Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

カリスマタクシードライバーの特徴・なる方法・勤務体制|体調管理

カリスマタクシードライバーの特徴・なる方法・勤務体制|体調管理

カリスマタクシードライバーと呼ばれる見本となる運転手が存在します。カリスマタクシードライバーに見られる特徴や、そうなる方法についてのポイント、実務での勤務体制や体調管理なども含めた特集です。不特定多数と関わるタクシードライバーの正しい世界観をお送りします。


カリスマタクシードライバーと呼ばれる存在がいる

普段何気に利用されることが多いタクシー、公共の乗り物としても緊急な場合に大変便利です。毎日不特定多数の顧客と接しながらも、それ相応な収入と安定を得ている「カリスマタクシードライバー」がいるということをご存知でしょうか。今回は、アイデアや習慣次第で高収入も夢ではない、カリスマタクシードライバーについての特集です。

カリスマタクシードライバーの特徴

タクシードライバーとは、収入に差が出る職業だとされています。乗客数や距離数がすべてで、歩合的な割合が高いという特徴がありつつそのまま数字が反映されていきます。ということは、カリスマタクシードラーバーとしていかに効率よく客乗数を上げていくのかが重要です。経験や年齢に関係なく結果を出せるカリスマタクシードラーバーには、ある特徴が垣間見られます。

体調管理をしている

健康は仕事をする上の基本です。タクシードライバーに当然当てはまる項目です。とくに運転を常にするカリスマタクシードライバーにとって「視力」が大切です。目が疲れているとお客様を見落とすこともありえます。体調が悪く疲れていると集中力も切れてしまい、集客の狙い目であるエリアを目指す思考力もにぶってしまいます。

目の疲れを和らげるために目薬を愛用したり、長時間座りっぱなしにならないよう休憩やリラックスすることも、実は仕事の一つとして重く受け止めています。ストレッチや軽い運動なども小まめに行います。カリスマタクシードライバーほど、緩急の切り替えができるというのが必須です。

規則正しい睡眠を摂る

カリスマタクシードライバーの特徴・なる方法・勤務体制|体調管理

カリスマタクシードライバーになると、一日の時間拘束が多いのではないかという疑問が湧いてきますが、実はそうとも言い切れません。多少の不規則な勤務形態でありつつも、それ以外の時間を有効的に使っています。カリスマタクシードラーバーの中には「睡眠時間」にこだわりを持っている方が目立ちます。一日最低7時間は睡眠を摂ることを習慣にしているカリスマタクシードライバーもいます。

仮眠をとる

カリスマタクシードライバーになるほど、業務外での休息について独自なこだわり方があります。つまり空き時間は「仮眠」を摂って体力の回復を図っています。一日1時間平均での仮眠を義務にしているカリスマタクシードライバーが顕著で、そのわずかな時間が業もの効率化のポイントとなり、稼げる時間に稼ぐという方法を編み出していると言えます。

カリスマタクシードライバーが稼いでいる方法

では、カリスマタクシードライバーは稼ぐためにどのような点を注意しながら働いているのでしょうか。ここではカリスマタクシードライバーの稼ぎ方のポイントをご紹介します。

一つのやり方に固執しない柔軟な考え方をする

タクシードライバーは会社に所属していながら、毎日はほぼ一人で活動する独立型の勤務形態です。しかも歩合制なので、いつ、どのように、どんな方法で稼ぐかはアイデア次第で、いくらでも変更や改良も可能だということです。

いつ、どこでお客様を乗せるかも、アイデア次第ですし、願わくば特定のお客様に気に入ってもらわれ、常連になってくれる顧客が現れる可能性も、カリスマタクシードライバーになれば無きにしも非ずです。

一つの方法だけにこだわらず、やれることはどんどん取り入れていきましょう。「そんなことやっても稼げない」と、試したことが一度もないのに決め付けるのは、カリスマタクシードライバーとして失格です。

情報通になりそこに対応する

カリスマタクシードライバーになるためには、情報を敏感にキャッチしていく習慣が必要です。タクシー運営は人が集まらなければ成り立たない職業です。ということは、自ら人が集まりやすい場所へ赴く行動力が必要です。

例えば「イベント」が催されている場所は狙い目となっていきます。コンサート会場、フェス会場、スポーツ会場など、その日どこでどのようなイベントが行われ、そこへ赴くことが可能か否かを判断していく習慣を持ちましょう。

