Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

日本でタクシーのチップが必要なケース・相場・渡し方・海外との違い

日本でタクシーのチップが必要なケース・相場・渡し方・海外との違い

日本のタクシーでチップを渡した方が良いのか悩んだ経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。チップは海外の習慣のため、日本で渡す必要はありませんが、気持ちを伝える方法として渡すこともあります。国別でのタクシーのチップ事情も紹介しています。


日本でタクシーのチップが必要なケースは?

日本でタクシーのチップが必要なケース・相場・渡し方・海外との違い

タクシはー田舎ではなじみがありませんが、都心に近付くにつれて利用する機会が増えていきます。田舎でもタクシー会社に連絡することで、指定した場所まで来てくれるため便利です。タクシーは公共の移動手段より値段は高いですが、好きな所から乗ることができるのでおすすめです。

お酒を飲んだ場合は自分で運転ができません。そのような時にタクシーを利用することで、安全に帰宅することもできます。公共の移動手段は運行する時間が決まっているため、深夜になると利用できないデメリットもあります。

海外では、レストランやホテルでチップを渡す習慣があり、タクシーの運転手にも渡します。そのため、日本でもチップを払った方がいいのか悩んでしまう事もあります。日本では、運転手に感謝の意を表したい時にチップを渡す場合があります。

長距離の移動を頼んだ場合

海外のタクシー運転手には、どのような状況でもチップを渡す場合が多いです。しかし日本の場合は、特定のケースでないとチップを渡すことはありません。海外の場合は習慣としてチップを渡しますが、日本の場合は運転手に対して感謝している時や無理を聞いてもらった時に渡すことが多いです。

タクシーの利用はほとんど短距離の場合が多いため、担当している市内や県内で運行しています。そのため、県外への移動を頼まれるケースは珍しく、地理を把握できていないこともあります。日本のタクシーにはナビが取り付けられているので、県外といえど目的地に向かう事は可能です。しかし、長距離の目的地から持ち場に再び帰らないといけないため、負担になります。

長距離の移動は、プロの運転手でも疲れてしまうため、ねぎらいの意味でチップを渡すことをおすすめします。

無理を聞いてもらった場合

タクシーは、身近な所から目的地にたどり着くことができるため、公共の移動手段を使うより早く目的地に到着することができます。そのため、利用者が無理な要望を伝えてくることもあります。例えば、「いつまでに○○まで行ってくれ」などの依頼もあります。このような依頼は、タクシーの運転手からしたらプレッシャーになり、負担にもなります。

ベテランの運転手なら、さまざまな道を知っているため、無理な要望でも応えてくれる可能性が高いです。日本の都心は、細い道が入り組んでいるため、地元の人でも把握していない道もあります。そのような道もベテランになると把握しています。そのため、無事に時間どおりに到着することができた場合は、運転手の技術と経験に感謝して、チップを渡しましょう。

日本でのタクシー運転手へのチップの金額相場は?

日本では、タクシーの運転手にチップを渡す習慣が定着していないため、いざチップを渡す時に金額で悩んでしまう事もあります。チップの金額が多ければ、運転手は喜びますが、多すぎると遠慮されてしまうため、運転手が気軽に受け取れる金額を渡すことが望ましいです。

チップの金額によって人格を判断されてしまうという不安感が利用者にあり、見栄を張って多めに渡すこともありますが、後悔することもあります。また、少ない金額だと運転手に対して感謝を伝えることができないので、おすすめしません。

日本でのタクシー運転手に渡すチップの金額の相場は、運転手に対しての気持ちや現在の景気の具合によって変動します。

1,000円前後

現在の日本でのチップの平均金額は1,000円程度です。現在の景気は、よくなりつつありますが、まだまだ好景気とは言い難いです。そのため、利用者の財布事情も厳しいので、多くのチップを渡すことができない場合が多いです。人によってワンコインの場合もあれば、3,000円のチップを渡すこともあります。

日本にはチップの風習がまだ薄いため、タクシーのドライバーの方もチップがもらえるという気持ちで業務をしていない場合が多いです。そのため、チップをもらえること自体が珍しいので、嬉しくなる運転手の方が多いです。

チップの平均金額の1,000円を渡すことで、運転手にとっても、利用者にとってもよい雰囲気になるため、金額に悩んだ場合は、1,000円のチップを渡すようにしましょう。

バブル時期の場合

バブルを経験したことがない人は想像できない場合が多いですが、現在では考えられない行動も日常的に行われていました。特に金銭感覚は、かなり荒く、膨大な金額を使用していました。そのため、タクシー運転手へのチップの金額も跳ね上がっていました。

バブルの時代のチップの金額が1万円以上が主流で、利用者も手軽に渡していました。人によって、請求金額より多くチップを払う事もあり、数万単位の金額を平然と使っていました。そのため、チップの金額の相場は日本経済に大きく影響されます。

日本のタクシーでのチップの渡し方は?

