Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年08月21日

バス運転手がきついと感じるよくある原因8つ|バス会社の働く環境

バス運転手がきついと感じるよくある原因8つ|バス会社の働く環境

バス運転手は朝から晩まで働くことが多く、きついと感じやすいです。安全第一で運転をし、ダイヤどおりの運行を心がけていても、乗客からの苦情は絶えることがありません。しかしバス運転手の仕事はきつい面だけではなく、やりがいがあり良い面もあります。


バス運転手の仕事はきついのか

バス運転手は朝から晩まで安全を守りながらお客さんを運ばなくてはいけないため、仕事がきついと感じます。

せっかくバス運転手になったのに、きついと感じて短期間でやめてしまうことがないよう、なぜきついのか原因を確認しましょう。

バス運転手の業務内容

バス運転手の仕事は、簡単に言うと目的地までお客さんを運ぶことです。簡単なように感じますがダイヤを守ることと、安全第一に運ぶ必要があります。急ブレーキを踏まないように、優しい運転を常に心がけなくてはいけません。

急いでしまうことでバスを大きく振動させたり、急発進したりしてお客さんに不快感を与えないよう、目的地まで運ぶことは難しいでしょう。しかし達成したときは喜びが大きくやりがいがあります。

バス運転手の仕事がきついと感じる8つの原因

バス運転手の仕事はきついと感じる方が多いです。ずっと運転していて大変そう、いつ休みをとっているのかと心配になるでしょう。

バス運転手の仕事がきついと感じることには原因があります。さまざま原因がありますが、ここでは8つの原因にしぼって紹介します。

1つの原因からきついと感じる方もいれば、いくつかの原因が重なってバス運転手の仕事がきついと感じる方もいます。

きついと感じる原因1:出勤時間が早く退社時間も遅い

バス運転手の仕事がきついと感じる原因として、勤務時間が長いことがあげられます。朝早く出勤をしても早く帰れず夜遅く働くことが多く、だんだんと働くことがつらくなってきます。

1日15時間以上働く日もあります。路線バスの場合ですが、始発に間に合うように朝5時や6時ごろには出勤して、最終ダイヤの夜の21時や22時まで働くことも珍しくありません。そして翌日また出勤と大変に感じます。

きついと感じる原因2:給料が安い

1日15時間以上働く日もあり、長時間勤務するにもかかわらず給料が安いです。たくさん働いているのに、お給料が考えていたよりももらえないとバス運転手の仕事はきついと感じる方が多いです。

勤務年数が長くなるにつれ、能力給で段々給料があがっていきますが、それでも他の仕事と比べると給料が安い傾向があります。そのため、毎日頑張っているのに仕事がきついと感じやすいです。

きついと感じる原因3:時間運行のプレッシャー

バス運転手は、決められたダイヤどおりにお客さんを目的地まで運ばなくてはいけません。路線バスの場合は、バス停ごとに細かくダイヤが決められています。夜行バスや観光バスでも、時間が決まっていて時間どおりに運転する必要があります。

日々、時間運行と戦うことからバス運転手の仕事がきついと感じる方がいます。路線によっては無理なダイヤが強いられていることもあり、プレッシャーがかかっています。

きついと感じる原因4:ドライブレコーダーで監視されている感じがする

バスはドライブレコーダーが搭載されています。ドライブレコーダーで常に監視されている感じがして、バス運転手の仕事がきついと感じる方がいます。

安全運転を心がけ、スムーズかつ優しい運転でお客さんを運ばなくてはいけません。悪いことはしていないと分かっていても、ドライブレコーダーが搭載されていて監視されているとヒヤヒヤするでしょう。

仕事に慣れてくれば、きついと感じにくくなります。

きついと感じる原因5:乗客からの苦情が怖い

安全を考えるとともに、ダイヤどおりにお客さんを運んでいても乗客からの苦情は絶えません。自分なりに精一杯バス運転手をつとめていても、いつ乗客から苦情を言われるか分からないことで、仕事がきついと感じる方もいます。

急ブレーキを踏んでいないのに、高齢者が転倒しまうといったケースもあります。自分自身の努力や気配りを認めて自信をなくさないようにすることで、仕事がきついと感じにくくなるでしょう。

