Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

セールスドライバーになる方法・特徴や仕事内容・平均年収/睡眠

セールスドライバーになる方法・特徴や仕事内容・平均年収/睡眠

今回は「セールスドライバーになる方法・特徴や仕事内容・平均年収/睡眠」と題して、「セールスドライバーになる方法・特徴や仕事内容・平均年収」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「セールスドライバーの仕事」についてのお役立ち情報をご紹介します。

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2018年05月30日

記事に記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


セールスドライバーとは

セールスドライバーというのは一般的に「運送業者に所属している場合や、その運送業者に依頼されて仕事を行なう請け負い業者に所属しており、主に運搬作業をメインに行なうドライバー」のことを指します。

基本的に「ドライブテクニック(ドライブスキル)」や「交通規則にはじまる基本的な交通のルールの知識」を習得しておき、さらに宅配などのキャリアを前もってしていれば、なおセールスドライバーとして働くことは楽になるでしょう。

セールスドライバーの平均年収

一般的にセールスドライバーの平均年収は「300万円から400万円程度」と言われています。しかしこの金額は「セールスドライバーの個別能力によって変動する傾向」が見られているため、一概に「これがセールスドライバーの固定年収」という言い方はできません。

つまり、セールスドライバーとして働く場合は「歩合給(インセンティブ)」が発生したり、年収(月収)に直接関わってくるノルマ・タスクによる報酬などが上乗せされるため、その月ごとで収入が変化する場合が普通に見られることになります。基本給は変わりません。

セールスドライバーの年代別月収と年収

先述しました「年収」に引き続く形となりますが、簡単に説明すれば「年収の内訳金額」が月収となるため、「年収が多額であればあるほど、その年内の月収も多額」という計算になります。

一般的にセールスドライバーの月収は年代別によって変わり、「20歳代で200万円から300万円程度」と言われ、どこで働くにしても初任給でこれだけ稼げれば文句なしの太鼓判が押される金額となるでしょう。

さらに30歳代から60歳代の年収は「500万円から(多額の場合で)1000万円前後」とも言われており、この給料額の差額については「大手運送会社に所属しているか子会社に所属しているか」などによって大きく変わってきます。

セールスドライバーの応募者の年代別比率

現代ではこのセールスドライバーに応募する人の数も非常に増えてきており、その内訳を見てみるとわかりますが、中でも女性よりも男性の方が圧倒的にその比率を高めていることがわかります。

特に30歳代から40歳代の男女の応募者が非常に多く、その場合でも男女比率については「9割が男性・1割が女性」というように、その比率が大きく男性のセールスドライバーに偏ったチャートがうかがえます。

セールスドライバーの特徴や仕事内容

セールスドライバーとして働く分野は特に「物流業界」と言われており、集荷(料金回収を含む)や宅配などに重点が置かれた物流業がメインの仕事となります。その仕事の中にはもちろん営業回りなども含まれ、その場合でも2tトラックや4tトラックなどの大型車を運転しての地方回りなども増えてきます。

そのため、大型車のドライビング資格を取得しておくこともセールスドライバーになるには必須の項目となり、セールスドライバーを目指す人の多くはまず「大型車・中型自動車免許」などの運転免許資格を先に取得する傾向が増えてきています。

きつい

一般的に「セールスドライバーの仕事」と聞けば「ただ運転して物を運ぶだけの仕事」と安易に想定されやすいですが、このセールスドライバーの仕事の実際はかなりハードな側面も持ち合わせています。

確かに一般的な集荷作業や料金回収のみの仕事の場合は「運転するだけ」という形容が当てはまる場合もありますが、その集荷作業の中でも「引っ越し作業と同じほどの重労働」が課される場合があり、「簡単で軽量の荷物を運搬する仕事」にしても、それが連日で継続されるとなると、トータルすればかなりの疲労となる場合が出てきます。

それに加えて「長距離トラックによる運搬作業・物流作業」となれば、南は沖縄から北は北海道までの日本を縦断するほどの長距離を「ずっと走らなくてはならなくなる」ため、場合によっては集荷に間に合わせるために「不眠」の場合もあります。

引っ越し作業に似ている

先でご紹介しましたように、見方を変えればセールスドライバーの仕事は「引っ越し作業」にとてもよく似てきます。引っ越し作業というのは基本的に「引っ越し依頼者の仕事を引き受け、その引っ越し先へ家財道具の大型品から小物品までを運送する作業」となりますが、このセールスドライバーの仕事でもこれに似た作業をする場合があります。

