Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由・1日の平均ガソリン代

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由・1日の平均ガソリン代

普段目にするタクシーですが、あまりガソリンスタンドで見かけません。タクシーをガソリンスタンで見ない理由は何なのでしょうか。そして人を乗せて運ぶ事が仕事なので走行距離が多いタクシーの1日のガソリン代はいくらくらいになるのかご紹介します。


タクシーの燃料は何なのか

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由・1日の平均ガソリン代

みなさんも一度は乗ったことがあるであろうタクシーですが、タクシーの燃料は何なのか知っていますか。車の燃料は主にガソリンですが、実はタクシーの多くはガソリンを燃料にはしていません。では一体タクシーの燃料は何なのでしょうか。

法人のタクシー会社の保有しているタクシー車両のうち、ほとんどのタクシーの燃料はLPガスを使用しています。個人タクシーの場合はガソリンを使用しているところもあります。

LPガスとは

タクシーの多くが燃料としているLPガスですが、LPガスとは一体何なのでしょうか。みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。LPガスとは石油を液化したもので、コストが安く環境に優しいのでタクシーの燃料として使われるようになりました。

LPガスを燃料として走る車のことをLPG車と呼び、現在日本では約24万台が普及されています。

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由

みなさんはガソリンスタンドでタクシーを見たことがありますか。そういえば見たことがないという方も多いでしょう。タクシーをガソリンスタンドで見かけないのは、タクシーの燃料と関係しています。

タクシーの多くの燃料はLPガスと説明しましたが、そのLPガスはLPガスが充てんできるガソリンスタンドでなければ充てんできません。したがって、あまりガソリンスタンドでタクシーを見かけることはありません。

また、タクシー会社自身でLPガスを充てんできる設備を持っている会社もあるので、ガソリンスタンド自体に行かないというタクシーもあります。

タクシーはどこで燃料を補給するのか

ではタクシーはどこで燃料を補給するのでしょうか。タクシーの燃料の多くはLPガスとお話しましたが、ガソリンスタンドの中でもLPガスを充てんできるガソリンスタンドもあります。またタクシー会社の中には自社のLPガス充てん設備を設置している会社も多いので、タクシーは燃料をそこで補給しています。

LPガスを充てんできるLPガススタンドというのはあまり目にしませんが、全国で約1900近くのLPガススタンドが存在します。

タクシーのガソリン代は1日どれくらいなのか

タクシーのガソリン代はいくらぐらいなのでしょうか。なかなか想像がつきませんが、タクシーは1年間で10万キロ以上も走行するといわれています。なので一日に換算すると約270キロ走っていることになります。お客様を運ぶだけでなくお客様が待っている所まで行ったり、逆にお客様を目的地まで送ってそれから帰るときにも走行しているのでかなりの距離になります。

では1日のガソリン代はどれくらいになるかと言うと、LPガスの場合4000円くらいです。ガソリンの場合は8000円くらいです。

タクシーのガソリン給油の頻度はどのくらいか

タクシーのガソリン給油の頻度ですが、最近ではガソリン車の多くがハイブリット車になってきているので以前よりもかなり給油の回数は減りました。ガソリン車のタクシーで多いプリウスの燃費は最高で40kmと言われているので給油の回数は何日かに1回で済みます。

タクシーのガソリン代は自腹なのか

タクシードライバーは運転するのが仕事なので、一日の走行距離は前述したようになかなかの距離になります。そのガソリン代はドライバー自身の自腹なのでしょうか。もし自腹ならドライバーにとっては大きな痛手です。

答えから言うと、タクシー営業車両の燃料費は会社が負担します。会社が提携していたり、会社が指定するスタンドで燃料を給油します。そうするとその時にドライバー自身の支払いは発生しません。

なぜタクシーのガソリンはLPガスが多いのか

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由・1日の平均ガソリン代
Bottom banner

日本の道路を走っているタクシーのうち9割以上がLPガスを燃料とされていると言われています。なぜタクシーのガソリンはLPガスが多いのでしょうか。いくつかその理由をみていきます。

