Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

セールスドライバーの仕事の内容10個|向いている人の特徴3つ

セールスドライバーの仕事の内容10個|向いている人の特徴3つ

セールスドライバーとは宅配便などの荷物の配達が主な仕事になります。しかし、集配、料金回収、営業なども行います。また、車を運転することが仕事ではありますが、直接お客さんと接したり、要望に応えたりなどもするため、サービス業に近い面もあります。

初回公開日:2019年05月20日

更新日:2019年05月20日

記事に記載されている内容は2019年05月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


近年のセールスドライバーは人間性の豊かさが求められる傾向にある

車を運転する仕事にはタクシードライバーやトラックドライバー、バスの運転手などいろいろな種類があります。また、セールスドライバーも含まれています。

セールスドライバーとは宅配便などの荷物の配達や集配、料金回収などを行います。車を運転することが仕事ではありますが、直接お客さんと接したり、要望に応えたりなどもするため、サービス業に近い面もあります。そのため、人間性の豊かさが求められることもあります。

セールスドライバーの仕事の内容10個

上記で述べた通り、セールスドライバーの仕事内容は、単に荷物を配達するだけでなく、集配、料金回収など、幅が広いです。他にもいろいろな仕事があります。

なので、セールスドライバーは車を運転して荷物を届けるだけと思っていると、いざ仕事を始めたときに、想像していなかった仕事もしなくてはいけなくなってしまいます。

なので、仕事のミスマッチを防ぐためにも、セールスドライバーの仕事内容は事前に把握しておきましょう。

仕事1:トラックからの荷物下ろし

働く会社によってセールスドライバーの仕事内容の範囲は異なります。しかし、多くの場合は、集荷場や事務所などに集められた荷物を、宅配車に積み込んでお客さんの元へ届けることが主な仕事となります。

その集荷場や事務所などには大きなトラックで何台も荷物が運び込まれることも多いです。トラックで届けられた荷物は、まずトラックから下ろす必要があります。この荷下しの作業をセールスドライバーが行っていることもあります。

仕事2:仕分け・確認

トラックで届いた荷物を下ろすこともセールスドライバーの仕事です。ただし、単に荷下しをするだけでなく、届いている荷物の内容の確認や、後の作業に合わせた荷物の仕分けをする必要があります。

多くの荷物を移動させたり、仕分けしたりなどしないといけないため、体力を非常に使います。特に、重い荷物が多い場合には怪我にも注意が必要となります。さらに、荷物はお客さんから預かっている物なので、慎重な扱いも要求されます。

仕事3:宅配車への積み荷

荷下しや荷物の確認、仕分けなどが完了すれば、配送スケジュールに合わせて宅配車への積み込みを行います。積み込みも多くの荷物を運ぶため、体力を使うことになります。また、荷物を慎重に扱わないといけないことも荷下しの際と同様です。

さらに、宅配車には多くの荷物を積み込むため、どこに何があるかを把握しやすいようにして、宅配の順に合わせて効率良く荷物の出し入れができるようにしておかないといけません。

仕事4:配達

宅配車に荷物の積み込みが完了すれば、配達に出発します。配達業務では効率良く、荷物を配達していく必要があります。また、時間指定されている荷物もあるため、配達のスケジュールを出発前に組んでおく必要もあります。

しかし、不在であったり、再配達、道の混雑などで思うように配達が進まないこともよくあります。そのような場合には、その場に合わせた対応力や判断力が必要とされます。

仕事5:集荷

セールスドライバーは荷物を届けるだけでなく、荷物を集荷することもあります。集荷も時間指定されることがあるため、スケジュールに組み込んでおく必要があります。

また、発送伝票を用意していないお客さんもいるため、必ずセールスドライバーは準備しておく必要があります。また、集荷の際には料金の支払いにも対応しなくてはいけません。発送伝票や支払いなどで以外と時間がかかるため、スムーズなやりとりが必要となります。