最近ではネットショッピングなどの登場も影響して、家財道具や車のタイヤの宅配などお非常に増えてきており、さらには宅配にしてはかなり大きな物品や重量感あふれる荷物の宅配なども普通に行なわれます。

この場合でも、継続して連日連夜において宅配作業が行なわれ続けることによって、依頼者(顧客)からの宅配指定日時に間に合わせる形で不眠不休の宅配作業が行なわれることもあります。

営業など

セールスドライバーの仕事として基本的な日常業務に当てられるのは、「各営業所に配属された後、その営業所に割り当てられた地域エリアで行なわれる宅配・集荷作業に携わる」という形の仕事になります。

これは飽くまでも一般的な例であるため、物流企業によっては「日本全国どこでも配達します」の看板どおりに、「日本全国規模の配達・物流作業」を行なう場合もあるため、基本的な毎日の仕事として把握しておくとよいでしょう。

経験不足

どんな仕事の場合もそうですが、やはり「その仕事に関して経験不足である場合」は仕事を行なう上でもかなり不利になってしまうことが多々あります。

このセールスドライバーとして働く場合でも、交通ルールをまるで知らない場合では仕事を任せられないですし、さらに交通ルールがわかっていても、ドライビングスキルが不足している場合も同じく仕事を任せることはできません。

「キャリアを積む」という言葉がありますが、このセールスドライバーとして働く場合でも「ある程度のドライビングキャリア」がある方が何かと仕事をするときの糧となるため、日頃からよく車を運転していたり、さらにはそれまでに何らかの物流企業に所属している場合であれば、セールスドライバーの仕事に携わりやすくなるでしょう。

セールスドライバーになる方法

一般的にセールスドライバーとして働く場合の資格は「車両運転免許証」があればそれでOKとなります。しかしこの場合に役立つ運転免許証は特に「大型免許」を含むオールラウンダー的な免許証保有者であることが望ましく、たとえば先述の長距離トラックなどでの搬送となれば、普通免許取得者の場合は仕事を任せることができません。

普通免許取得者の場合は、日産キャラバンやアルファードタイプのボックスカーによる運搬作業が多く任され、中には中型二輪車で集荷・宅配を任される場合も普通に見られます。

その上で「体を動かすことが好き」と言う人や、「人のために役立ちたい」と希望する人の場合は特にその人間性が評価されるため、これは一般企業に就職する場合と同じく「人間力」が評価された上での就職斡旋の場合と同じ経過になります。

会社別セールスドライバーの平均年収

Bottom banner

セールスドライバーの仕事に携わる場合は特に、大手運送会社に所属していることで多額の月収・年収を獲得することができます。現代で見られる運送会社はたいてい佐川急便やヤマト運輸などの大手運送会社がメインとしてピックアップされるため、セールスドライバーとして働く場合でもその多くの人は大手運送会社への希望がよく見られます。

この大手運送会社の内訳を見る場合でも、佐川急便やヤマト運輸、西濃運輸やクロネコヤマトなどで大きく平均年収の差異が見受けられ、そのため、セールスドライバーとして就職希望を出す場合でも必ず「事前調査」によって、自分が就職しようと希望している運送会社の基本情報を把握しておく必要があります。

ヤマト運輸

ヤマト運輸は佐川急便と比べてみても、その待遇がかなりよいとされるほどの「大手の中の大手」と絶賛される運送会社の1つとして知られています。この年収比較をする場合でも、従業員の年代別でその年収比率が見分けられることが多く、20歳代から60歳代までの比率をもって、実際に「どれほどの年収があるか」を確認します。

ヤマト運輸に所属する場合の平均年収は、「20歳代の場合で500万円以上」、「30歳代の場合で700万円前後」、「40歳代の場合で900万円前後」、「50歳代の場合で1000万円前後」、そして「60歳代の場合で700万円前後」となります。

佐川急便

佐川急便と言えば、ネットショッピングサイトと提携している大手運送会社としても有名ですが、この佐川急便に所属する場合でもヤマト運輸と同じく、多額の平均年収が見込まれます。ヤマト運輸の場合と同じく年代別によって、平均年収が算出される傾向が多く見られます。

「20歳代の場合で300万円前後」、「30歳代の場合で400万円前後」、「40歳代の場合で500万円前後」、「50歳代の場合で600万円前後」、そして「60歳代の場合で400万円前後」となります。

