Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

セールスドライバーの平均年収・年収が高い人の特徴

セールスドライバーの平均年収・年収が高い人の特徴

今回は「セールスドライバーの平均年収・年収が高い人の特徴」と題して、「セールスドライバーの平均年収」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「どうすればタクシードライバーの年収が高くなるのか」についてのお役立ち情報をご紹介します。

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2018年05月30日

記事に記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


セールスドライバーの平均月収とは

セールスドライバーというのは「業者から依頼された荷物を配送・集荷する作業を行なうドライバーのこと」を指し、特に「宅配便の運転手」を指して「セールスドライバー」という呼称が当てられていた時代もありました。

このセールスドライバーの平均的な月収は「約20万円から25万円程度」と言われており、この給料額/月は基本的に「一般企業のうちでも比較的安価」と従来は言われていましたが、最近ではほとんどの企業でも「基本給が安い」ことを受け、一般的な基本給額と言われるように認識が改められ始めています。

セールスドライバーに向いている年代は

セールスドライバーの年代比率を見る場合、特に「20歳代前半から40歳代前半」までが最も多く、特に20歳代前半のセールスドライバーでは女性の割合も含まれる形で「セールスドライバーとして応募する人が多い」と言われています。

セールスドライバーの男女比率

先でも少し触れましたが、セールスドライバーの全般比率から見ると、その内訳に見られる「男性」と「女性」の割合は「男性が91%」で「女性が9%」(2014年現在での調査)でも見られるように、圧倒的に男性のセールスドライバーが独占している傾向が見受けられます。

しかし年収比率を見る場合では男性と女性の場合でも平均して差額がなく、男性でも女性でも普通にセールスドライバーとして働く上では、体力面での免除は別としても、ほとんど同じだけの年収金額を取得することができます。

セールスドライバーの応募者比率と年代分布

先述でもご紹介しましたが、セールスドライバーとして働きたいと言う応募者の数は「20歳代前半から40歳代前半」が最も多く、最近では「30歳代から40歳代のセールスドライバー」の数が急増していることもわかります。

しかし50歳代前半から後半のセールスドライバーも最近は増えてきており、これには「リストラの影響」や「他に職種がない」といった就職困難者による職業選択が大きな理由としてピックアップされています。

年代別セールスドライバーの平均年収

セールスドライバーとして活躍する場合には、その年代別・個別によっていろいろと「年収率」が変わってきます。特にその中でも「20万円台から30万円台辺り」が非常に安定していて多く見られ、稀に40万円以上という統計もだされています。

この個別性には特に「セールスドライバーとして活躍できる範囲(活動範囲)」が大きく影響していると言われており、たとえば男性と女性では「遠距離の宅配・集荷作業ができる・できない」などといった、プライベートによる行動範囲の規制などが関わってきます。

20代の年収

20代のセールスドライバーの年収は一般的に「300万円から350万円程度」といわれており、この場合でもタクシードライバー個別によって年収比率に変動が見られてきます。

30代の年収

30代のセールスドライバーに見られる平均的な年収は「350万円から400万円程度」であり、先述のようにドライバー個別による能力や体力の差異が影響する場合もありますが、平均的に見て300万円以上は確実に年収として稼ぐことができるでしょう。

この20代と30代の年収に差異が見られる理由としては「月給とは別にもらえるボーナス(賞与)」の差異も大きく影響している場合があり、たとえば勤続年数によってこのボーナスの発生があったりなかったりするなど、賞与による年収の変動は大きくなります。

40代の年収

40代のセールスドライバーの平均年収は一般的に「400万円から500万円」程度であり、この場合もドライバー各自の手腕や能力・体力などによる差異が見られますが、平均してボーナスの安定などによって、400万円以上を年収としている場合が多く見られます。

50代の年収

50代のセールスドライバーの場合の平均的な年収は「400万円から500万円」ほどであり、先ほどの40代のセールスドライバーの場合とほぼ変わりません。実際にはこの50歳代のセールスドライバーの数がけっこう増え始めてきたこともあり、また50歳代のドライバーの場合は経験年数も長いため、最も年収が高くなりやすい年代とも言われています。

60代(56歳以上)の年収

60歳代のセールスドライバーというのは全体的に見て「20代のセールスドライバー」よりも相対数が少なくなりますが、この60歳代のセールスドライバーの年収は平均的に「300万円から350万円程度」となります。

これは若い世代に比べて体力面の劣りや、継続就労時間の減数なども影響しているため、時間制限や体力制限などによって年収が低くなる傾向が見受けられます。

セールスドライバーの年収が高い人の特徴

Bottom banner

セールスドライバーの仕事は主に「トラックをはじめ大型車での集荷・配達」がメインとなるため、セールスドライバーになるためにはある程度の「車両についての知識や経験」と「集荷に関する荷物の上げ下ろしなどに際する体力面の維持」などが求められます。

上記をまず踏まえた上で、セールスドライバーにとって必要な能力は「どこでも運転できる技術や知識」がメインとされ、さらには「集荷・宅配にまつわる体力面の向上」となります。つまり、この「どこでも運転できる技術や知識」と「体力面」をしっかり維持できているセールスドライバーが高年収を得られる可能性が高くなります。