仕事6:料金回収

上記で述べた通り、セールスドライバーは配達だけでなく、集荷を行うこともあり、その際にはお金のやりとりが必要となる場合もあります。また、集荷だけでなく、代引きでの配達の際にもお金のやりとりが発生します。

支払いには現金だけでなく、電子マネーに対応している会社もあるので、支払いの仕組みなどについては、間違いが起こらないように知識を持っておく必要があります。

仕事7:営業

Bottom banner

セールスドライバーも営業を行って、顧客の拡大をしなければいけないこともあります。特に、企業への営業は重要となります。

企業に利用してもらえれば、頻繁に集荷依頼が発生し、場合によっては毎日決まった時間に集荷に来て欲しいと言われることもあります。また、牛乳などの飲食関係の配達をしているお店などは売り上げを伸ばすために、日々の営業活動が重要となります。

仕事8:午前と午後の仕事

セールスドライバーの仕事は、トラックから荷物を下ろし、仕分けをして、宅配車に積み込みをして配達を行うということが一連の流れになっています。会社によっては、この流れを午前と午後などで2回以上行うこともあります。

その場合は、午前中の作業が終了すると、一旦集荷場や事務所に戻ります。そして、再び同じ流れで配達へと出発します。

仕事9:再配達

配達をしても、不在によって再配達をしなければいけない荷物もあります。再配達の荷物は夕方以降に再配達依頼の連絡が集中することが多いです。そのため、夕方以降は再配達の依頼に随時対応するということもあります。

また、翌日以降の配達スケジュールに組み込まれる場合もあります。再配達は急に発生したりすることもあるため、その場での状況判断が非常に重要となります。

仕事10:夜間スタッフへの引継ぎ

繁忙期などになると、集荷場や事務所で夜遅くまで作業をすることになる場合もあります。ただし、そのような場合には、スタッフが入れ替わりで作業をすることになります。

なので、夜間スタッフが作業を段取り良く進めることができるようにしたり、仕事に誤りが出ないようにするために、仕事の状況を引き継ぎを行う必要があります。

セールスドライバーに向いている人の特徴3つ

セールスドライバーは車を運転して、荷物を届けるだけが仕事と思っている人もいます。しかし、実際には荷下しや積み込み、集荷や営業など、仕事内容の幅は広いです。

そのため、セールスドライバーに向いている人は、車の運転が得意ということ以外にも、いくつかの要素が必要となります。

特徴1:体を動かすのが好き

セールスドライバーはデスクワークをすることが少なく、基本的に外に出て仕事をすることが多いです。また、荷下しや積み込みなど、体力を使う場面も多いです。さらに、配達や集荷などではマンションやビルなどの階段を頻繁に使うこともあります。

なので、セールスドライバーは車を運転することが主な仕事ではありますが、体力が必要なので、体を動かしている方が好きという人に向いています。

特徴2:人と触れ合うのが好き

セールスドライバーは配達や集荷などの際に人と接することになります。そのため、人と接することが苦手であると、うまくお客さんとやりとりができず、会社の印象を悪くしてしまう可能性があります。

なので、セールスドライバーは常に明るく誠実な印象が与えられるような、人と接することが好きな人に向いています。

特徴3:常に落ち着いて行動できる

セールスドライバーは配達の前に配達スケジュールを組みます。しかし、不在や道の混雑などでスケジュール通りにいかないことは多いです。その際には、その場でスケジュールの調整や修正をする必要があります。

時間指定の配達や集荷などもあるため、焦ってしまう人もいますが、このような場面で落ち着いて行動ができる人はセールスドライバーに向いているでしょう。

セールスドライバーの仕事を一通り把握しましょう

セールスドライバーは車を運転して荷物を届けることが主な仕事となります。しかし、配達以外にも、荷下しや積み込み、仕分けや営業など、いろいろな仕事をしなければなりません。

また、不在や道の混雑などによって、スケジュールを組んでも予定通りにいかないことも多いです。

そのため、セールスドライバーの仕事は思っている以上に幅広く、対応力が必要なので、その仕事内容は事前に一通りの把握をするようにしましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人