金は、運輸局などが各地域の状況などをもとにして、決定していると言われています。ですから、運賃に疑問を抱いているお客さんに対しては、運転手が上記のような背景を説明してあげるのも、双方が快適にやり取りをするためのマナーやルールと言えるでしょう。

タクシー料金は時間や距離で計算される

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

乗客の中には、タクシー料金の計算に疑問を抱いたり、タクシー料金がどのようにして計算されるのか興味を持っていたりする方もいらっしゃるでしょう。料金をめぐってトラブルが発生した場合は、お客さんが納得するような説明をすることも、タクシー運転手の仕事の1つと考えられます。

タクシーの料金は、時間や距離で測定されます。上述したように、料金設定は地区によって差がありますが、一定の距離で○円加算、もしくは時速10kmの時は〇分で○円加算といった計算方法をとっている地区もあると言われています。

サイズによっても料金が変わる

タクシー料金は、上記でご紹介したような料金システムの他に、車両のサイズや種類によっても、料金が変わります。ですから、お客さんに料金について説明する際は、車種やサイズについて考慮して説明しなければならないケースもあるでしょう。

一般的には、中型タクシーなどよりも、ジャンボタクシーの方が、料金は高額です。そのため、タクシー運転手は、自分が運転している車に合った料金システムについて、覚えておくことがマナーでありルールだと言えるでしょう。

駅でのタクシーのルール

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

上記では、タクシーの付け待ちについて、テクニックやルールをご紹介しました。付け待ちは、特にタクシーの需要が高くて乗客が見つかりやすい、駅付近などで行われることが多いと言われています。

しかし、駅付近は渋滞しやすく、他の付け待ちをしているタクシーも多くなりがちです。そのため、ルールやマナーを守って、付け待ちを行うことが大切です。

そこで続いては、駅付近でのタクシーのルールについて、考えていきます。

駅前

駅前は、タクシーの乗車を希望している人も多いため、付け待ちには最適と言える場所の1つでしょう。しかし、タクシー以外に駅前は利用者が多く、送迎などをする車も出入りしがちです。ですから、他の利用者の邪魔にならないようにするのは、タクシー運転手としてのマナーだと言えます。

また、駅前には他のタクシーも付け待ちなどで訪れることが多くなります。ですから、タクシー運転手同士でのトラブルがないよう、順番や付け待ちの場所などについても、配慮する必要がありそうです。

ロータリー

駅の中には、タクシー向けのロータリーが設けられている場所もあります。ロータリーが設けられている駅では、タクシーが停車しやすくなっていることもあり、付け待ちをするタクシーが特に多くなるでしょう。

上記のような背景から、駅のロータリーで付け待ちなどを行う際は、他のタクシーと揉めないよう、付け待ちの順番などはしっかり守ることがマナーやルールだと言えそうです。

タクシーのルールがある理由

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

今回は、さまざまな観点から、タクシーの縄張りや付け待ちなどに関する、ルール・マナーなどを考察・ご紹介しました。

しかし、なぜタクシー業界には、さまざまなルールや決まりがあるのか、気になるところです。そこで続いては、タクシー業界にルールがある理由や原因について、考察していきます。

タクシーのルールは快適さと安全性を保つため

タクシーにさまざまなルールがあるのは、タクシー運転手と乗客の双方が、快適かつ安全に仕事をしたり利用したりするためだと考えられます。

上記では、タクシーの営業区域について考察しましたが、営業区域に関するルールがないと、人気がある地域にはタクシーがたくさん走り、人気がない地域はタクシーが全く寄り付かないといった偏りが生じる危険性があります。

また、料金などのルールがないと、価格競争が激化してバランスが崩壊してしまうなどのリスクがあると考えられそうです。

破ったらどうなるのか

タクシー運転手が、営業区域や乗車区域などのルールを破ったり、乗車拒否などのマナー違反をしたりした場合、どのようになるのか考察していきます。

ルール違反をしたタクシー運転手がどうなるかは、程度や犯したルール違反の内容によって変わります。例えば、エリア外営業などをしてしまった場合は、業務停止処分などになることもあるため、タクシー運転手は、ルールやマナーを守って働くことが大切です。

ルールを守って安全で快適なドライバー生活を送ろう

タクシーの縄張りのルール・着け待ち・料金・理由

いかがでしたでしょうか。今回は、タクシーの営業や付け待ち、料金などに関するルールやマナー、仕組みなどについて、考察・ご紹介しました。

タクシーは、さまざまなルールやマナーを、各運転手が守っていることで、安全・快適な交通手段として、多くの人に利用されていると考えられます。ですから、タクシー運転手として働いている方は、成績や業績だけでなく、ルールなども意識して、安全で快適な運転手生活を送ることが大切だと言えそうです。

Related