コスト削減のため

LPガスはガソリンや軽油に比べてリッターあたり30~40円ほど安いと言われていて経費削減のためLPガスを使用するタクシー会社が多いです。また1回の燃料補給で走れる距離もガソリン車と比べても引けを取りませんのでコストのことを考えるとLPガスはメリットが多いです。

またLPガススタンドでは、一般のお客よりも安い値段でタクシー業者向けに販売しているスタンドもあるのも理由の一つです。

環境に優しい

LPガスは環境にも優しいと言われています。最近は環境問題がよく話題に上がり、エコカーと呼ばれる自動車に注目が集まっています。そんな中タクシーの燃料であるLPガスはガソリンに比べて排気ガス中の有害物質が少なく環境を守ることに力を入れています。

それは世間からのイメージアップにもつながるのでLPガスを使用するタクシーが多いです。LPガスは低燃費で排気がクリーンでエンジン音もちいさいため人と環境に優しい燃料だと言えます。これはタクシー業界のイメージアップに繋がっています。

なぜ一般車両にLPガスが普及しないのか

LPガスの長所を説明してきましたが、こんなに良い燃料があるのならば一般車両にも使用すればいいのにと感じてしまいます。しかし現状では、一般車両のほとんどがガソリンを燃料としています。

一般車両にLPガスが普及しない理由はいくつかありますが、1つ目にLPガスが充てんできるガソリンスタンドが少ないということが挙げられます。

LPガスが充てんできるガソリンスタンドは都心部を中心に設置されていて郊外にはあまり設置されていません。郊外では燃料切れになる恐れがあるので、どうしても敬遠されてしまいがちです。

2つ目にガソリン車に比べると馬力が出ないためスピードが思うように出ないということが挙げられます。

タクシーに使われている車両で多いメーカー

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由・1日の平均ガソリン代

タクシーに使われている車両で、多いメーカーや車種はどんなものなのでしょうか。タクシー車両に使われている車で多いのがトヨタの「コンフォート」という車で、業界に占める割合が9割と言われています。

そして最近個人タクシーなどで増えている車両がトヨタの「プリウス」です。タクシー会社でもプリウスを導入する会社が増えてきています。エコカーであるプリウスを使用することで環境に配慮しているというPRにもなるので、これからも増えていくことが予想されます。

LPガス以外のガソリンのタクシーはあるのか

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由・1日の平均ガソリン代

主流のLPガスではなくガソリンを燃料にしているタクシーもあるのでしょうか。結論から言うともちろんあります。個人でやっている個人タクシーはガソリンを燃料にした車が主流ですし、最近ではハイブリッド車のタクシーも見かけるようになりました。街中でプリウスのタクシーを見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

タクシーのガソリン車の特徴

タクシー車両でガソリンを燃料にした車の特徴にはどんな特徴があるのでしょうか。ガソリンを燃料としたタクシーのほとんどがハイブリッド車と言われる環境に優しく低燃費の車です。

意外と知らないタクシーのこと

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由・1日の平均ガソリン代

タクシーをガソリンスタンドで見ない理由や、タクシーの1日の平均のガソリン代などをお話してきましたがいかがだったでしょうか。タクシーは普段街中でもよく見かけますし、実際によくタクシーに乗るという方もいるでしょう。しかし、実際はタクシーの燃料のことや燃料の費用などはあまり知られていません。

タクシーは車の多くが燃料としているガソリンではなくLPガスを燃料としている割合が高く、一般のガソリンスタンドに立ち寄ることはあまりありません。これがタクシーをガソリンスタンドで見ない大きな理由です。タクシーはLPガスが充てんできるガソリンスタンドでしか見ることはありません。タクシー会社が自社のスタンドを持っている会社も多く存在します。

タクシーの1日の平均ガソリン代はくらいと言われていてかなり高額ですが、タクシー会社と提携しているガソリンスタンドで給油すれば運転手が自腹で支払うことは基本的にありません。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーの仕事をしていて、「もっと給料を上げたい」「違う業種がいいな」、また「もっと環境の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

ドライバーの仕事を探す際には、信頼できる求人が必要です。ドライバー専門の求人情報サイトドライバーワークスでは全国34,260件の求人からカンタン検索が可能!

ぜひドライバーワークスを利用して、あなたにあった職場を探しましょう!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人