きついと感じる原因6:貸し切りバスは道路を熟知する必要がある

貸し切りバスを運転することがありますが、その際道路を熟知する必要があります。観光バスなどが例ですが、はじめて訪れる土地でも道路を熟知してスムーズに運転しなくてはいけません。

道を間違えないだろうか、スムーズに走れるだろうかと悩むことが、バス運転手の仕事がきついと感じる原因になっています。特に経験が少ないと、きついと感じやすいでしょう。

きついと感じる原因7:泊りの仕事など家に帰らない時が続く

夜行バスや観光バスなど、泊りがけの仕事があります。泊りの仕事が多く、家に帰らない時が続くケースもありバス運転手の仕事がきついと感じます。

泊りの仕事をこなすうちに、段々と慣れてきて家に帰らないことに抵抗を感じなくなる方もいます。夜などプライベートの時間に、うまくストレスを発散できるよう工夫することが大切でしょう。

Bottom banner

きついと感じる原因8:休みがとりにくい

バス運転手は休みがとりにくい仕事です。月に6日〜8日程度の休みが一般的と言われていますが、人手が足りず休日に出勤することもあります。

土日祝日も休みなくバスは動いているので、週末に休みをとれないことも多いです。平日が休みになり、家族とすれ違いの日々を送るバス運転手もいます。お子さんの学校行事がある日は、休みを取るなど工夫するときついと感じにくいでしょう。

バス会社の規模による職場環境の違いは?

各バス会社によって職場環境が異なります。会社規模が100人未満、100人以上、1,000人以上と会社規模による職場環境の違いもあるのでチェックしてみましょう。

給料のあがり方に違いもあるので、どの企業に就職するかよく考えましょう。将来なりたい自分になれるのか、目標を達成することができるかを考えることが大切です。

大手バス会社の働く環境

1,000人以上バス運転手が在籍する大手のバス会社は、勤務年数や年齢と共にだんだんと給与があがっていく傾向があります。

多くのバス運転手を育ててきた経験があり、マニュアルもしっかりしているので基礎を固めたい方にもおすすめです。

中小のバス会社の働く環境

中小のバス会社は各企業によって環境の違いがでやすいです。100人未満の小規模な企業の場合、給与が年齢と共にダウンする傾向があるため、各企業の環境を良く調べてから就職すると良いでしょう。

良い面としては地元の方との交流をしながら楽しく働けるため、人とのかかわりが好きな方に向いています。

バス運転手は良いことも沢山ある

バス運転手の仕事というと、きついと感じる点があります。しかしきつい面だけではなく、良いこともたくさんあります。

車を運転することが好き、大きい車を動かしてみたいなどと憧れてバス運転手になる方もいます。仕事をしていて辛いと感じたら、バス運転手になることのメリットを思い出してみましょう。

乗り合いバスなら地域の人と密接になれる

路線バスをはじめ、乗り合いバスの場合地域の人と密接になれることが多いです。毎日乗ってくるお客さんもいて、「今日もお元気に行ってらっしゃい」と見送ったり、声をかけることができます。

お客さんから、「いつもありがとう」とお礼を言われることもあるでしょう。学生やサラリーマンやOL、主婦や年配の方と幅広い年齢層の方と交流を持つことができます。毎日声をかけあうことで、仕事のやりがいも感じられます。

貸し切りバスなら様々な場所に行ける

貸し切りバスの仕事についてですが、さまざまな場所に行くことができます。各企業によって異なりますが、日本全国の観光名所をまわっている企業も少なくありません。

緑豊かな場所、温泉が有名な場所、海がきれいな場所と各地を回る機会に恵まれている仕事です。プライベートではなく仕事で足を運ぶこととなりますが、自由時間もあります。観光地で羽を伸ばしながら、仕事もこなす日々は充実しているでしょう。

運転と人とかかわる事が好きならバス運転手に向いている

バス運転手の仕事は運転が好きな方はもちろん、人と関わることが好きな方に向いています。

路線バスであれば毎日乗ってくる常連さんに挨拶をしたり、また常連さんから話しかけられます。観光バスや貸し切りバスも同様で、お客さんに目的地のおすすめの観光スポットを案内するなど話す機会があります。

お客さんをトラブルなく目的地まで運ぶという、責任感がある仕事であるとともに楽しめる仕事です。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は業界最大数の案件を持つドライバーワークスへ!

日本最大級!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人