Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

配送ドライバーがきついと感じる理由10個|会社選びのポイント4つ

配送ドライバーがきついと感じる理由10個|会社選びのポイント4つ

配送ドライバーの仕事は体力と気力がなければきついと感じるようになります。配送ドライバーの仕事をしている人は自分の作業でどのようなことがきついのかを考えて、対策を練ることが大切です。配送ドライバーの仕事できついと感じないためには体力の維持をするようにします。

初回公開日:2019年04月19日

更新日:2019年04月19日

記事に記載されている内容は2019年04月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


配送ドライバーがきついかどうかは人により異なる

配送ドライバーの仕事がきついかどうかは一人一人の考え方で変わってきます。どのような仕事でも自分の性分に合っていて、仕事自体にやりがいを感じれば充実感を得ることができます。配送ドライバーだけでなく体を酷使する仕事はきついイメージが強いです。

配送ドライバーとして仕事をする人は、自分なりの目標や目的を作り、日々の積み重ねを忘れないようにします。

配送ドライバーがきついと感じる理由10個

配送ドライバーの仕事がきついと感じる理由は人それぞれです。体を動かすことが苦手な人もいれば、体を動かすことが好きで得意な人もいるので配送ドライバーの仕事がきついとは限らないからです。

配送ドライバーをしている人は、苦手な作業を克服することを考えつつ、得意な仕事を伸ばす働き方をします。そうすることで取るべき資格やしなければならないことが見えてくるでしょう。

特徴1:ルーチンワークが苦手

配送ドライバーは同じ作業を続けるので飽きっぽい人はきついと感じます。配送ドライバーの仕事は全体的にルーチンワークが多くなるので、他の仕事から転職してきた人などは馴染めないことが多いです。

配送ドライバーの人でルーチンワークが苦手な場合は、作業がいい加減にならないように取り組むようにします。また、ルーチンワークから作業のコツをつかむことを考えるようにしましょう。

特徴2:体力仕事が苦手

配送ドライバーの仕事はハードなので体力が必要になります。配送ドライバーの仕事は運転をしたり、重い荷物を運ぶことが多いので、体力がない人はきついと感じることが多くなります。

配送ドライバーで体力に自信のない人は、私生活での体を動かす時間を増やしたり、食生活を見直すことを検討するようにします。どうしても体力仕事がきついときは必要な資格やスキルを取り、デスクワークの仕事ができないか検討してみましょう。

特徴3:朝が早いのが苦手

配送ドライバーの仕事は朝の出勤が早いです。なぜならその日に配る荷物を把握したり、車輌の点検があるからです。また勤務が終わっても伝票の整理や、明日の仕事の準備をしなくてはいけません。

配送ドライバーの人で朝がきつい人は、質の良い睡眠をとることを心がけて、体の疲れを翌日に残さない工夫が必要になります。そのためには熱い湯船に入ったり、ストレスをためない工夫を考えるようにします。

特徴4:一人の時間が長いのが苦痛

配送ドライバーの仕事は一人でこなす作業が多いので、人と話すことが好きな人はきついと感じることが多くなります。トラックの作業は運転と荷物を運ぶことが多くなるので、一人作業が多くなるからです。

一人作業がきつい人は、ラジオにメッセージを送ったり、行き交うトラックと無線で会話をするようにします。

特徴5:運転することが苦手

運転することが苦手ならば配送ドライバーの仕事はきついと感じるようになります。普段プライベートでオートマを運転していて、マニュアルで運転しないといけないこともあるので運転が苦痛になることもあるからです。

配送ドライバーの人で運転が苦手な場合は、普段からマニュアルの車を運転する機会を増やすようにします。また、コラムシフトの車を運転する機会を作るようにしましょう。

特徴6:仕事になかなか慣れない

配送ドライバーの仕事はハードなので、仕事自体に慣れないときついと感じるようになります。例えば今まで、デスクワークをしてきた人が配送ドライバーの仕事を始めても、仕事自体に馴染めないことがあるからです。

配送ドライバーの仕事に慣れない人は、体力をつけたり、同僚と過ごす時間を作るようにします。また、顧客と同僚との挨拶を忘れないようにします。

特徴7:帰宅が遅くなるのが苦痛

Bottom banner

配送ドライバーの仕事は荷物を運び切らないと帰宅できないことがあります。今まで定時に帰っていた人は帰宅時間が遅くなることで、今までの生活のリズムを崩すことがあるのできついと感じる人がいるからです。

