Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner
2019年07月04日

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス運転手として仕事をしていくにはバス業界の現状を知り、将来に備えてどのようなことができるか考える必要があります。慢性的な人手不足に陥っているので、バス会社特有の手当をつけることでバス業界全体の将来を明るくするようにしましょう。


バス業界の現状から将来を占おう

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス運転手の仕事をしていくには、バス業界の現状を知っておく必要があります。都心に走っているバスは通勤客の利用が多くなっていますが、地方の過疎地などではバスの本数を減らしたり、バスそのものがなくなっている場所が多くなっています。

バス業界の仕事をする人は、規模の大きいバス会社を選び、比較的人が多い場所でバス業界に関わるようにしましょう。

バス運転手の高齢化

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

運転手の高齢化の問題もバス業界の将来に大きく関わっています。バス運転手自体が常に人手不足なので、人が集まらず若い人を入れることができないのでドライバーとして働く人の高齢化が進んできています。

バス業界で仕事をする人は、未経験の人や女性が働きやすい職場作りをして、バス業界の将来を明るくする努力をしましょう。

バス運転手は売り手市場

バス業界のバス運転手は売り手市場だということを覚えておきましょう。バス業界は慢性的な人手不足のため求人の幅を広げていますが、優秀な運転手が集まりにくくなっています。そのため、バス業界で仕事をしたいと考えている人には入社しやすくなっています。

バス業界で仕事をしたい人は、早めに普通免許の取得をしておき、大型普通免許取得のための基盤を作ることで規模の大きい会社の入社を目指しましょう。

人口減少と過疎化がバス事業の経営悪化に

人口減少と過疎化もバス業界の将来に大きく関わってきます。人口が少なくなったり、過疎化が進むことでバスの利用者が減るのでバス自体の運営ができなくなります。

バス業界の将来を案じている人は、コミュニティバスの導入やバスの本数を減らして、バス自体をなくさない運営が必要になります。そのほかにも、利用者に寄り添ったサービスを展開しましょう。

バス業界が将来に向けて抱える5つの問題

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス業界が将来に向けて抱える5つの問題があります。バスも利用者や運転手が増えなければ、バス会社は利益を上げることができず、バス業界の将来を明るくすることは難しいです。

人手不足の問題を解消するには自動運転を導入したり、新たな運転手を確保する待遇を用意する必要があります。

バス業界の将来を考えている人は、会社の利益を上げることで良い待遇を用意して応募を募ったり、新たな技術の導入を検討しましょう。

バス業界の問題1:利用者の減少

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス業界の問題に利用者の減少があります。バスの利用者が減っている背景には、日本の人口の減少やバス以外での移動手段があることが大きく影響しています。

バス業界で仕事をする人は、世間の情報を集めるようにして、世代ごとに合わせたサービスを展開してバス業界の将来を明るくしましょう。

バス業界の問題2:コストの削減方法

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス業界の問題にコストの削減方法を見つけることが挙げられます。バス自体のメンテナンスや維持、ガソリン代にコストがかかるので、維持費を抑えなければ、会社としての利益を上げるのは難しくなってきます。

バス業界の将来を案じている人は、EV車両の導入や、メンテナンスの手間がかからない車を使うようにしましょう。

バス業界の問題3:運転手不足

バス業界の問題に運転手不足が挙げられます。運転手の仕事は長時間での勤務が多くなり、ハードな仕事なので人が集まりにくくなっています。そのため、人員確保ができなければ、バス業界の将来を明るくすることはできません。

バス会社を経営する人は、待遇と労働環境を整えながら、さまざまな勤務形態を用意して、多種多様なライフスタイルに対応しましょう。

Bottom banner

バス業界の問題4:バス事故対策

バス業界の問題にバスの事故対策があります。交通ルールのモラルが低下しているため、バスの運転手が注意して運転していても、他の車との事故が起きやすくなっています。

バス会社を経営する人は、出社前の飲酒のチェックを徹底させて、事故への意識を高めるように指導しましょう。また、過剰な勤務時間で仕事をさせることも事故につながるので、適切な時間での運転をさせるようにします。

バス業界の問題5:自動運転などのハイテク導入

バス業界の問題に自動運転などのハイテクの導入があります。現在、急速にIT化が進んできており、バス業界も自動運転などのハイテクを導入しなければ、将来的にバス自体が生き残ることは難しくなっています。

バス会社を経営する人は、会社の利益を上げて自動運転が導入できる基盤を作りながら、バス利用者のために詳しい運行時間の情報などを提供しましょう。

バス運転手の待遇や労働時間

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス運転手の待遇や労働時間もバス業界の将来に大きく関わってきます。バス運転手の待遇や労働環境を整えて、適切な時間で労働をさせないとドライバーの定着率が低下して、バス業界が疲弊することになります。

バス会社を経営する人は、ドライバーが生活に必要になる手当を増やして、育休や産休を完備して、未経験者や女性の募集を募るようにしましょう。

バス運転手の年収

バス運転手の年収は380万円から430万円となっています。バス会社の規模やバス自体を走行させる地域でも年収が違ってくるので、ドライバー次第で収入が変わってきます。

バスの運転手として仕事をする人は、自分の力量と運転スキルを考慮しながら、働くバス会社を選ぶことが大切になります。

バス会社の働く環境

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス会社の働く環境を知らないと、労働環境を整えたり、バス業界の将来が見えてきません。バス運転手はフルタイムでの作業になるので、正社員として仕事をすることが多くなり、厚生年金や健康保険などの福利厚生が整っています。

バス会社を経営する人は、他のバス会社にはない待遇や労働環境を整えて、バス運転手を確保しましょう。女性が働きやすい手当や設備を完備したり、未経験者へのサポートを充実させることも必要です。

福利厚生は会社によって大きく違う

バス会社によって福利厚生は大きく違います。バス運転手の確保が難しくなっており、宿泊手当、走行キロ手当、常務安全運転手当、ランチ補助金などバス会社独自の手当をつけてドライバーの確保に躍起になっています。

バス会社を経営する人は、ドライバーの意見を集めて、手間がかかる仕事には手当を支給して、生活に負担がかからないようにすることも重要なことです。

いまでも体育会系のバス会社は存在している

バス会社の中には今でも体育会系のバス会社が存在しています。バスの運転は体を酷使する仕事なので、ドライバーに体育会系の人が多く、昔ながら上下関係が厳しい職場も存在します。

バス運転手として仕事をする人は、パワハラやその他のハラスメントに発展しないようにドライバー同士のコミュニケーションをとりましょう。

バス業界の変化と将来に注目しよう

バス業界の将来性と5つの問題!これから求められる次世代運転手とは

バス業界の変化と将来に注目しなければ、バス会社として生き残ることは難しくなります。テクノロジーの進化や価値観の変化に応じて、労働環境や雇用形態を整えないと人手不足になり、バス業界の将来は明るくなりません。

バス業界で仕事をする人は、新たなテクノロジーを受け入れる知識を学び、多様化する利用者に合わせたサービスの展開を考えていきましょう。

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人