Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーとは主に宅配便などで荷物を運ぶ仕事ですが、きついと言われている理由をご存知ですか。今回は、セールスドライバーがきついと言われる8つの理由とやりがい3つについてご紹介していきます。この機会にセールスドライバーについて理解を深めていきましょう。


セールスドライバーとは?

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーは多くの人が運送会社で勤務していて、2トンまたは4トントラック、軽ワゴンなどを運転して荷物を会社または個人宅などへ届けています。

セールスドライバーは荷物の送り主と受け取り手の両方と顔を合わせるサービス業であり、ルート配送などで地域へ密着したサービス提供をしていることが大きな特徴です。

主な仕事

セールスドライバーとは宅配便などの荷物を配達・集配しながら料金の回収や営業などを行う仕事です。

セールスドライバーは運転技術はもちろんですが、サービス業としての部分が重視される仕事です。運転技術は研修や慣れで向上していきますが、それ以上に誠実さや勤勉さ、体力を試されるきつい仕事でもあります。

セールスドライバーの業務はきついですがその分、人に接することでやりがいもたくさん出てくる仕事です。

セールスドライバーがきついと言われる理由8つ

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーの仕事のどこがつらいのかについて、順を追って見ていきましょう。

セールスドライバーが他の仕事に比べてきついといわれるにはいろいろな理由があります。まず、肉体労働なので体力がないと続けられません。また、ノルマがある会社もあるので、営業能力も問われる点があり、それらがきつい労働というイメージへと結びついています。

セールスドライバーがきついと言われる理由1:残業が多い

サービス残業のようなものが多く、労働時間が長くなることもセールスドライバーがきついといわれることの要因のひとつです。

セールスドライバーの残業量は職場によってちがいます。昨今のように人手不足で高齢化が進むと、必然的にセールスドライバーの残業は増えてしまいます。休憩時間も使わなくては配達が終わらないこともあり、問題視されています。

働き方改革により残業時間が減る昨今は、さらに深刻な状況となっています。

セールスドライバーがきついと言われる理由2:肉体的な負荷が大きい

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーは肉体的な疲労が大きい仕事です。

セールスドライバーきついといわれる理由によく挙げられているのが体力を要する仕事だという点です。運ぶ荷物の中には重い物もたくさんあります。階段や坂も場合によっては駆け上がらなくてはなりません。また、荷物は大切に扱わなくてはいけないので注意も必要です。

セールスドライバーは、日々の健康管理と体力維持が欠かせません。

セールスドライバーがきついと言われる理由3:細かい業務も多い

セールスドライバーには沢山のやらなくてはいけない仕事があります。

重い荷物を間違いがないように丁寧に運ぶだけでなく、トラックを運転し、神経を使いながら細い道も通らなくはいけません。

着払いなどの精算業務もこなさなければなりません。その都度、接客があります。サービス業として、場合によっては営業活動も行う必要があります。

他にも、営業所では荷物の積み下ろしや業務報告の仕事もあります。

セールスドライバーがきついと言われる理由4:繁忙期は激務

セールスドライバーは特にお中元やお歳暮の時期は忙しく、残業が増えてしまいがちです。

セールスドライバーはその日によって配達件数や集荷件数に差があります。時間帯指定などもあるので、クレーム対象にならないように慎重に配達をする必要があります。セールスドライバーの仕事がいちばんきつい時期でもあります。

セールスドライバーがきついと言われる理由5:仕事量が多い

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーは荷物の配達だけではなく集金など、いろいろな業務をこなさなくてはいけないきつい仕事です。

お客様からの荷物の問い合わせやクレーム対応に追われることもあります。のんびりしている暇がないのがセールスドライバーの仕事です。

セールスドライバーがきついと言われる理由6:接客業のスキルが必要

セールスドライバーは荷物を運ぶ以外のスキルを求められています。

顧客満足度が常に要求されており、ただでさえ重い荷物運びや長時間の運転で疲労しているのに、笑顔で感じ良くお客様へ応対しなくてはいけない仕事はたいへんです。

Bottom banner

セールスドライバーがきついと言われる理由7:待遇が良くない

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーは時間の予測が立てにくく、不規則になりがちです。

残業ばかり続いた場合は体力も持ちませんし、精神的にも大きなストレスとなっていきます。営業が必要だったり歩合がない職場はきつい内容の仕事となってしまいます。長くセールスドライバーを続けるためにも、福利厚生や休日がしっかり取れる環境が必要です。

セールスドライバーがきついと言われる理由8:再配達

セールスドライバーが運んだ荷物が受け手に届くまでに時間がかかる場合があります。

不在などで荷物を何度も届けなくてはいけない場合はとてもきつい業務になってしまいます。ネットショッピングの普及で近年は再配達が増えているため、セールスドライバーの大きな負担となっています。

セールスドライバーのやりがい3つ

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーの仕事はきついですが、メリットもたくさんあります。

セールスドライバーは体力があれば長く続けていくことが可能ですが、モチベーションを保つためには自分でやりがいを見つけていくことが大切です。以下にセールスドライバーの代表的なやりがいについてご紹介していきます。仕事をやる上での参考にしてみてください。

セールスドライバーのやりがい1:お客様からの声がけ

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーは接客が多い仕事ですが、きつい業務の中で声かけをしてもらえるという利点があります。

何度も荷物を運んでいる家の人とは顔見知りになるので、声をかけてもらえると安心感に繋がります。「ごくろうさま」のひと声でも言ってもらえると、きつい仕事の合い間に心がほっとして疲れが軽減されることもあります。

人と人との心の繋がりが、きついセールスドライバーの仕事のやりがいとなっています。

セールスドライバーのやりがい2:歩合給で高収入も可能

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーが全員ではありませんが、固定給の他に歩合制の賃金収入があります。

荷物を運べば運ぶほどお金がもらえるので、きつい仕事でもやりがいがあります。自分ががんばった分だけ目に見える形で収入が増えるため、長く働くためのモチベーションへと繋がっていきます。

セールスドライバーのやりがい3:地理に詳しくなれる

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーは外回りというきつい仕事ですが、さまざまな家に荷物を届けているうちに地理に詳しくなれるというやりがいがあります。

セールスドライバーの仕事の魅力のひとつである、外を自由に走り回って街そのものの変化や道に精通するという利点です。毎日、新たな発見や出会いがあり、新鮮な気持ちで働き続けることができます。

セールスドライバーがきついと言われる理由を知ろう

セールスドライバーがきついと言われる8つの理由|やりがい3つ

セールスドライバーを目指している方は、仕事がきついと言われる理由を正しく理解してから就職に臨みましょう。

セールスドライバーは運転だけではなくさまざまな細かい仕事を請け負う必要があるので、体力と気力を使う仕事です。業務がきつい分、お客様との交流や歩合給による高収入が期待できる仕事となっています。

セールスドライバーはきついと覚悟した上で、自分の希望条件に合う職場を見つけていきましょう。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人