Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

みなさんは普段どのくらいタクシーを利用しますか。「ノルマが大変そう」や「拘束時間が長そう」という声をよく聞きますが、実際タクシードライバーにノルマはあるのでしょうか。また、達成されなかった場合どのようになるのかなどを解説していきます。

タクシー営業のノルマについて

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

みなさんは普段タクシーを利用しますか。また、周りにタクシードライバーをしている人はいますか。「タクシードライバーへの転職を考えているけど、ノルマや勤務体制が気になっている」という方は多いのではないでしょうか。

では、タクシードライバーをするにあたってノルマはあるのか、それに達しなかった場合どうなるのかなどをご紹介します。

タクシー営業にノルマはあるのか?

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

結論から言うと、タクシー業界にもノルマは存在します。みなさんは「足切り」という言葉をご存知でしょうか。足切りとはタクシー業界用語で、私たちのよく知る「ノルマ」と同じ事を指します。

一般的な企業に務める営業職には「売上ノルマ」を課せられます。その売上に応じて給料が上がる「歩合制」という形です。しかし、タクシー業界のノルマは一般企業に比べて歩合率が高く設定されています。

タクシー業界の給料制度とは?

タクシードライバーは、お客さんを乗せて目的地までタクシーを走らせ、料金をいただきます。これが会社としての売り上げに加算されていき、会社の目標金額が達成された時、初めて歩合制が発生します。そして、そこから給料が上がっていきます。

売り上げノルマとなる足切りは、月間売上で計算する会社、営業日ごとに計算する会社など、設定は会社ごとに違います。しかし、売り上げノルマを達成できなかったとしても給料が支払われないという事はありません。

タクシードライバーの給料は固定給にプラスして歩合制となっています。ノルマを達成した分の売り上げが固定給にプラスされます。つまり、足切りが達成されなかった場合は固定給のみが支給されるという形です。

具体的に計算してみると?

タクシードライバーのお給料は賃金額=固定給+(月間営収学-足切額)×歩合率という計算式で算出することができます。仮に歩合給として、足切り50万で歩合率パーセントと設定し、ノルマを5万上回った状況で計算していきましょう。

固定給が115,000円の場合を例に挙げて考えてみましょう。月間営収額の550,000円から足切額の500,000円に歩合率の60パーセントをかけます。そうすると145,000円が賃金額になります。足切りと歩合制のパーセントの計算はこのような形で、タクシードライバーにはお給料が支払われます。

タクシーの1日の平均ノルマとは?

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

タクシーの足切りの設定は、月間売上で計算する会社、営業日ごとに計算する会社などさまざまなところがあるとご紹介しました。歩合についても、一律歩率や売上スライドなど、その会社によって違います。

一例として、東京近郊のあるタクシー会社では、1日の足切りが税別3万円で、足切り以下では歩合率35パーセント、3万から3万5000円なら45パーセント、3万5000から3万8000円で48パーセントといった形で段階制になっています。

ノルマなしのタクシー会社とは?

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

足切りと歩合制のご紹介をしましたが、この「足切り」がないタクシー会社もあります。

ノルマという言葉に良いイメージを持つ人は多くないでしょう。ノルマと聞くとどうしてもプレッシャーに感じたり、仕事上ノルマを経験した事のない人はつい尻込みをしてしまいます。

足切りなしのタクシー会社は固定給の割合が多いので、転職して仕事に慣れていない人の場合でしたら、非常にやりやすい環境だと言えるでしょう。

ノルマなしのタクシー会社のデメリットは?

仕事でノルマを課せられた事がない人にとって、その存在はとてもプレッシャーに感じます。「なにがなんでも結果を出さないといけない」と意気込んでしまうからです。しかし、「足切り」がないタクシー会社の場合は、歩合の比率が少ないため、売上を上げたとしても給料がアップしにくいというデメリットのような部分があります。

禁止されているタクシー運転手へのノルマとは?

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

タクシードライバーには、その会社ごとに足切りというノルマが課せられています。その足切りを達成することによって自身の給料が変動します。頑張れば頑張った分だけ給料は上がるため、タクシードライバーは日々営業のやり方を模索しています。モチベーションアップに繋がっていると言えるでしょう。

しかし、過度なノルマはプレッシャーに繋がります。禁止されているタクシー運転手へのノルマの課し方をご紹介します。

そもそも足切りは禁止ではないのか?

そもそも足切りといったノルマは法律で禁止されています。無理な営業を求める行為は従業員を煽る行為として、処分の対象となる可能性があります。

しかし、東京と地方では労働環境が違うので一概には言えません。そして、タクシー業界は法律と古い習慣の間で成り立っています。売上が高ければ給料を多くもらえる仕事のメリットととらえるか、足切りがない会社もあるため自身に合った会社を選ぶか、方法はたくさんあります。

タクシードライバーにとって大切な法律とは?

タクシードライバーにとって大切な法律は労働時間です。タクシードライバーの労働時間は20時間以内で、そのうち3時間は休憩を取ることが法律で義務付けられています。そのため走行時間の限界は17時間です。

労働時間を超えると労働時間オーバーということで、始末書を書かなくてはならなくなります。歩合制の会社がほとんどの中、天候などでお客さんの数に変動は出ます。また、17時間という時間は普通の会社に勤める場合と比べると、約2日間の労働時間です。当然疲れも出るでしょう。

ノルマがない会社も存在しますが、労働時間はどこの会社も変わりはありません。それが良いと感じるか感じないかは、あなた次第でしょう。

副業は法律違反?

タクシードライバーは通常の会社勤めに比べると1日の労働時間が長いです。しかし、勤務体系は12日働いて18日が休暇という「隔日勤務」という勤務体系が多いです。一回の出勤時間が長いので、その分休日が多くなります。

この勤務体制を生かして、副業をしているタクシードライバーは多くいます。副業に関しては法律では禁止されていませんが、勤めている会社の規定によるので、確認してみると良いでしょう。

売上げノルマに達しなかった場合どうなる?

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

タクシー会社にはそれぞれ足切りの設定があり、給料は歩合制であるということがわかりましたが、その売り上げノルマに達しなかった場合どのようになるのでしょうか。

給料はどうなる?

売り上げノルマに達しなかった場合、給料は固定分だけが支給されることになります。タクシードライバーは足切りを達成した後、頑張った分だけ歩合で給料が増えてくシステムです。したがって、足切りのノルマが達成されなかったとしても、固定給は支給されるため、全く給料が支払われないということはありません。

会社での立場はどうなる?

足切りという言葉はタクシー業界の用語ですが、ノルマという制度は他の営業職にも課せられているものなので、基本的には他の会社での扱いと同じになります。ノルマを達成できなかったからといって会社をクビになることはありません。上司に何かを言われたりするのだろうかと不安を持つ方もいらっしゃるでしょうが、これは会社によるでしょう。

毎日コツコツ仕事をしよう!

タクシー営業にノルマはあるのか・1日平均ノルマ・禁止の課し方

今回はタクシー営業のノルマについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。営業の平均ノルマや、禁止されているノルマの課し方、ノルマに達しなかった時にどうなるのかなど、タクシー業界について深く掘り下げて解説しました。中には「足切り」という言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃるでしょう。

営業ノルマは、原則的には達成できるものが設定されていますので、待機や流し営業をする場所を考えたり、分析をしながら毎日コツコツ仕事をすれば、必ず達成できます。お客様を第一に考え対応をしていれば、固定客を掴むこともできます。あまりプレッシャーに感じず、タクシードライバーという仕事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related