Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

タクシーのナンバープレートの色の違い・数字の種類|白/緑

タクシーのナンバープレートの色の違い・数字の種類|白/緑

車には必ずナンバープレートをつけることが法律で義務づけられています。自家用車のみならず、営業用のタクシーももちろん例外ではありません。この記事ではタクシーのナンバープレートの「色」「ひらがな」「数字」などの表記のルールについてご説明します。

色のルール

普段何気なく見ているものでも、ちょっとした相違点やその意味を、実はよく知らないということが日常には多く溢れています。今回ご紹介する、タクシーのナンバープレートもそのひとつでしょう。タクシーのナンバープレートの相違のひとつに、色の違いがあります。まずは自動車全般という大きなくくりから、ナンバープレートの表記の違いを解説していきます。

自家用と営業用

タクシーのナンバープレートの色の違い・数字の種類|白/緑

車のナンバープレートの色は、その車が「自家用」か「営業用」かで異なります。「自家用」というと、家庭用として一般的な用途で使用される自動車のことです。それに対して「営業用」は、旅客や貨物の運送用という用途で商業的に使用される自動車のことです。タクシーは「営業用」に含まれます。

車のナンバープレートの色は、プレートの地の色と文字色の組み合わせにより細かく分けられます。「白地に緑文字」「緑地に白文字」「黄色地に黒文字」「黒地に黄色文字」「青地に白文字」の5種類です。

白地に緑文字のナンバープレート

自家用車、商用車が白地に緑文字のナンバープレートを表示します。自家用車に関しては前述したとおりですが、商用車とはどのような車のことを指すのでしょうか。

「商用」というと、商業目的で使用されることから「営業用」と同じではないかと思われる方も多いことでしょう。商用車は確かに仕事に使う車ですがタクシーのような旅客用としてではなく、工事用のミキサー車やクレーン車、消防車や救急車など、自らが働く車のことを指します。

自家用車に使われる白地のナンバープレートは、日常で目にする機会が最も多いものであると言えるでしょう。

緑地に白文字のナンバープレート

営業用車が、緑地に白文字のナンバープレートを表示します。もちろん、タクシーはここに含まれます。タクシーやバスのような旅客用やトラックのような荷物の運搬用車など、人や荷物を運ぶことを目的として稼働する商業目的の車が該当します。

黄色地に黒文字のナンバープレート

自家用軽自動車、軽商用車が、黄色地に黒文字のナンバープレートを表示します。排気量が660cc以下、長さ3.40m以下、幅1.48m以下、高さ2.00m以下の規格の自動車を指します。

この規格の自家用車、商用車がこの色のナンバープレートとなった理由としては、高速道路の料金の違いがあります。料金所での手渡し精算の際に係員が目視で普通自動車と軽自動車を見分けるため、小さい規格の軽自動車はよく目立つ黄色に黒という色に設定されたと言われています。

黒地に黄色文字のナンバープレート

営業用軽自動車が、黒地に黄色文字のナンバープレートを表示します。前述の内容も踏まえて、「黄色」と「黒」を軽自動車の色として覚え、反転させることによって「自家用」か「営業用」に変わると考えると覚えやすいでしょう。

青字に白文字のナンバープレート

外務省用車が、青地に白文字のナンバープレートを表示します。一般車と同じく公道を走行する車ですが、見かける機会はあまり多くはないでしょう。「外ナンバー」「外交官ナンバー」とも呼ばれます。

外務省用車は、一般車にはひらがなが表記されている箇所に「外」の字が表記されているものと「領」の字が表記されているものがあります。「外」の字が表記されているものは、特命全権大使の専用車や大使館員の公用車につけられるナンバープレート、「領」の字が表記されているものは領事館員の公用車につけられるナンバープレートです。

いずれも、外務省から発行されるナンバープレートになります。

白ナンバーのタクシーとは

タクシーは営業用車のため緑ナンバーを表示させることが義務づけられていますが、稀に個人タクシーと謳って白ナンバーの自家用車で事業運送を行っている車両があります。これは、違法行為とされて罰則が課せられます。

