Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

セールスドライバーの仕事できついと感じるとき|残業が多い

セールスドライバーの仕事できついと感じるとき|残業が多い

セールスドライバーは、買った荷物を家まで届けてくれます。ドアを開ければ笑顔を見せるとき、感謝したくなります。そんなセールスドライバーの仕事できついと感じることは何か、幾つかご紹介します。更に、きつい仕事内容の実態や離職する割合なども見ていきましょう。

初回公開日:2018年05月31日

更新日:2018年05月31日

記事に記載されている内容は2018年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


セールスドライバーの仕事がきついと感じるときは?

日時を指定すれば自分の希望の日にちと時間帯に荷物を届けてくれる宅配はとても便利です。この荷物を丁寧に玄関まで届けてくれる人をセールスドライバーと言います。

玄関のドアを開ければ爽やかな笑顔で「宅配便です」と荷物を渡すこのセールスドライバーは、きつい仕事です。その仕事できつい事とはなんなのか、幾つかご紹介しましょう。

驚くほどきつい残業が多いセールスドライバー

お客が不在であった場合、セールスドライバーは荷物を持ち帰らなければなりません。そのとき不在票をポストに投函しますが、20時を過ぎた後は次の日に指定してくれれば残業になり難いでしょう。

しかし、お客様が「どうしても今日に再配達して」とお願いしてくれば断れず、業務が就業間際であっても配達します。本来なら21時まで配達をすればいいのに、それ以降も配達をし、結局は会社に戻るのが22時以降になってしまいます。それから上司への報告や明日の確認などを終え、帰宅するのは深夜になるでしょう。

残業手当は出ることを考えればきついと感じてもセールスドライバーは届けますが、毎日こんな残業続きではストレスも溜まりやすく、さらにきついと感じて辞めたくなるでしょう。

肉体的な負担が掛かるところが酷く疲れてしまう

セールスドライバーは、会社に出社すれば今日届ける荷物の確認と配達するルートの確認をします。倉庫からトラックに荷物を運ぶ作業もしなければならず、それが朝から肉体的に負担が掛かります。

10kgほどの荷物を何十個もトラックに運び入れることも多く、持ち上げる際、腰に負担が掛かるでしょう。中には電子レンジやテレビなどは重いうえに慎重に扱わなければならないので、酷く疲れるでしょう。

大型の荷物を階段で運ばなければならない

セールスドライバーがさらにきついと感じるのが、20kg前後もある組み立て式の家具や大型の荷物です。それを一人で玄関まで運びますが、エレベーターのない団地やアパートの場合、2階、3階まで運ばなければなりません。

ベッドマットも運ぶことがある若いドライバーも肉体的に負担が大きく、長く働けるのかと悩むでしょう。

ケガのリスクが高いから長く働き難い現実にぶつかる

ケガのリスクが高いのもセールスドライバーがきついと感じるところです。気をつけてはいても、トラックの荷台から荷物を降ろそうとした時、スルッと手から荷物が落ち、足の指の上に落ちてケガをすることがあるでしょう。

また、洗濯機を運ぶ際は、地面に置こうとしたら指を挟んでしまったり、大きな荷物を運んでいて前がよく見えず、階段を踏み外してスネを強打してしまうケガに見舞われるセールスドライバーもいます。

普段の倍の荷物を運ばなければならない繁忙期は大変

宅配を利用する客が増える繁忙期は、多くのお歳暮やお中元を扱うことが多く、一人では時間内に配達できないほどの量をこなすことがきついでしょう。

通常の荷物とは違い、より送る側の気持ちを込めて相手側に届けなくてはなりません。したがって、時間内に届けなければ、より発送元からクレームが入ることになってしまうのが精神的にきついところでしょう。

何度も不在で荷物を持ち帰るは次の客を不機嫌にする

「再配達をお願いします」と言うから荷物を届けに行ったのに、また不在でした。電話を掛けても出ません。なら時間をおいてまた家へと行けば、また不在です。

何度もこんなことが続いてしまい、次のお客の配達が送れます。理由などは聞いてくれない客は、不快な態度とるでしょう。

やっと荷物を届けられたと喜べば「遅い」と言われた時、もうこの仕事を続ける自信が無くなるほどきついショックを受けるでしょう。

苦情を言ってくるクレーマーへの謝罪がきつい

丁寧に荷物を運んだとしても「傷が付いている」「破損している」と、苦情がくることもあるのがセールスドライバーがきついと感じる点です。発送元へよく確認もせず、セールスドライバーの扱いが悪いから壊れたと難癖を付けてくるクレーマーへの謝罪は辛いでしょう。