配送ドライバーで帰宅が遅くなる人は、一日の作業を効率よく済ませることができないのか考えるようにします。また、家庭の事情があって帰宅しなければいけないときは責任者に相談をするようにします。

特徴8:腰を痛めているのでつらい

配送ドライバーの仕事は運転をしたり、荷物を運ぶので腰を痛めていればきついと感じる場面が多くなります。腰を痛めていなくても、配送ドライバーの仕事をすることで腰痛持ちになる可能性が高くなるでしょう。

腰を痛めている人は、病院での治療を受けつつ、禁じられている作業をしないように仕事をこなすようにします。また、コルセットも良いものをつけるようにして、飲み薬があれば忘れずに飲むようにします。

特徴9:再配達が多いのが苦痛

配送ドライバーの仕事は再配達を配ることがあるので、その作業がきついと感じる人がいます。再配達の仕事があった場合は、同じ場所に2度以上訪問することになるので、時間や作業全体を考えなくてはいけません。

再配達の作業がきついと感じる人は、配達した家庭の在宅時間を把握しておき、再配達をしなくて良いようにします。また不在が多い家ではあらかじめ電話連絡を入れるようにします。

特徴10:休憩時間が取りにくいのが苦痛

配送ドライバーの仕事は忙しいので休憩時間が取りにくくなっています。最近ではドライバーの休憩時間のことで社会的な話題になることもあるので改善されてきましたが、基本的には休憩時間を取りにくくなっています。

配送ドライバーの仕事をしている人で休憩時間が取りにくい場合は、会社との雇用契約を見直して、休憩時間を確認するようにします。

良い会社を見分けるポイント4つ

配送ドライバーの仕事をするためにはできるだけ良い企業で仕事をするようにします。余裕のある配送会社は一人一人に求める作業が少なかったり、ノルマが少ないことがあります。長く仕事をするためには出来るだけ良い企業で働くようにします。

これから配送ドライバーの仕事をしたい人は、運送会社自体がドライバーに寄り添ってくれる企業なのか考えた上で入社するようにします。

ポイント1:近距離ドライバー

近距離ドライバーの仕事は責任が重くないので働きやすい会社が多いです。近距離ドライバーの仕事が少なく、営業所がたくさんある企業は社員の負担も少なくなるので、比較的仕事をしやすい職場と言えます。

近距離ドライバーの仕事したい人は、入社前に受け持つエリアに詳しくなっておくようにします。また、仕事自体がきついと感じないように運転にも慣れておくようにします。

ポイント2:回る件数が少ない

回る件数が少ない場合は、一人一人の負担が少ないので働きやすいです。回る件数が少ない企業が良い会社とは言えないですが、仕事が少ない分ノルマが少ないことが多いです。また、これから配送ドライバーをしようと考えている人には仕事量が少ないことは重要になります。

配送会社を受ける人は、面接の際に回る件数を聞いておいたり、受け持つエリアはどのくらいかを聞いておくようにします。

ポイント3:儲かっている

儲かっている企業は配送ドライバーの負担を考えている会社が多いです。儲かっていない企業で仕事をする場合は、思い通りの給与が支払わないだけでなく仕事がきついことがあるので業績が良いか悪いかは大切なことです。

自分が受けたいと考えている企業の事業展開や社員待遇などをネットで調べて儲かっている会社かを見極めるようにします。

ポイント4:残業を推奨していない

儲かっている企業かどうかは関係なく、残業を推奨していない職場は働きやすいです。配送ドライバーとして仕事をすることになれば、慣れないことが多くなるので残業を推奨してない企業で経験を積むことが大切になります。

配送ドライバーの仕事をしたい人は、受ける企業の面接で残業をしなくてはいけないのかを聞くようにします。また、残業がある場合、支払いのシステムを聞いておきます。

配送ドライバーがきついかどうかを見極めましょう

自分の体力や経験などを考慮して配送ドライバーの仕事をするようにします。配送ドライバーの仕事はハードなので、それだけ時間に縛られることや体力の維持が大切になるので、仕事を続けていけるのか考えてみましょう。

自分が配送ドライバーの仕事をしたいと考えた場合は、今までの業務経験を考慮しながらできるかを考えるようにします。

ドライバーの仕事情報を探す

ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い
ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人