このような違法車両は「白タク」と呼ばれており、主に中国人による犯行件数が多く見られていました。しかし、昨今では国土交通省や警視庁の厳しい取り締まりによりその件数は大幅に減少しています。

オリンピック記念ナンバープレート

ここまでで、「タクシーは緑ナンバー」「白ナンバーのタクシーは違法」ということがおわかり頂けたでしょうか。しかし、最近では前述した「白タク」に間違えやすい、非常に紛らわしいナンバープレートが発行されています。

それは、東京オリンピック・パラリンピックの開催を記念した特別使用プレートです。エンブレムや図柄が描かれたものとなりますが、自家用車、営業用車共にプレートも地が白色となっています。

本来緑色の地で表示されるべき営業用車の記念プレートは、緑色の縁で囲われているという相違はあるものの、パッと見た様子ではなかなか区別がつきにくいものとなっています。

交付された理由

図柄入りのナンバープレートを発行するには、交付金に加えて寄付金も支払う必要があります。この寄付金は、東京オリンピック、パラリンピックの開催に際しての交通整備や公共施設のバリアフリー化に用いられます。

東京オリンピック、パラリンピックに向けて全国で応援の士気を高めるだけではなく、施設改善への協力も募るという目的でこの記念ナンバープレートは発行されました。

ひらがな表記のルール

ナンバープレートの左側にはひらがなが表記されています。このひらがなは、色と同じく車の用途、種類によって区別されています。

タクシーのひらがな表記は?

タクシーのような営業用車には、「あ」「い」「う」「え」「か」「き」「く」「け」「こ」「を」のひらがなを使うように定められています。あ行の中で「お」だけが省かれているのには理由があります。「お」は「あ」と形が似ており読み間違いを避けるためです。そのため、「お」ではなく「を」が用いられています。

数字表記のルール

車のナンバープレートには、数字の表記が2カ所あります。地域名の右横に表記されているのが分類番号、ひらがなの右横に表記されているのが一連指定番号です。

一連指定番号は0001から9999までの4桁の数字から決められ、車の種類による分類はありません。また、一連指定番号は1999年から希望の数字を選ぶことができるようになり、人気のナンバーに関しては抽選制となっています。

タクシーの分類番号は?

分類番号は、車の種類によって数字が定められています。3桁の数字の組み合わせで、この番号によってその車の用途がわかります。

100番台が普通貨物車、200番台が普通乗合車、300番台が普通乗用車、400番台と600番台が小型貨物車、500番台と700番台が小型乗用車とされています。800番台、900番台、000番台に関しましては、特殊用途の自動車に分類されます。タクシーの分類番号は300番台、もしくは500番台と定められています。

ナンバープレートからタクシーを探せる??

実際に乗用利用した時や自分が自家用車を運転している時に、マナーの悪い運転のタクシーに直面したことはあるでしょうか。これからご紹介する内容は、もしこの先そんな場面があった時のために覚えておいて欲しい情報です。

タクシーは、ナンバープレートの番号で特定をすることができます。タクシー会社とナンバーを記憶していればそのタクシー会社に問い合わせをすることで特定をすることができるのはもちろんですが、タクシー会社への直接の問い合わせでなくとも、ナンバーのみで該当するタクシーを探索することもできます。

タクシー会社の営業用車の管理は、各都道府県の陸運局が担当しています。最寄りの陸運局の窓口で所定の手続きを行えば、特定をすることは可能です。

ナンバープレートの番号の重要性がお分かり頂けたでしょうか。タクシーのみならず、車によるトラブルに見舞われた際にはナンバーを記憶するように意識しておきましょう。

ナンバープレートが表す意味

いかがでしたでしょうか。今回はタクシーをメインに、車のナンバープレートの表記の意味やルールをご紹介しました。普段何気なく目にしているナンバープレートですが、その分類について理解した上で外に出てみると、また違う見方ができるのではないでしょうか。今回ご紹介した内容を普段の生活の中で是非参考にしてみて下さい。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Related