Wheel
Search

検索したいワードを入力してください

Sidebar banner

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識8つ|向いている人の特徴3つ

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識8つ|向いている人の特徴3つ

夜行バスについてや夜行バス運転手の仕事に関する豆知識を8つご紹介しています。それに合わせて夜行バス運転手に向いている人の特徴を3つご紹介しています。夜行バス運転手について知ることで、あなたも夜行バス運転手になりたくなるかもしれません。

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2020年01月25日

記事に記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。


夜行バスとは?

夜行バスとは、夕方から夜間にかけてバス停を出発して、主に高速道路を利用しながら長距離を移動し、早朝に目的地に到着するバスです。

そのため、夜行バスの車両はお客様が長時間乗車していても疲れないように、くつろげるリクライニングシートになっています。

夜行バスは、移動時間が飛行機や新幹線などに比べ長くなりますが、そのかわりに運賃が飛行機や新幹線などに比べ安いことが特徴です。

夜行バスと高速バスの違い

夜行バスと高速バスは、高速道路を利用して長距離を移動するという点では、大きく違う所はありません。

ですが、夜行バスと高速バスは、走行時間に違いがあります。高速バスは、夜行バスとは違い昼間も走行しています。この点だけが、夜行バスと高速バスの違いと言えるでしょう。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識8つ

夜行バスについてや高速バスと夜行バスの違いについてご紹介してきました。では、夜行バスの運転手の仕事についてどのくらいご存じでしょうか。ここからは、夜行バスの運転手の仕事に関する豆知識を8つご紹介します。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識1:給料

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の1つ目は、給料についてです。夜行バス運転手の給料は平均月25万円以上です。ただし勤め先や地域や年齢などで違いはあるでしょう。

企業によっては頑張った分だけ給料に反映される歩合制を採用しているところもあります。さらに勤務態度や状態に応じボーナスを支給している企業もあります。

夜行バス運転手が勤める企業の多くは定年までしっかり勤務することができるところが多いのも特徴です。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識2:勤務形態

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の2つ目は、勤務形態についてです。夜行バスの運転手は24時間のシフト制で、主な労働時間は平均8時間ほどです。

なぜ24時間のシフト制なのかは、多くの企業が夜間だけではなく昼間もバスの運行を行っているからです。夜行バスの運転手は、夜間以外にも自分の好きな時間帯を選択して業務を行うことも可能でしょう。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識3:休日

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の3つ目は、休日についてです。夜行バスの運転手の休日は企業によって多少違いはありますが、ひと月に6日から8日程度設けられています。さらに、有給休暇や各種休暇制度を活用することもできます。

同じ運送業界でも、休日がひと月に4日しかない職種もあるので、比較すると夜行バス運転手は運送業界の中では休日が多いと言えるでしょう。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識4:福利厚生

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の4つ目は、福利厚生についてです。夜行バス運転手の福利厚生については、企業によって多少の違いがありますが、社会保険、家族手当、住宅手当、交通費支給などがあげられます。

夜行バス運転手の福利厚生は、運送業界の中でも充実していることが多いでしょう。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識5:やりがい

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の5つ目は、やりがいについてです。

夜行バス運転手は、同じ運転手の中でも給料や待遇が良いので、給料面でのやりがいを感じることができます。

また、お客さまに「ありがとう」と感謝されることもやりがいに繋がるでしょう。

Bottom banner

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識6:眠気対策

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の6つ目は、眠気対策についてです。

夜行バスの運転手が眠気対策として行っていることは、カフェインの成分が入ったお菓子類を食べるなどです。コーヒーは、お手洗いに行きたくなる可能性が増すため、なるべくお菓子などでカフェインの摂取をしています。

それでも眠気がどうしようもない場合は、最寄りのサービスエリアなどで小休憩を取ることもあります。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識7:将来性

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の7つ目は、将来性についてです。夜行バス運転手の将来性については、飛行機や新幹線に比べ運賃が安く、安定して利用するお客様も多いので、この先も大切な移動手段になるでしょう。

さらに、東京オリンピックや大阪万博が予定されているので、より多くの利用者が見込まれます。そのため、夜行バスの運転手の需要はさらに増すことが予測されます。

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識8:夜行バス運転手になる方法

夜行バス運転手の仕事に関する豆知識の8つ目は、夜行バス運転手になる方法についてです。

夜行バス運転手になるには、大型二種免許が必要になります。大型二種免許は、営利目的の旅客運送を行うことができる資格です。普通運転免許証の取得から3年以上経過していないと受験することができません。

企業によっては、普通運転免許証を取得して3年以上経過している人には、大型二種免許の習得をサポートしてくれる場合もあります。

Q: バス運転手になるには?
A: 大型二種免許の取得が必要です。大型二種免許の取得には、普通免許を取得した後、3年以上の運転経歴が必要です。普通免許しか持っていない方は、バス会社が免許取得費用を負担する養成制度を活用して、大型二種免許を取得することも可能です。
入社後は、運転技術はもちろん、社内装備品の操作方法や接遇訓練、関連する法令について
約1ヶ月半の基礎訓練を終えてから、営業所に配属となります。配属後は、実際に運行する路線ごとの特性を踏まえた、より実践的な訓練が行われます。

出典: https://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/jidou_koutu/driver/qa.html |

夜行バス運転手に向いている人の特徴3つ

ここまで夜行バス運転手の仕事に関する豆知識をご紹介してきました。では、夜行バスの運転手に向いている人とはいったいどのような人なのでしょうか。

ここからは、夜行バスの運転手に向いている人の特徴を3つご紹介していきます。

夜行バス運転手に向いている人の特徴1:バスや運転が好きであること

夜行バスの運転手に向いている人の1つ目の特徴としては、バスや運転が好きであることです。

特徴としては、車の運転をすることが好きな人や運転することに苦痛を感じない人、バスが好きな人です。夜行バスの運転手は、長距離を運転しなくてはならないので、車の運転やバスが好きな人は夜行バスの運転手に向いていると言えます。

ただし乗客を乗せているので運転技術はもちろんですが、安全運転への配慮も決して忘れてはなりません。

夜行バス運転手に向いている人の特徴2:夜型であること

夜行バスの運転手に向いている人の2つ目の特徴としては、夜型であることです。

特徴としては、朝が苦手で夜間に活動するのが好きな人です。夜行バスの運転手は、夜から早朝にかけてバスの運転をしなければならないので、夜型の生活の人は夜行バスの運転手に向いていると言えます。

夜行バス運転手に向いている人の特徴3:接客が好きであること

夜行バスの運転手に向いている人の3つ目の特徴としては、接客が好きであることです。特徴としては、お客さまに対して愛想がよくコミュニケーションを上手に取れる人です。

夜行バスの運転手は、お客さまと接する機会はとても少ないですが、その少ない機会の中でもしっかりとした接客を行うことはとても大切です。そのため、接客をするのが好きな人に向いていると言えます。

夜行バス運転手の仕事を知ろう!

ここまで夜行バスについてや夜行バス運転手の仕事に関する豆知識、夜行バス運転手に向いている人の特徴についてご紹介してきました。

これから夜行バスの運転手を目指す人は夜行バス運転手の仕事について知ることが大切でしょう。また夜行バスの運転手は、近年とても人気のある職業になっています。それは給料や待遇が良いこともありますが、やりがいのある仕事という理由もあります。

夜行バスの運転手になり充実した毎日を目指しましょう。

ドライバーの仕事情報を探す

現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!

国内大手!!34,260件掲載の安心感!

Bottom banner

Related

ライン追加で
おすすめ求人