カリスマタクシードライバーになる方法

Bottom banner

では、どうすればカリスマタクシードライバーになれるのでしょうか。ここではカリスマタクシードライバーになるための条件や方法について簡単にご紹介します。内容としては、必ずしも特殊なことをしているのではなく、ごく当たり前な正攻法を続けていると言えます。

所属するタクシー会社を見極めている

タクシードライバーになる方法は、大きく2とおりにわかれます。それは「既存のタクシー会社へ就職する」もしくは「個人タクシーとして運営する」という方法です。まずはどこかのタクシー会社に就職することからスタートするのが一般的です。

その際、稼ぎの率が良いタクシー会社、社風の良いタクシー会社、といった見解があります。収入だけにこだわるのなら地域の大手タクシー会社への就職が良いでしょうし、それよりも働きやすさを重視するのなら、社風の良いタクシー会社がおすすめです。

ただしどこも原則、複数の人々が集まる組織です。組織にはそれなりなメリットもデメリットもあることを、あらかじめ理解しておく必要があります。

気配りは基本

お客様がタクシーに乗るのは、ほんの一時的なことであり、目的地へ円滑にお客様を乗せていけばそれでいいという合理的な考え方もあります。しかしその一瞬の時間でも、お客様と接することには変わりはありません。

ブランドの高い衣料店の店員が、服が売れればそれでいいからと接客マナーを無視してしまうことはあり得ません。タクシードライバーにとっても同じことが言えます。カリスマタクシードライバーになるには、接客や気配りについて普段から常に考えて取り入れることが重要です。

道を覚える

タクシードライバー未経験者や新入社員が特に不安にする項目は、「道がわからない」といった地理に関するものが多くあります。多くのタクシー会社では、一定の研修期間や定期的なチェックなどを行っているので、実際は初めて経験を積みながら覚えていくことです。

ただし、その後にカリスマタクシードライバーを目指したいのならば、自分なりな努力と工夫が必要です。自分のエリアの道の細々した状況などは、なるべく気づいた点をノートにするなど、「人が見ていない部分での努力」が欠かせません。

カリスマタクシードライバーの勤務態勢

普段タクシーは、朝、夕方、夜中の制限なく走っている印象です。ドライバーの方々はいつ休んでいるのかと思うほどです。ここではタクシードライバーがどのような働き方で勤務しているのかをご紹介します。タクシードライバーの勤務形態には、概ね「昼日勤」「夜日勤」「隔日勤務」という3つの働き方があります。

昼日勤

普通のサラリーマン勤務と同じ昼間に働く勤務形態のことを指します。 通常8時間勤務で休憩が1時間あるという原則に則っています。具体的な時間帯としては朝7時~夕方16時まで、もしくは朝8時~夕方17時までという勤務時間が主流です。ただしタクシー会社によっては、多少の内容の差はあります。

夜日勤

毎日夜間のみの勤務をする働き方です。普通タクシーには、深夜割増料金が発生するため昼日勤に比べて給料は上がる傾向があります。ただし客層は昼間と異なっていきます。

例えば夜の勤務で繁華街に向かう方、帰宅される方、終電を逃してしまった方というのが顕著になっていきますので、その際に起こり得る不条理なトラブルも考えられ、リスクになる可能性があります。

隔日勤務

上記の2つの勤務形態である昼日勤と夜日勤を合わせ、2日分を一気に働く勤務形態です。出勤した日の仕事終わり、つまり出勤の翌日は「明番」と呼ばれ休日になります。勤務時間は20時間程度が平均です。 3時間休憩が途中に入るのが一般的なスタイルです。

カリスマタクシードライバーも夢じゃない

タクシードライバーの仕事は、ある意味で人命を預かる仕事です。常に安全運転や過労防止を目的にした労働時間や労働条件が規制されています。他の零細企業のような長時間勤務を強いられることは極めて少ないと言われています。また収入の多くは歩合制で、労働時間の規制により長時間を使った稼ぎ方は禁止されています。

カリスマタクシードライバーも規制された時間内で稼いでいることになります。まずは目の前のことに集中しコツコツと業務をこなす工夫をする必要があります。これはカリスマタクシードラーバーに限ったことではなく、あらゆる仕事でも共通で当たり前なことです。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人