精神的に凹み、こんなきついセールスドライバーを辞めてしまいたいと強く感じる人が多い現実があります。

何十年も働く年配のセールスドライバーは腰痛に悩む

Bottom banner

年配のセールスドライバーは重い荷物を持ち上げては腰を痛め、働けなくなり、きついと嘆くことがあります。長年働いている年配のセールスドライバーは、若い頃から無理をして重い荷物を運んでは毎日何十件と届けてきました。

腰痛なのに車に座り、運転もしなければなりません。相当、腰への負担は重なり、腰痛が慢性化してしまうのがきついところでしょう。

休憩も食べる時間も削って荷物を届けるのがきつい

時間内に間に合わないようならば休憩時間もけずり、食べる時間もけずらなければならないのがきついと感じるセールスドライバーもいます。

お腹が空いても集中力を持って最短のルートを選び、大切な荷物を笑顔で送り届けるセールスドライバーは心身共にきついと嘆く人が多いでしょう。

仕事で遊べない現実がきついセールスドライバー

若いセールスドライバーは恋愛をしたい時期ですし、友人と遊びたい時期でしょう。みな昼間の時間帯に仕事をしていますから遊べるのは夜です。なのに、自分は深夜まで仕事では、遊べる機会がありません。

土曜、日曜日が休日の人が多い中、一人だけ出勤するのでは、もう恋人にも振られ、友人からの誘いも減ることがきついでしょう。

セールスドライバーのきつい仕事内容の実態とは?

このセールスドライバーはきついという表情は見せることはないので、仕事内容も単純で簡単なものだと感じる人も多いでしょう。ところが、隠された仕事内容の実態はきついものが多いと嘆くセールスドライバーが多い現実があります。

今回は、そのきついと多くのセールスドライバーが感じる仕事内容の実態について幾つかご紹介しましょう。

営業や集金などの業務もこなさなければならない

荷物を客に届けたり、依頼があれば家に行っては集荷をする仕事だけを任されると考えるセールスドライバーですが、他にも色々な仕事をしなければなりません。

例えば新規の顧客を取るための営業であったり、集金などの業務です。これらの仕事で大変なのは、営業をしてもなかなかお客になってくれる人が少ないですし、集金しても不在であれば、後日また集金に行かなければならないところです。

さらに、荷物の問い合わせを受けたり、自分の担当していない場合でもクレームの対応をするなどの仕事もきついでしょう。

きつい仕事が理由で離職する割合は20代で4割

仕事がきついという理由でセールスドライバーを離職する割合は、20代の場合4割程度です。この離職率は多いかと言えば、他の職種の定着率から比べれば高い方でしょう。

仕事に就いても3年以内で離職してしまったり、長くても5年から10年以内で離職してしまう人が多いです。

なぜセールスドライバーは離職が多いのか?

求人誌にも、長年このセールスドライバーの求人が載っているのは、数年経てば辞めてしまい、もっと条件が良くて快適な仕事に転職する人が多いからでしょう。

キャリアを積む前に辞めてしまうのですから、なかなか社員も成長しません。新しく雇うために求人を載せますが、内定のラインを下げなければ応募者も増えず、さらにラインを下げます。

これでは新人の質も悪くなりますし、新人にきつい仕事を任せてしまうなど、悪循環な現状がさらに働く社員のやる気を低下させます。離職する人数が多いと新人に任せる仕事量が増え、それによりまた辞める人が増えるという悪循環になってしまいます。このように、全体的に劣悪な環境に陥ってしまうことも、離職の原因となるでしょう。

きついけど笑顔を運ぶセールスドライバーになろう

ここまでセールスドライバーの仕事内容や、きついと感じる点についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。セールスドライバーはきつい仕事ですが、いつも朗らかな笑顔を見せては荷物を届けてくれるのですから素敵です。

そんなきつい苦労を感じさせないセールスドライバーになりたいのなら、「荷物を運んで幸せにしてあげよう」という考え方を持つことが大事です。大変でも、長く勤めれば、それなりにお給料もアップするでしょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人