Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシーにはなぜフェンダーミラーが多いのか・メリット

タクシーにはなぜフェンダーミラーが多いのか・メリット

日本で走る車はほとんどがドアミラーの車ですが、タクシーはフェンダーミラーの車が多く走っています。なぜタクシーにはフェンダーミラーが多いのか、フェンダーミラーのメリットとデメリットにはどういうものがあるのかを考えていきます。


フェンダーミラーとは?

フェンダーミラーとは、運転者が後方や側方を確認するためのミラーで、ボンネットの前タイヤの上あたりに装着されています。日本ではボンネットがある車にはフェンダーミラーが義務付けられていたため、フェンダーミラーが主流でしたが、アメリカではドアミラーが主流でした。

1983年に規制が撤廃されたため、日本でもドアミラーが主体になり、今では自家用車のほとんどはドアミラーになっています。しかし法人タクシーはいろいろな理由でフェンダーミラーが多く利用されています。

タクシーにはなぜフェンダーミラーが多いのか

自家用車は、ほとんどの車がドアミラーとなっています。しかし日本ではタクシーはフェンダーミラーが多く利用されています。タクシーにフェンダーミラーが利用される理由を考えてみましょう。

乗客に不安感を抱かせないため

ドアミラーの車は助手席側のミラーを確認する時に、どうしても視線を左に大きく移動させなくてはなりません。その際に首も左に向いてしまうため、助手席に乗客が座っていた場合「見られている」という感覚を抱かせてしまうことになります。運転手が男性で乗客が女性の場合、特に不安感を抱かせてしまいます。

フェンダーミラーの場合はミラーが前方にあるために視線を前に向けたままで後方の確認ができますので、ドアミラーよりも乗客に不安感を抱かせることが少なくなります。

狭い道でも通行しやすい

フェンダーミラーの車がドアミラーの車より狭い道でも通行しやすいのは、ミラーの分の幅を取らないということと、前輪の上にフェンダーミラーがあるので、車両感覚をつかみやすいという二つの理由があります。

フェンダーミラーを基準にして身に着けた車両感覚は、狭い道を通れるかどうかの判断もしやすいです。ドアミラーは車幅からはみ出してドアに着けられているので、狭い道を通ろうとするとミラーが擦ってしまうことがあります。もちろん折りたためばいいのですが、折りたたむと後方確認ができなくなってしまいます。

フェンダーミラーはミラーが車幅をはみ出していないので折りたたむ必要がなく、後方確認しながら狭い道を通ることができますので、狭い道の通行では有利だと言えるでしょう。

運転手の疲労を軽減できる

タクシーの運転手は乗客を安全に目的地まで届けるという使命があるため、とても疲れます。ただでさえ疲れる仕事なのに、ドアミラーの車だと視線を常に動かさなくてはならなくなるため、余計に疲れてしまいます。タクシーの運転手が疲労の溜まった状態で仕事をするのは安全上、問題があると言えるでしょう。

身体の疲労が解消できない状態が続くと精神的にも疲れてしまいます。フェンダーミラーは視線だけで安全確認ができるために、運転手の疲労を軽減することができます。乗客の命を預かるタクシーの運転手は、少しでも疲労を軽減した状態のほうが望ましいので、フェンダーミラーのほうが有利だと言えるでしょう。

フェンダーミラーのタクシーのメリット

法人タクシーにフェンダーミラーが使用され続けているのには、いろいろなメリットがあるからです。フェンダミラーのメリットとはどういうところにあるのかを、いくつかの例をご紹介します。

死角が少ない

フェンダーミラーはドアミラーよりもずっと前方についているために、死角が少ないというメリットがあります。これは乗客が安全に乗り降りするためには重要なことです。乗客が降車する時には、すぐに後方を確認できるので、バイクや自転車が来ない安全な場所でドアを開けることができます。

車両感覚をつかみやすい

タクシーの運転手として仕事をするためには普通の運転免許だけでは業務をすることができません。「普通二種免許」が必要になりますが、その試験を受ける時に重要なのが車両感覚です。試験には車両感覚やタイヤの位置感覚をしっかりつかんでいるかを試されます。その車両感覚をつかむにはフェンダーミラーがとても有効です。