チップの渡し方にもルールがあり、正しい渡し方を身につける必要がありますが、日本では格式にこだわっていない場合が多いです。そのため、どのような渡し方をしても日本では不作法と感じられることはありません。しかし、日本の渡し方を海外でしてしまうと「礼儀がない」と不満に感じられることもあるので注意しましょう。

また、チップの渡し方は、状況や渡す相手によって違いがあるので把握しておくことをおすすめします。特に、海外ではそれぞれ違いもあるため、日本のように渡さないように心がける必要があります。

おつりを渡す

日本のタクシー運転手にチップを渡す場合は、お釣りをチップの代わりに渡しても問題ありません。チップといえば、請求額より多めに渡したり、個別に渡す印象があります。特に、ホテルマンに手荷物を運んでくれたお礼として渡すことが多いです。日本の場合は、請求された時に多く支払う事はありますが、請求がない場合にチップとしてお金を渡すことはあまりありません。

タクシーの場合は、請求があるため、日本人でも抵抗なくチップを渡すことができます。例えば、3,500円の請求に対して5,000円札で支払い、「お釣りはいいから」と運転手に伝えるだけで、チップを渡したことになります。日本人はシャイな性格の人が多く、チップで感謝の意を表したいにも関わらず行動できない人も多くいます。

海外の場合

チップの習慣は、海外の方が普及しているため、日本よりチップを渡す機会が多いです。そのため、海外に旅行する場合や留学する際にはチップの正しい渡し方を把握しておくことが大切です。チップを渡す方法でトラブルになる可能性もあるので注意しましょう。

日本の場合は、現金のまま渡しても特に問題にはなりませんが、海外では問題になる可能性があります。海外のチップの渡し方は国によって違いはありますが、裸の状態のお金を渡すと不作法になる可能性が高いです。包み紙や封筒などに入れてチップを渡すことでトラブルを避けることが可能です。

日本のタクシーでおつりをチップにしてもよいのか?

上記で示したように、日本ではタクシー運転手にチップの代わりにお釣りを渡しても問題になりません。そもそも日本人がタクシー運転手にチップを渡す割合は、半分程度です。その半分の中でもチップとして渡している人は少ないです。

タクシー運転手の給料は歩合制の割合が高く、人を乗せれば乗せるほど儲かります。しかし、タクシーを利用する人の割合は減りつつあります。乗客が減れば、収入が減り、チップであるお釣りをもらえることも減ってしまうので、安月給な方が多いです。また、現在の日本は、クレジットカードで支払う方が多いため、お釣りが発生しないことも要因の一つです。

Bottom banner

日本と海外のタクシーのチップ文化の違いは?

タクシー運転手に、チップを渡す方法や金額は、国によって違いがあります。そのため、日本で問題ない場合でも、海外ではトラブルになる可能性があります。次に、国別に文化の違いを紹介するので参考にしてください。

ハワイの場合

ハワイは、アメリカの国であるため、チップを払う必要があると分かりますが、観光地であることから、割高な金額を渡した方が良いと考えてしまいます。しかし、特別に割高なチップを払う必要はありません。日本とは精算の方法に違いがあり、荷物がある場合は、全て降ろしてもらってから料金を支払う形になり、その時に料金にチップをプラスして渡します。

チップの料金は、特に決まっているわけではないので、キリが良い料金にすることが多いです。例えば、27ドルなら30ドルといった感じで問題ありません。しかし、日本ではクレジットカードで精算することができますが、ハワイの場合は、嫌がられる可能性が高いので、クレジットカードは使えないと考えておくことが無難です。

アメリカの場合

アメリカの場合も、上記で説明したハワイの場合と同じため、料金の20%程度のチップを渡すことで問題ありません。アメリカの都心に観光する日本人も多いですが、移動のほとんどがタクシーを利用する割合が高いです。地下鉄も走っていますが、満員電車の可能性が高く、ゆっくり観光したい方はタクシーを利用することをおすすめします。

台湾の場合

台湾は、日本にとって行きやすい海外であるため、旅行に行く人が多いです。台湾は日本に近いこともあり、日本同様にチップを渡す文化は定着していませんが、政府がチップ制度を推進している動きがあります。しかし、あくまでも気持ちなため、強制力はなく、アメリカのように嫌がられる心配はありません。

韓国の場合

韓国も日本同様にチップを渡す必要はありません。ホテルのドアマンなどに請求される場合もありますが、悪質な接客なため、無視しても構いません。しかし、後にトラブルになる可能性もあるので、支払う事をおすすめします。タクシーも同じようにチップを支払う必要はありません。そのため、お釣りもしっかり受け取りましょう。

ローマの場合

ローマは以前までチップを渡す習慣がありましたが、最近では薄れつつあります。そのため、タクシー運転手に渡すチップも、お釣りの小額のコインを渡すだけで問題ありません。

チップをもらった運転手の気持ちは?

日本でタクシーのチップが必要なケース・相場・渡し方・海外との違い

日本のタクシー運転手にチップ代わりにおつりを渡すこともありますが、実際受け取った運転手はどんな気持ちなのでしょうか。1,000円のチップなら嬉しいでしょうが、20円単位なら迷惑に感じるのではないかと心配になる人もいます。次に、日本のタクシー運転手がチップを受け取った時の気持ちを紹介するので、参考にしてください。

ベテランの証拠

チップをお客からもらう事で、同業者の仲間からベテランとして認められることになります。利用者が満足する運転をした証拠になるため、新人の運転手はチップをもらう事で一人前になることができます。

嬉しい

チップをもらうことは、利用者から感謝の気持ちが込められているため、素直に嬉しく感じる方が多いです。そのため、快適に運転してくれた場合や楽しい空間を作ってくれた場合などにはチップを渡しましょう。

チップで感謝の気持ちを伝えよう

日本でタクシーのチップが必要なケース・相場・渡し方・海外との違い

タクシー運転手はベテランになるほど、快適な車内にして、より速く目的地に到着することができます。そのため、利用者の多くが満足する可能性が高いです。運転手との間柄が顔見知りならば、言葉で感謝の言葉を伝えることができますが、面識がない場合は、言葉で伝えづらいです。しかし、感謝を伝えたいにも関わらず、降りてしまったら心残りな気分になります。

そこでチップを渡すことで、言葉でなくても気持ちを伝えることができます。チップを渡すことで運転手も良い気分になるため、感謝の気持ちを伝えるためにチップを渡しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人