体力がある

先でもご紹介しましたように、とにかくセールスドライバーとなるためにはまず「集荷・宅配に際する体力面の維持」が必要となります。さらには「昼夜を問わずにドライブできる順応力の高さ」も問われるため、「誰でもできる仕事」とは一概には言えなくなります。

セールスドライバーの仕事は「ただ車を運転するだけ」というきわめて簡単な仕事に想定されがちですが、しかし実際には「荷物の積み下ろしがメインの仕事」とも言われるほどの重労働でもあり、さらには交通情報にかなり詳しい知識面での体力も問われてきます。

そのため「一般的に体力がある」と言われる若者のセールスドライバーの方が熟年ドライバーよりも「年収が高い」という事実もあるほどで、これは明らかに「行動範囲が若者の方が高い・広い」という、典型的な差異が認められる傾向に起因します。

若い

先でご紹介しましたように「若い」というのはそれだけで「体力がある」となります。確かにイメージでそう言われるものですが、この場合の「若い」というのはなにも「年代・年齢が若い」という言葉どおりの「若さ」ではなく、「働く上で若い」とされる機転の利く人材なども含まれます。

たとえば40歳代でも50歳代でも「テキパキと動ける人」はいわゆる「若い人」として扱われる場合が多く、このセールスドライバーとして働く場合でも「このようなテキパキ動ける人材はすべて若い人」として見なされる傾向があります。

歩合給を効率よく利用する

一般的にセールスドライバーの給料の計上では「基本給+歩合給(インセンティブ)」として支給されているため、この「歩合給」をもらうためには「営業成績を向上させておくこと」がまず必要になります。

この場合はいわゆる「ノルマ制・タスク制」による仕事量・功績の実際によって変動していくため、この歩合給を上げるための努力や工夫をしている人は、若くてもそうでなくても関係なく、月給から年収までをそのまま引き上げることができるようになります。

会社別セールスドライバーの平均年収の違い

セールスドライバーというのは先述のように「宅配サービスを請け負う会社すべてによって依頼されたドライバー業」となるため、たとえば西濃運輸や佐川急便など、宅配・宅急便などの大手の運送会社の違いによってはその待遇がかなり変わる場合があります。

この待遇の違いによって「基本給+歩合給(インセンティブ)」や「ボーナス」にも当然違いが発生するため、自然にそれらの給料額によって変動する年収も大きく変わってきます。この辺りの給料の違いや待遇の違いなどに配慮して、実際に働く運送会社先を決める人が実に多く見られます。

佐川急便

全国的にも大手運送会社として知られる佐川急便ですが、この佐川急便で働く場合の待遇は格別によいと言われています。たとえば、基本給に加えてもらえるボーナスの額が破格に高いことでも知られており、その金額は「80万円から150万円前後」と言われます。

この好待遇に加えてさらに基本給も比較的よく、20歳代で初めて運送業で働き始めたセールスドライバーの初任給でも「20万円を超える金額」をもらえるため、これは多くのサービス業分野では破格の待遇として知られています。

ヤマト運輸など

ヤマトホールディングス株式会社における「中核事業会社」として知られるヤマト運輸ですが、このヤマト運輸の場合でもその待遇はかなりよいと評判です。20歳代にして年収が300万円を超える場合や平均月額が40万円近くなる場合も普通に見られ、この場合、高卒でも大卒でも分け隔てなく高額であることから、好待遇の実情が見受けられます。

また佐川急便と同じくボーナス(賞与)の面でも「130万円から250万円ほど」の高額が約束されており、その年収の平均額は「20歳代で500万円以上」、「50歳代で1000万円近く」相当の高額単価が見込まれ、佐川急便と並ぶ大手運送会社として名を馳せています。

インターネットショッピングによる影響

佐川急便やヤマト運輸の場合もそうですが、こうした多額の基本給やボーナス(賞与)を引き出せる大きな理由の1つとして「インターネットショッピングの登場」があり、ネット上で通信販売などを展開しているAmazonや楽天などのネットショップによる宅配作業が膨大な量の仕事を与えてくれるため、その影響で仕事が繁栄される傾向があります。

大手企業と中小企業との待遇の違い

先述のように、大手運送会社と中小企業格の運送会社との給料面の違いは歴然としてあり、やはり「どうせセールスドライバーとして働き、その年収額をアップさせたい」と希望する場合には「大手運送会社で就労すること」が第一条件としてピックアップされます。

セールスドライバーの平均年収を把握しましょう

いかがでしたか。今回は「セールスドライバーの平均年収・年収が高い人の特徴」と題して、「セールスドライバーの平均年収」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「どうすればタクシードライバーの年収が高くなるのか」についてのお役立ち情報をご紹介しました。

セールスドライバーというのは「集荷・宅配作業に携わるドライバー」のことを指し、一般的には佐川急便やヤマト運輸などによる「運搬作業に関わるドライバー」のこととして認識されています。

このセールスドライバーがもらえる基本給やボーナス、さらに歩合給によって得られる臨時給額などを合わせると、その年収で1000万円前後も稼ぐことができる「高額単価で行なえる仕事」として認められます。


セールスドライバーの正確な年収額を把握しておき、ぜひ自分の就職にも役立ててみましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人