タクシーの運転手の中には、フェンダーミラーの下が前輪の中心になると教えられていることが多く、それで車両感覚を身に着ける人が多いです。実際のフェンダーミラーの車両を見てみると、フェンダーミラーのすぐ下が前輪の中心であることが多く、車両感覚を身に着けていると、狭い道が通れるかどうかの判断も付きやすくなります。

Bottom banner

助手席に人が座っていても見えにくくならない

タクシーの乗客が助手席に座るか、大きい荷物を置いた場合、ドアミラーだと左側の確認が困難になることがあります。乗客に移動してもらうように言うことも難しいです。フェンダーミラーの場合は、乗客が助手席に座っても大きな荷物を置いても、関係なくミラーを見ることができるので、乗客にゆったりと助手席を利用してもらうことができます。

フェンダーミラーのタクシーのデメリット

フェンダーミラーにはメリットばかりではなくデメリットもあります。どういうところがデメリットになるのかをご紹介します。

ミラーが小さい

フェンダーミラーは運転手から離れた前方に付いているため、運転手からはとても小さく見えてしまいます。ドアミラーは手が届く位置にあるため大きく見えます。ミラーが小さく見えてしまうということがフェンダーミラーのデメリットだと言えます。

雨に濡れたときに拭きにくい

フェンダーミラーのデメリットは雨に濡れた時に、すぐに拭きにくいということがあります。ドアミラーが運転席から手の届く場所にあるので、車から降りなくても窓から手を出してすぐに拭くことができます。

しかしフェンダーミラーの場合は、運転席から少し離れた場所にあるため、水滴が邪魔になってもすぐに拭くことができず不便なことがあります。

フェンダーミラーのタクシーが人気の理由

日本の道路を走っている法人タクシー以外の車は、ほとんどがドアミラーです。業務中はフェンダーミラーの車に乗っているタクシーの運転手でプライベートで乗る車はドアミラーです。タクシーも全てがフェンダーミラーという訳ではなく、個人タクシーのほとんどはドアミラー者に切り替わっています。海外のタクシーもドアミラーであることが多いです。

また新しいタクシー車両が導入されても、ドアミラーに切り替わらずフェンダーミラー搭載であるということが多いです。フェンダーミラーが日本で人気の理由は、ひとえにフェンダーミラーに慣れ親しんでいる運転手や乗客が多いということでしょう。

タクシーの運転手になるための試験勉強をする際にもフェンダーミラーの車で車両感覚をつかむことが多く、業務として車を運転する時にはフェンダーミラーに慣れてしまっているということです。

トヨタのタクシー専用車フェンダーミラーの特徴

トヨタの新型タクシー専用車はミニバン風のデザインで、街で見かけると思わず目をひくお洒落な車です。一見すると高級な自家用車のように見えますが、やはりタクシー専用車は新車であってもフェンダーミラーが採用されていてタクシーであることが一目で確認できます。

トヨタの新型タクシーはセダン型からデザインが一新されたこともあり、車いすでの乗降がしやすく、後ろに大きな荷物も乗せやすくなりました。フェンダーミラーは視界確保、狭い道の走行のしやすさから、全車搭載になっています。

トヨタの新型タクシー「ジャパンタクシー」のフェンダーミラーは電動リモコンフェンダーミラーです。フェンダーミラー自体は新しいものではありませんが、電動リモコン式にすることで新型らしさが出ています。

日本のタクシーはフェンダーミラーが伝統

日本の法人タクシーは新型車であってもフェンダーミラーが採用されることが多いです。個人タクシーなどではドアミラー車も普及していますが、タクシー以外の車がほとんどドアミラーになった今、フェンダーミラーの車を見ると、タクシーであることがすぐに認識できます。

フェンダーミラーは狭い道が多い日本では乗客の安全のためには欠かせないものであり、運転手があまり首を動かす必要がないので、乗客に見られているという不安感を抱かせずにすみ、運転手の疲労も軽減させてくれるなど、タクシーのミラーとしては多くのメリットがあります。

ほとんどの車がドアミラーとなった現在でも、フェンダーミラーはタクシーの伝統として残り続けていくことでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人