西濃運輸

西濃運輸の相対的(トータル的)な平均年収額は「約400万円前後」と言われており、これは他社の運送会社すべての平均年収率から見て「やや高額の年収額」となります(全国的な運送会社の平均年収は「320万円前後」と言われます)。

西濃運輸に所属する場合、「20歳代の場合で200万円前後」、「30歳代の場合で350万円前後」、「40歳代の場合で450万円前後」、「50歳代の場合で500万円前後」、そして「60歳代の場合で300万円前後」となります。

クロネコヤマトなど

クロネコヤマトと言えば「日本全国規模で古くから知られている老舗的な運送会社」の1つとして認識されていますが、クロネコヤマトの年収平均率を算出する場合でも、先述と同じく年代別による年収率が認められます。まず総合的な年収平均は(年々変わりますが)「平成28年で867万円」と言われます。

「20歳代の場合で300万円から350万円前後」、「30歳代の場合で700万円前後」、「40歳代の場合で800万円前後」、「50歳代の場合で1000万円前後」、そして「60歳代の場合で800万円前後」となります。

インターネットショッピングによる影響

先述で各大手運送会社に所属する場合の平均年収をご紹介しましたが、この年収比率を向上させている理由の1つに、「インターネットショッピングによる影響」が認められます。

いわゆるネットショッピングによって運送業の活性が図られている側面が確実にあり、インターネットショッピングサイト(Amazonや楽天など)と提携していることによって、昼夜問わずの運搬業がひっきりなしに行なわれている現状が継続してうかがえます。

セールスドライバーの志望動機の例

先でも少し触れましたが、セールスドライバーになるための資格と言っても「運転免許証」以外にこれと言ってなく、ただ「ドライビングテクニックやそれに関する知識」を十分に蓄えておくことで、たいていの場合はセールスドライバーとして働くことができます。

セールスドライバーになる際にも面接試験が行なわれる場合が多く(基本的に必ず行なわれます)、その際に「どれだけセールスドライバーになりたいか」という熱意と、セールスドライバーになってから「実際にどれくらい効率を上げて働くことができるか」という現実に即した評価基準が重要ポイントになります。

人柄が重視される

まずセールスドライバーになるための志望動機の例としては、「自分はどんなセールスドライバーになりたいか」という視点を明確に捉えておき、その上で「普段から体を動かすことが好き」な点や「人の役に立ちたい」といったアピールポイントを確実に伝えておくことが大切です。

わたしは以前から体を動かして汗をかいて仕事をすることにあこがれており、その上で、物流の仕事に子どもの頃から携わりたいと考えておりました。誰からも好かれるような、お客さまに好印象を与えられるセールスドライバーとなり、与えられた仕事を正確にこなせるドライバーになりたいです。そして地域交流を活性させたいと希望しています。

志望動機の例では上記のように、セールスドライバーに向けての「自分の視点」をしっかり伝えることが重要です。

アルバイトの場合のメリットとデメリット

アルバイトとしてセールスドライバーの職種に就く場合は、常勤や非常勤として就職する場合よりもやはり不利になる点が認められます。アルバイトの場合はまず任せられる仕事の範囲が違ってきます。

アルバイトで就職する場合は非常勤以下の従業員として扱われるため(どの企業の場合でも同じです)、もし仕事上で過失を犯してしまった場合、運送会社がその責任を一手に引き受けることにまずなってしまいます。その上で、アルバイトの場合は年間実労働時間に規制がかかるため、任せられる仕事範囲も限られます。

こうした上記の労働条件から見て、企業側は「いつでも体色させる姿勢を持ちながら働かせる」といった、アルバイトとして働く人にとっては非常に不利な立場に追い込まれる場合が見られます。

セールスドライバーの特徴を把握しておきましょう

いかがでしたか。今回は「セールスドライバーになる方法・特徴や仕事内容・平均年収/睡眠」と題して、「セールスドライバーになる方法・特徴や仕事内容・平均年収」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「セールスドライバーの仕事」についてのお役立ち情報をご紹介しました。

セールスドライバーとして働く人は全国的に見ても年々増えてきており、その場合でも大手運送会社へ就職希望するケースが非常に多く認められます。セールスドライバーとして働く以上は、勤続先の運送会社によってその月収・年収などに関わる待遇が変わってくるため、就職前には正確に各運送会社の基本情報について把握しておきましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人